日付. 2021年のトヨタはフルモデルチェンジを行う車が多数ある。各車種2021年には、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを新型モデルにほぼ投入される、低重心化による高い空力性能とボディ剛性の向上、それによる衝突安全性能を図り、安全で快適な車作りが進む。もちろん全車両に安全支援システム 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」も採用される。注目の車種は「進化」を果たす、新型ヴォクシーだろう。, トヨタは新型86のフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。2代目となる新型86は2021年に開催予定の「東京モーターショー2021」で披露する可能性が高い。もちろん、姉妹車であるスバルの新型BRZも同時に披露、公開するだろう。現行モデルは2012年3月28日発売を開始しており、丸9年でのフルモデルチェンジとなる。, トヨタは新型 ノア ヴォクシーのフルモデルチェンジを2021年7月に行い発売を開始する。兄弟車のエスクァイアも同時にフルモデルチェンジを行い発売する。トヨタ販売店は統合を2019年から順次スタートするが、それに伴い「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」を統合する。予想では日本モデルは「ヴォクシー」が残るだろう。, トヨタは新型プリウスαのフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。発売から現在約9年が経過しており、現行同様、基盤となるプリウスがフルモデルチェンジを2015年12月9日に行うこともあり、新型プリウスベースであるのは当然であるが、更に2018年12月17日に新型プリウスのマイナーチェンジを行うがこの車体をベースに2代目の新型プリウスαの開発が進んでいる。, アクアは2011年12月26日に正式発表し発売が開始された日本の人気車種である。発売から丸8年目のタイミングでフルモデルチェンジを果たす予定だ。今回はヴィッツとアクアが統合し「ヤリス」という扱いになる可能性もある。, 2019年に開催予定の東京モーターショー2019で2代目の新型アクアを発表すると思われていたが、新型「ヤリス(ヴィッツ)」が発表された。, トヨタは新型カローラに新型コンパクトSUV「カローラ クロス」をラインナップし2021年11月に発売する。「カローラ クロス」を2020年7月9日にタイで世界初公開し発売を開始した。, トヨタはパッソのフルモデルチェンジを行い2021年10月に発売する。現行3代目と同様にダイハツが開発から生産まで一貫して担当する。同日新型「ブーン」も発売される。, 3代目同様に、ダイハツ ブーンのOEMとし開発や生産はダイハツである。今回はダイハツの新開発プラットフォームDNGA(Daihatsu New Global Architecture)を採用。車両構造の見直しによる車両の軽量化・トランスミッションの改良・エンジンの改良などで、従来比で40%燃費性能を改善した『e:Sテクノロジー』を採用したエンジンは圧縮比の向上やインジェクター噴霧微粒化等により燃焼効率を高め、「i-EGRシステム」を採用するなど、細部にわたる改善を行うことでメカニカルロスを極限まで低減。これにより、更なる軽量化を行い、燃費向上する。, トヨタは新型「プレミオ」のフルモデルチェンジを行い2021年12月に発売する。丸14年でのフルモデルチェンジを果たす、今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに採用されている物をベースに開発が進んでいる。フルLEDヘッドライト、J字形状に光る1眼でハイビームとロービームを使い分けるBi-Beam LEDヘッドライト+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイライトもしくは3灯式LEDヘッドライト+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプを採用、LEDフォグランプと新デザインのフロントグリル、リアオールLEDランプクラスターを採用。通常モデルとスポーツモデルの2パターンのデザインを用意。インテリは室内灯をLED、電動パーキングブレーキを採用。, トヨタはMR2のフルモデルチェンジを行い2021年頃に発売する。日本の特許庁に新型クーペモデルを既に出願済みで2018年9月7日出願、2019年3月15日に登録済みである。意匠登録1628728号。, 2018年10月28(日)~11月4日(日)に銀座ソニーパークで開催された「What is 2.5 LIFE?ーふたりと何かの未来な日常一」に登場したコンセプトモデル「La Coupe」これがMR2の可能性が高い。, トヨタはC-HRのEV(電気自動車モデル)を2020年から2021年に発売する可能性がある。, トヨタと言えば「EV」ではなく「ハイブリッド」「PHV(プラグインハイブリッド)」であるが、実は以前から電気自動車の制作は行っており、トヨタは2012年9月から、米国で電気自動車「RAV4 EV」を販売していた。しかし「RAV4 EV」の生産を2014年末までに終了してしまった。「RAV4 EV」はテスラとの共同開発で当時の「Model S」と同様の電動システムを採用していた。その後トヨタは電気自動車を販売していない。しかし、トヨタは世界的に拡大する電気自動車市場を無視する訳にはいかなくなってきている。特に、中国市場とヨーロッパ市場においては各社が次々と新型電気自動車の投入をしているからだ。, トヨタは新型プリウスのフルモデルチェンジを行い5代目を2021年12月に発売する。, 予想では、ロサンゼルスモーターショー2021にて量産モデルを公開。第47回 2021年に行われる東京モーターショー2021にて日本仕様が発表されるだろう。現行モデルは2015年12月9日発売を開始しており丸6年でのフルモデルチェンジとなるだろう。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。. カローラ/カローラ・ツーリングがマイナーチェンジ。ツーリングにはツートーンカラーの外板色を新設定 .

(株)カービュー企業情報 | フルモデルチェンジ前に最後のマイナーチェンジ. デビューはカローラシリーズのマイナーチェンジに合わせて設定するようです。 今年(2020年)7月にタイで初公開されて発売されたカローラクロスは日本にも導入される可能性が出てきた。日本のカローラシリーズに加わるのか? 注目だ. 過去のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ、一部改良、特別仕様車、追加モデル、などの登場時期を記録していきます。 カローラスポーツのモデルチェンジ予想. 2020/10/03 15:29 カー・アンド・ドライバー. すべてみる 全9 ガイドライン | ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで! カローラアクシオのモデルチェンジ:法人向けモデルのカローラアクシオは2019年9月17日にフルモデルチェンジした新型カローラ(セダン)と併売されます。環境性能・走行性能を高め、トヨタ・セーフティ・センスを標準装備しています。 サイトマップ | ホーム. 【画像ギャラリー】ほんとにきたら嬉しいぞ! カローラクロスを中心に話題にのぼったモデルたちをギャラリーでチェック!!!