} font-size: 11px; 第42話にて、アドニスが祈りの間へアデルを近づけなかった理由が明かされた。それはアデルが理想に対してあまりにも純粋であり、力の根源の使い方を誤ることを恐れたため。アリアは「恨んでなどいない。愛していた」と伝えるも、アデルは聞く耳持たぬ素振りを見せた。, 地位を追われた身とは言え、彼が敵の親玉と言う事になるが、主人公達と戦う事はなく戦闘形態への変身も無いまま出番を終えた。敵組織の首領がこのような地味な役回りなのは、平成ライダーシリーズどころか全仮面ライダーシリーズの中でも非常に珍しいことである。最もアデルの暴走行為が無ければアランの味方化が無い事と同様に、彼も敵として立ちはだかっていたと言える。 第27話で、タケルによって救助されるが、アドニスを抹殺するために現れた眼魔スペリオルの攻撃からアランを庇い致命傷を負う。アランの腕の中で彼に「愛している」と伝えた後、アデルによってとどめを刺され、完全に消滅してしまった。 .share-button .facebook-button .lg { 黒龍王と庇護童子 / 흑룡왕과 비호동자 1982. font-size: 8px; padding-top: 5px;

そして、第19話で初登場。『眼魔世界』にて、光を放つ巨大な15本のプレートに囲まれた「祈りの間」で、呪文で祈りを捧げていた(画材眼魔曰く、いつも祈っているらしい)。その際、「完璧なる調和」を求めていることを口にした。 アドーニス (古希: Ἄδωνις, ラテン文字表記:Adōnis)は、ギリシア神話に登場する、美と愛の女神アプロディーテーに愛された美少年。 フェニキアの王キニュラースとその王女であるミュラーの息子 。. } .share-button .hatena-bookmark-button {

「Adonis アドニス」感想(1) 「Adonis アドニス」感想(2) 「Adonis アドニス」感想(3) 「Adonis アドニス」感想(4) 「Adonis アドニス」感想(5) 「Adonis アドニス」感想(6), 土の精霊王に神聖時代の話を聞く。その昔世界は混沌としていた。混沌とはとてつもない精気、後に神力と呼ばれる力その精気が霊体に変異し霊体が集まって霊となった霊は本能的に粒子を創った。物質界の最小単位である粒子は神力を生産する粒と生産できない殻に分けられる。これをどう区分し創り出したのかはわからない。ラオスは知ってるみたいだけどニヤニヤ笑うだけだった。, 混沌が精気と塊、霊体が混ざった何かとなり、神の誕生がはじまった粒子は精気と霊体を吸い込む力を持ち、それらが固まり霊となったただ固まっただけならすぐに崩れてしまうけど霊が自我を持つと霊は魂となる 魂になれば崩れない魂はより固くなり結晶となって その結晶は魂に属し永遠に魂と共にするこれがまさに混沌の欠片, 魂は我々に神力を与え、我々は特別な力を使って活力溢れる身体を提供したそうして神は誕生した人間の姿をした髪が最も多かったけど 我々精霊と植物を除いたすべてが神だったそれが神聖時代 みなが特別な力を持つ神だった混沌の欠片から生まれた神力で特別な力を使い永遠の命を持つ神々の美しき世界, 神力は時の流れに逆らって生きるための力何をしても神力を消耗する神力が枯渇すると消滅する, 人間の心臓と神の心臓の違い神の心臓、混沌の欠片には次のような特徴がある1、神力を生産する2、非常に硬い3、消滅時に完全に消えてなくなる4、特別な力が刻まれる5、神力を強く引きつける6、魂に刻まれた魂の本体, 魂には重要な性質が4つある1、魂は記憶を大切に保管する2、魂は混沌の欠片を抜け出し動き回ることができるが、神力の供給が止まると魂は自立できなくなり消滅する3、魂はどのような力を持つか決めることができる、魂が望んだ力が欠片に刻まれる, 一度魂の色に染められた神力が他の魂の色に変わることもある赤い神の味が混ざっている言われたのは、イアナの神力から赤い神の神力が感じられるという意味, 魂2つが共存することはあるけど合わさることはない。イアナの身体には魂は1つしかない。, つまり、イアナの魂はロベルシュタインの魂であり、イアナの覚えていない前世。けれど私は私。数奇な人生の原因を知ることができれば前世なぞどうでもいい。, 神力と精霊について精霊は世界中に散らばって存在する精霊王である我はその精霊という存在の頭であり本体である逆にすべての精霊は我の一部でもある, この物質界に姿を現すためには神力が必要そなたたちは神力という対価を支払い我を呼び出したと言えるそなたにはとてつもない神力がある我が食べたのはそなたの心臓の周りに溜まったものだけそしてそれも充分、普通の人間より量が多いのだがそなたの心臓の中にはそれよりももっと強力な神力が詰まっている我の本体を何度でも呼び出すことが出来る量であろう, ただ、神力は物質で抑えることができないはずなので、おかしいおそらく封印ではないだろうか封印を説明するには時間が短すぎる また次の機会に話をしよう, 我々が現れるたびにそなたの心臓周辺の神力は増えていっているようだ押さえ込むのも限界なのかな, 時間切れで精霊が消え、フィンとの帰り道、誰かの尾行に気付き、イアナは襲ってきた尾行者を返り討ちにする。, 74〜75話にかけての土の精霊王の神力の話がいまいちよくわからない。精気も神力だし霊も神力が固まったもので、結局みんな神力なんじゃないの?「霊は本能的に粒子を創った」「粒子は精気と霊体を吸い込む力を持ち、それらが固まり霊となった」って、それぞれ流れが逆なんだけど、どっちなの?「塊」と「固まり」、「塊」と「魂」で誤字があるんじゃないかって箇所もあるので、よけいわけがわからない。, 尾行者はブラックフォクシーの下っ端でハーフエルフの子供(フィン)を連れてこいと言われたという。イアナは尾行者を痛めつけて去り、フィンを無事に送り届ける。, 街でアルハードを見かけ、アルハードが白い仮面をつけるのを見て、イアナは後をつける。, アルハードのところに白い仮面をしているがエイジと思われる者が来て言う。「気をつけてください ブルースが警戒しているというのに あなたの正体を暴こうと血眼になっています」, イアナ(アルハードの声じゃない 中年の男のような 魔法で声を変えたのか?)アルハード達は細い路地に入ってしまい尾行できなくなる。マナで気配を探るが見つからない。そこへ、さっきフィンを尾行してきた男が追ってきたのを見つけ、近寄ると「まさかあんたがカマトゥロスの一味?」と言われる。, イアナ(カマトゥロス、アルハードの対バハムート武力団体か しかしどうしてブラックフォクシーと・・?皇帝の犬だったブラックフォクシーが未来の主と敵対するとは。皇子というのを知らないのか 後日屈服させるのであろう), イアナは男からブラックフォクシーとカマトゥロスの情報を引き出す。数年前 突如現れた組織 カマトゥロス目的も構成員も明らかとなっていないがブラックフォクシーの支部を立て続けに破壊し瞬く間に恐れられる存在となったブラックフォクシーが莫大な懸賞金をかけたにも関わらず カマトゥロスに関する手掛かりは掴めないまま唯一の目撃者の「白い仮面と黒いローブ」という証言を除いて, リッキーゼン「暗黒街ではかなり力を持つ勢力だそうです」男「中でも一番恐ろしいのは頭。相当な武力を持ち剣を一振りすれば人がただの肉の塊に。今日は上物の奴隷セリが開かれる日なので見つけ次第全員殺せと言われ・・」, イアナは上物のセリと聞き、「私を誘拐したフリをして会場まで連れて行け 貴族が装飾用に好む女剣士だと言え」と言って男を脅して、自分をセリ会場に連れて行かせる。, セリをされる獲物のフリをして、セリに潜入し、獲物の中に両手を切られたドワーフを見つける。鍛冶師として働けなくてもその知識には想像以上の価値がある, 男「ご立派でした。カマトゥロスの主よ。カマトゥロスの背後に我が大ロアンヌ王国の殿下の名があるこいうことを公にするのも悪くないのではないでしょうか。王国を汚すねずみどもを駆除するいい機会です。それが条件であり、この約束は今日から効力を持ちます、どうぞお忘れなく。」, エイジ「セリはもうはじまっているでしょう これであちらの視線はロアンヌに向けられます。ロアンヌを盾に使えば正体を隠す手間も省けますね。目的を忘れてはいけませんよ。我々の狙いはブラックフォクシーを倒し構成員を育てた後にカマトゥロスの名を捨てること。手下を手懐けるのもいいですが、ほどほどにしろという意味です。マナも禁止ですよ。あなたの心臓が・・・。」, アルハード「やめろ 先に行くから片付けを頼む」エイジ「はぁ 同じ怪物なのに まだあの人が皇太子に勝てないとは・・」, アルハードはセリ会場に行き、商品としてイアナが出てきたのを見て驚く。「あの女がなぜ」, ここでエイジも白仮面をつけているので顔は見えてないが、髪色などからエイジなのは明らか。, ラオスが創り出した世界に散りばめられた体の破片を取り戻した魂が形成されるにつれ 心臓が黒く焦がれてゆき 喉から手が出そうになる欲しい あの女いつものごとく冷たく突き放す赤い女, 俺の手をとったくせに俺を捨てないと希望をくれたくせに挙句の果て 俺を拒み去り 殺した, (ここまでの赤い女はおそらくロベルシュタイン。アルハードはエルフのような耳をした子供の姿で目と髪の色が今と同じ。), アルハード「これが本当に最後で果てだ」そうあるべきだったこの命は尽きた ところがロベルシュタイン, イアナ・・なんという女・・!いつもその気にさせられ 裏切られてきたのにまた 柄にもない希望を抱かざるを得ないではないか, エイジ「処理は終わりました 入ってくるように言いましょうか?」アルハード「あの者 逃すでない 地下に監禁しろ 俺が始末する」, 金貨なんぞでお前を買えるのか?金貨なんぞに目がくらむようならばお前は決して俺を手放したりできなかったはずだ, 「100万ゴールドでどうだ」とセリに参加するアルハード。それを見てイアナはニヤリと笑い、縄をブチブチとちぎる。, アルハードが「それでも足りないなら1千万」と言うとセリ人は「カマトゥロスの主」と言って慌てる。白仮面の人達がセリ会場にゾロゾロ入ってくる。ブラックフォクシーとカマトゥロスの戦いが始まるぞ、早く逃げろ、という声がかかり、会場は混乱する。, アルハード「どうやらわざと捕らえられていたようだな」イアナ「私に何かお話でも」アルハード「死にたくなければ 今すぐここから出て行け 邪魔だ」イアナ(ほお 学術院での態度とはまるで違う 仮面の力なのか?)イアナ「私が何をしようと あなたには関係ないでしょう とやかく口を挟まないでいただきたいものです」, エイジが間に入り、お嬢さんブラックフォクシーに何の用でしょうと聞く。イアナ「私の知り合いの子をこの者どもが狙っているので、それを阻止しに参りました」エイジ「ひょっとしてパエッラ商団の主 ムルシーの息子フィンのことですか おっと睨まないでください カマトゥロス内で情報収集を担当しているのです ブラックフォクシーの行動パターンや目的などから予測するとその子の他にいませんので」, イアナ(ブラックフォクシーの情報?バハムート帝国民が大半のブラックフォクシーの情報をそれほどまでに・・かなりの実力者か、あるいはバハムートの非国民), ブラックフォクシーはフィンの父親ムルシーを狙っています正確には彼の親友であるタイガー傭兵団の団長アシロットを狙っているのですムルシーを利用しアシロットを操ろうとしているのです目当ては彼の異種族との交友関係, アシロット砂漠の守り人 大陸の傭兵王引退後 集めた金銀財宝と共に砂漠に定着したという傭兵界の伝説今は西部のギロハイ砂漠の異種族と交わり彼らを保護していると聞いているが, ギロハイ砂漠は4大奥地の1つです奥地は禁じられた土地モンスターと異種族しか生きることが出来ません人間が踏み入ることのできない地に入るよりアシロットを利用しようというのでしょう, イアナしかしどうして異種族を?奴隷として売るため?いいやそれだけではないはずだまだドワーフがいるかもしれない, イアナはドワーフを探しに行こうとするが、アルハードに情報はもう手に入れただろう出て行けと言われる。, イアナはブラックフォクシーが金輪際フィンに近寄らないようにするため、原因の1つ1つを探る必要があるのだと言う。, エイジ「それなら数年我慢してください。ブラックフォクシーの壊滅という我々の目的が達成できる日にお嬢さんの願いも叶うでしょう。」, イアナ(ブラックフォクシーは王室の飼い犬。今のアルハードは当然、敵対関係にあるだろう。しかし壊滅だと?私の記憶の中のアルハードの傍にはブラックフォクシーがいたではないか。転生前のあれは一体どういう状況だったのだ?), アルハード「単刀直入に言うと邪魔だ。お前のような実力者が間に入ると計画が狂いかねない。今見ているのは氷山の一角にすぎない。一人で相手するのは不可能なのだ。一歩間違えば身元を特定され生涯あのキツネどもに追い回されて死にゆくことになる。それでもいいのか?子供のことは我々が解決すると約束しよう。お前は何も気にすることはない。早くここから・・。」, アルハード「もしお前がクズのような人間だったらすぐに殺していたが実力のある者は生かしておく主義だ。しかも俺と互角の猛獣となれば尚更だ。しかし子供の猛獣が火に飛び込んで行くのを黙ってみているわけにはいかない。これでわかったか、帰れ、そしてこのことを忘れろ。拒むなら今ここで片をつけてやる」アルハードはイアナの顎をつかんでいる。イアナ(この者はたった16の何も持たない私を求めている、そして心配している), イアナ今はあの頃とは違う同じ時をまた過ごすのだとしても過去にとらわれないと心に決めたが、私もどうしようもない人間だな。これで本当におさらばだ。1つ目の人生の私の過去よ。, イアナはアルハードの手を掴んで「私は私の好きにしましょう。(今の私には守るべき約束がある)私のことは自分で解決いたします。正体のわからぬあなたがたを闇雲に信じ任せるわけにはいきません。」, アルハード「子供一人のために危険を背負うとはなんと愚かなのだ。命が惜しくないのか」イアナは自分の選択に後悔などしないと言う。, そしてイアナは、自分とアルハード達の目的は一緒だし、アルハード達の力になれる自信もあるから、ブラックフォクシーを滅ぼすという条件で私を雇うのはどうかと持ちかける。, 「はぁ 一体どういう状況だよ」と言ってエイジはアルハードと話をする。エイジはアルハードをローと呼び、アルハードはエイジをショーンと呼んでいる。, イアナは自分がここにいては具合が悪そうだと、ドワーフを探しに裏に行く。敵をバッサバッサと切り倒し、ドワーフを見つけ、「助けに来た、私ならその手を元通りにできるかもしれない」と言うが、人間の言うことは信用できない、カランケルで死なせてくれと言って、ドワーフは信じてくれない。, イアナは自分の腕を治してくれた精霊の力を使えば、ドワーフの腕を治せるだろうと思っていた。ドワーフの説得に成功し、ドワーフはチェンデルフという自分の名を教えてくれる。, アルハードとエイジの会話エイジは仮面をとる。アルハードはイアナを巻き込むつもりはなかったと言う。エイジは仕方ない、イアナの性格を思うと結果オーライかもしれないと言う。そしてエイジがイアナをどう考えているか聞くとアルハードは「さあ」と答える。, アルハード(人に理解できる感情であるならばたやすかったのかもしれない)エイジ「まさか好きなんですか?」, アルハード好き・・おそらくそれがすべての始まりだったのだろう遥か昔から・・それが俺のすべてだった今では記憶としてしか残っていないが, エイジ「わかりました あなたのようなお方が立て続けにおかしな行動をするということはそういうことですよね!つきまとわられるのも楽しんでいたようですし」アルハード「! ・・俺がいつ」エイジ「立ち去るイアナを引き止めて言い訳までしたそうじゃないですか 噂になってますよ 俺はほんとにあなたが・・」ここでエイジがアルハードを見ると、仮面をつけたままのアルハードの耳とその周りが真っ赤になっているのに気付き、驚愕する。エイジ「信じられない イアナが魅力的なのは認めるけど・・」(アルハードが恋をしている・・・), 見つけるのはいたって簡単だったロイギンという血がエイジをアルハードに引き寄せてくれたから彼が誰なのかもエイジにはすぐさまわかったのだ, やっと身の安全が確認でき すぐに探しに来てみたがまさかこんな平凡な人間のために あの悲劇は起こったのか!?, 白骨の山の上で生まれた怪物特別な何かを持っているべきだもしそうでなく奴らに対抗する力もないのなら いっそ, アルハード「そろそろ俺を観察してきた感想を聞かせてもらおうかお前が俺をつけていることは何週間も前から知っているそれを俺が黙っていたのはお前の意図を知っていたから」, エイジ(すごいオーラだ 一種の恨みなのか)「それなら話が早い。皇室があなたを殺そうと血眼になって探しています。あなたもバハムートに多くのものを奪われたことでしょう。あなたはバハムートに憤りをぶつけるべきだ。あなたもロイギンなのだから。一族はみなあなたのために死んだ。一人でここに隠れて楽に生きていこうなんて考えないことです。あなたには義務があります。バハムート皇室を消す義務が。自由になるにはそれ以外に方法はありません。あなたの宿命です。拒めばすぐに皇室にあなたの位置を告げましょう」, エイジ怪物のような人本の内容は一度読めば覚えてしまうし戦闘能力も高く財産は推定不可能この歳にしてもう政界なんかに手を広げているこんな人間がいるんだなあれくらいじゃないとバハムートを討つことなんてできないってことなのかそれともその反対?バハムートを討つために。危険を承知の上で?同族の悲劇を哀れんでいるようでもないし何を考えているのかここまでわからない人ははじめてだ, エイジ「まさか皇帝の座を狙っているんですか?」アルハード「皇帝とはこの世で最も甘い餌であり なんでも与えることができるからな」, お問い合わせ

width: 52px; .share-area .fa-spin { } 演/勝野洋, 『眼魔世界』の大帝にして、アランとアデル、アリア、アルゴスの父親。白い軍服を身に纏っている。また、アランからは「全てを兼ね備えた世界を支配する完璧な存在」と尊敬されている。 アリシア:彼の伴侶(妻) 漫画「Adonis アドニス」原作:ヘドリ 作画:チームアドニス 感想(6) マンガ 少女・女性向け WEBマンガ 異世界 転生 恋愛 中世西洋風世界 6 小説はしないの . box-sizing: border-box;

font-size: 27px; アラン・アデル・アリア・アルゴス:彼の子供達 無料で15種類以上の占い、小説、夢小説を誰でも簡単に作って遊べるサービスです。20万以上のコンテンツが無料で遊べます。あなたを登場人物に出来る小説や、検定、心理テスト、脳内メーカー等の占い … だいたいこいつのせい:彼がアデルの教育を間違えた事が原因で、人間界へ侵攻する結果になってしまっている, アドニスとは、『仮面ライダーゴースト』に登場する(いわゆる)悪の組織の首領である。(イラスト中央の人物). 「全ては完璧なる調和のために・・・!」 小説の長さから探す. line-height: 18px; 第21話で、「完璧なる世界」の理想をさらに広げる決意を、一同に示した。しかし、イーディスに遠い昔のことを話したり、アランに「迷ったときは自分の『心』に従え」という、元々の理念とは正反対の発言したりと、少々複雑な心境がある模様。この発言によって、アランからは動揺され、アデルからは不信感を抱かれてしまう。 『テロリスト』は、ペール・ヴァールーとマイ・シューヴァル共著によるスウェーデンの警察小説「マルティン・ベック シリーズ」の第10作、最終作[1]である。, 翻訳の原書は、ジョーン・テイト(Joan Tate)訳、パンテオン・ブックス(Pantheon Books)の英語版「The Terrorists」と英語版で割愛された第15章をスウェーデン語版から。, 1974年11月にアメリカ合衆国の上院議員がスウェーデンを訪問することになった。警察上層部はグンヴァルド・ラーソンを某国[2]に要人警護体制の視察に派遣した。そのラーソンの眼前で某国を訪問していた賓客はテロリスト集団の仕掛けた爆弾により殺害されてしまった。, スウェーデンでの要人警護は上院議員の身辺警護を公安部(Rikspolisstyrelsens säkerhetsavdelning:Säpo)に、警護全般の指揮はマルティン・ベックに任されることとなった。国外の警察や公安部がCIA等から入手したテロリスト集団の手口や構成員の情報を基に警備計画が練られた。, 着々と準備が進み後は上院議員の到着を待つばかりとなった頃、ベックとラーソンの元にテロリストらしき人物がストックホルムに潜入しているらしいとの情報がもたらされた。, Rikspolisstyrelsens säkerhetsavdelning:Säpo, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=テロリスト_(マルティン・ベック)&oldid=61065860. transition: all 0.4s; 当初は「完璧な世界には『心』や『個人』など不要」という理念を持っていたが、それも彼自身の「二度とこんな悲劇を生みたくない」、「誰も死んで欲しくない」という純粋な思いによる理念から来たものであったことが小説で語られている。 最終更新 2016年9月7日 (水) 18:46 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。; テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。; プライバシー・ポリシー } ちなみに英雄繋がりでいうと、勝野氏は『逃走中』にて織田信長を演じたことがある。, 仮面ライダーゴースト 眼魔 アドニス(仮面ライダーゴースト) ... 」、「誰も死んで欲しくない」という純粋な思いによる理念から来たものであったことが小説で語られている。 ... シルフェリ 2020-11-12 21:44:30; ハッカ(きららファンタ … } 34 ... アドニスって不人気煽りだかでお気持ちされてなかった? 普通にきゃわだね .

padding-bottom: 6px; .share-button .twitter-button .lg { } } .share-button .facebook-button { .share-button .twitter-button {

スペースガンダムV / 스페이스 간담 V 1984.

.share-button a:hover { .share-button .googleplus-button { 「アラン……愛してるぞ……。」 .share-button .pocket-button {

.share-button .hatena-bookmark-button .lg {

アドニス: 原作・漫画: ヘドリ: 作者SNS: 作品ジャンル : 371 372 7 127: 連載媒体: ピッコマ: 連載開始: 年: 連載状況: 連載中: 無料漫画アプリ掲載情報. ※ネタバレサイト(漫画村・星のロミなどの画バレサイト)、rar・zipファイル等のリンク先等の情報提供は受け付けていません。, アドニス(作家 ヘドリ(原作)/ チームアドニス(作画)/ Dream Communication(提供)) | ピッコマ, 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました. background: #00A4DE; background: #C53727; .share-area i, 第26話では、アリアに幽閉されているところを発見される。駆け寄るアリアを制しつつ、「アデルを頼む」と彼女にアデルの事を託し、自分を裏切った息子のアデルを気に掛ける素振りを見せた。 「私とよく似た人」。イアナとアルハードは出逢ったときから強く惹かれてしまう。 イアナに対して優しさと安らぎを求めるアルハード。 しかし、イアナは彼を完全に打ち負かすことに執着し、 結局、敵国の皇帝になったアルハードとの戦いで最期を迎える。 ヘドリ大冒険 / 해돌이 대모험 1982. transition: all 0.4s; -webkit-box-sizing: border-box; opacity: 0.6; } padding-top: 1px; background: #405BA7; その結果、第22話で見限りをつけたアデルによって、自身の眼魂を破壊されてしまう。その後、アデルはアランにその罪を着せ、新たな大帝の地位に就いた。 height: 52px; 『アドニス』(朝鮮語: 아도니스 、英語: Adonis)は、韓国発のウェブトゥーンである。 原作はヘドリ作の長編小説『Adonis』。 日本ではLINEマンガ、ピッコマ、comicoで毎週日曜日に連載されている。 .share-button .hatena-bookmark-button { かつて、全知全能の力を持つグレートアイに選ばれ“力の根源”と繋がり、選ばれし者としての力を授かる。グレートアイの力で、移住した別の惑星(後の『眼魔世界』)に科学技術を発展させたが、その影響で大気汚染等の公害が深刻化し、それにより妻のアリシアや長男のアルゴス、多くの同胞を病で亡くしてしまう。絶望した彼は、グレートアイの力で誰も死ぬことのない世界を実現し、自身の古き盟友であるイーディスの考案した「眼魂システム」を導入し、自身の理想が実現した『眼魔世界』を築き上げる。 margin-top: -1px; 「アドニス」は原作・ヘドリ、漫画・チームアドニスによるkakaopageで連載されていたマンガ作品の日本語版としてピッコマにて連載されています。 続・二人の魔女(多重クロス)連載中(全38話) 最終更新日:2019年07月21日, 武術の天才は世界を巡る(多重クロス)連載中(全15話) 最終更新日:2016年06月30日, マギカではなくリリカル(魔法少女リリカルなのは)完結済(全12話) 最終更新日:2016年05月29日, 旧石器時代からスタート(新世紀エヴァンゲリオン)完結済(全44話) 最終更新日:2013年08月15日, 三度目の歌(超時空要塞マクロス)完結済(全20話) 最終更新日:2013年05月31日, 剣と少女と世界の旅人(多重クロス)完結済(全16話) 最終更新日:2014年07月20日, とある少女の支配領域(とある魔術の禁書目録)完結済(全27話) 最終更新日:2011年10月29日, 超戦士伝説(ドラゴンボール)完結済(全17話) 最終更新日:2016年10月24日, 短編及び中編集(一発ネタ集)完結済(全23話) 最終更新日:2016年06月14日, トリッパー列伝(一発ネタ集)完結済(全74話) 最終更新日:2015年11月16日, ブリタニア帝国記 If編(魔法少女リリカルなのは)完結済(全28話) 最終更新日:2012年11月23日, ブリタニア帝国記(魔法少女リリカルなのは)完結済(全80話) 最終更新日:2013年08月18日.