「攻撃力☆3」「クリティカル☆3」「闇属性攻撃☆3」 「クリティカル☆3」「闇属性攻撃☆3」, ・EXリミットボーナス ・マスタリーボーナスは無し。 Copyright © 2020 犬のゲーム日誌〜グラブルとか白猫とかパズドラな日々〜 All Rights Reserved.

「クリティカル☆3」「背水☆3」「背水☆3」, ・EXリミットボーナス 六竜討伐戦「黒」【フェディエル】をイオのフラワリーセブンを魔封杖により何度も使用する「イオ砲」で攻略してきたの... 「アバターHL」を光マグナ編成でフルオートソロ討伐しているので書いていきます。 ビカラ の奥義ゲージ上昇量UPの効果が乗るので、奥義ゲージが 45% UPします。 最後に長所と短所、欠点を補うキャラなどをまとめてみます。 長所. 闇属性キャラ全体に一子之夢効果を付与 〔永続/消去不可〕 2回被ダメージで解除 【一子之夢の効果】 ・奥義ゲージ上昇量50%up ・奥義ダメージ30%up ・奥義ダメージ上限10%up ・回避率30%up.

・マスタリーボーナスは無し。

・アビリティは使いません。 ★↑が無い場合に何とかする方法 ・2番手ルリアなどで+1ポチ:1ポチ使うけど十天衆総べ称号の代用可能 ・サブには渾身で奥義火力を上昇させる「フェディエル・スパイン」。 ・必殺を持つ「アビススパイン」やダメージ上限として「麒麟弓」。他にも渾身武器「ゼカリヤ」。, ◆召喚石については ・ジョブはモンクです。メイン武器に「黒銀の滅爪」を持たせてカウンターをします。, ◆キャラについて ・ザ・デスで闇属性キャラが光属性の敵に対して与ダメージ10%UP, ☆敵は古戦場のEX+相当のエクストリーム・木人+。今回は闇有利古戦場を想定なので光属性を選択。, ☆ということでジータちゃんの奥義からスタートですね。 メタトロンやシヴァを初めとし... 六竜討伐戦の風属性【六竜討伐戦「翠」】イーウィヤをフルオート(カグヤ編成)で攻略してきたのでまとめていきます。... 「メタトロンHL」を闇マグナ編成でフルオートソロ討伐しているので書いていきます。

・自召喚石にセレスト・マグナ(5凸)。サポーター召喚石にはバハムート。 | 「攻撃力☆3」「背水☆3」, ・EXリミットボーナス

’に掲載している。, ルリアがサブメンバーの場合、. 「攻撃力+1500」「HP+750」「渾身+10%」「防御+14%」 「フォールン・ソード」, ☆メイン召喚石を「セレスト・マグナ(5凸)」、サポーター召喚石を「バハムート(5凸)」で挑戦です。, ☆サブには 使用間隔:10ターン サポートアビリティ: 鼠神宮の主 メタトロンやシヴァを初めと... マルチバトル「六竜HL」の闇属性【フェディエルHL】のソロ討伐を光マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます... 【グラブル】闇古戦場のEX+の2100万周回を闇マグナ黄龍による非AT2ポチ編成。クリュサオル編成でアーセガルとデュアルアーツと攻撃のみ。奥義ゲージ上昇には「永遠拒絶の太刀(4凸)」を使用。, 【グラブル】闇有利古戦場の肉集め(2000万)を黄龍・セレストマグナ編成。非ATをクリュオサルで3ポチで周回。私には1、0ポチとかキツイ。, 【グラブル】修武の籠手と金砕棒の性能と強化素材について。モンクの英雄武器で朽ち果てた武器から作成。修武の籠手は累積攻防DOWNや吸収効果で防御向け、金砕棒は4回自属性追加ダメージや武芸百般のダメージ回数が増加する攻撃的な性能。, 【グラブル】古戦場(光有利2020年1月)予告ページの「目指せEXTREME1ターン討伐」編成(1500万編成)を試してみた①。メカニック編成で奥義ダメージを上昇させよう!の方。クラリスちゃんやロボミさんのような奥義火力が高いキャラを編成する感じ。武器も入れ替えればEXTREME+も1ターンでいける(2000万編成)。もし火力が足りない時はシルヴァさんに頼みましょ。, 【グラブル】六竜討伐戦「黒」フェディエルをイオ砲による光マグナ編成で討伐したので編成や内容について。イオちゃんのフラワリーセブンを何度も使用することで1ターンで敵HPの大半を持っていくので、厄介なフィールド効果やカースドステークスを無視出来るので楽に討伐。, 【グラブル】「アバターHL」を光マグナ編成でフルオートソロ討伐。現HPに依存した無属性攻撃が多い敵。基本はイオやゾーイそしてレ・フィーエで回復アビ以外での回復しながら進行。最後のアーク・エネミーはガイゼンボーガで対応。, 【グラブル】六竜討伐戦「翠」イーウィヤをフルオート(カグヤ編成)で討伐したので編成や内容を見ていきます。火ヴィーラでマウント、パーシヴァルで恐怖、アンスリアで回復したりして戦いきれました。ジータちゃんはランバージャック。, 【グラブル】「メタトロンHL」を闇マグナ編成でフルオートソロ討伐。基本はビカラやアンスリアの回避で対応。とにかく前半の「風」→「暁」→「昴」をベリアル召喚効果やアンスリア回避による回復で乗り越える。, 【グラブル】六竜マルチHL「フェディエルHL」を光マグナ編成でソロ討伐したので編成や内容について。40%からが本番な戦い。ガイゼンボーガには不落の孤城で耐えて、周りのキャラはリヴァイヴ等で復活。(イオちゃんは5回ぐらい戦闘不能になった). 「永遠拒絶の太刀(CB上限)」 「ゼカリヤ」 「LB強化回数上限+10」「攻撃力+10%」「HP+10%」「ダメージ上限+5%」 「闇属性攻撃+19%」 「闇の子の歯牙」 ブログを報告する, レイは2アビを使用してサブメンバーと入れ替わるため、基本的にはバトルに(直接は)参加しません。あとで, ※個別枠とは、マルチバトルにおいて個人にのみ有効な枠です(=参加者には反映されない)。, トランスLvが低い段階でも十分に強いのですが、トランスLvと言うさらなる伸びしろが存在している, 防御DOWNのデメリットは付くものの、そもそもこの編成は回避型であるうえにビカラが敵対心UP持ちなので、あまり気になりません。, そういった意味では、自分で与ダメを稼ぐのではなく、チェイサーで仲間に頼るのは悪くない選択だと思いますがいかがでしょうか?, 奥義がフル回転している様は見ているだけでも楽しいので、性能以外でも評価できます。特にビカラとか、ビカラとか。. ☆他の武器は 「バハムート」「ザ・デス」「アヌビス」「ナハト」 ・覚醒についてはLv1。, ☆メインはアストラルウェポン「黒銀の滅爪」です。奥義で味方全体に被ダメージカウンター(3回)を付与して、奥義で足りないダメージを稼いでいきます。, ☆サブには「フェディエル・スパイン」を装備して「闇属性キャラのHPが多いほど奥義の与ダメージ上昇」で火力を上げていきます。 ・覚醒についてはLv7。, ☆バザラガ 「攻撃力+2100」「HP+1050」「アビリティダメージ上限+12%」「ダブルアタック確率+10%」 ・マスタリーボーナス 【グラブル】闇古戦場ex+のat0ポチ(攻撃のみ)2100万編成について。モンクで「黒銀の滅爪」の奥義により味方全体に被ダメージカウンターを付与して火力の確保、「フェディエル・スパイン」も装備して奥義火力up。

グラブルに登場するキャラクターの中で、サブメンバーに編成している時でも、効果が発動するサポートアビリティを持つキャラクターをまとめています。パーティ編成のサブに誰を入れるか悩んだ際に参考にしてください。 ・奥義により「オーバード・グロウノス」の付与することで、被ダメージ時に「インステクション」を自動発動出来る。, ・LBに関して ◆ジータちゃん

☆「黒銀の滅爪」の奥義で約300万ダメージです。そして味方全体にブロック効果とカウンター(被ダメージ/3回)を付与します。, ☆続いてコルルの奥義です。LBに奥義関係は少ないですが約315万ダメージ出てます。, ☆追加で「ちぇすと」により約125万ダメージが発生して合計約440万ダメージとなりました。さらに防御DOWN(累積)を付与して後続の火力UPです。, ☆シスの奥義は約400万ダメージですね。この後は敵の特殊行動が確定しているのでサポートアビリティによる追加ダメージが残っています。, ☆最後はバザラガの奥義で約350万ダメージですね。奥義により「オーバード・グロウノス」が付与され、被ダメージもほぼ確定しているので「インステクション」によるダメージを狙えます。, ☆CBダメージ上限UPもあり、チェインバーストでは約270万ダメージです。しかし16%残ってしまい敵が特殊行動をします。, ☆敵が特殊技を使用したことで被ダメージを受けた味方キャラが、「黒銀の滅爪」により得たカウンターを発動していきます。, ☆まだこの後にはシスの「反撃の狼煙」とバザラガの「インステクション」からのダメージ発生が残っているのでかなり余裕の火力です。, ☆「フェディエル・スパイン」による奥義火力の支えと「黒銀の滅爪」による被ダメージカウンターでかなり余裕で2100万ダメージを狙えますね。, ☆古戦場の前には同じく闇有利なブレイブグラウンドもあるので、そこでも「フェディエル・スパイン」や「黒銀の滅爪」は活躍しそうです。, 2020年10月18日グラブルアストラルウェポン, アンセスタルシリーズ, コルル, シス, バザラガ, フェディエル・スパイン, モンク, 四象武器, 星の古戦場, 終末の神器, 肉集め. 「アビススパイン:3」 「攻撃力☆3」

②主人公に味方全体に奥義ゲージ+10%UPの効果を持つ武器を装備 ※闇パの場合は「フェディエル・スパインorCB付き終末武器(4凸可)」が該当. ・エーテリアルプラス ・アストラルウェポンの「黒銀の滅爪」を持てる格闘ジョブ。 「クリティカル☆3」 「攻撃力☆3」「クリティカル☆3」 【グラブル】闇古戦場のEX+の2100万周回を闇マグナ黄龍による非AT2ポチ編成。クリュサオル編成でアーセガルとデュアルアーツと攻撃のみ。奥義ゲージ上昇には「永遠拒絶の太刀(4凸)」を使用。, 非AT時の2ポチをクリュサオルの片面黄龍編成について行いました。

・奥義でオーバードグロウノス付与から被ダメージを受けることでアビリティが自動発動する「バザラガ」。 ・サポートアビリティにより敵が特殊技を発動することで発生する「反撃の狼煙」のダメージが便利。, ・LBに関して 「麒麟弓」 「攻撃力☆3」「クリティカル☆3」「奥義ダメージ☆3」 ・覚醒についてはLv7。, ☆シス

「攻撃力+3000」「HP+1500」「アビリティダメージ上限+12%」「ダブルアタック確率+12%」 「クリティカル☆3」「奥義ダメージ☆3」 自己バフのみになりがちな闇属性において、 シャレム と ビカラ が味方全体にバフをばら撒いてくれます。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". ・奥義によりアビリティ「ちぇすと」が自動発動しダメージ+累積防御DOWNを付与出来る「コルル」を2番目に配置。スキンは水着。, ・LBに関して ・サブにはザ・デスでダメージの上昇をしていきます。, ☆ジータちゃんはモンク。

グラブルの闇古戦場【ex+】で2100万ダメージを出し、効率よく肉集め周回をするための編成をまとめています。闇古戦場ex+を1ターンで倒すためのコツや武器編成、パーティを解説していますので、闇有利古戦場周回の参考にしてください 「与ダメージ+5%」

・エーテリアルプラス ・LBに関しては↓, ☆コルル 「光属性軽減+5%」 ・メイン武器は奥義に被ダメージカウンターを味方全体に付与するアストラルウェポン「黒銀の滅爪」。

・奥義に追加ダメージとして「ちぇすと」が発動する「コルル」。, ◆武器については 今回はAT0ポチ(攻撃のみ)編成での古戦場EX+の準備です。, ○編成について 「黒銀の滅爪」 グランブルーファンタジーをメインで書いてます。白猫や他のゲームも書いてたりします。, 【グラブル】闇古戦場(2020年11月)の報酬やEX+周回等について。遂に始まった古戦場、HELLは「ヘイムダル」。前回は個人ボーダーが凄いことになったけど、今回はどうなるか?, 【グラブル】アヌビスHLをフルオートソロ討伐してきたので編成や内容。アヌビスの特殊技からの弱体効果にはセルエルやレ・フィーエのアビリティ、そして槍武器「コニファラス」の弱体回復で対応。その槍を持つ為にジータちゃんを「キャバルリー」にして挑戦。, 【グラブル】「闇召喚石スターレジェンド」が古戦場前に来たので引いてきました。確定枠の闇召喚石の半分がベリアル等のサプ不可なもの。そして実際に引けたのは「サリエル」でした。, 【グラブル】闇マグナのハイランダー編成の武器や火力等について。とりあえずは「支配の天秤」をはじめに武器をバラバラに編成。10ターン経過後の火力では約1.6億~2.2億ほどになりました。(闇有利古戦場に向けた準備), 【グラブル】闇古戦場の目指せEXTREME1ターン討伐を試してみた。。編成はロビンフッドのダメージアビリティの方。ルシウスが火力を稼いでくれるので、ダメージを与えるのは簡単。ただアビリティの使用回数はかなり多い。(2020年11月), 【グラブル】闇古戦場の目指せEXTREME1ターン討伐(1500万編成)を試してみた。この講座も今回で2週目に突入。編成はメカニックのFULL CHAINの方。一年前とほぼ同じ感じ。(2020年11月), 【グラブル】闇マグナのクリティカル(技巧)編成の武器や火力等について。武器は「アビスルック」を複数装備で。10ターン経過後の火力では約1.5億~2億ほどになりました。(闇有利古戦場に向けた準備), 【グラブル】闇SSレアキャラ「オーキス(最終上限解放)」の性能について。「オブリヴィオン」が強化されパラゾニウムのような効果を持つようになりました。サポートアビリティでも味方全体の強化が可能で、皆を守れるような感じに成長したオーキス。, 【グラブル】四象降臨(2020年11月)の報酬や内容。今回は特に大きな変更は無いけども「四象瑞神」のドロップが調整されたり。闇有利古戦場前なので、ここで「麒麟剣」「麒麟弓」辺りの5凸を準備しておきたいところ。, 【グラブル】六竜マルチHL「ガレヲンHL」をフルオートソロ討伐したので編成や内容について。HP40%では余裕があるけど、「降砂石」の無属性ダメージで味方のHPがゴリゴリ減らされる戦い。, 闇古戦場EX+のAT0ポチ(2100万)編成について「黒銀の滅爪」「フェディエル・スパイン」を装備したモンクで予行演習してきたので、その編成や実際の火力を書いていきます。, 闇有利古戦場は2020年11月、確実に近づいているので準備をしました。 グラブルは持ってるキャラ・武器・召喚石によって、参考になるものならないものがかなり区分されてしまうと思っています。なので、参考になりそうであれば、ぜひご覧になってください。, カタログを見ただけでは強みが分かりづらい人。この編成での役割は2アビ*による味方単体(シャレム)の強化です。(メインに編成していますが、実質はサブメンバー枠), 仲間が倒されて交替できる相手がいなくなった場合、1アビで味方単体に2回行動を付与、3アビでダメージカット、奥義で敵弱体化などの役割を担います。アサルトタイム中なら、開幕で奥義を撃ってからの入れ替えでも良いでしょう。, *レイの2アビ(解脱)自分とサブメンバーの一人を入れ替える。入れ替えた闇属性キャラに「攻撃力UP、ダメージ上限UP、回避率UP、確定TAのバフ + 防御DOWNのデメリット」を付与。レイがサブからメインに登場した際に解除される。, この編成ではレイは2アビを使用してサブメンバーと入れ替わるため、基本的にはバトルに(直接は)参加しません。あとでサブメンバー(シャレム)も紹介します。, 奥義パの申し子。他にも回避率UPとテンションUPが特徴的。回避パ(?)も面白いかもしれませんが、受動的なのは汎用編成には向かないかと。回避時ディスペルは任意のタイミングでは発動できないため、ディスペルのタイミングが重要な敵(例:シュバマグ)とも戦う場合には、別のディスペル持ちキャラも入れた方が良いでしょう。, 耐久面が回避に依存してしまうため不安定さは拭えませんが、かなりの戦力増強に繋がります。強みと弱みをしっかりと把握したうえで編成を考えてあげましょう。, ディスペル、スロウ、魅了の並びを見ただけで有能であることは間違いありませんでしたが、汎用編成に入れるには攻撃性能が足りていませんでした。ですが、その欠点も最終上限解放をすることで解消され、めでたく選出されました。, デバフとディスペルとスロウは黒騎士も持っていますので、お好みで代えてもいいかもしれません。私は【魅了による行動阻害】と【自前の連続攻撃確率UP】が決め手となり、ヴァンピィを採用しました。黒騎士入れたいんですけどね。敵がそれなりに強くないと性能が活かし切れないので。, 奥義を撃つたびに上昇するトランスLvが特徴的なスロースターターの超火力アタッカー。, トランスLvが最大の3に到達すると、【攻撃系バフ】がかかって火力が伸びます。トランスLvが溜まっていなくても、敵の弱体数に応じて【奥義ダメ】や【追撃】のバフが発生します。(スロースターターとは……?), 奥義を撃つだけで自己強化をするうえ、味方全体にも闇属性攻撃力UPをプレゼント。しかも永続の防御・弱体耐性デバフも持っています。さすがリミテッドキャラ。, ただし注意点が1つ。攻撃性能デバフは効果持続が6ターンで、クールタイムが12ターンと、常時かけっぱなしにはできません。攻撃力デバフ下限値の検討には含めない方が良いでしょう。, 紹介したメンバーは限定キャラが多いので、編成難度は高いかもしれません。この編成における各キャラの必要度を整理するとこんな感じです。, シャレムとビカラはいずれも2019年の年末に登場したキャラですね。二人が来るまで闇属性はひどい人材不足で、オーキスや黒騎士、闇カリオストロ、ジョーカーなどで編成を組み替えていました。(別に彼女らが弱いわけではないです。), 闇パ編成の問題点は【味方全体を回復できるキャラが少ない】ことで、二人が来てからは【被弾を極力減らすことで回復要らず】と言ったコンセプトに切り変わりました。そう考えると根本的な問題は解消されていないんですよね……。闇属性キャラは自分だけ回復とか、自分だけ強化とかばかりで……もうちょっと協調性を持っていただけると騎空士たちは大変助かります。, ウォーロックはアビリティダメージUPに特化したジョブです。とは言っても、それを目的として使用したことは一度もないのですが…, リミアビの『ブラックヘイズ』は、ミゼラブルミストの上位互換(+毒と暗闇)であるため、アビリティ構成の圧縮ができます。, ブラックヘイズはウォーロックの価値の半分なので当然入れます。アローレインⅢは単純明快で、攻撃デバフ下限のためです。チェイサーはせっかく確定TAできる仲間たちで構成しているので、火力増強のために入れています。, チェイサーの枠は、ディスペル持ちのキャラを編成に入れない場合、ディスペルに代えましょう。他心陣は不要です。仲間たちが奥義を撃つだけでゲージはガンガン溜まりますので。, シャレムについてはレイの2アビを浴びせているので全く不要ですが、ビカラはフィールド効果が切れるターンがありますし、ヴァンピィも5ターンの間は付与できません(それでもサポアビ効果分はありますけどね)。, 何より主人公のアビリティに連続攻撃確率UPがないので、せめてここで補っておきたい所存であります。, 個別枠 シャレム(1アビ)15%※個別枠とは、マルチバトルにおいて個人にのみ有効な枠です(=参加者には反映されない)。, 自分のみ ヴァンピィ(3アビ)20%  3T ※ヴァンパイアブラッド消費時は50% ヴァンピィ(サポアビ)15-30%  シャレム(サポアビ)30%  トランスLv3の時, 自分のみ ヴァンピィ(3アビ)20%  3T ※ヴァンパイアブラッド消費時は50%, 味方単体(デメリット)  レイ(2アビ)50%DOWN  レイがバトルに再登場するまで継続, DA率UP 主人公(四天刃・煉)30%  3T  ▶自分のみ:ヴァンピィ(3アビ)100%  3T       :ヴァンピィ(サポアビ)15-30%       :シャレム(サポアビ)?-100%  トランスLvによる, TA率UP 主人公(四天刃・煉)30%  3T  ▶自分のみ:ビカラ(サポアビ)100%  5T・フィールド効果中       :ヴァンピィ(3アビ)10%  3T ※ヴァンパイアブラッド消費時は100%       :ヴァンピィ(サポアビ)8-16%       :シャレム(サポアビ)?-50%  トランスLvによる  ▶単体のみ:レイ(2アビ)100%  レイがバトルに再登場するまで継続, クリティカル発動率UP  ▶自分のみ:ヴァンピィ(サポアビ)10%       :シャレム(サポアビ)100%  トランスLv3の時, クリティカル倍率UP  ▶自分のみ:ヴァンピィ(サポアビ)30%       :シャレム(サポアビ)20%  トランスLv3の時, ダメージ上限UP  ▶自分のみ:シャレム(サポアビ)20%  トランスLv3の時  ▶単体のみ:レイ(2アビ)20%  レイがバトルに再登場するまで継続, 奥義ダメージUP ビカラ(3アビ)30%  2回被ダメで解除  ▶自分のみ:ヴァンピィ(奥義・敵が魅了状態)50%       :シャレム(サポアビ)9-90%  敵の弱体数による, 奥義上限UP ビカラ(3アビ)10%  2回被ダメで解除  ▶自分のみ:ヴァンピィ(奥義・敵が魅了状態)30%       :シャレム(サポアビ)3-30%  敵の弱体数による, 奥義ゲージUP  ヴァンピィ(2アビ・吸収成功時)20% ※奥義ゲージ上昇量UPの対象外, テンションUP ビカラ(2アビ)フィールド効果中(5T)の毎ターン開始時発動 ビカラ(サポアビ)フィールド効果中(5T)の奥義発動時2ターンの間※テンションLvに応じて攻撃力UP, 追撃  主人公(チェイサー)20%  3T  ▶自分のみ:ヴァンピィ(サポアビ)10-20%       :シャレム(サポアビ)3-30%  敵の弱体数による, 回避率UP  ビカラ(3アビ)30%  2回被ダメで解除 ※ビカラ自身は効果量の大きいサポアビの数値のみ反映(フィールド効果中)  ▶自分のみ:ビカラ(サポアビ)50%  5T・フィールド効果中  ▶単体のみ:レイ(2アビ)10%  レイがバトルに再登場するまで継続, 特に最後の内容が重要で、3アビの使用間隔は10ターンのため、早々に被弾した場合、奥義を主軸にした編成なのになかなか奥義を撃てないと言う事態になりかねません。ビカラの完全回避も奥義発動時に付与されますしね。, 正直、シャレムはトランスLvが低い段階でも十分に強いのですが、トランスLvと言うさらなる伸びしろが存在しているのが怖ろしいところ。障害となるのはシャレムは自前で奥義回転率を上げる手段を持っていないと言うことです。(トランスLvに応じて連続攻撃確率は上がりますが、最初は0%です。), 実装時期が近かったこともあり、セット運用を前提にキャラ性能が決められた説があるとかないとか……, あと、ビカラのフィールド効果で敵の攻撃力が上昇しているため、シャレム3アビの特殊技ダメージDOWNの効果も嬉しいですね。防御力はからっきしの編成なので。, ちなみにビカラの持ち味を活かすには、確定TAを持っているキャラと組ませると良いです。闇属性キャラは自前で連続攻撃確率UPを持っているキャラが多いので、相手には困らないと思います。, この編成ではビカラが奥義ゲージ上昇量UPで支援してくれているので、あとは連続攻撃確率UPが付けば鬼に金棒!, 防御DOWNのデメリットは付くものの、そもそもこの編成は回避型であるうえにビカラが敵対心UP持ちなので、あまり気になりません。しかもステータス大幅UPの中には回避率UPも少量ながら含まれています。, この編成なら10ターン未満でトランスLv3(奥義3回)まで到達可能です。(※後ほど見本紹介あり), シャレム、ビカラ、レイの3人は限定キャラなので入手に難があるとは思いますが、もし所持できた場合には是非とも試してみていただきたいです。世界が変わりますので。, ビカラとシャレムの項でお話しましたが、この編成では敵の攻撃をなるべく被弾したくないので、回避の他に敵を封殺することも重要です。, 私は火力を増し増しにしたかったため、主人公のジョブはチェイサー(味方全体に追撃付与)を使えるウォーロックにしていますが、主人公をカオスルーダー(orダクフェ)にしていればスロウが二枚になるので、更なる遅延も見込めます。, あとはヴァンピィが1アビにディスペルを所持しているため、主人公のアビリティ枠が1つ空くのも編成を考えるうえで大きなポイントですね。, ここまではヴァンピィの支援性能の話でしたが、最後に本人の攻撃性能について補足します。, ヴァンピィはヴァンパイアブラッドという自己バフを所持していて、簡単に言うと2つの効果があります。, そのため、ヴァンパイアブラッドを満足に充填することができれば、支援性能だけでなく、アタッカーとしての性能も高まります。そして、充填する手段はヴァンピィが奥義を撃つこと。, つまり、奥義を高い頻度で撃つことができるこの編成は、ヴァンピィのアタッカー性能を引き出すことができるため、相性が非常に良いのです。, 火パ編成でもそうでしたが、奥義回転率が高いパーティーは強いですね!あるいは十二神将が強いのか…両方ですかね?, この編成は防御面を回避に依存しているため、その分、攻撃面に長けたものとなっています。アビリティにも一切の無駄がないので、汎用性という観点からは非常に優秀だと言えるでしょう。, シャレムは当然のことだとして、ビカラもヴァンピィもアタッカーであり、私の各属性の汎用編成の中では、特に攻撃面に偏っているように思えます。, 気になるポイントとしては、奥義パなのに主人公に連続攻撃確率が不足していることですね。そこを改善できれば更なる火力向上が見込めるかもしれませんが、攻防デバフと暗闇を確保しつつとなると難しいものがあると思います。そういった意味では、自分で与ダメを稼ぐのではなく、チェイサーで仲間に頼るのは悪くない選択だと思いますがいかがでしょうか?, 結論としては、主人公を含めたメンバーたちのできることがかなり良い形で噛み合っているため、この編成に見直しが入ることはそうそうないと思われます。, 主人公とヴァンピィは確定TAがないので2回に留まっていますが、シャレムとビカラは3回です。, ビカラもヴァンピィもアタッカーとして、主人公より大きなダメージを与えています。【♡いいね!】をしてあげましょう。, では問題のシャレムですが、二人の合計分くらいの与ダメを稼いでいます。「凄い火力してるだろ? トランスLv3になる前なんだぜ。嘘みたいだろ?」, ※補足しておきますと、このシャレムはレイの2アビのおかげで確定TA、攻撃力UPのバフがかかっています。レイがいなければここまでの火力、奥義回転率にはなりませんので、その点にはご注意ください。, ▲このリザルトの経過ターンは、9ターン目を迎えていることを表しているのであって、9ターン目開始時に撤退した場合でも、8ターン表記にはなりません。, 上述の結果は、シャレムがトランスLv3に到達するまでに何ターンかかるのかを計測するためでもありました。, 自己バフのみになりがちな闇属性において、シャレムとビカラが味方全体にバフをばら撒いてくれます。, 奥義性能、攻撃力、連続攻撃確率、奥義ゲージ上昇量UPなどと、火力増強に必要なあれこれが高水準に仕上がっています。, 防御面にはいささか不安が残るものの、攻撃の多くはビカラが吸ってくれますし、完全回避と回避率も相まって被弾はかなり抑えられています。高難易度のバトルともなると難しくなってくるかもしれませんけれど。, これらの欠点は回避によって補えていると言えばそうですが、やはり安定性には問題が残りますね。, まとめてみると、安定性が低い反面、攻撃力が抜群に高い編成でした。※水パとは真逆の方向性ですね。, キャラ性能やアビリティは腐っていないため汎用性は高いです。明らかな欠点はあるものの、それを差し置いても魅力的な攻撃力。奥義がフル回転している様は見ているだけでも楽しいので、性能以外でも評価できます。特にビカラとか、ビカラとか。, ・闇カリオストロ 正直火力不足感が否めません。 しかし闇属性では珍しく味方を回復できるキャラです。 編成コンセプトとはあまり合っていないかも。, ・シロウ 防御面に優れているので短所はある程度改善できますが、 回避盾のビカラとお株を奪い合いますし、 汎用性を考えるとイマイチな気がします。, あと、短所とは関係ないですが、黒騎士、ターニャ、プレデターの相性も悪くはないと思うので、そのあたりのキャラを検討してみるのも良いかと思います。, 十賢者のニーアを編成するという選択肢もあるのかもしれませんが、まだ今週に入手したばかりで、私が使い方を分かっていません。そのため紹介は見送ります。, 闇属性有利古戦場対策に1Tキル用の編成を考えていたところ、ニーアの出番が出てきました。EX+(HP2100万)を倒すだけならメカニック編成で、それ以上の火力を出したいならレスラー編成で活躍できそうです。どちらにしても短期戦向けの編成ですね。汎用編成に適した性能には見えないです。, #グラブル 闇属性有利 #古戦場 がもうじき開催ですね。最近加入したニーアを編成したところ、メカニック編成でもレスラー編成でもEX+(HP2100万)を1Tキルできるようになりました。嬉しい(*´ω`*)まあニーアがいなかったとしても、プレデター(SSR)とルシウス(SSR)がいれば事足りるのですけどね。 pic.twitter.com/mriGD1Pn4N, shiga-raita.hatenablog.comお時間があれば読んで行ってください(^^♪, 自称小説家兼ブロガーです。『1000人中の1人のためになればいい』と思い、様々な記事を執筆しています。日々悩みが尽きません(切実), ↑のボタン押すと、外部のブログサービスが新規タブで開き、そちらでの当ブログ順位に影響します。開いたタブはすぐに閉じていただいても構いません。, shiga-raitaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog