12cに対応する「SQL基礎」には、「Bronze SQL基礎I」「12c SQL基礎」の2種類があります。「12c SQL基礎」は最新の12cで追加された機能などまで問われるため、試験範囲が狭い「Bronze SQL基礎I」の方が比較的簡単であると言われています。, CBT(Computer-Based Testing)方式とは、コンピュータを用いて問題表示・解答入力を行う方式です。出題形式は選択問題になっています。, ORACLE MASTERはステップアップ型の資格ですが、エントリー資格となるBronzeには、特に前提条件は設定されていません。, 履歴書には正式名称で書くことが一般的ですので、次のように表記できます。 事前知識:ほぼゼロ 勉強期間:1.5か月 総勉強時間:約80時間 本番正答率:81% (70%で合格) 一発で合格しました。 ただ、一ヶ月でサクッと合格するつもりが、思いのほか苦戦してしまいました。 通勤時間とかも入れてダラダラ勉強していたので、集中すればもっと短い勉強時間で合格できたと思います。 記載されている内容は2020年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, これはオラクル製品を導入する前(ライセンス購入前)にとりあえずインストールして試すことができるライセンスです。無償で日付制限もなく試用から検証、開発、テスト、試作及び実演まで出来るようになっています。, APEXとはWebブラウザで使用するWebアプリケーションのことです。これを利用すれば、WebブラウザだけでOracleを無料で操作できるようになります。Oracleをパソコンにインストールする必要もありませんので、手軽にOracleを使ってみたいという方はこちらを使ってみるといいでしょう。, 日本オラクルが運営するサイトです。ユーザ登録(無料)をするだけで、オラクル製品に関する技術資料、マニュアル、トライアル版のソフトウェア、サンプルコードなどを入手することができます。Oracleを勉強するのであれば是非登録することをおすすめします。, データベースエンジニアを目指している方やオラクルマスターの取得を考えている人のためのOracle情報特化型サイトです。入門者向けのOracle SQL入門、PL/SQLプログラミング、初歩的なチューニング、SQLリファレンスなどの情報が揃っています。初心者の方はこのサイトから勉強を始めるといいでしょう。, @IT内にあるSQL講座です。Oracleを利用しながらSQLの基礎からデータ操作までを解説しています。APEXの操作方法も詳細に掲載されていますので、APEXを利用してOracleを学ぶ方はこのサイトにまず目を通してください。, ある程度SQLの知識があることを前提としていますが、PL/SQLの基本が分かりやすく書いてありますので初心者の方の入門書に最適です。掲載されているサンプルが理解できれば、PL/SQLの基礎が身についていることになります。第3版は10g、11g、12cに完全対応しています。, Oracleのアーキテクチャ(内部構成)について解説した入門書です。初心者の方には少し内容が難しいかもしれませんが、この内容をクリアできれば一気にステップアップが可能となります。またある程度の知識・経験値がある方も常にこの本を手元に置いておけば、パフォーマンストラブルや障害が起きた時に役に立つ1冊となります。, Oracleのパフォーマンスアップのための高度なノウハウやテクニックが、豊富な例題とともに基本原理から詳細に解説されています。パフォーマンス関連の書物はこれ1冊で十分と言い切ってしまいたくなるほどの良著です。発行は2006年と古いですが、その内容は現在においても大変有意義なものとなっています。, Oracleを学習する場合、パフォーマンスチューニングやトラブルシュートなどの問題は特に奥が深いこともあり、独学で学ぶにはどうしても限界が出てきてしまいます。そんなときに活用していただきたいのが勉強会です。日本各地で初心者から上級者までを対象に様々な勉強会が開催されていますので積極的に参加することをおすすめします。例えば以下のサイトからも勉強会を探すことができます。初心者の方は無料の勉強会へ参加することから始めるのも効果的です。, さてここまではOracleを独学で学習するための方法について書いてきましたが、Oracleを学習するには「オラクルマスター」の学習をすることも効果的です。オラクルマスターとはOracleの技術スキルをオラクル社が認定してくれる資格のことです。世界的な知名度も高く、資格保有者が高い評価を受けるのもその特徴の一つとなっています。, 白本と呼ばれる通り表紙が白いのが特徴で、オラクルマスター対策として定番の教材となっています。500ページ近いボリュームと演習問題の多さが特徴で、この1冊でオラクルマスター各試験の準備が整えられるようになっています。, 難易度としては4つの中で1番低くなっています。取得も難しくはありません。主にデータベース管理者として必要な基礎知識を問われます。取得にはSQL基礎とDBA(データベース管理者)との二科目に合格する必要がありますが、それぞれ20時間ずつの学習で合格可能となります。, Oracleの管理、Oracleネットワーク環境の設定、ユーザーセキュリティの管理、データの移動、パフォーマンス管理などの知識が問われます。当然ですがBronzeのときよりも難易度が上がります。, Oracleのゴールドを収得するには20〜40時間の勉強が必要だといわれています。ブロンズやシルバーが取得できているのであれば、ある程度の基礎はわかっていることになります。基礎が固まっていれば、ゴールドの試験自体は単純な暗記作業だけでクリアできます。, オラクルマスター認定資格の中でかなり難易度の高い資格です。Oracleの構築、運用管理、トラブルシューティングまでの専門知識を習得している必要があります。試験が実技試験オンリーになりますので、実機環境での経験がないと合格することはまず無理です。また研修および受験の費用が合わせて100万円近くになりますので、個人で受験するのではなく会社からのサポートを受けて受験することをおすすめします。, ・4月27日売 『hanako(マガジンハウス発行)』 hanako SDGs第1弾「わたしらしく、働く!」企画にて紹介されました, 【PR】確定申告が初めてでもサクっと完了…?  忙しいフリーランスエンジニアのためのクラウド確定申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」体験レポ, 【PR】面倒な確定申告を解決!やよいの青色申告 オンラインを導入すべき3つのメリット.

・Oracle Enterprise Manager Database Express およびSQL管理ツールの使用 ご存知かもしれませんが、オラクルマスターブロンズを取得するためには2つの科目(sql基礎+dba)に合格する必要があります。. TEL:03-6265-9012, 平日 10:00~21:00/土日祝日 10:00~18:00 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[12c SQL基礎](試験番号:1Z0-061)完全詳解+精選問題集(オラクルマスタースタディガイド)","b":"","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51cYiedFyhL.jpg","\/41ijXfZZp5L.jpg","\/51hGgw4TiBL.jpg","\/51+67o1axyL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4797375418","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1835870","rakuten":"1824304","yahoo":"1835872"},"eid":"OyYIP","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[Bronze DBA 12c](試験番号:1Z0-065)完全詳解+精選問題集(オラクルマスタースタディガイド)","b":"SBクリエイティブ","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51KMk-vViGL.jpg","\/41FME-PY57L.jpg","\/51XpiLwAHmL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4797375426","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1835870","rakuten":"1824304","yahoo":"1835872"},"eid":"4ULUl","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎","b":"","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51I2AWGLLbL.jpg","\/51LioOphpAL.jpg","\/41jn7qOYRVL.jpg","\/41gXB5ex2CL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4798136549","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1835870","rakuten":"1824304","yahoo":"1835872"},"eid":"OkuQQ","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database DBA12c","b":"","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51PqeER-hfL.jpg","\/51VPKbP1NNL.jpg","\/41yaUx-c4sL.jpg","\/41Ae4cQ2YrL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/479813693X","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1835870","rakuten":"1824304","yahoo":"1835872"},"eid":"phdBF","s":"s"}); また、早めに受験の申し込みをしておいたほうがいいとのことでしたので、勉強中に試験の申し込みも済ませました。, 軽い気持ちで受験をし、なんなくここは合格するだろうと思っていましたが、結果は不合格でした。, その当時は再受験キャンペーンというものもやっており、2回目の受験は無料で受けれるはずでしたが、私はキャンペーンコードを入力せずに申し込みをしたため、そのキャンペーンを受けられなかったのもショックでした。, 「SQL基礎」を合格した私は次の試験である「DBA12C」の試験勉強を始めました。, 勉強方法は、「SQL基礎」と同じく、白本とPing-tで勉強をするというものでした。, 今度は「SQL基礎」のようにはならないようにしようと思い、「SQL基礎」の不合格後と同じほど勉強をしました。, 試験当日になり、会場へ行って試験問題を解いているときにこれは受かったなという実感があり、試験を終えました。, 今回はオラクルマスター受験の申し込みなどは省いて書いていましたので、そちらはまた別の記事で紹介させていただければと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 機械設計→営業→SEと転職を繰り返し、現在フリーランスエンジニアとして働いています。 オラクルマスターのグレードには、簡単な方から「Bronze(ブロンズ)」、「Silver(シルバー)」、「Gold(ゴールド)」、「Platinum(プラチナ)」の4つがあります。ステップアップ型の資格となっているため、上位の資格をいきなり受験することはできません。 (https://education.oracle.com/pls/eval-eddap-dcd/ocp_interface.ocp_candidate_login), 合格証書(認定キット)は2013年10月末日までは自動で登録住所まで郵送されていましたが、PDF型認定証の導入に伴い、申請が必要になりました。現物の認定証が必要な方は資格認定時に送られてくるメールに申込フォームのURLが記載されていますので、リンク先にある「認定キットの郵送サービスへのお申し込み」画面にて忘れないように申請を行って下さい。, 受験料は下表の通りで、試験の内容ではなく、会場の違い(会場試験とオンライン受験)で金額が異なります。, SQL基礎のみオンライン試験の受験が可能です。DBA試験は会場試験限定となります。よって、ORALE MASTER Bronzeを取得するためには、最低でも計43,416円(税込)必要です。, ・受験チケット(バウチャーの購入) ・副問合せを使用した問合せの解決 「平成○○年○月 ORALCE MASTER Bronze 12c 合格」 今回の記事では、実際に私自身がオラクルマスターブロンズを合格するまでのことを紹介していきます。 勉強方法や試験の受け方、結果、試験を受けてみての感想を書きます。 皆さんが試験を受ける際の参考になれば幸いです。 ・データ定義言語の概要, ・Oracleデータベース管理の概要 ・会場サイトからのオンライン予約 ・グループ関数の使用による集計データのレポート ・変換関数と条件式の使用 (http://www.oracle.com/jp/education/guide/newuser-172640-ja.html), 3.オラクル社の認定資格情報ポータルサイト「CertView」にて、ピアソンVUEで登録したメールアドレスと Oracle Testing IDを入力し、Oracle.comで登録したアカウントとの紐付け作業行います。, 【CertView】 (https://www.pearsonvue.co.jp/test-taker/Tutorial/Identification-2.aspx), 1回目の受験で残念ながら不合格となってしまった場合、同じ科目の2回目を受験できるのは14日後からになります。例えば1回目を4月1日に受けた場合、2回目は4月15日以降から申し込むことができます。, ベンダー資格は個人で受けるには受験料が高額です。しかしこれからORACLEの勉強を始めたいけど何をすればいいのか分からないという方には、試験勉強を通して基礎を効率よく勉強することができるという利点があります。, また実務でORACLEを利用している方にも、自分のスキルがどのくらいのレベルのものなのか、また偏っていないかなどの確認になります。これまでの知識の整理や長年抱いてきた疑問の解決につながる場合もあるので、この機会に試験範囲を一読してみてはいかがでしょうか。. ・グループ関数を使用したデータの集計 実際にSES会社にて働いてみたメリット、デメリットを書いています。, 今回はプログラミングに本はいらないかということに関しての記事を書きました。 ただし履歴書はあまり厳密に書く必要はなく、「分かれば良い」という側面があります。「オラクルマスター」とカタカナで書いても、相手に伝わるようであれば問題ありません。, 2種類から選べるSQL基礎ですが、「Bronze SQL基礎I」の方は試験時間と問題数が少なく、「12c SQL基礎」の方は合格点が少し低めであるという違いがあります。, Bronzeの合格ラインは65%~77%であり、同じSQL基礎でも試験によりばらつきがあります。, バックアップとリカバリなど、大規模データベースの管理者として必要な知識を持っている方が対象になります。Silver以降に実務経験なしで挑むのはかなり難しいようです。, データベースの技術要素を包括的に理解し、状況に応じて適切な対応を行える方を対象としています。構築やリカバリだけでなく、チューニングの知識も問われます。 ・現地での直接予約 ・直接申し込みが可能な試験会場にて、直接支払う, チケットの購入は公式のオラクルユニバーシティのほか、オラクル社認定の代理店にて販売されています。受験チケットは購入から6か月の有効期限がありますので、気を付けて下さい。, 【オラクルユニバーシティ‐バウチャー購入ページ】

今回の記事では、実際に私自身がオラクルマスターブロンズを合格するまでのことを紹介していきます。, 知っている方もいらっしゃるとは思いますが、まずはオラクルマスターについてご紹介させていただきます。, オラクルマスターとは「日本オラクル社」が公式に運営する「Oracle Database」に関しての資格となっております。, また、今回のオラクルマスターブロンズは「DBA」「SQL基礎」2つの試験を受けて、認定されるものです。, いざ、勉強を始めようと思った私でしたが、何から始めたらいいか分からなかったため、ネットで調べてみることにしました。, ネットではおすすめの本が紹介されており、通称「白本」「黒本」と呼ばれているものでした。. ・Oracleデータベースのインストールおよびデータベースの作成 (http://www.oracle.com/jp/education/evoucher-172585-ja.html), 公式サイトでバウチャーを購入する場合の支払い方法は、クレジットカード払いと銀行振込から選択可能です。また会場で直接支払う場合は、現金払いに対応している会場もありますので、確認してみて下さい。, ベンダー試験は受験日が定まっていないことや受験料が高額なことから、落ちたらもったいないからと申し込みを先送りにしがちかと思います。そんな場合には、公式のオラクルユニバーシティにて行われている「受験料割引キャンペーン」や「再受験無料キャンペーン」などが要チェックです。, 特に再受験が無料になると力試しに飛び込んでいきやすくなります。あと少し自信がなくて躊躇しているという方は、ぜひキャンペーンのページをこまめにチェックしてみて下さい。, 【オラクルユニバーシティ‐キャンペーン情報ページ】 ・ユーザーおよびセキュリティの管理 ・結合の使用による複数の表のデータの出力 インターノウスのプロエンジニアでは、ITエンジニア・IT技術者の上流工程求人や、転職・キャリアアップ情報を発信しています。 プログラマ、SE、, 東京都 千代田区, 4.4 ORACLE MASTER Platinum(オラクルマスター プラチナ), 【Webエンジニア】日本最大級のロケ地検索サイトの運営会社/企画~開発まで幅広い業務経験のチャンス/人気の自社サービス!, 【Windows/Unix】サーバエンジニア|スイッチ・ルータを用いたネットワークの設計、構築, Oracle Database 12c: Installation and Administration, Oracle Database 12c: Advanced Administration. ・データの制限とソート 本記事では、ORACLE MASTER Silver Oracle Database 11g/12c試験(オラクルマスターシルバー試験)の概要と受験の流れ、最短で合格するための効果的な学習方法などを解説します。 ※考え方や理論なんかどうでもいいから、とにかく最速最短でORACLE MASTER Silverがほしいんじゃ! ・空席さえあれば当日現地での予約も可能, ・会場受付での現金払い 1.2 世界共通基準の認定 ・Oracle Network環境の構成 扱えるプログラミング言語はJava,SQL,Ruby,JavaScript,python,etc.... ・集合演算子の使用 ・バックアップおよびリカバリの実行 (https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/Oracle.aspx), 【Oracle.com‐ユーザー登録方法】 13.4 受験チケットを割引で手に入れる, ORACLE MASTERとは、「日本オラクル社」が公式に運営する「Oracle Database」シリーズを扱う技術力を認定する資格です。試験ではデータベースの管理/運用のほか、SQLの習熟度を問う問題が出題されます。, 以前は日本国内のみの資格でしたが、2003年10月の制度改定以後、日本国外で実施されている Oracle Certification Program (OCP) との連携もとれるようになりました。(Silver以上のみ), 基本的には非公開ですが、2009年7月の時点で日本国内の資格保持者が20万人を超えた人気の資格となっています。, ORACLE社のプレスリリースによると、ORACLE製品は日本国内のリレーショナルデータベース管理ソフトウェア市場において約半数となる49.9%のシェアを占めており、22年連続首位を堅持しています。つまりORACLE MASTERを取得すると、国内トップシェアを誇るデータベースを扱えるという技術の裏付けになるというメリットがあります。, 「オラクル、国内リレーショナル・データベース市場におけるマーケットシェアをさらに拡大」 今回はフリーランスエージェントの中の1つ「フォスターフリーランス」の評判を調べました。 データベースに興味がありこれから勉強を始めたいけど、何からやればいいのか分からない…。そんな方へ、今回は日本国内のリレーショナル・データベース管理ソフトウェア市場において1993年以来シェアトップを守り続けている「ORACLE」に関する資格である、「ORACLE MASTER」をピックアップしてご紹介したいと思います。, 1.1 DB管理とSQLを書く能力の両方を認定するIT資格 (http://www.oracle.com/jp/education/campaign-1898205-ja.html), 受験チケット(バウチャー)はオラクル公式以外でも購入することができます。割安に販売しているサイトもありますので、探してみて下さい。, 2016年8月時点では、「IT試験ドットコム」で割引チケットの販売が行われているようです。, 【ピアソンVUE‐申し込みページ】 試験勉強スタートから合格まで. オラクルマスターはデータベース技術者向けの試験で、ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナの4グレードがあります。今回はオラクルマスターの難易度について、勉強時間や各試験の内容、受験料、試験日程などを解説します。 ORACLE MASTER Bronze 12cの認定に必要な3つの試験それぞれの出題範囲は、次の通りです。, ・基本的なSQL Select文の作成 12.4 合格発表と合格証書, 13.1 受験料