スポンサーリンク.

しかも、「カローラスポーツ」の後部座席はリクライニングが出来ないのでゆっくり座っているのは難しそうです。 カローラスポーツ・ハイブリッドg“z”の荷室・シートアレンジ 「カローラスポーツ」の荷室は 容量352lで9.5インチのゴルフバックが2 室内長1,795mm✕室内幅1,510mm✕室内高1,160mm, カローラスポーツ 最大トルク・・・18.9kgf・m/1500-4000rpm, 【1.8Lハイブリッド】 カローラスポーツが2018年6月に発売された後、カローラツーリングが2019年9月に発売されました。, カローラツーリングは、カローラスポーツを長くしただけものだ。と思っている方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。, カローラツーリングは、カローラスポーツを長くしただけものではない。ということは、ボディサイズを見ればすぐに分かります。, 全長はカローラツーリングの方が120mm長いですが、全幅はカローラスポーツの方が45mm広くなっています。, これは、元々3ナンバーのオーリスの後継車であるカローラスポーツは、無理に全幅を狭くする必要がなかったのに対し、元々5ナンバーだったカローラフィールダーの後継車であるカローラツーリングは、少しでも全幅を抑える必要があったためです。, カローラスポーツは、海外向けのモデルと同サイズですが、カローラツーリングは、海外向けのモデルよりも全長、全幅が縮小されています。. 1.8Lハイブリッド・・・29.0km/L, 1.2Lターボ車はカローラツーリングの方が若干良く、1.8Lハイブリッド車はカローラスポーツの方が若干良いですが、この程度の差は誤差程度で、道路状況や運転の仕方の方が大きいですね。, 【カローラツーリング】 最大トルク・・・17.3kgf・m/3900rpm, 【1.2Lターボエンジン】 後部座席は狭い?室内空間の広さと高さを確認. 1.8Lガソリン 1.2Lターボ HYBRID G Z・・・282万4,800円, カローラツーリングと、カローラスポーツ。単純に長いモデルと短いモデル。という違いだけでなく、全幅、パワートレイン、価格設定にも違いがあるということがお分かりいただけたかと思います。, 販売台数を比較してみると、カローラツーリングの方が数倍売れています。しかも、カローラスポーツの販売台数は、カローラツーリングが発売された月の翌月、2019年10月から半減しています。, 【カローラツーリング カローラスポーツ 比較】違いはどこ?どっちがいい?後部座席、荷室、エンジン、燃費、価格を比較, 【次期マツダ6 最新情報】直6エンジン&FR化される模様。発売日、デザイン、サイズ、価格はどうなる?, 【新型マツダ3 2021 最新情報】改良モデルの変更点は?新型SKYACTIV-Xエンジン搭載か。発売時期、先進機能、価格など、まとめ, 驚愕!トヨタ・クラウンが現行限りで生産終了!?後継はハイランダーがベースになるだと!?クラウンはいつまで販売されるの?, 【悲報】新型ソリオにも、電動パーキングブレーキは採用されない模様。ルーミーと、新型ソリオの予防安全装備を比較してみよう, マツダは今後、電動化を推進する!マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、レンジエクステンダーを開発へ。直6、FRも。. カローラツーリングと、カローラスポーツを比較します。違いはどこなのか。どっちがいいのか。室内の広さ、後部座席、荷室の広さ、エンジンスペックの違い、燃費、価格の違いなど。 HYBRID G・・・265万9,800円 HYBRID S・・・265万1,000円 トヨタは2019年9月17日に発売を開始した新型「カローラ」「カローラツーリング」「カローラスポーツ」から「ディスプレイオーディオ」を標準装備した。2019年10月1日に発売した新型「カムリ」2019年10月18日発売の新型「c-hr」、2 モーター最高出力・・・72ps

HYBRID G-X・・・248万500円 エンジン最高出力・・・98ps/5200rpm 最高出力・・・116ps/5200-5600rpm © 2020 カーブロ All rights reserved.

HYBRID G X・・・248万8,200円 モーター最大トルク・・・16.6kgf・m カローラスポーツの後部座席にはusb接続のコネクタは用意されていません。 後部座席でも電源を使いたいならメーカーオプションのアクセサリーコンセントをつける必要があります。 カローラツーリングの欠点その2:サイズが大きい. G X・・・220万2,200円 カローラスポーツのサイドシルエットは、短めのルーフになだらかなリアガラスが特徴。 その弊害が後部座席に出てしまい、ヘッドルームにあまり余裕がありません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); カローラツーリング W✕B・・・236万5,000円, 1.8Lハイブリッド カローラツーリングかカローラスポーツ欲しいけど高い、ノートイーパワーかスイスポが現実的 — tiara (@aoimeronso_da) 2019年11月4日. G・・・238万4,800円 後部座席のドアトリムです。 後部座席ドアの、インナーハンドルです。 後部座席ドアは、上部にドアポケットがついています。 HYBRID W✕B・・・279万9,500円, 【カローラスポーツ】 室内長1,795mm✕室内幅1,510mm✕室内高1,155mm, カローラツーリングの方が全長が長いにもかかわらず室内長が同じということは、荷室長がカローラツーリングの方が長いということです。, 全幅がカローラツーリングの方が狭いのに室内幅が同じなのは、ドアの厚みを薄くしているからです。, カローラツーリングには、1.8Lガソリンエンジン、1.2Lターボエンジン、1.8Lハイブリッドの3種類が設定されているのに対し、, カローラスポーツには、1.2Lターボエンジン、1.8Lハイブリッドの2種類しか設定されていません。, 【1.8Lガソリンエンジン】 G-X・・・201万3,000円

?】. カローラスポーツのラゲッジルームのサイズ. センターコンソール周り(カーナビ・エアコン操作パネル・シフトレバー・アームレスト), 【画像/写真】カローラフィールダーの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!, 【画像/写真】レクサスGSの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!, 【画像/写真】レクサスISの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!, 新型クラウン(ハイブリッド/ターボ)の試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション!, 【画像/写真】レクサスLSの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!.

後部座席に充電器をという事で選んだのがGrazio&CoのPOWER USB 4.2TTタイプ2。 これはまさにカローラスポーツに付けてと言わんばかりに手間がないです。まぁ穴を開けないといけませんが…詳しくは … カローラスポーツのラゲッジルームはコンパクトカーの割に結構大きいという印象です。. エンジン最大トルク・・・14.5kgf・m/3600rpm 後部座席は一部で圧迫感も. カローラスポーツの内装:後部座席(2列目) つづいて、後部座席に行ってみましょう。 後部座席ドア. 最高出力・・・140ps/6200rpm どこよりも車試乗を詳しくレビュー。毎月10件以上のディーラーを訪れ、6年間で累計500台以上を試乗したクルマ大好き人間の管理人が最新のクルマ情報を実車画像を交えてレビューします。, 2018/12/25 1.2Lターボ・・・15.8km/L 容量は352lで9.5インチゴルフバッグが2個入るという設計とのことですが、ゴルフをしない方には大きさがピンときませんよね。 S・・・221万6,500円

カローラスポーツの短所、長所、欠点、メリット、デメリットを紹介します。後部座席が狭い、荷室が狭い、加速が悪い、パワー不足、価格が高い、後方視界が悪い、デザインがかっこいい、燃費が良い、乗り心地が良い、など。カローラスポーツ購入で後悔しないために。 車を購入するとき、見た目や走行性能も大事ですが、内装がかっこいいかどうかも気になりますよね。, ハンドルやメーターまわりはもちろん、乗車口ドアやシートの質感といった細かいところまで、徹底的にお見せします。, なおこのレビューは「メガウェブ」というトヨタの大型ショールームにて取材を行いました。詳細は以下の記事で解説しているので、トヨタ車を試乗したい方や展示を見たい方はこちらも参考にしてみてください。, それではまず、前部座席からの紹介です。グレードはHYBRID G”Z 2WDです。, コックピットの全体の様子。内装色はセンシャルレッドで、黒を基調としたなかに、ところどころ赤が混じっていますね。, 写真の内装色はセンシャルレッドですが、ほかにも「ブラック」と「サドルタン」があり、えらんだ内装色によって、シート全体やドアトリムの一部、またシフトレバー周りの赤い部分の色が変わります。, 個人的にはサドルタン(黄土色)が好きですね。センシャルレッドもかっこいいですが、少しゴツゴツしすぎている感じがします。長時間乗っていたら疲れそう。, 運転席から見えるコックピットの全体です。本来カーナビを設置するところにオーディオレスカバーがついているので、少し殺風景ですね。, ダッシュボードのアップ。表面はシボ加工(しわのように見える加工)されたレザーです。, 写真のシート表皮は本革+ウルトラスエードですが、内装色をブラックにすればファブリックに、サドルタンにすれば本革+メランジ調ファブリックになります。, シート表皮的にも私はサドルタンが好きですね。ウルトラスエードよりもあちらの方が落ち着いた印象で、高級感があります。, さらにアップ。ウルトラスエードの表面は穴あけ加工されています。さわり心地はやわらかいです。, ハンドルは、本革巻き3本スポークステアリングホイールです。まわりの○の部分から、まんなかのクラクションの部分に3ヶ所でつながっているのが3本スポークステアリングホイールの特徴です。, ハンドルの質感自体はごくふつうですが、試乗中のステアリングの操作感はとても気持ちいいものでした。(以下の記事で試乗の内容を解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。), レーントレーシングアシスト(車線の中央を走るためのステアリングアシスト機能)のON・OFFや、レーダークルーズコントロール(先行車と適切な車間距離をたもってくれる機能)の希望車間距離の設定も、このスイッチで切り替えます。, マルチインフォメーションディスプレイの表示内容変更や、オーディオの音量変更、またハンズフリーで電話をかけたり受けたりするのに、この左側のスイッチをつかいます。, ウィンカーレバーです。ウィンカー点滅のほか、フォグライトの点灯・ヘッドライトの点灯・ハイビーム・ロービームの切り替えを行います。, オートモードにすると、対向車のヘッドライトを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。, ワイパーのコントロールスイッチです。ウィンドーウォッシャー液による窓清掃もこのレバーで行います。, カローラスポーツのオプティトロンメーターです。メーターは電源を入れれば発光しますが、電源OFF状態だとこのように真っ暗。, まんなかがスピードメーター、左側がエンジンの回転数を表すタコメーター、右側が走行距離や実燃費を表すマルチインフォメーションディスプレイです。, アナログ表示でかっこいいですね。個人的にデジタルメーターよりもこういうメーターが好きです。マルチインフォメーションディスプレイもカラー表示で見やすい。, アクセサリーコンセントメインスイッチをオンにすると、車内のAC100Vコンセントが使えるようになり、1,500W以下の電気製品が使用可能になります。, VSCとは、車両の挙動を安定させるシステムのことです。オンにしているとカーブを曲がるときや右左折時にスムーズなステアリング操作をアシストしてくれます。, ワイパーデアイサーとは、寒冷地で凍結したワイパーを融解するための熱線です。スイッチを押して15分経つと自動的にオフになります。, オートマチックハイビームスイッチとは、対向車のライトを検知してハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるスイッチで、先ほどのウィンカーレバーでオートモード(もしくはハイビーム)にした状態でONにすると機能します。, もしカローラスポーツを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。, オーディオレスカバーです。ディーラーオプションでカーナビやカーオーディオを付ける場合は、ここに設置されます。, エアコン操作パネルでは、設定温度の変更や、フロントガラス・リヤガラスのくもり止めのON・OFFを切り替えたり、内気循環モードと外気導入モードの切り替えも行います。, 温度の変更がダイヤル式になっていて、機械が苦手なひとにもわかりやすいですね。運転席と助手席で設定温度を分ける機能がついているのも、嬉しいところ。, カローラスポーツのシフトレバーはカローラフィールダーやカローラアクシオと違って太くつくられており、操作してみると重厚感があってかっこいいです。(ほかの車の詳細は以下の記事をご参照ください。), シフトレバーの奥には、ドライブモード切り替えスイッチと、EVモード(エンジンを使わず電気モーターのみで走行するモード)切り替えスイッチがついています。, ※EVモードについてはプリウスの記事で詳しく解説しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。, 運転席からだとちょっと見にくい位置にあるので、ここにあることを知っていないと気づかないかもしれません。, ブレーキホールドスイッチを押すと、停車中にブレーキペダルから足を離しても、ブレーキ状態が維持されます。, さらに手前に下がると、アームレスト(ヒジ掛け)がついています。カローラスポーツの乗り心地をグッと良くしている、重要ポイントですね。, アームレストのふたを開ければ、なかは収納スペース。シガーソケットと2.1AのUSBポートがついています。, カローラスポーツは手動式で、レバーを引いて背もたれに体重をかければ、シートがリクライニングします。, 助手席左側についているリクライニングレバー。レバーを引いて背もたれに体重をかければ、シートがリクライニングします。, 室内灯は「運転席側のみ点灯」・「助手席側のみ点灯」・「両方点灯」・「ドアオープン時のみ点灯」・「消灯」の5パターンつかえます。, 赤く表示されているのはヘルプネットスイッチパネルです。事故や急病といった緊急時にこのスイッチを押すと、ヘルプネットセンターに電話がつながり、警察や消防に通報してくれます。, 運転席のドアトリム。赤いレザー部分の表面はやわらかく、これによって車内の印象がスポーティでありながらも少しやわらかくなっています。, レクサスのGSやISのF SPORTグレードに似ていますね。(GS、ISの詳細は以下の記事をご参照ください。), 後部ドア側から見た、後部座席の全体です。赤いレザー部分がスポーティさと同時にやわらかさを出していますね。, クラウンやレクサスのLSについているものとくらべてしまうと、安っぽいですね。(クラウン、LSの詳細は以下の記事をご参照ください。), 後部座席から見た前部座席の様子。コンパクトカーなので、前部座席との距離が近いですね。, 後部座席真ん中のシートベルト。こちらも真ん中の席のヘッドレスト右側についています。, 後部座席天井の室内灯です。「点灯」もしくは「ドアオープン時のみ点灯」の2パターンつかえます。, カローラスポーツの内装をズバリいえば、車名のイメージを損なわない、スポーティな内装。, ウルトラスエードを使用したシートの質感や形状から、加速が速い車の印象を受けます。実際、試乗してみたら走行性能も内装の見た目どおりのものでした。, ドアトリムの赤いレザーなんかは、レクサスのGSやISのF SPORTグレードに似ていますし、スポーツカーを意識したデザインなのは間違いないでしょう。, 個人的にはもう少しやわらかいデザインのほうが疲れにくそうで好きです。これはこれでかっこいいですが、長時間乗っていると疲れてしまいそう。, この記事を読んだことで、カローラスポーツを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。, なおカローラについては以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。, 値引き交渉は正しくやらないと、車を買う際に60万円以上の損をする可能性があります。, 「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。, この正しいやり方さえ知っていれば、最大限まで確実に値引きできます。詳しくは下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技!』ページをご覧ください。, ハリアーのメーカー・ディーラーオプションおすすめ4つ!後付けのものも人気度や価格とともに解説!, 元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。. システム出力・・・122ps, カローラツーリングと、カローラスポーツの燃費(WLTCモード燃費)を比較してみましょう。, 1.8Lガソリン・・・14.6km/L 新型カローラの後部座席にはリクライニング機能は用意されている? 2018年6月にデビューをしたホンダのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(corolla sport)”の後部座席は、このようなデザインに … カローラ スポーツ(COROLLA SPORT), 踏ん張り感のある低重心なスポーティーシルエットが魅力のコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。, 今回新発売された新型モデルは、3ナンバーサイズに拡大されていますが、運転席周りの広さを優先した造りに…。そのため、足元空間(ニークリアランス)など、後部座席の居住空間は若干狭めになっています。, そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席ですが、シートの機能性はどうだったのでしょうか?, この新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調節するリクライニング機能は用意されていたのでしょうか?また、長時間でも快適に過ごせる座り心地の良いシートになっていたのでしょうか?, 2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の座り心地・快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。, 2018年6月にデビューをしたホンダのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の後部座席は、このようなデザインになっています。, この新型モデルの後部座席は、ハイブリッド車とガソリン車で別設計となっています。ただ、どちらのモデルもサイドサポートがしっかりとしており、スポーティーモデルと呼ぶのに相応しいデザインになっていました。, このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席ですが、背もたれの角度を調節するリクライニング機能は用意されていません。, この新型モデルの後部座席の肩口には、背もたれをリクライニングする事ができそうなレバーは用意されています。, ただ、このレバーは、後部座席の背もたれを前方に倒して、荷室・ラゲッジスペースを広くしたい時に使用をするレバーです。, 私もこの新型モデルを試乗した際に実際に試してみたのですが、このレバーを引いて、背もたれを押してもリクライニングする事はないので、ご注意を…。, ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのスポーツハッチバック”インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)”の後部座席も、リクライニング機能が用意されていません。, 競合車・ライバル車にも用意されていない事を考えると、スポーツ ハッチバックでは、後部座席のリクライニング機能を備えているクルマは少ない感じが…。, 個人的には、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)も含めて、スポーツハッチバックは後部座席周りの居住空間が狭めになっています。なので、乗車時の快適性を高めるリクライニング機能は標準装備していても良いのになと思いました。, 残念ながらリクライニング機能は用意されていない新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、後部座席の座り心地は、どうだっているのでしょうか?, 私がこの新型モデルの後部座席に座ってみて良いと思ったところ、気になったところを包み隠さず紹介したいと思います。, 今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席に座ってみて良いと思ったところの一つが、サポート力です。, 先ほどもお話した通り、今回新発売された新型モデルは、背もたれの凹凸がハッキリとしている立体的な形状に…。, そのおかげもあり、ホールド感が良く、シートに包みこまれているような安心感があります。, また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は3ナンバーサイズになったことで、左右間の距離が広くなった感じが…。, 兄弟車種であるセダン車のアクシオやステーションワゴンのフィールダーよりも後部座席の左右間の距離が広くなり、ゆったりと座れるようになっているのも好印象でした。, そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の座り心地で気になった事は、リクライニングをする事ができない背もたれの角度です。, 「今回新発売された新型モデルの後部座席はリクライニングする事はできませんが、背もたれは、長時間座っていても疲れにくい角度に設定してあります。」, しかし、私が実際にこの新型モデルの後部座席にすわってみたところ、ちょっと背もたれの角度が垂直に立ちすぎている感じが…。, 改めてこの新型モデルの後部座席の背もたれを確認してみると、このような感じになっています。, なので、後部座席に座っていると、お行儀の良い姿勢を強いられます。また、長時間座っていると、少し腰が疲れるような感じが…。, 荷室・ラゲッジスペースを広さを確保する必要があったのかもしれませんが、個人的には、もう少し背もたれの角度を緩やかにした方がリラックスした姿勢で過ごせるのかなと思いました。, この立ち気味になっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の背もたれの角度も、試乗をしていて少々気になるところでした。, 2018年8月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席のデザインは、このようになっていました。, 今回新発売された新型モデルの後部座席は、残念ながら、リクライニング機能が用意されていませんでした。, また、この新型モデルの後部座席は、背もたれのホールド力やクッション性など良いところも多々ありますが、背もたれの角度や居住空間の広さなど気になる部分も…。, 特に足元空間(ニークリアランス)の広さに関しては、購入前にしっかりと確認をしてみてくださいね。, トヨタのスポーツハッチバック新型カローラスポーツは、どのようなシートアレンジを用意していたのでしょうか?シートアレンジのバリエーションは豊富で使い勝手は良いクルマに仕上がっているのでしょうか?トヨタの新型カローラスポーツのシートアレンジを確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。, トヨタからデビューをした新型カローラ スポーツは、カスタマイズモデルの"モデリスタ"も用意しています。そんなモデリスタは、ノーマルモデルよりもスタイリッシュ&エレガントなデザインに…。そんな新型カローラスポーツ モデリスタを見る事ができたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。, 新型カローラスポーツのセンターコンソールは、シンプルで使い勝手を重要視したデザインになっています。ただ、ちょっと気になる部分が…。この新型モデルのセンターコンソールは、どのようなデザインになっていたのか?また、どこが気になったのか?新型カローラスポーツのセンターコンソールを確認してきたので、徹底レビューします。, 新型カローラ スポーツの最上位グレードでは、ヘッドアップディスプレイを装着する事が可能です。オプションで用意されているヘッドアップディスプレイのデザインや視認性は、どうだったのか?また、購入する価値はあるのか?新型カローラ スポーツのヘッドアップディスプレイの視認性や使い勝手を徹底的にレビューします。, トヨタの新型カローラ スポーツのGZグレードの内装・インテリアは、他のグレードと異なる専用デザインになっています。このGZグレードの内装は、どのようなデザインになっていたのか?また、どのような専用装備を用意していたのか?新型カローラ スポーツのGZグレードの内装に用意されている専用装備を確認してきたので、紹介します。, 2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツの荷室を確認してきたのですが、使い勝手で少し気になった部分も…。この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、どうだったのでしょうか?また、どのようなアレンジを用意していたのでしょうか?新型カローラ スポーツの広さやアレンジを確認してきたので、紹介します。, 新型カローラスポーツのGZグレードは、オプションでレッドの本革仕様を用意。そんな本革仕様と標準仕様では、内装・インテリアに様々な違いが…。このGZグレードの本革と標準仕様の内装は、どのようなデザインだったのか?また、どのような違いがあったのか?新型カローラ スポーツのGZの本革仕様と標準仕様の内装の違いを紹介します。, トヨタの新型カローラ スポーツは2種類のヘッドライトを用意しています。この新型モデルに用意されているヘッドライトは、どのようなデザインだったのか?また、どのような違いがあったのか?新型カローラスポーツに用意されているヘッドライトのデザインを実車画像を使って、デザインや光り方、視認性などを徹底解剖します。, 新型カローラスポーツの中でも人気が高いグレードの一つが、中間モデルのGグレードです。そんなGグレードの内装・インテリアは、どのようなデザインだったのか?また、どのような特徴&魅力があったのか?新型カローラスポーツの中間モデル"Gグレード"の内装・インテリアのデザインを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。, 新型カローラスポーツを試乗して驚いた事の一つが、ブレーキのフィーリングの良さです。ただ、ブレーキのデザインはイマイチでしたが…。この新型カローラスポーツのブレーキは、どのようなデザインだったのか?また、この新型モデルのブレーキは、どこが良かったのか?この新型モデルのブレーキの良かったところ、欠点を包み隠さず紹介します。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 新型カローラスポーツ モデリスタの外装を実車画像で徹底解剖【上質感がハンパ無い!

G Z・・・254万9,800円, 1.8Lハイブリッド