ヒュッレムはジハンギル皇子を遠征を諦めさせようと、皇子に後宮を与えましたが、皇子は自分の体を側女に馬鹿にされたと思い、かえって傷ついてしまいました。, ミフリマーフは、ファトマ皇女に「幸せな結婚」を見せつけられ、頭に血が上ったのか、マフムードにアルカス王子を帝都に戻らせないようにと命令しました。, しかもそれをリュステムに言わないよう言われたマフムードは困惑していることでしょう。アルカス王子は今回の遠征では大変重要な「駒」の一つです。, そんな「駒」をミフリマーフの勝手で処分することはできません。マフムードはミフリマーフの命令を聞くのでしょうか?, 夜伽の側女に馬鹿にされたと思って落ち込んでいるジハンギル皇子は、部屋に閉じこもっています。ヒュッレムから話を聞いたスレイマンはジハンギル皇子のところに行き、「遠征に行きたいと願う皇子が暗闇に籠るとは」とジハンギル皇子に声をかけますが、皇子はすっかり自信を無くし、自分が遠征に行っても役に立たないと言って遠征を辞退すると言い出しました。それを聞いたスレイマンは皇子が傷ついているのを見て遠征に一緒に行こうと誘い、「お前の考えが必要だ」と言いました。, スレイマンは本当は皇子を連れて行くつもりはなかったようですが、跡目争いに参加することもできないジハンギル皇子をこれ以上傷つけたくなくて参加することをゆるしたのでしょう。, バヤジット皇子は、遠征中にスレイマンに結婚を報告して許しを得るとフーリジハンに伝えて出発しました。, あれからバヤジット皇子はフーリジハンと距離を置いてはいますが、結局追い出しもせず、スレイマンに報告して許しを得るつもりのようです。, バヤジット皇子はもしスレイマンにフーリジハンと別れるよう言われたらどうするつもりなのでしょうか?別れるよう言われても従わなかった場合、ムスタファ皇子のようになってしまう可能性があります。皇子はその覚悟ができているのでしょうか?, ムスタファ皇子は遠征に向かうスレイマンにミフィルニーサとの結婚について弁明しようとシバスに向かうことにしました。, マヒデブランはたとえスレイマンの沙汰が気に入らなくてもそれをおくびにも出してはならないと皇子にくぎを刺しました。皇子としては顔を合わせて自分の口で説明をしたいと考えているようですが、スレイマンは皇子が嘘をついたことに腹を立てていて、謝罪を受け入れてくれるかどうかわかりません。, 試行錯誤の末、コーヒーが商売になると考えたスンビュルは、知り合いの店を買い取ってコーヒー店を開くことにしたようです。, 現在はポピュラーなトルコのコーヒーですが、スンビュルがその第一号になるのでしょうか?, スレイマンの一団と合流したバヤジット皇子は、ジハンギル皇子にフーリジハンとのことをスレイマンに告白すると告げましたが、リュステムに呼び出され、フーリジハンの事は絶対にスレイマンに言わないよう口止めされてしまいました。, リュステムは今そんなことを公にしてしまえば、セリム皇子の一人勝ちになってしまうと言ってバヤジット皇子を説得しました。リュステムのこの言葉はバヤジット皇子がセリム皇子に対抗心があることを知っての事でしょうが、それはつまり皇子に愛するフーリジハンか、玉座かの究極の選択を迫っているということです。, 皇帝代理として帝都を守ることになったセリム皇子は、ソコルルに自分が皇帝代理になったのは奇妙なことだと自嘲気味に話しましたが、ソコルルは「私は陛下のご慧眼に感服しております」と言ってセリム皇子を選んだスレイマンの目は間違っていないというのです。それを聞いたセリム皇子はバヤジット皇子にはリュステムが、ムスタファ皇子にはその側近らがいるといい、自分がもし帝位につくことになれば、「信頼できる経験豊富なもの」を大宰相にしたいといい、「お前かもな」とそれとなくソコルルの腹を探りました。, 確かにセリム皇子には有能な側近も後ろ盾もいません。しかし、有能なソコルルがセリム皇子につけば、事態は変わるでしょう。セリム皇子は素直なところがあるので有能な家臣にとってはやりやすい主君のように思えます。もしもソコルルがその気なら、セリム皇子にとっては絶好の側近を得たことになるでしょう。, ムスタファ皇子はスレイマンに直接弁明しようとスレイマンの野営地を訪れ、スレイマンに面会しました。, しかし、スレイマンはムスタファ皇子がミフィルニーサと愛し合っていて離れられなかったという弁明を聞いて激怒し、ムスタファ皇子の心の弱さを指摘し、敵はその弱さに付け込んでくると声を荒げて叱りました。, 父との和解を望むムスタファ皇子の気持ちはスレイマンに届かず、皇子は失意のままスレイマンの前を去ることになりました。, ムスタファ皇子はスレイマンが話せばわかってくれると思っていたようですが、信頼を裏切られたと思っているスレイマンにはもう取りつく島もありませんでした。, ソコルルからポーランドの王女アンナ・ヤゲロニカがヒュッレムに謁見を求めていると聞かされたヒュッレムは、自分の故郷であるルテニアを統治するポーランド王の王女が、元ルテニアの庶民である自分に謁見を求めていることに自分の半生を思い、感慨に浸っています。, もしも奴隷になっていなければ、故郷の主に会うこともなかったと思うと、ヒュッレムの感慨はひとしおだったでしょう。, スレイマンの所から肩を落として戻ってきたムスタファ皇子をジハンギル皇子が慰めていると、そこにバヤジット皇子がやってきました。, バヤジット皇子は自分がムスタファ皇子を密告したのではないと弁明し、心苦しい胸の内をムスタファ皇子に話しました。話を聞いて密告したのがフーリジハンだと知ったムスタファ皇子は苦悩する弟を労い、アマスヤに戻っていきました。, ムスタファ皇子はバヤジット皇子が愛するフーリジハンと母親ヒュッレムの板挟みになって苦悩しているのを見て、何も言うことができなくなったのでしょう。, しかしムスタファ皇子の中で持っていきどころのない怒りがくすぶっているかもしれません。, ヌルバーヌはセリム皇子を玉座に座らせ、その膝に乗って玉座を手に入れるにはヒュッレムを味方につけることが重要だとささやきました。, 確かに今もしもスレイマンに何かあった時に一番力があるのは母后となるヒュッレムです。, リュステムがバヤジット皇子を立てていますが、ヒュッレムがセリム皇子を立てるとなると、リュステムはセリム皇子に乗り換えるでしょう。, アトマジャは結局ユスフを連れてアマスヤに戻り、ユスフを宮殿に仕えさせようと考えて、ムスタファ皇子に挨拶をさせました。, 皇子はユスフを見て「この子には父親が必要だ」といい、我が子を失くしたアトマジャにユスフの父親になるよう勧めました。, しかしアトマジャはユスフの父ジャフェルの命を奪った、いわば「父の仇」です。そう考えると、アトマジャにとっては難しい決断になるでしょう。, ヌルバーヌからヒュッレムを味方につけるよう言われたセリム皇子はヒュッレムの機嫌を取ろうとベネチアから取り寄せた宝冠をヒュッレムに献上し、バヤジット皇子を推しているヒュッレムに、バヤジット皇子が皇帝になればヒュッレムの発言権は無くなると言って、自分ならヒュッレムが権力をほしいままにできると言ってヒュッレムの気を惹こうとします。, 確かにバヤジット皇子が帝位につけば、おそらくはフーリジハンが後宮を仕切ることになるでしょう。フーリジハンがヒュッレムに反抗的なのは分かり切っています。それを考えるとヒュッレムも心変わりするかもしれません。, 予定通りバンでアルカス王子と合流することになったスレイマンたちは、リュステムから今後の予定について説明を受けました。, バヤジット皇子は身内を裏切っているアルカス王子はまた裏切るかもしれないといい、アルカス王子が率いる予定の軍を自分に任せて欲しいといいました。, しかしスレイマンはアルカス王子はファトマ皇女と婚約しているといい、もしも裏切ったところで王子には行く当てがないと言ってこれを却下します。, 不満そうなバヤジット皇子にスレイマンは「お前の任務は私が決める」と言って口を出すことを禁止しました。, スレイマンは血気盛んなバヤジット皇子が暴走するのを良しとせず、自分の命に従うことを求めています。今のスレイマンは言うことを聞かない皇子たちに対して心を閉ざしているように見えます。おそらく何を提案しても受け付けてくれないでしょう。, スレイマン暗殺計画をムスタファ皇子に知らせないようピーリーから口止めされていたアトマジャでしたが、結局ムスタファ皇子に本当の事を告げてしまいました。, 更にその上で「二つの道」を提示し、このまま静観するか、スレイマンに知らせるかを皇子に選ぶことを求めました。, アトマジャはこの重大な事実を自分が握りつぶすことに罪悪感があったのでしょう。しかし、このアトマジャの判断は結果的にはムスタファ皇子を窮地に追いやることになるかもしれません。, ムスタファ皇子は結局スレイマンに暗殺計画を知らせるためにアマスヤを立つことになりました。マヒデブランは考え直すよう皇子を説得しましたが、皇子はそれを聞き入れず、スレイマンの所に向かいました。, マヒデブランは皇子のためならスレイマンが殺されても構わないと思うほど、スレイマンから心が離れているのでしょう。今までの仕打ちからすれば当然かもしれませんが、肝心の皇子はスレイマンへの敬愛が深く、見殺しにすることができないのです。, こうなることは分かっていたのでピーリーはアトマジャに口止めしたのに、アトマジャの正義感がそれを許さなかったのです。, ヌルバーヌはヒュッレムの部屋にムラト皇子を連れてきて「この年で帝都に入れる幸運な子」といい、ヒュッレムのおかげだと感謝しました。, 更にヒュッレムがポーランド王女と面会すると聞き、ヒュッレムの事を「全世界のお妃様」と持ち上げました。, ヌルバーヌはセリム皇子を皇帝にするためにヒュッレムを味方に付けなければいけません。もともとヒュッレムに気に入られているヌルバーヌですから、そう難しいことではないでしょう。, ピーリーはヤヴズの呼び、イラン人によるスレイマン暗殺計画があることを告げ、ムスタファ皇子が玉座につくために邪魔になるヒュッレムを暗殺するよう命じました。, ピーリーはもうスレイマンを見限り、ムスタファ皇子を擁立することにしたようですが、直接手を下さなくてもこれは明らかな反逆行為です。, セリム皇子はヒュッレムからポーランド王女がなぜ面会したがっているのかと尋ねられ、ポーランドの国情を話して聞かせました。, セリム皇子が政務に取り組んでいることに驚くヒュッレムに、皇子は「玉座を任されたのですから」といい、期待に応えようと頑張っていることが分かります。, ヒュッレムはそれほど期待していなかったでしょうが、それだけにこの頑張っている姿は頼もしく感じたのではないかと思います。, バヤジット皇子はとかく前線に行きたがるようですが、皇帝になりたいのならそのような無謀なことはしない方が得策です。さらに、スレイマンの側にいて、信頼関係を築くことが重要だとリュステムは考えたのでしょう。, リュステムは、バヤジット皇子からミフリマーフとの仲がこじれているのではないかと聞かれ、修復は可能だと弁明しました。, ミフリマーフはリュステムが自分への嫌がらせでファトマ皇女とアルカス王子を結婚させようとしていると思っているのに、果たして修復は可能なのでしょうか?, タフマースブの間諜アッバスはもう一人の男と共にアルカス王子の従者としてスレイマンの所に行き、暗殺の機会を伺っています。, アッバスらはスレイマンとアルカス王子を暗殺するつもりのようですが、それを阻止しようとムスタファ皇子がスレイマンの元に駆けつけています。, スレイマン暗殺を阻止するために駆けつけたムスタファ皇子。しかし刺客はすでにスレイマンの懐に忍び込んでいます。, スレイマンは病気のために足が痛み、素早く動くことができないと思われますが、暗殺を回避することができるでしょうか?, Tomotomo3さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog オスマン帝国外伝シーズン3 51話ハイライト 市場でローマ法王の刺客におそわれるのをマルコチョールが... トルコドラマMotherのメレク役のベラン・ギョキルデ(Beren Gökyıldız)はスペイン語... オスマン帝国外伝シーズン3 49話ハイライト 私たち見ている者だけが知っている、ファーリエは救い主なの?, オスマン帝国外伝シーズン3 49話 ハイライト ファーリエにヒュッレムはハマムで狙われる。, オスマン帝国外伝シーズン3 49話 ハイライト メフメト皇子とエスメハン、ミフリマーフとマルコチョール, オスマン帝国外伝シーズン3 48話 ハイライト 墓でニギャールはシャーに会い復讐を決意する, オスマン帝国シーズン3 47話 ハイライト ムスタファはアヤスパシャの前でイブラヒムをほめるが. ミフリマーフの告白とマルコチョールの結婚話 オスマン帝国外伝シーズン3 63・64話ハイライト オスマン帝国外伝シーズン4 涙なしではみられないスンビュルとヒュッレムの会話 奴隷は今? オスマン帝国外伝の、ヒュッレムの娘のミフリマーフ。 シーズン3で大人になって、めっちゃきれいになりましたよね。 恋も動き出して、しかも父親のお気に入りの娘。 今後オスマン帝国の権力争いに大きく関わって来そうなミフリマーフの運命がどうなってい ミフリマーフにしてみれば、愛してもいない夫との結婚生活が幸せだったわけもなく、満たされない思いを抱えていたでしょうが、他の皇女たちも決して愛のある結婚生活を送っていたわけではありません。 「そうでなければマルコチョールはずっと私から逃げたことでしょ。もう今は秘密にする必要がなくなったのよ」, わかったわ、あなたの将来のことを考えないのはわかったわ。でも皇帝の将来を全く考えないのはどういうことなの? 」, 「エスメハンの噂について話そうと思ってよんだそうです。私に少し興味もあったのですよ」, 「マルコチョールと結婚したいとあなたが言っていたのを覚えているわ。それでもマルコチョールのせいにするの」, オスマン帝国外伝シーズン3の初めのシーンを覚えていらっしゃいますか?ある女性が海に浮かぶ木切れにもたれて生死をさまよっているというようすです。その女性はジャンス・デレさん演じるフィルーゼです。, トルコドラマ 「Mother」(概要・あらすじ・キャスト) BS日テレで2020年9月3日から放送, オスマン帝国外伝シーズン4あらすじ・ファイナル エピソード139の5 スレイマンの死・最後の言葉は?, 創始者オスマン  クルルシュオスマン 26話 スグタイ・ソフィア軍がカイの邑を襲撃, ルメイサ役の エリフアタカン 「私が選択する役割はもうお金を稼ぐためではありません」, ムスタファはルメイサを自由人にするというのだが・・・  オスマン帝国外伝シーズン3 69話ハイライト, 子育てってホントに大変!バヤジトが行方不明に、 オスマン帝国外伝シーズン3 68話ハイライト, ミフリマーフを怖がるエスマハンは真実を語らない オスマン帝国外伝シーズン3 68話 ハイライト, 【創始者オスマン】 クルルシュオスマン24話 デュンダルの正妻ハザルがオスマンの結婚式でおおさわぎ, ジェノヴァの商人 ガブリエラの妹はルメイサ? オスマン帝国外伝シーズン3 68話ハイライト, ミフリマーフとエスメハン、ハマムで対決!オスマン帝国外伝シーズン3 67話ハイライト, ヒュッレム妃はエブッスードの家を訪れる オスマン帝国外伝シーズン3 66話ハイライト, ヒュスレブパシャがハティジェを訪問する オスマン帝国外伝シーズン3 66話ハイライト. moviecollection 2017年9月1日「女たちのドロドロ修羅場にハマる人続出! 8億人熱狂の トルコ版『大奥』がスゴイ」, BS日テレ - 歴史時代劇「オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~」 │ 番組概要, Halit Ergenç - Oyuncu - TurkceAltyazi.org, Meryem Uzerli - Oyuncu - TurkceAltyazi.org, Okan Yalabık - Oyuncu - TurkceAltyazi.org, Nebahat Çehre - Oyuncu - TurkceAltyazi.org, Selim Bayraktar - Oyuncu - TurkceAltyazi.org, チャンネル銀河、「オスマン帝国外伝」シーズン4を8-3より日本で初放送(20.6.25) サテマガBi Online, ニュース:『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』シーズン2、7月24日(火)より独占配信スタート, 【8月にいよいよ日本初上陸】大反響を呼んだトルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』シーズン3, 大反響を呼んだトルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』シーズン3を8月よりチャンネル銀河で日本初放送!新たなるライバルが出現!嫉妬の炎が燃え上がる, オスマン帝国外伝 〜愛と欲望のハレム〜 シーズン1|無料動画GYAO!(GYAO!), オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~[字]第1話 新帝の誕生 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV), amazon.co.jp オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~ シーズン1を観る Prime Video, オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~ シーズン1 動画 ・あらすじ- 海外ドラマ(楽天TV), オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~(字幕版) 新帝の誕生 Paravi(パラビ) - 人気番組が楽しめる動画配信サービス, セレン・オズテゥルク(Selen Ozturk) のプロフィール - allcinema, ユスフ・ベルカン・デミルバー(Yusuf Berkan Demirbag) のプロフィール - allcinema, セマ・ケチク・カラベル(Sema Kecik) のプロフィール - allcinema, ニハン・ブユクアーチュ(Nihan Bykaga) のプロフィール - allcinema, メルヴェ・オフラズ(Merve Oflaz) のプロフィール - allcinema, Hayal Köseoglu - Oyuncu - TurkceAltyazi.org, Sayfayı Yazdır - Muhteşem Yüzyıl - Bölüm Özetleri, Muhteşem Yüzyıl Vol.1 (Orijinal Dizi Müzikleri) - Amazon.co.jp, Muhteşem Yüzyıl, Vol.

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. オスマン帝国外伝シーズン3 52話ハイライト ムスタファが帝都に来る、子供たちの命が危ないと恐れるヒ... オスマン帝国外伝シーズン3 52話ハイライトライト 迷うヒュッレム バヤズィトを皇位につけるのか?, マニサからの知らせに驚くヒュッレム オスマン帝国外伝シーズン3 51話 ハイライト, メフメト皇子のサンジャク行きが延期に オスマン帝国外伝シーズン3 48話ハイライト. ミフリマーフはついに結婚した。その夜リュステムは用意していた毒薬の小瓶をミフリマーフの前で飲もうとする。 もしいやならば止めないで結構とでもいうかのように、リュステムは自分の命か結婚かをミヒリマーフに迫った。 シーズン2の初放映が最終回を迎えた後、チャンネル銀河は「多くのリクエストをいただいている「シーズン3」の放送に関しては、現在鋭意検討中です。」とサイトで告知した[16]。, 2019年6月3日、チャンネル銀河は本作が大反響を呼んだとして、シーズン3を8月8日(木)深夜から放映開始することを告知し、また2019年は「日本におけるトルコ文化年」でもあり、そのことと絡めて、駐日トルコ共和国特命全権大使ハサン・ムラット・メルジャン(Hasan Murat Mercan)からシーズン3日本初放送にメッセージが寄せられた[17][18]。, 2020年6月25日、チャンネル銀河(住田和嘉子社長)は、4シリーズ計312本の超大作であるトルコドラマ「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4を、8月3日(月)より日本初放送することを発表した。[19], 翻訳は「トルコ狂乱」やノーベル文学賞作家オルハン・パムク作「黒い本」などを手掛けた鈴木麻矢が担当している。, ここでは、日本語字幕版ではクレジットされていない助演俳優も含めた役柄別のキャストの一覧を示す。ウィキペディアの トルコ語版の記事(キャラクター一覧)、英語版の記事、イタリア語版の記事、スペイン語版の記事、並びに IMDbのFull Cast & Crew(英語)、トルコ語による情報サイト TurkceAltyazi.org、Sinematurk.com、Muhteşem Yüzyıl Wiki FANDOM powered by Wikia などによる。, ★ は日本語で俳優名がクレジットされる #メイン・キャスト、 * はオープニングのタイトルロールで俳優名がトルコ語表記でクレジットされるキャストを示す。「出演」欄の数字およびS1、S2・・・は、シーズンを示す。, 以下、「回」はトルコ語オリジナル版の回数を、「話」は日本語版の話数を、「サブタイトル」は日本語版の副題を示す。, オスマン帝国史上最も権力を持った女性の世として、2015年から2017年にかけて「Muhteşem Yüzyıl: Kösem」(ムフテシェム・ユズユル:キョセム)が2シーズン製作された。, 第14代アフメト1世に妃として迎えられたギリシャ出身のキョセム・スルタン(アナスタシア)が第15代および第16代皇帝を排斥しつつ、自らの皇子2人を第17代ムラド4世と第18代イブラヒム1世としてそれぞれ帝位につけ、主に第13代皇帝の妃サフィエや第18代イブラヒム1世の妃トゥルハンと争いながら権力を持つ母后となり、さらに孫の第19代メフメト4世の代にも実権を握り、オスマン帝国が最大版図を誇った17世紀の時代を生きた歴史的スピンオフ・ドラマ。, なお舞台セットや使用楽曲は「Muhteşem Yüzyıl」本編と一部共通となっている。, 本作の日本語版は、DVDとしてソフト化されて、株式会社ツイン[96] から順次、発売・販売されている[97]。, 本作のオリジナル・サウンドトラック・アルバムは、次の2点があり、Apple MusicやAmazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。作曲者は、Fahir Atakoğlu, Aytekin Ataş & Soner Akalın 。, オスマン帝国は元来は「ガーズィー」と呼ばれる遊牧民主体の戦士集団の連合国家であったが、やがてオスマン家が古くからのトルコ系軍人や有力者らを抑え、君主としての専制支配を確立した。異教徒であるキリスト教徒の男子を強制徴用してイスラムに改宗させて教育し、軍人・官僚とした(デヴシルメ制度)。カプクルと呼ばれるこれらの軍人・官僚は、皇帝直属の常備軍(イェニチェリ)を構成し、彼らに絶対的な忠誠を誓わせることによって、オスマン家の皇帝権力が成り立っていた。, オスマン帝国は、行政区分として州軍政官(ベイレルベイ)が統治する 州(エヤーレト)に分けられ、各州はさらに県軍政官(サンジャクベイ)が統治する県(サンジャク)に分けられていた。戦争が起こると、スィパーヒーと呼ばれるトルコ系の在郷騎士たちは県軍政官の配下として戦地へ赴き、州軍政官が各州の全スィパーヒーを統括した。スレイマンの時代の頃(16世紀)には、県軍政官・州軍政官のほとんどが異教徒からの改宗者であるカプクルで占められるようになった。[134], ベイレルベイ (オスマン語:بكلربكی、トルコ語: beylerbey [135])は、オスマン帝国の軍司令官、

軍管区長官。ドラマの日本語字幕では 州軍政官 と訳されている。軍組織としては、その配下に#県軍政官を従える。建国当初は遊牧民主体の騎兵を束ねる軍司令官に過ぎなかった。14-15世紀以降は、州を監督する軍管区長官として、地方行政の根幹をなす最高の官職となり、御前会議に列席して宰相や大宰相に昇進するための前職の一つとして位置づけられるようになっていった[136]。, ドラマでは、皇女シャーの夫ルトフィーがルメリ州軍政官で、またリュステムがディヤルバクル州軍政官に昇進する。, カザスケル (オスマン語:قاضي عسكر「軍人の法官」、トルコ語: Kazasker [137])は、オスマン帝国における#法官(カーディー)の最高位。ドラマの日本語字幕では、軍法官 と訳されている。14世紀に創設されて、全カーディーを統括する役割を担った。帝国の領土が拡大した16世紀後半に、バルカン領土を管轄するルメリ・カザスケリ(ドラマの日本語字幕では ルメリ軍法官)とアナトリア領土を管轄するアナドル・カザスケリ(アナドル軍法官)に増員され、ルメリ軍法官が上位とされた。御前会議にも列席して、イスラム法の専門家として、国政に参与した。イスラム法学者の官職組織(イルミエ)の中では#イスラムの長老に次ぐ高位に位置づけられた[138]。, カーディー (オスマン語:قاضي‎、トルコ語: Kadı [139])は、イスラム社会における裁判官で、主要な都市などに配置された。ドラマの日本語字幕では、法官 と訳されている。オスマン帝国では、その職階に応じて、日給や事務手数料が定められ、徴税などの地方行政にも携わった[140]。, ドラマでは、帝都の法官として、エブッスードが登場し、マニサでも法官が登場している。, オスマン帝国の皇帝を指す敬称として、ヒュンカール (オスマン語:خنکار、トルコ語: Hünkâr [141])などが用いられる。皇帝当人に呼びかけるときは、ヒュンカールム(Hünkârım)またはヒュンキャールムと言う。この呼称は、このドラマの中でも用いられており、英訳すると my sovereign (我が君)であり、Your Imperial Majesty(皇帝陛下)に相当する[142]。, パシャ (オスマン語:پاشا、トルコ語: paşa [143])は、オスマン帝国の高官を指す称号。ドラマの中では、大宰相となったイブラヒムは、イブラヒム・パシャまたは単にパシャと呼ばれる。, アー (オスマン語:آغا [144]、トルコ語: ağa [145])は、オスマン帝国の軍人や官僚などを指す称号[146]。ドラマの中では、宦官であるスンビュル、ギュル、キラズ、料理長であるシェケル、主馬頭であったときのリュステムらがこの敬称を付けて呼ばれている。, ハートゥン (オスマン語:خاتون 、トルコ語: hatun [147])は、オスマン帝国では、高貴な身分の女性(貴婦人)や夫人などの敬称として用いられた[148]。ドラマの中では、皇帝妃だが皇帝の子を失ったギュルフェム、皇族付きなど高位の女官たち(ダイェ、ギュルシャー、アフィフェ)、夫人らがこの敬称を付けて呼ばれている。, カルファ (オスマン語:قلفه 、トルコ語: kalfa [149])は、オスマン帝国の女官の身分・敬称の一つ。このドラマの日本語字幕では「女官長」と表記されているが、史実では「女官見習い」のような意味を持ち[150]、ウスタ(親方)[151]の下位で、ジラク[152]の上位に当たる。ドラマの中では、ニギャールやファーリエが女官長としてカルファと呼ばれている。, 東京外国語大学の「News from the Middle East 日本語で読む中東メディア」などによる日本語訳記事。, 詩人 兼 軍人のタシュルジャル、皇帝の近侍マルコチョールらに異性としての好意を示すが、母ヒュッレムの画策により、あろうことか関心のなかったリュステムに降嫁する破目になるが、やがて「小さなヒュッレム」と認識されるほどたくましくなってゆく。, 大宰相イブラヒムの愛人となってしまい、皇女ハティジェと対立することになる。娘エスマヌル(カデル)を産むが、・・・。, 皇女シャーの画策により、内廷宦官長に就任して、ヒュッレムの取り巻きである後宮宦官長スンビュルらににらみを効かす。, Muhteşem Yüzyıl Vol.1 (Orijinal Dizi Müzikleri), Muhteşem Yüzyıl, Vol.2 (Orijinal Dizi Müzikleri), 史実では、スレイマンとフュラネの間にマフムート皇子(Şehzade Mahmud)が生まれる, ヒュッレムは、ギュルフェム、マヒデヴランに次ぐ3人目、史実では4人目の寵妃。スレイマンと法的に結婚したのはヒュッレムだけ。, ヴァーヒデ・ペルチンは、降板したメルイェム・ウゼルリの代役として、シーズン3の最終回のラストシーンからヒュッレム役を務めた。, 「アイシェ・ハフサ」とつづられることが多いが、日本語版の字幕では「ハフサ・アイシェ」となっており、劇中でもトルコ語でそう呼ばれている。, マヒデブラン役のヌル・アイサン (Nur Aysan)は、2011年に離婚して旧姓に戻り、シーズン1の途中から, つづりは Mahidevran 「マヒデヴラン」だが、日本語版の字幕では「マヒデブラン」と表記されている。, マヒデブランは、ギュルフェムに次ぐ2人目、史実では3人目の寵妃。スレイマンと法的な結婚はしていない。, ムスタファ皇子(成人後)役のメフメト・ギュンシュルは、シーズン2の第44話から出演し、ムスタファ皇子の成年期を演じる。, チャンネル銀河でのシーズン2の放映は、8月27日深夜に休止して第26話以降が繰り延べとなり、さらに再び繰り延べとなったため、Huluによる動画配信開始は計2話分だけ先行して11月8日には全話の動画配信が開始された。, チャンネル銀河でのシーズン3の放映は、8月20日(火)深夜に休止して、Huluによる動画配信開始が1話分だけ先行している。, 史実では、ギュルフェムが産んだムラト皇子が夭折したのは、スレイマンが皇帝に即位した翌年1521年である(享年2歳)。, 皇女ミフリマーフ(成人後)役の Pelin Karahan(ペリン・カラハン) は、2011-2013年の配偶者の姓が Bekiroğlu であったことから、シーズン3のオープニングでは「Pelin Bekiroğlu」とクレジットされている。, エスマ役のセバハット・クマシュは、無名の側女たちの一人としてシーズン1の第1話から出演している。, 史実のウィーン包囲では、カール5世はスペイン本国から援軍を派遣したが、スレイマンと直接対峙はしていないと考えられる。, シリーズ1の第16話・第19話などで、ヒュッレムが乳児のメフメト皇子に聞かせる子守唄。, ネット記事などでは Arif Erkin Güzelbeyoğlu と紹介されるが、日本語字幕版のオープニングでは Arif Erkin という表記で Güzelbeyoğlu は付かない。, スレイマンの大おじジェムの息子ムラト役のMelih Rahmi Akyolについては、, トルコ語オリジナル版のシーズン2の最終回である第63回は、家から飛び出したニギャールが皇女ハティジェとはちあわせする場面から始まる(YouTubeで確認することができる)。, 以上、『新版 世界各国史18 バルカン史』(山川出版社、1998年)のp.126-130 「オスマン帝国隆盛期の支配の仕組み」などを参照。, 平凡社『新イスラム事典』の「カザスケル」の項、または、『岩波イスラーム辞典』の「カザスケル」の項を参照。, Muhteşem Yüzyıl Wiki FANDOM powered by Wikia, http://www.bs4.jp/drama/ottoman/outline.html.