U“ÆŽ©‚̃C[ƒW[ƒhƒ‰ƒCƒuƒVƒXƒeƒ€ uƒfƒ…ƒAƒ‹ƒ‚[ƒh‚l‚sv‚ð•W€‘•”õ‚Æ‚µA‰õ“K«‚ÌŒüã‚ð}‚Á‚½B. 2017 -2017 All Rights Reserved. 大町市・白馬村・安曇野 |(有) 矢口自動車修理工場 - エルフ4WD 高速切換時音がする, 全車診断システムチェックする珍しい存在の我が社 携帯電話値下げより通信品質は向上してほしいです, 曲がっていて極端に重い新品ホイル 適切に整備されていない新車のブレーキ..新品製品は退化し車検は簡素化 危ないですよ, ABSセンサー交換 ディーラーメンテナンスパック車 下回り塗装していないので大変な作業に, いすゞフォワード法定3ヶ月 法定3ヶ月点検はタクシーやレンタカー含め一般には手抜きが多いですね 俗称(めくらばん), クリップボルト破損はちょっとした注意で防げます。ダイハツハイゼットカーゴS331V, 下回り錆びないように。雨の日も快適な油膜除去ガラスコーティング ダイハツキャンバス新車納車整備, スズキパレット ステアリングロックサービスキャンペーン エンジンかからなくなります, 車検は各社一緒では有りません。ブレーキの効きか悪かったり立ち往生する可能性があっても車検は通る場合があります 今まで絶対の信頼のメーカー車検も一緒です, ハイブリッド、EV、アイドリングストップ、クリーンディーゼル、自動ブレーキ最先端技術は車検項目ではありません, 新車の法定点検重要。車検だけではダメ。無料保証修理もお任せ ダイハツタント 高額なシリンダーヘッドガスケットオイル漏れ, 最近多くなったベルトを伸ばしてかける車の先祖 スバルフォレスター ベルトに工具が付いていること自体が無駄, 弊社の耐エンカル塗装であればあり得なかった フロアに穴の空いたタント 今回はわからない様に綺麗に直します, タイヤ交換込み合っています ご協力をお願いします  ハイエースのコンピュータエラー. life info ,

エルフ(ELF)は、いすゞ自動車が製造・販売する小型および中型トラック。かつて乗用車、SUVを製造していた時代も含め、一貫していすゞ自動車の主力販売商品である。, 1975年に2トンクラストラックでシェアトップを奪って以来、日本の小型キャブオーバートラックの代表的存在として世間では位置づけられている。一般的なトラック同様、荷台のバリエーションによりさまざまな車種が存在する。エンジンは、ディーゼルエンジンのみならず、CNGエンジンの他、ディーゼルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドカーも存在する。かつては3種類以上のディーゼルエンジンのほか、ガソリンエンジンなど、多彩なエンジンが用意されていた。しかし、排出ガス規制への対応から、6代目へのモデルチェンジでLPG車が廃止され、ディーゼル2機種+CNGと、ベースエンジンを共用するハイブリッドのみとなった。, 日本国内向けは最大でも車両総重量8tクラスの「NPR」シリーズまでの設定であるが、輸出仕様の中には車両総重量8.5tクラスである「NQR」シリーズの設定がなされている海外仕向地もある。, なお、マイパックは350シリーズとともに3代目にフルモデルチェンジした後も1978年まで併行生産を行っていた。, 「Be-Cam」はベース車に対し、リヤのリーフスプリングを1枚にし、乗り心地と安定性を向上させたほか、キャンピングカー装備を架装することによる重量増を前提としてリヤタイヤもダブルタイヤとなっている。 4wdは常時四輪駆動のフルタイム式と任意に駆動システムを切り替えられるパートタイム式が存在し、 トラックに搭載される4wdはfrベースのパートタイム式が一般的で、高い駆動力が必要となる際に2wdのfrから4wdへの切り替えを行えます 。 デフロックは車がスタックした時に活躍する機能。デフロックにもいろいろあって、2wd、4wd、トラックでは、それぞれ微妙に仕組みが違います。とくに、2wd←→4wdを手動切り替えする車では、注意が必要です。走り屋さんがこだわるデフロックやリミテッド・スリップ・デフ についても。 エルフトラック - いすゞ 平ボディ 切り替え4WD スムーサー フレーム強力防錆済の中古車。年式:2014年、地域:北海道、走行:9.6万km、排気量:3000cc(D)、価格:本体198万円(消費税込,リ済別) 総額万円、 … いすゞ自動車(株)は、小型トラック「エルフ」のワイドキャブ車に、低型4WD車を新規設定し、 10月3日より全国一斉に発売する。 前輪・後輪ともに駆動する4WD車は、滑りやすい路面でも安定した駆動 …

これが、デフロックの役割です。, こうした左右の車輪を同時駆動に切り替えられるデフロック機能は、おもにSUV車やトラクターなどに装着されています。, さて、ここまでは、左右の車輪の回転数を調整するデフの仕組みとデフロックの機能について見てみました。, ところが、この左右のデフをロックする仕組みというのは、トラクターでは標準装備ですが、一般の街乗り用の車両ではついていません。, なぜなら、今の日本では、農業や土木関係以外では、ほとんど敢えて悪路を走行する必要はないので、デフロックがなくても困らないのです。, ただ、街乗り中心でオフロードも少しこなせるようなRV車では、自動的にデフロックを調整してくれるリミテッド・スリップ・デフという機能が備わっています。, さらに、悪路走行を前提としたSUVやクロカンには、左右のデフロックを利かすための、「フロントデフロック」や「リアデフロック」が装着されているものもあります。, これらはいずれも、左右の車輪の回転数を調整するデフロックなのですが、これとは別に「4WDのセンターデフ」というのがあり、むしろこちらの方が重要なので、ぜひ理解をしておく必要があります。, 4WDに乗る人は必須の知識ですので、少しややこしいですが、説明していきます。ここからが、今日の本題です。, 車が曲がる時、左右の車輪に回転数の差が生じることは、前に述べましたが、前後の車輪でも、回転数に差が生じています。, 車が曲がる時は、内輪差と言って後ろの車輪の方が、前輪よりも内側のカーブを通るようになります。内輪差で人や自転車を巻き込まないように!ということは、教習所で習ったはずです。, 内輪差があるため、前輪より、後輪の方が、短い距離を回ることになります。ですので、前輪と後輪にも回転数の差が生じるわけです。, ただ、通常の2WDの車であれば、前輪か後輪のどちらかがだけが駆動されていて、一方はただ引っ張られているだけなので、回転数の差が生じても、何も問題がありません。, しかし4WDでカーブを曲がる時に、前輪と後輪に同じ回転数で駆動が伝えられたら、どうなるでしょう?, 前後と後輪が強制的に同じ回転数になってしまうため、とてもギクシャクした動きになり、場合によては、車が止まってしまいます。この現象を「タイトコーナーブレーキング」と言います。, 「タイトコーナーブレーキング」は4WD車だけに起こる現象です。が、これを防ぐには、どうしたら良いでしょう?, 左右の車輪の回転数を調整するのにはデフ機能が用いられましたよね? それを、前後の回転数調整に使えば良いわけです。これが、「センターデフ」です。, 4WD車が曲がるときに問題になる「タイトコーナーブレーキング」を解決するために、フルタイム4WD車には必ずセンターデフが装備されています。, このため、フルタイム4WDがスタックした場合、4WDなのにセンターデフのおかげで、2WDと同じになり、空回りしてしまうこともあります。, そこで、フルタイム4WDのSUV車などには「センターデフロック」の機能がつけられているのです。, 街乗り用のフルタイム4WD車にはセンターデフロックのスイッチが無いものも多いですが、これはセンターデフのロックを、自動的に調整するオンデマンドデフが備わっているからです。, フルタイム4WDは、通常走行時はセンターデフのおかげで、普通にカーブも曲がれます。そして、スタックしたきは、センターデフロックまたはオンデマンドデフの自動制御でセンターデフロックが、かかります。センターデフロックがかかれば、4輪すべてに駆動がまんべんなく伝わります。4WDが機能することで、空回りしていない車輪がしっかり回りだし、スタックから抜け出せます。, 軽トラの4WDは基本これですし、一部のSUVやクロカン車にもパートタイム4WD車があります。, 注意すべき点は、軽トラなどのパートタイム4WD車には「センターデフがついていない」ということです。つまり軽トラなどでは、4WDに入れると、常に「センターデフロック」がかかった状態になっているのです。, 軽トラの4WDでハンドルを切ると、ギシギシととても曲がりにくく、場合によっては「タイトコーナーブレーキング」がかかってきます。, ですので、パートタイム4WDでは、悪路と正常路で4WD←→2WDを、こまめに切り替える必要があります。なお、一部のSUVやクロカン車では、センターデフのオンオフができるものもあります。, パートタイム4WD車(=4WD入り切りのスイッチがある車)は、4WDに入れるとセンターデフが常にロックされた状態になっています。, ですので、4WDに入っているなら、カーブを曲がるときは細心の注意が必要なのですが、とくに、気をつけなければならないのは、雪道やアイスバーンです。, 雪道や凍結の恐れのある峠道で、センターデフがロックされた状態の4WDは、カーブでの制動がとても悪い状態になります。前後のタイヤが無理やり同じ回転数で回わろうとするので、曲がりきれないことが、とても多いのです。, 冬の峠道で、4WDのランクルやSUV車が転落している光景を目にしたことがあるかもしれません。なぜクロカン車が?と疑問に思いますが、これはフルタイム4WD車でセンターデフをロックさせていた可能性が高いです。, ●フルタイム4WDのセンターデフロックを雪道では入れっぱなしにしない。(センターデフロックは原則、脱出時のみ使う), ●軽トラなどパートタイム4WDでは、4WDに入れている時カーブでとてもスリップしやすくなるので、細心の注意を払う, ということを覚えておきましょう。軽トラの場合、2WDでは後輪駆動になるため雪道での安定性が極端に悪くなります(軽乗用タイプはFF(前輪駆動)なので2WDでも安定します)。軽トラでは、デフロックでスリップしやすくなるリスクをかかえつつも、4WDに入れないと雪道ではうまく走れないため、とくに慎重な運転を心がけましょう。, なお、フルタイム4WD車でセンターデフの入り切りスイッチがないものでは、オンデマンドデフが自動で調整してくれてますので、雪道でも安心して走れます。ただし、車種によりセンターデフの仕組みはいろいろですので、フルタイム4WD車で雪道を走る前にはメーカーやディーラに、確認をとるようお願いいたします。, 雪道では2WD・4WD以前に、タイヤの摩擦が無くなりロックするなど、とにかく危険です。スピードを出さないことと、車間距離を広くとること、急ブレーキ急ハンドル禁止を徹底しましょう。詳しくは⇒「路面凍結(アイスバーン)の注意点」の記事も参照してください。, センターデフは、4WD車がカーブを曲がる時に、前後の車輪の回転数を変えるための機能でした。, 一方で、直進している時でも、前後の車輪の回転数が変わることがあります。それは、タイヤの磨耗に差がある時です。多少の磨耗の差は、通常の走行ではたいした問題になりませんが、高速走行などでは、その微妙な差が問題となってきます。, パートタイム4WDの場合、高速走行時には2WDにするべきですが、もし忘れて4WDのまま高速を走行したとします。その時、前後のタイヤの磨耗に差があると、回転数が違うべきなのに、デフロックがかかった4WDの状態なので、無理やり同じ回転数で駆動が伝わっています。この結果、駆動部に負担がかかり、前か後ろのデフ(左右用のデフ)が焼き付けをおこしてしまうのです。, 実は、フルタイム4WDでも、タイヤの磨耗の差があまりにも激しい場合、高速走行でセンターデフに負担がかかり、最悪の場合は、そこから発火する、という現象もあります。, このことから、とくにフルタイム4WDのタイヤは、常に4本同時交換し、回転数を合わせた方が良い、と言えそうですね。, 大型トラックは、ふつう、車軸が3つあります。後輪が二つならんでいますよね。このタイプのことを「後軸2輪」と言い、二つの軸は「後前軸」と「後後軸」と呼ばれます。, 「後前軸」と「後後軸」が両方とも駆動するのが2デフ車、「後前軸」だけが駆動するものが1デフ車と呼ばれます。, さて、2デフ車の場合は、4WDと同じように、「後前軸」と「後後軸」の間に微妙な回転数の差が生じるため、あいだに、インターアクスルデフがついています。後軸2輪のインターアクスルデフは、4WDのセンターデフにあたるものです。, 後軸2輪車は、たとえばバックで歩道をまたぐような場合、車輪が近づき過ぎているために、ひとつの車輪が浮いて空回りしてしまうことが少なくありません。, トラクターも畑間を移動する時は、ふつうに公道を走ることが多く、当然、きちんと曲がれるように左右の車輪の間にはデフがついています。, 畑の作業では、たとえばプラウ耕などでは、車体を斜めに傾けながら鋤(すき=プラウ)を引っ張って畑を耕していきます。車輪が傾いているため、浮いている方が空回りしやすくなります。こんな時に、デフロックをかけます。, ただ、畑の作業では、畑のはじっこにいったら、旋回します。その際はデフロックを外さないと、上手く曲がれません。, ですので、デフロックを入れたり切ったりしながら走ることがもっとも多いのは、トラクターかもしれませんね。, ジムニーなどオフロード車で、とんでもない悪路を走るのを趣味にしているマニアな人も多いです。, そういう人たちは、悪路専用に、左右のデフをロックして、片輪が中に浮くような凸凹道を走るのを楽しんだりしています。, デフを完全にロックするかわりに、ロックのかかり具合が微妙に自動調整されるリミテッド・スリップ・デフを取り付ける場合もあります。, デフにリミテッド・スリップ・デフを組み込むと、2WDの車でも4WD並みに悪路に強くなります。とくに雪道や凍結路では、リミテッド・スリップ・デフの2WDのほうが4WDより安定して走りやすいケースもあるようです。, 後輪をロックさせて真横に滑らせて、コーナーを曲がっていくドリフト走行を、サーキットなどで楽しんでいるマニアな人たちもいます。, ドリフト走行でもデフロックやリミテッド・スリップ・デフはとても重要な要素になります。ドリフトではわざと車輪をスリップさせるので、通常のデフがついていると、スリップさせたところへ駆動の力が逃げていってしまいます。, スリップしてもスピードを落とさないためには、左右の車輪間のデフ内のギアを、溶接して、常にデフロックするように改造したりします。, ただ、デフロック改造車は、公道を走ると、カーブを曲がりきれない可能性があるので、たいへん危険です。公道を走る場合はデフロック改造はやめましょう。信頼のおけるパーツメーカのリミテッド・スリップ・デフを組み込むのなら、大丈夫です。, レンタカーの保険は、まんがいち事故ったりキズつけてしまった場合には欠かせないも …, がんばって晴れて免許を取得! さっそくドライブにでかけたいですよね。でも免許取 …, テレマティクス保険が、新しい自動車保険として、注目を集めていますね。  テレマ …, 残クレ(残価設定ローン)のおかけで、新車がとても購入しやすくなっています。頭金 …, 運転は慣れですので、たまにしか車に乗らないペーパードライバーが、運転が怖くて不 …, 未使用車は、数kmだけしか走っていない新車そのものだけど、既にナンバーが付いて …, 車がパンクした場合は、まず、あせらず安全な位置に停車してください。  パンクし …, 新車が半額!!

1975年6月 フルモデルチェンジで3代目登場(エルフ150及び250)。テレビcmに渥美清を起用。 ゆえに3代目前期型は通称「寅さんエルフ」とも呼ばれている。 1976年 1年遅れてルートバンもフルモデルチェンジ。; 1977年1月 エルフ250に前後異径タイヤのフラットローを追加。

Since2008©Y-ARMS, Ltd. いすゞの小型トラック・エルフ(elf)の商品情報サイトです。燃費・走行性能、室内・インテリア、安全性能、シャシ性能、グレード・ラインナップ、車種別展開・スペックなど、詳しい商品情報が載ってい … 4wdは常時四輪駆動のフルタイム式と任意に駆動システムを切り替えられるパートタイム式が存在し、 トラックに搭載される4wdはfrベースのパートタイム式が一般的で、高い駆動力が必要となる際に2wdのfrから4wdへの切り替え …

当ブログは情報の提供に際しては細心の注意をはらっておりますが、情報の利用についてはすべて閲覧者様の責任において行っていただくようお願いいたします。詳しくは, 車種によりセンターデフの仕組みはいろいろですので、フルタイム4WD車で雪道を走る前にはメーカーやディーラに、確認. 2017/02/11