(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"アルティメット ヒッツ クロノ・トリガー","b":"スクウェア・エニックス","t":"NTR-P-YQUJ","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/511mQ2nJ2vL.jpg","\/51hHQXSqRXL.jpg","\/41ksnh7hDtL.jpg","\/512-fUqUetL.jpg","\/51eGp7eSDZL.jpg","\/61LJocOzJeL.jpg","\/51wa6dLwo2L.jpg","\/51qzQmalBzL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B005543HJM","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1671589","rakuten":"1678627","yahoo":"1678703"},"eid":"Yi0xK","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"クロノ・トリガー (アップグレード版)","b":"SQUARE ENIX CO., LTD.","t":"com.square_enix.android_amazon.chrono_KIN","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/811Fbht0DLL._SL500_.png","\/B1dGV0OFVhS._SL500_.jpg","\/A14Jch99Q-L._SL500_.jpg","\/B192nSSwiYS._SL500_.jpg","\/B1U7qlIhMjS._SL500_.jpg","\/91o0z8poVeL._SL500_.png","\/B1vMg8tFNJS._SL500_.jpg","\/B1ALMWsYhhS._SL500_.jpg","\/B1-a-yRzdJS._SL500_.jpg","\/B1yyh9pAt6S._SL500_.jpg","\/81Oe700X0xL._SL500_.jpg","\/B1pzPly-6wS._SL500_.jpg","\/B1275-WDEMS._SL500_.jpg","\/91ZyT4fCctL._SL500_.png","\/A11k9BVL6DL._SL500_.png","\/51qXhJiUlQL._SL500_.png"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B079Z17LKS","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1671589","rakuten":"1678627","yahoo":"1678703"},"eid":"0aZP7","s":"s"}); タイムトラベルをテーマとした本作のストーリーは、数々の場面が強く印象に残るだけでなく、, 細部までキレイに表現されているグラフィック、各シーンを見事に盛り上げるBGM、共に完成度が高い。, 肝心の戦闘システムは、FFシリーズのアクティブタイムバトルを拡張した「ATB Ver.2」を採用。シームレスで戦闘に突入するため、戦闘をテンポよく楽しむことができる。, 発売当時、RPGのゲームの売り上げでダブルミリオンを達成できていたのは、スクウェアの「FF」、エニックスの「ドラクエ」しかなかったが、, クロノトリガーは国内で203万本を売り上げ、ダブルミリオンという偉業を達成している。, クロノトリガーの開発及び製作には、ファイナルファンタジーの「坂口博信」、ドラゴンクエストの「堀井雄二」、ドラゴンボールでおなじみの漫画家「鳥山明」の3名が参加。, この企画がゲーム雑誌などで取り上げられた際は、夢のコラボとして大きな話題を呼んだ。, 週間少年ジャンプにて「ドラゴンボールZ」を連載中。漫画家としての人気と知名度も絶頂であった。, そんな大物3人が手を組んで製作されたクロノトリガーは、ゲーマーだけでなく、多くの子供たちからも注目を集めていた。, その一方で背景など、キャラクター以外のグラフィックに関しては、FFやスクウェアが手掛ける作品を彷彿とさせる。, FFとドラクエ、この2つの作風を開発陣が見事に調和させ、クロノトリガーの世界観を完成させた。, 作中の主人公は、ドラクエシリーズの主人公と同じように言葉を喋らず、リアクションで対応をする。, その一方で、クロノトリガーに登場するアイテムや魔法などの名前・用語は、FFやスクウェアの作品に使われているものがメインとなっている。, クロノトリガーが作曲家としてのデビュー作となっており、後に「ゼノギアス」や「クロノクロス」といったゲームや、アニメ「イナズマイレブン」の音楽も手掛けている。, オープニング曲やメインテーマ、各キャラクターのテーマソングや戦闘シーンの曲など、どの曲も強く記憶に残る名曲揃い。, また、クロノトリガーの音楽の影響は国内だけにとどまらず、海外からも高く評価されており、, 一部ではあるが、クロノトリガーの楽曲が使用されている海外のサンプリング曲は以下の通り。, ストーリーや戦闘シーンを盛り上げるBGMは、1度耳にしたら年数が経過しても覚えていられるほど印象に残るものが多い。, 序盤のスローテンポと風の鳴り響く音は、魔王という恐ろしい存在の不気味さを見事に表現しており、, 徐々にテンポアップしていく曲調と、キャラクター達の掛け合いに合わせた曲の入り方はプレイヤーのテンションを大いに高めてくれる。, 演出と曲が絶妙なバランスで噛み合っているので、このシーンを目の当たりにする度に鳥肌が立つ。, 主人公がいる現代の穏やかなで明るい曲調とは異なり、どこか寂しげで落ち着きのあるBGMとなっている。, フィールドの霧のグラフィックとBGMがよくマッチしており、中世の物静かで独特な雰囲気をより強く感じられる。, 光田康典氏自身が「クロノトリガー」と「クロノクロス」の楽曲を新たにアレンジし、ボーカルによる歌唱を加えたアレンジアルバム「ハルカナルトキノカナタヘ」をおすすめしたい。. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"クロノ・トリガー\u0026クロノ・クロス アレンジアルバム\/ハルカナルトキノカナタへ","b":"スクウェア・エニックス(映像)","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/61kVoVX1xzL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B012LBMOG8","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1671589","rakuten":"1678627","yahoo":"1678703"},"eid":"OTgXW","s":"s"}); 画面左側にある建物や、後ろに見える山々や雲など、背景のグラフィックも非常に美しく表現されている。, 数あるスーパーファミコンのゲームの中でも、間違いなくトツプクラスのグラフィックだったと言えるだろう。, 時はA.D.1000年の現代。ガルディア王国で暮らす少年・クロノは、千年祭の会場でマールという少女と出会う。, クロノとマールは千年祭の会場を一緒に見て回っている途中、幼馴染で発明家の少女ルッカとその父親が発明した転送装置の実験に付き合うことに。, 突如として現れた時空の歪みに飲み込まれたマールは、ペンダントだけを残し、そのまま時空の歪みの中へと消えてしまう。, 消えてしまったマールを救うため、残されたペンダントを身に着けたクロノも時空の歪みの中へ。, クロノのいる現代(A.D.1000年)より400年も前の世界、中世(A.D.600年)のガルディア王国だった。, マール救出後、時空の歪みを超えてクロノたちが偶然たどり着いたのは、荒廃した世界が広がる時代。, そこは、未知の生命体「ラヴォス」によって滅ぼされた「自分たちの世界の未来」ということを知る。, 滅びの運命を回避するため、クロノと仲間たちは時空を超える冒険へと旅立つのであった。, どの時代にも属さない謎の場所。物語に登場する全ての時代へと通じており、クロノたちの旅の拠点となる。, 星を崩壊させ、地表を自分のテリトリーにした後、星の遺伝子を持った子供を産み落とす。, クロノトリガーには、「あのタイミングで行動したらどうなるんだろう?」というようなプレイヤーの好奇心を満たすようなサブイベントもいくつか存在する。, その一方で、誤った行動を取ってしまったがゆえに取り返しのつかないことになってしまうサブイベントも存在。, タイムトラベルという設定を大いに活かした様々なサブイベントは、メインイベントとは異なる楽しさを感じさせてくれる。, クロノトリガーを1度プレイしたら、たとえ年数が経過しても決して忘れることは無い敵と言えるだろう。, 「どこか間の抜けた敵キャラクター」ということが、ストーリー中の行動やリアクションを通して伝わってくる。, スクウェアとエニックス、この2つの会社は「愛されキャラ」や「どこか憎めないキャラ」を生み出すのが本当に上手い。, 戦闘に参加できるパーティメンバーは最大で3人。最終的には7人の中から3人を選び、パーティを組むことになる。, 戦闘の難易度はそれほど高くないものの、ゴリ押しでどうにかなるというほど優しい難易度ではないので、, 画面は切り替わらず、シームレスで戦闘へと突入するため、プレイヤーはテンポよく戦闘が楽しめる。, ただし、特定の場所では思いもよらぬ場所から敵が出現し、いきなり戦闘へと突入してしまうこともあるため、, 本作のバトルシステム「ATB Ver.2」は、FFシリーズのアクティブタイムバトルを拡張したものである。, キャラクターの組み合わせ次第で出せる連携技が異なるので、パーティメンバーを入れ替えれば、様々な戦術が楽しめる。, 3人の連携技を使うと3人とも行動が終了し、回復などのサポートがおろそかになるため、, 序盤の弱そうなボスでも、味方の最大HPを軽々と越えてしまうほどの大ダメージを与える特殊なカウンター攻撃などを使う場合もあるので、, 「さあ、攻撃してみろ!」といった、戦闘中に表示されるウィンドウのメッセージは見逃さないようにしなければならない。, ストーリーのクリアするタイミングによってエンディングが変わるというシステムになっている。, エンディングの内容はシリアスなものもあれば、ユーモアを感じさせるものや、開発陣に関するネタなどもある。, これほどの数のエンディングが用意されているゲームは、なかなか珍しいと言えるだろう。, 1周目のステータス、所持していた一部のアイテムや装備を引き継いで2週目をプレイすることが可能。, 北海道在住の「エナ」です。リモートワークで働きながら副業としてブログを運営中。当ブログ「ばにらのーと」では主にゲーム、アニメ、副業、ブログ、自分の興味のあるものについて書いています。

クロノ (Chrono、英語版ではCrono) は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)のコンピュータRPG『クロノ・トリガー』に登場する架空の人物で、同作の主人公。, ガルディア王国のトルースの町で母ジナとの二人暮らしをしていたクロノは、千年祭が行われていた広場のリーネの鐘の近くで、マールと偶然ぶつかったことが切っ掛けで彼女と行動を共にすることになる。そして不意に時空の裂け目(ゲート)に呑まれたマールを追い、タイムスリップした中世で、クロノは行方不明中の王妃と間違えられガルディア城にいたマールと再会したが、彼女はクロノの目の前で突然かき消えてしまう。そこへ後から追ってきたルッカが、マールが現代のガルディア王女マールディアであること、彼女の祖先であるリーネ王妃が魔物に誘拐されていたこと、その王妃が死の危機にあることがマールの消えた原因である、と説明する。その後、マノリア修道院で魔物ヤクラを倒しリーネ王妃(と大臣)を救い出した結果、マールは再び出現した。, 現代に戻り、ガルディア城までマールをエスコートしたクロノは、王女誘拐犯と誤解され捕えられた後に裁判を受ける。この時、千年祭での行動によって有罪・無罪が分かれ、有罪の場合は死刑宣告を受け、無罪でも3日間の禁固を課せられる。しかし、いずれにせよ今後の展開に影響はなく(無罪だとさし入れとしてアイテムが貰えるだけ)、大臣(に化けたヤクラの子孫)によって死刑を宣告されてしまう。刑務所から逃れたクロノは、救出に来たルッカと家出したマールと共に追っ手を逃れ、ガルディアの森の中に見つけたゲートを通って未来の世界へと転移する。, 荒廃した未来の世界で、クロノ達は星に寄生する宇宙生命体・ラヴォスの存在とそれによって滅ぼされる未来を知ることになり、破滅から救う方法を模索し始める。その結果辿り着いた古代ジール王国の海底神殿で、彼らはついにラヴォスと対峙する。強力なラヴォスの前に為す術無く倒れた仲間たちをかばい、クロノはラヴォスの犠牲となり消えてしまった(ジール王国の王子ジャキから予言された内容が現実となってしまった)。PS版ではこのシーンはムービーとして描かれており、ラヴォスの攻撃を受けた後、驚愕して霧散するように消滅するというものになっている。その後、仲間たちの奮闘によりクロノは時の卵クロノ・トリガーとサラのペンダントの力によって死の運命から救い出された(クロノそっくりの人形とラヴォスに殺される寸前のクロノを入れ替えた)。滅びゆく星の未来を変革すべく、再びラヴォスへと立ち向かってゆく。, 一部の例外を除き一言も話さない「喋らない主人公」だが、選択肢は「はい」「いいえ」に限らず多彩。また、古代編ではボッシュに自らサラ救出を申し出たり、ラヴォスの前で倒れた仲間を庇うために身を挺すような行動をとるなど、プレイヤーの分身とは厳密には異なり、ストーリーラインに沿った形での行動が設定されている。, 同様の形式は、続編である『クロノ・クロス』の主人公セルジュにも受け継がれている。こういった乖離が起きた背景には、堀井雄二が加藤正人をはじめとしたスクウェアのスタッフに序盤のプロットを手渡した際、「主人公は喋らせない」ことを絶対条件に置いていた(『Vジャンプ』増刊号のインタビュー)ことがある。そのため初期案に堀井雄二がシナリオのプロットまで組んだ冒頭部分では、「はい」「いいえ」の選択肢しか存在しておらず、加藤正人が手がける序盤以降のものとは大きく異なっている。なお、エンディングの1つには彼が言葉を発するシーンがある。, 鳥山明のキャラクターデザインに共通してツンツン頭と筋骨隆々の体躯に、大きな目が特徴にある。彼の武器は日本刀であり、剣術の達人であるカエルから筋の良さを褒められた。属性は天で、冥に相反し、サンダー、サンダガといった雷の魔法、復活魔法レイズ、光の最強魔法シャイニングを使える。なお英語版での彼の属性は"Lightning"となっている。, 前述の選択肢による独白を除くと、マルチエンディングの一つ「反省会」で唯一喋るシーンがある。ここでは、「反省会」とは名ばかりの雑談で盛り上がるマールとルッカに対し「いったいどのあたりが『はんせい会』なんだよ! 今回紹介するのは発売当時、まだ小学生だったわたしがスーパーファミコンでプレイし、大人になった今でも強く記憶に刻まれているゲーム「クロノトリガー」。, 「タイトル名や楽曲を聞いたことはあるけどプレイしたことはない」という人も多いかもしれません。, そこで今回は、日本だけでなく、海外からも高い評価を受けている名作RPG「クロノトリガー」の魅力について解説していきます。. 『クロノ・クロス』でのクロノは人格(台詞)のあるキャラクターとして描かれており、登場するたびに意味深な台詞をセルジュに告げては消えて行く。ラストバトルに向かうセルジュに向けて「新たなるクロノ・トリガー」と言葉を送った。 ?」と文句を言う他、ルッカがどこの時代へ行きたいと聞いた際、マールは「楽しいことが一杯の時代」と答え、クロノは「今!」と述べた。, 魔王城での戦いの後、時空の渦に巻き込まれた後のクロノの夢の中でクロノとマールが結婚している描写があり、後に発売されたプレイステーション版のエンディングで追加されたアニメーションにも、クロノとマールの結婚式が含まれたものがある。, 『ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-』の「Kid 盗めない宝石編」でも、名前は言及されないがルッカの友達がルッカの幼馴染の男性と結婚したということが語られている。こちらでは結婚相手の女性はその後亡くなり墓があるとされ、ルッカ自身も既に死亡している設定だが、一方でルッカの幼馴染の動向については語られていない。, 次作『クロノ・クロス』ではクロノ、マール、ルッカは子供の姿で幻としてのみ現れる。これは「3人が死んでいる」ことを示唆しているが、あくまでこのクロノたちは並行世界における可能性の一つでしかない。『クロノ・クロス』でのクロノは人格(台詞)のあるキャラクターとして描かれており、登場するたびに意味深な台詞をセルジュに告げては消えて行く。ラストバトルに向かうセルジュに向けて「新たなるクロノ・トリガー」と言葉を送った。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=クロノ_(クロノ・トリガー)&oldid=76285098, 物語の始まり「現代」(A.D.1000)で母親であるジナと二人、トルース町に暮らしている。.