(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");

||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; ワインといえばアルコール度数が12%〜15%前後のお酒ですが、キティのアルコール度数は5%〜6%です。

家でも、簡単に楽しめるカクテルなのでぜひチャレンジしてみてくださいね!, 家でも簡単に作れるのが魅力的 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) 日本人の口にあうように作られているので、ワイン単体でも飲みやすいのが特徴的。 ぜひ、この機会に一度飲んでみて下さいね。, NONBE(ノンべ)は「いつもよりちょっと楽しい晩酌」になる、お酒の銘柄や楽しみ方、お酒にまつわる雑学などを紹介するお酒好きのためのWEBメディアです。. この記事では、カクテル初心者の方向けに「キティ」という赤ワインがベースのカクテルについて徹底的に紹介します。 キティとはどんなカクテルなのかその特徴やレシピ、キティにおすすめな赤ワインのおすすめを紹介するので必見です! (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; また、コスパも良くカクテルにするにもぴったりです。. ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ぜひ、一度家でもチャレンジしてみてくださいね!, ここでは、キティを作るのに特におすすめな赤ワインを5つ紹介します。 カロリーを気にする女性にとってもおすすめなカクテルですね。, ここでは、動画をもとにキティのレシピを紹介します。 c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, msmaflink({"n":"サンタ・リタ レセルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン [ 赤ワイン フルボディ 750ml ]","b":"Santa Rita(サンタ・リタ)","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/31exwNDicmL.jpg","\/51dqrEshYnL.jpg","\/51qQRwS1sAL.jpg","\/51rSD2-jGtL.jpg","\/61WrrxLwo-L.jpg","\/51tz8KGBCAL.jpg","\/616ytBbayJL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B0048YXCQS","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1643479","rakuten":"1643477","yahoo":"1643480"},"eid":"Z4DVL","s":"s"}); 飲みごたえのあるキティが作れる赤ワイン d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) 熟したブラックチェリーカシスやプラムの果実味とまろやかなコクで、程よいフルーティな風味や比較的飲みやすい口あたりが魅力的です。カクテル作りにも向いています。. msmaflink({"n":"サングリア [ 赤ワイン 甘口 3L ]","b":"VINA ALBALI(ヴィニャ・アルバリ)","t":"6695-zz-500","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51ssFEYscgL.jpg","\/510EiS6QVVL.jpg","\/41fdW0GKscL.jpg","\/515+N6FP4-L.jpg","\/5184t5mtFBL.jpg","\/51+M0fHTclL.jpg","\/413Bywzht-L.jpg","\/51oPpTyeSbL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B00IWMH5YM","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1643479","rakuten":"1643477","yahoo":"1643480"},"eid":"dvIb5","s":"s"}); スペインで有名な赤ワインで、サングリアというタイプのワインになります。 (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); 材料も手に入りやすい赤ワインとジンジャーエールだけですし、作り方もとっても簡単です。

b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript チリ産の赤ワインで、香りが非常に強いのが特徴的。 実際に、カロリーが高いカクテルであれば1杯で200kcalを超えるものもあります…。 この記事では、カクテル初心者の方向けに「キティ」という赤ワインがベースのカクテルについて徹底的に紹介します。 カクテルといえば、カロリーが高いイメージがありますよね。  Thank you for the opportunity. ジュースのようにゴクゴク飲めてしまう味わいに驚くこと間違いなしですよ。.

ここからは、そう称される理由をキティの特徴も押さえながら紹介していきます。, キティの最大の特徴の一つに「低アルコールで飲みやすい」が挙げられます。

まるでロボットか機械の名前のようなカクテルがあるのをご存知ですか?その名もb52!とてもカクテルの名前のようには思えませんが、一体どんなカクテルで、なぜこの名前がついたんでしょうか?今回はそんなb52についてご紹介します! 飲食店の確定申告の必要書類から手続き、経費になる項目を学んで慌てないようにしよう!.

カクテルの種類が多いならお客様の選択肢が増えるだけでなく、来店の回数も増えそうですね。 女性客を取り込める.

d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})

||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 家でカクテルを作るときには、ある程度道具を揃える必要があります。では、カクテル作りにはどのようなものが必要なのでしょうか。ここからはカクテルに必要な道具の種類について、購入する優先順位などを説明していきます。必需品を揃えて美味しいカクテルを作りましょう。 ジンジャーエールと混ぜてもしっかりと赤ワインの風味を残してくれるワインなので、飲みごたえのあるキティを飲みたい方におすすめです。 みなさんのお店では、ドリンクメニューにカクテルを取り入れているでしょうか。酎ハイやハイボールはあるけれど、カクテルはないという場合も多いかもしれません。もちろん、お客様からオーダーされるドリンクの中で多いのは、ビール、酎ハイ、ハイボールとなるでしょう。しかし、若い女性を中心に、カクテルは一定の需要があります。若い女性からのニーズがあるのならば、それはビジネスチャンスへと繋がります。, そこで今回は、ドリンクメニューにカクテルを入れていくための基本的知識や、基本のカクテルについてご紹介いたします。, マイボイスコム株式会社の調べによれば、飲食店でカクテルをオーダーする人は全体の43.5%であり、そのうち「月に2回以上飲む」という人は、14.3%という結果となっています。この結果から分かるとおり、多くの人がカクテルを好んでオーダーしていて、しかも二週間に一度はカクテルを飲むことが分かります。カクテルの種類が多いならお客様の選択肢が増えるだけでなく、来店の回数も増えそうですね。, カクテルを飲む人は若年層や女性に多く、20代の女性に至っては約6割がカクテル飲用者でした。つまり、若い女性客をターゲットにする場のなら、カクテルの充実は欠かせないということです。, きれいな色のカクテルの種類が揃っているなら、友達と一緒に来店して楽しみたいと思うかもしれませんね。, 当店オリジナルのカクテルを紹介・提供することにより他のカクテル専門店や他の飲食店との差別化を図ることができます。, 例えば季節限定カクテルやこのお店でしか提供していないカクテル、裏メニューカクテルなどを紹介することで人気を高めることも可能です。, カクテルを店舗のドリンクメニューに導入する際に最低限知っておきたい、基礎的な情報についてご紹介いたします。, カクテルとは、もともとアメリカで開発されたお酒の飲み方です。カクテルは、ジン、ウイスキー、ブランデー、ウォツカ、ラムなどといったアルコール度数の高い蒸留酒や、シャンパン、シェリー、ベルモットなどの醸造酒に苦みのあるエキスや甘いシロップ、ジュースなどを混ぜ合わせてつくるものだと定義されています。つまり、それさえ満たせばすべて「カクテル」と言えます。, 極論を言えば、誰にでもオリジナルカクテルが簡単に作れてしまうということなのです。この結果、今や名前が知られているカクテルに絞っても、世界に3000種類もあるとされています。, カクテルのジャンルは、大きくわけるとショートカクテル、ロングカクテルの2つに分類できます。居酒屋で提供するとしたら、後者のロングカクテルが多いでしょう。ショートカクテルも居酒屋に合わなくはないですが、作れるようになるためには、シェーカーの使い方の練習が必要です。シェーカーの使い方を会得することは決して簡単なことではないため、ドリンク担当の育成に手間がかかります。また、何より常にシェーカーが使えるスタッフをシフトに組み込まなければなりません。, そのため、居酒屋の多くは、ショートカクテルを提供することができないといえるでしょう。これはつまり、店舗でショートカクテルを提供できれば、他店との差別化を図ることができる可能性があるということです。, 「ショートカクテル」とは、アルコール度数の高いお酒をベースに、70ml程度の小さなカクテルグラスに注いだ、氷を入れないカクテルです。アルコール度数はだいたい20度以上のため、チビチビと楽しむものとされています。ショートカクテルはバーなどで提供されることが多く、居酒屋での宴会には、基本的には向かないとされています。, 多くのショートカクテルは、シェーカーという筒状の容器に材料を入れ、シェーカーをシェイクすることで作ります。ちなみに、バーテンダーになるためには、この「シェイク」を練習しなければなりません。, 赤色の見た目がとっても綺麗なだけでなく、口当たりのいいカクテルなので女性のファンが多いですね。スカイウォッカをベースにルジェ・クレーム・ド・カシスとグレープフルーツの甘みのあるカクテルです。甘い見た目と裏腹にアルコール度数が高いので飲みすぎに注意しましょう。, ジンまたはブランデーをベースにしたカクテルです。イギリス皇太子エドワードとデンマークのアレクサンドラ王女の結婚式の際に献上されたカクテルともいわれています。その味はチョコレードリンクのようなデザート感覚で飲んでしまうカクテルです。, ジンをベースにした中甘辛口ですが、一口飲めばタンゴのリズムで踊りたくなるような情熱的なカクテルです。このカクテルはぜひパートナーと一緒に楽しんで欲しいお酒です。, りんごのブランデー カルヴァドスをベースにしているためか別名「アップル・ジャック」と言われることもあります。味はりんごの甘酸っぱさを感じつつも後味はすっきりとしていてとても飲みやすいですよ。, これはジンをベースにしたカクテルですが、なんと紫色で透き通っていてとっても魅力的なカクテルです。どうやってこの色を表現するのかというと、レモンジュースとスミレの花の香りのするリキュールを使用しているからなんですよ。, スタンダードカクテルとしても有名なアラスカは、ジンとシャルトリューズジョーヌのみのカクテルです。オレンジ色で美しく、中甘辛口なので男性女性を問わず人気のあるカクテルです。, ブランデーをベースにホワイトキュラソーとレモンジュースで割ったカクテルです。名前の由来は諸説ありますが、個人的には常連客の将校がいつもサイドカーに乗って来店したことに由来というのが一番気に入っています。オレンジが添えてあり、その酸味が大人のカクテルにしています。, 「ロングカクテル」は、グラスに材料を入れた後、バースプーンと言われる長いスプーンでかき混ぜて作ります。そのため、基本的にはシェーカーを使用することはありません。ちなみに、かき混ぜることを「ステアする」と言います。カクテルを注ぐ容器は大きめで、300~350mlの場合がほとんどです。, 名前の「チャイナ」は陶磁器の青色を指しています。味はライチリキュールがベースとオレンジジュースの酸味がとても上品にコラボしています。, なんとも恐ろしいネーミングですがウォッカとトマトジュースのカクテルです。口当たりはどろりとした感じがあるので好みが分かれるカクテルかもしれませんね。, ロングカクテルで有名なお酒ですね。名前の由来は、油田の労働者がウォッカとオレンジジュースをスクリュードライバーで混ぜたことなんだとか。そう聞くと男性向きのカクテルかなと思いますが、別名「レディーキラー」ともいわれています。オレンジジュースの味が強いのでたくさん飲みすぎる傾向にあるので気をつけてくださいね。, マリブ(ココナッツリキュール)とパイナップルジュースのカクテルで、最近若い女性に人気のお酒です。アルコール度数も低いのでカクテル初心者に向いているカクテルです。, 1980年代初頭、アメリカ・ニューヨーク州ロングアイランドで生まれたカクテルとして知られています。ティーとあるので紅茶か緑茶が使用されているのかと思いますが実は一滴も使用されていないのだとか。テキーラ、ラム、ウォッカを使用しているのでコーラやフレッシュレモンジュースの甘さにだまされず飲む量を加減しながら飲酒してくださいね。, いまやトロピカルカクテルの定番「チチ」。「チチ」の語源は、フランス語の“シシ”で、女性用ブラウスの胸元にあるフリルのことでいかにも可愛らしい雰囲気が伝わってきますね。ウォッカをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクをふんだんに使用しています。夏にぴったりのお酒で、インスタ映えにもってこいのカクテルですね。, ジントニックとして定番のカクテルで、すっきりとした口当たりで男性のファンも多いです。, 一言でカクテルと言ってもいろんな種類や使っているお酒が違うのでそれぞれのカクテルに合うおつまみや料理は違いがあります。, 例えばジンベースのカクテルは苦味やしっかりとした味わいがあるので味の濃いオリーブやドライフルーツが合います。, ラム、ウイスキー、ブランデーなどは香りが強いのでの生チョコのような香りと味がしっかり伝わるものとの相性が良いです。, カクテルに合うメニューを作り「オススメの組み合わせ」として売り出すのもおすすめです。, ショートカクテルの導入には多少のハードルがありますが、ロングカクテルの導入ならば、比較的簡単に導入できるでしょう。この記事でご紹介した種類のカクテルをドリンクメニューに加えるだけで、女性にはうれしいラインナップになるかもしれません。豊富な種類のカクテルをラインナップすることで、このお店は女性向けだとお客様に思っていただければ、口コミが口コミを呼び、若い女性客が増えるかもしれません。若い女性客に連れられて、男性客の数も増えるかもしれません。豊富な種類のカクテルを導入するということは、集客力のアップにつながる可能性を秘めています。多くの女性客から好まれるためにも、豊富な種類のカクテルの導入をぜひ検討してみましょう。.