目次. *SDm・・・サブドミナントマイナー(暗く少し不安定) (1)一番基本となるパターン 1.2. 今回はマイナーキーの楽曲において多用される、定番のコード進行をJ-POPヒットソングを交えながらご紹介していきます。, Cメジャースケール(ドレミファソラシド)、またはAマイナースケール(ラシドレミファソラ)で構成された曲中に出てくるAmコードを、”Ⅵm”と解釈するか、”Ⅰm”と解釈するかは決まりはありません。

基本の進行! 1.1. ここではAmからF#m7♭5へ、コードトーンであるラから、ラ→ソ#→ソ→ファ#と下降。, 久保田早紀さんの大ヒット曲『異邦人』においても、Aメロ6小節目からFm→FmM7/E→Fm7/E♭→Fm6/Dとクリシェ進行をしています。, アイドルソングにおいても、乃木坂46・桜井玲香さん卒業ソング『時々思い出してください』のサビでは、7小節目からこのような進行です。, こちらはF#m→F#mM7/F→F#m7/E→D#dimとも解釈可能。 1 よくあるマイナー系のコード進行. © 2020 うちやま作曲教室 All rights reserved. こちらのページでは、マイナー系の曲作りや演奏の基礎ともいえる「Aマイナー」のキーにおけるコード進行を13パターンほどご紹介していきます。, メジャーキーと違いマイナーキーのコード進行にはいくつかの気遣いが必要になりますが、これらを通して是非その理解を深めていただきたいです。, 「Aマイナーキー」のコード進行を考えるうえで、まず真っ先に思いつくのがメジャーキーにおける「スリーコード」に近い構成であるこちらのコード進行です。, これは「Aマイナーダイアトニックコード」における「I」「IVm」「Vm」を順番につなげただけのものです。, シンプルでありながらもすべてがマイナーコードで構成されており、いかにもマイナーらしい響きを持っています。, ※関連ページ 2020.03.02ダイアトニックコードとスリーコード(成り立ちとコードの役割などについて) 2020.04.08マイナーコードとは? 成り立ちとマイナーキー(短調)によるコード進行の作り方, 前述した超基礎的構成における「Em(Vm)」をアレンジし、「E7(V7)」としたのがこちらです。, 「マイナーキー」は基本的に「ナチュラルマイナースケール」を土台として成り立つものですが、マイナースケールにはそれ以外に, これらはナチュラルマイナースケールの不完全な部分を矯正したようなもので、ここでの「E7(V7)」はそれによって導かれたコードです。, 「Em」のままでは主和音「Am」に対するつながりが弱かったところ、この「E7」を活用することでより強く「Am」へ響きを結び付けることができるようになります。, ※関連ページ 2020.02.19マイナースケールの解説(ハーモニックマイナー・メロディックマイナーを含む三種について), こちらでは、前述した「E7(V7)」を残しつつ、それをさらに「Bm7-5(IIm7-5)」によって拡張しています。, ※関連ページ 2019.11.19ツーファイブとは?(概要と基本的な成り立ち、活用方法、マイナーキーにおける例など), 通常、メジャーキーにおけるツーファイブでは「IIm7→V7」となるところ、マイナキーにおいては「IIm7-5」のように、フラットファイブのコードを活用します。, ここでの「Bm7-5」によって「E7」へのつながりが明確になるため、よりドラマチックな流れを生み出すことができます。, こちらはマイナーコードの数をあえて減らした構成で、このような形も典型的なものとしてマイナーキーにおいて頻繁に目にすることができます。, ここでは、平行調の「Cメジャーキー」においてスリーコードとなる「F(♭VI)および「G(♭VII)」を活用し、ややメジャー寄りのコードによって全体を組み立てています。, これによって、前述した例のような「いかにもマイナー」という響きが若干弱まり、適度に暗い雰囲気を演出することができます。, 既に述べた通り、上記構成における「E7(V7)」は主和音「Am」に強く結びつくものですが、それをあえて排除し、代理コードである「C(♭III)」へ展開させたものがこちらの構成です。, は平行調「Cメジャー」における「IV→V→I」であるため、その親しみやすい響きから部分的に「Cメジャー」に転調して着地してしまったような響きが生まれます。, という度数表記によって解釈でき、そこから「6451(進行)」というような通称も付けられています。, ※関連ページ 2020.10.10「6451」型のコード進行(通称:小室進行)の解説|親しみやすさの考察と既存曲の例, 主和音である「Am」の安定した響きが、そのまま自然な流れによって平行調「Cメジャー」の主和音「C」につながっていく面白さがあります。, こちらは上記コード進行をさらにアレンジしたようなもので、前半を「Am」「Em」によるマイナーの流れで組み立て、後半に「F」「C」を配置しメジャーコードで落ち着かせています。, ポイントとなっているのは「F→C」の部分で、前述のコード進行が平行調の「Cメジャー」を強く感じさせるような構成になっていたのに対し、こちらではそのドミナントコード「G」を経由させず、直接「F」から「C」へと向かわせています。, それにより「C」へ静かに着地するような響きが生まれていますが、コード進行の浮遊感を生み出すためにこのようなアイディアはよく活用されます。, ここではコード進行の冒頭にサブドミナントコードの「F」を配置し、そこから「Am」に向かって流れを作っています。, という二点で、これによって主和音「Am」への着地を明確にせず、それを経過コードのようなものとして提示することができています。, マイナーキーにおいては、「サウンドが暗くなりすぎる」という点が課題になることもありますが、このようなアイディアはそれを緩和するためにも活用できます。, こちらは、ノンダイアトニックコードとして「F7(♭VI7)」を活用したコード進行です。, この「F7」にはブルージーな響きがあり、マイナーキーの持つ切なげな雰囲気をより際立てるように働いていることがわかります。, ツーコードの繰り返しですが、サウンドに重きを置くことでこのようにシンプルな構成でも思いのほか成立してしまうものです。, 前述の「F7」を活用した例に似たものとして、こちらでは「B♭7」を当てはめ、同じくツーコードの構成として繰り返しています。, この「B♭7」は、「Am」に対するドミナントセブンス「E7」の「裏コード」として解釈できます。, ※関連ページ 2020.09.03裏コードについて|ドミナントコードの代理ができるコードを解説, 「F7」とはまた違った意味での尖った響きがあり、また半音で「A→B♭→A→B♭」と動くルートも生み出されています。, ここでの「Am→D7」という流れは、「キー=Gメジャー」におけるツーファイブに相当するものですが、そのような観点からノンダイアトニックコードの「D7」を導くことができています。, 前述した「F7」と同じように、どことなくブルージーで、それでいて明るい響きもあわせ持っているところが特徴といえます。, こちらのコード進行は、ルート音の流れをスムーズに作るために分数コードを活用したものです。, 中間の「DonF#」は前述した「メロディックマイナースケール」を感じさせるコードです。, 既にご紹介した「『Am』から始めない」というアイディアを応用したものがこちらのコード進行で、ここでは全体に四和音のコードを活用し、それによって都会的なサウンドを生み出すことができています。, 「Em7(Vm7)」はお好みで「E7(V7)」とすることもできますが、「Am7」に対する結びつきがより強まってしまうため、緩やかなムードを重視する場合にはこの状態が最適といえそうです。, こちらもコード進行の冒頭に「Am」を配置しないアイディアで、「IIm7-5」にあたる「Bm7-5」から、前述した裏コードの「B♭7」を経由し、, 「キー=Aマイナー」のコード進行をいくつかご紹介してきましたが、これらを踏まえると、コード進行を組み立てる際には主に以下のような点を考慮すべきだといえます。, また、上記とあわせて三種のマイナースケールをコード進行の中で活用していくことも検討できます。, ※以下のページでは、その他のコード進行についてもご紹介しています。 2020.10.01「キー=Cメジャー」で使えるコード進行15パターン|作曲や演奏に使えるコード進行の基礎編から応用編まで 2020.02.13コード進行パターン集(1)全20パターン シンプル構成からロック・ボサノバ風まで 2020.02.13コード進行パターン集(2)全20パターン ビートルズ風コード、ブルース風コードなど 2020.09.28コード進行パターン集(3)全20パターン ルート音の変化、テンションや分数コードによるジャズ風アプローチなど 2020.02.13かっこいい!コード進行 全10パターン ロック等に使えるおすすめのコード進行 2020.09.03王道コード進行 全10パターン 作曲や演奏に活用できる定番のコード進行一覧 2020.02.13「悲しい」コード進行 全10パターン 切ない曲・哀愁のある曲などに使えるおすすめのコード進行 2020.04.15「泣ける!」コード進行 全10パターン 感動的な曲、心にグッとくる曲にするためのおすすめコード進行, ポップス・ロック専門の作曲の先生。1977年8月生まれ 千葉県在住。作曲歴27年・講師歴9年。現在は個人レッスン・作曲勉強会・ブログ執筆・動画公開等を中心に活動中。これまで対面・オンラインを通して100人以上の人に作曲を教えてきました。ビートルズと柴犬が好き。ツイッターもやってます。プロフィール詳細はこちら。, 作曲に必要なものとは?PCを使った作曲・音楽制作に必要なもの(機材)と費用の目安を詳しく解説します。, ボーカルメロディ(歌)の作り方とコツ(歌える、歌いたくなるメロディをどのように作り出すか), 作曲能力を高めるための行動を考える(曲分析、音楽理論の学習、作曲方法論の学習など), 複雑なコード進行(難しいコード進行)を作るためのアイディア|シンプルなコード進行を発展させる, 作曲本のおすすめ7選|初心者がこれから作曲を始める・作曲の幅を広げるために活用できる本をご紹介します, 作曲用楽器のおすすめは「ピアノ(鍵盤楽器)」その理由と具体的な3つの機種をご紹介します, ポップス・ロック専門の作曲の先生。1977年8月生まれ 作曲歴27年・講師歴9年。現在は作曲勉強会・個人レッスン・動画公開・ブログ執筆等を中心に活動中。これまで対面・オンラインを通して100人以上の人に作曲を教えてきました。ビートルズと柴犬が好き。プロフィール詳細はこちら。, 「作曲の上達に欠かせない5つの柱」のお話です。これをやれば、作曲が上手くなります。.

もちろん全ての楽曲をメジャーキーとして解釈しても問題はありませんが、マイナーコードが軸となったコード進行パターンを理解することで、コード進行の持つ魅力をより感じられるのではないでしょうか。, Cメジャースケール(ドレミファソラシド)を基調に構成された楽曲において、Cメジャー・ダイアトニック・コードでは、CM7コードはⅠM7となりAm7コードはⅥm7に当てはまります。, 一方、Cメジャースケールと平行調であるAマイナースケールを基調に構成された楽曲では、Aマイナー・ダイアトニック・コードにおいてAm7コードはⅠm7となるのです。, *ⓢ・・・代理 定番コード進行パターンまとめ!サウンド付きで10個のコード進行を解説 ... ダイアトニックコード通りに行けばⅢm7(マイナーセブンス)になるところですが、ここでアクセントとしてセブンス化することで一気にジャズっぽいオシャレ感を演出しています 『皆さんの音楽Lifeに貢献できれば幸いです。』, 小室哲哉に学ぶ作曲法 人気曲の鉄板コード進行 ヒット曲、名曲とともにコード進行解説 あの曲はなぜ流行ったのか 小室哲哉のコード進行から見るJ-POP 簡単にわかる音楽理論講座, クリシェとは?クリシェが魅力的な名曲12選を解説。これを聴けばクリシェがわかる。J-POPヒットソングのクリシェ一覧。サザンオールスターズ・中島みゆき・椎名林檎・ドリカムなど、クリシェのヒットソングをともにご紹介。, 米津玄師「Lemon」簡単コード一覧2種類。ギター初心者でも簡単弾き語り。半音下げチューニングでアコギで弾いてみよう。アコースティックギター入門・カポタストとは。コードを押さえやすくする方法。コード進行解説・サルでもわかる【音楽理論】。, なぜあの曲はノッてしまうのか ヒット曲、名曲のコード進行 ユーロビート進行 哀愁ユーロ進行 J-POPヒットソングとともに解説 ユーロ進行と哀愁ユーロ進行のコード進行 ヒットソングのコード進行の秘密, 哀愁系コード進行とは 切なく悲しいコード進行 胸が苦しくなる日本の名曲、代表曲集 ヒットソングから学ぶコード進行 泣ける歌を作曲する なぜこの曲は切なく聴こえるのか. © 2020 うちやま作曲教室 All rights reserved. *Tm・・・トニックマイナー(暗く安定) Contents. こちらのページでは、マイナー系の曲作りや演奏の基礎ともいえる「aマイナー」のキーにおけるコード進行を13パターンほどご紹介していきます。. (3)代理コードを含めてツーファイブを作った例 2.2. こちらのページでは、ポップス・ロックなどで使えるおすすめのコード進行「その4」をご紹介していきます。, ※前回の記事はこちら 2020.09.28コード進行パターン集(3)全20パターン ルート音の変化、テンションや分数コードによるジャズ風アプローチなど, ボサノバやAOR系のおしゃれなサウンドもいくつかありますので、是非音を鳴らしながらその響きを楽しんでみてください。, 「GonB(VonVII)」は「EmonB(IIImonVII)」などとすることも可能ですが、どちらを利用する場合も、ダイアトニックコードを応用することで綺麗にまとまっていくはずです。, ベース音が綺麗につながって下降しながら展開していく構成のため、メロディは小さなフレーズを繰り返すような単調なものも検討できます。, 一般的に「C#7(III7)」はドミナントモーションによって「F#m(VIm)」に結びつくことがほとんどですが、こちらの例では「D(IV)」へ進行させることで意外性をもたせています。, 「GM7 → Gm6 → F#m7 → Fdim → Em7 → A7 → DM7」, 通常上昇型のコード構成に利用されがちなパッシングディミニッシュを、こちらでは下降する全音程のコード間に挿入しています。, ディミニッシュの代わりにセカンダリードミナントを利用するやり方もありますが、ボサノバやジャズ、R&Bなどではベースラインを重視してこのような構成が好まれます。, 冒頭の「GM7 → Gm6(IVM7 → IVm6)」はサブドミナントマイナーの応用型です。, ベースの動きは「I → IV」という強進行でありながら、サブドミナントマイナーによって個性的な響きが生まれています。, 単に二つのコードを繰り替えすだけでも、コード自体が特別な性質を持っていると、このように聴きごたえのある構成として成立します。, 特筆すべきは「E7(II7)」で、セカンダリードミナントコードがそのままマイナーへの変化するところに都会的な響きを感じます。, ベース音(ここではE)を保持しながら、内声の一部のみを変化させることでコードを変えていく手法も時として効果的です。, 二つ目の「F#dim(♭IIdim)」は「F(I)」と「Gm7(IIm7)」の中間に位置する橋渡しのコードで、パッシングディミニッシュの典型的な形です。, 最後の「DM7(VIM7)」は、トニック「F」を平行調「Dm(VIm)」で代理しつつ、さらにその同主調「D」に部分転調させる、という解釈となっています。, この「平行調 → 同主調(またはその逆)」のアイディアは、転調のきっかけとして思いのほかいろいろな曲で利用されています。, 「C(I)」を排除することで、長い間浮遊しているような雰囲気が生まれていて、耳なじみのあるコードを使いつつも、アイディアによって個性を出している例であるといえます。, 「Em7」のセブンスの音は「D」であるため二つ目のコードは転回形で、最後の「ConD」は「♭VII」の派生形であると解釈しました。, ペダルポイントを活用したこのようなコード進行は安定感とテンション的な緊張感を共存させることができるため、曲調によっては重宝するはずです。, ポイントとなっているのは1度をベース音に転回させているところと、本来であれば半音ずつ下降させていくところを「DmM7」を省略して4つのコードで一気に「B♭M7」につなげているところです。, クリシェから他のコードへの展開は案外多く見られるもので、ベース音に着目して構築していくことでコードをすっきりとつなげていくことができます。, 序盤の「Gm7 → E♭M7」は、トニックとしての「Gm7」を次の「E♭M7」で代理している形となっていますが、構成音の微妙な変化が心地よく感じられます。, また、その後の「Cm7」「Cm7onF」も「E♭M7」からの連想とも解釈できて、全体が統一感のあるコードでまとめられています。, ベース音の動きがすべて強進行で繋がっているため響きに無理がなく、かつセカンダリードミナントコードによってマイナー調の雰囲気も生まれています。, このコード進行をループさせて、「I(A)」を使用しない構成として作り込むこともできます。, フラット系のノンダイアトニックコードを使いながら、和音が平行移動していくような力強さを持っています。, ポイントとなっているのは保持されているベース音「D」で、ギターの開放弦を利用して演奏すると二つのコードの切り替わりが気持ち良く感じられます。, 「Wave」ではこのあとキーが同主調メジャーに転調されて、いかにもブラジル音楽らしい緻密なコード進行で展開していきます。, トニック以外はすべてノンダイアトニックコードとなりますが、キー「E」の調性圏内でしっかりとコード進行が機能しているところに面白さを感じます。, ナインスやメジャーセブンスの響きはもちろんのこと、キープされているベース音「E」がオシャレな雰囲気と安定感を生み出しています。, ポイントとなっているのは「♭VII(G)」で、通常「D」のセカンダリードミナント「A7」を当てはめたくなってしまうところですが、このあたりのひねりに作曲者のセンスを感じます。, 「Im(Am)」から「♭VI(F)」への展開は頻繁に見かけますが、ここでは「♭VI7(F7)」となっているところがポイントで、これによりブルージーで不穏な響きが生まれています。, 冒頭「G#m7(IIIm7)」から始まるところが興味深く、またその後の半音下降もいかにもボサノバ的な構成となっています。, 実際の音源ではこの構成に加えてスケール上の5度の音がずっと保持された状態となり、テンションを含む複雑な響きとなります。, ドミナントセブンスを提示しておきながらトニックへの終止を回避する流れになっていて、もったいぶったような響きから感動を呼ぶ構成としてもよく利用されています。, このあたりを丁寧に作り込むと、ダイアトニックコードだけでも十分に聴き応えのある作品として仕上げていくことができるはずです。, 二つめのコードは通常「C#m7(IIIm7)」となるところをセカンダリードミナントとして「C#7(III7)」としていますが、次に来るマイナーコードの切なさが際立ってしまうのでこのあたりは曲調に応じて対応したいところです。, トニックの出ないコードとしてこういった展開を盛り込んでいくと、リスナーを裏切るような効果が生まれます。, 以下のページでは、コード進行の実例が掲載された書籍を複数ご紹介しています。 2020.09.15コード進行本のおすすめ7選|コード進行を知りたい・理解したい・作れるようになりたい人のための本をご紹介します。, ご紹介しているように、ボサノバには特徴的なコード進行を持つ曲が沢山存在しています。, ※続きのページ 2020.02.13コード進行パターン集(5)全20パターン クリシェラインのベース活用、ツーコードのシンプル構成など, ※その他おすすめコード進行ページ 2020.02.13かっこいい!コード進行 全10パターン ロック等に使えるおすすめのコード進行 2020.09.03王道コード進行 全10パターン 作曲や演奏に活用できる定番のコード進行一覧 2020.02.13「悲しい」コード進行 全10パターン 切ない曲・哀愁のある曲などに使えるおすすめのコード進行, ポップス・ロック専門の作曲の先生。1977年8月生まれ 千葉県在住。作曲歴27年・講師歴9年。現在は個人レッスン・作曲勉強会・ブログ執筆・動画公開等を中心に活動中。これまで対面・オンラインを通して100人以上の人に作曲を教えてきました。ビートルズと柴犬が好き。ツイッターもやってます。プロフィール詳細はこちら。, コード進行分析(アナライズ)の方法|手順とコツ・注意点などの解説(キー判別、理論的解釈など), 複雑なコード進行(難しいコード進行)を作るためのアイディア|シンプルなコード進行を発展させる, ボーカルメロディ(歌)の作り方とコツ(歌える、歌いたくなるメロディをどのように作り出すか), 楽器が弾けない人におすすめの作曲のやり方「『GarageBand』を楽器のように使う」, 「音楽理論がわからない…(難しいと感じる)」をどう解決していくべきか|初心者が音楽理論を学習するコツと心構え, ポップス・ロック専門の作曲の先生。1977年8月生まれ 作曲歴27年・講師歴9年。現在は作曲勉強会・個人レッスン・動画公開・ブログ執筆等を中心に活動中。これまで対面・オンラインを通して100人以上の人に作曲を教えてきました。ビートルズと柴犬が好き。プロフィール詳細はこちら。, 「作曲の上達に欠かせない5つの柱」のお話です。これをやれば、作曲が上手くなります。.

今回はマイナーコードによるアプローチを多くピックアップしています。 ボサノバやaor系のおしゃれなサウンドもいくつかありますので、是非音を鳴らしながらその響 …