margin:4px 0px; color:black; } margin: 5px 0px 0px 0px; 世界のテロ事件の発生数の推移. 世界中で続くテロ事件 「9.11」から8年以上が経過した今も、世界中でテロ事件は頻発しています。米国国家テロ対策センター(nctc)のテロ報告書(2009年4月)によると、2008年には世界各地で11,770件のテロ行為があり、54,000人以上が死傷しています。

0000001638 00000 n ‚éƒCƒXƒ‰ƒ€‰ßŒƒ‘gDu, ƒAƒtƒKƒjƒXƒ^ƒ““ì•”Eƒwƒ‹ƒ}ƒ“ƒhB‚ŁC•‘•W’c‚ªŒxŽ@Ž{Ý‚ðPŒ‚‚µ‚ÄŒƒ‚µ‚¢í“¬‚ª”­¶‚µCŒxŽ@Š¯­‚È‚­‚Æ‚à17l‚ªŽ€–SC2l‚ª•‰Bu, ƒCƒ‰ƒNŽñ“sƒoƒOƒ_ƒbƒh–k•”‚ÌŒŸ–⏊‚É”š’e‚ðÏ‚ñ‚¾ŽÔ—¼‚ª“Ë‚Áž‚ñ‚ÅŽ©”š‚µCŒxŽ@Š¯3l‹y‚Ñ–¯ŠÔl6l‚ªŽ€–SC­‚È‚­‚Æ‚à22l‚ª•‰B‚Ü‚½C“¯‘’†•”EƒAƒ“ƒo[ƒ‹Œ§ƒtƒ@ƒ‹[ƒWƒƒ“Œ•”‚ÌŒxŽ@‘O‚Å”š’e‚ðÏ‚ñ‚¾ŽÔ—¼‚ªŽ©”š‚µCŒxŽ@Š¯9l‚ªŽ€–SC10l‚ª•‰BŒxŽ@‚́C‰ß‹Ž‚Ɂu, ƒiƒCƒWƒFƒŠƒA–k“Œ•”Eƒ{ƒ‹ƒmB‚̃}ƒ^ƒ“ƒKƒŒCƒuƒ‰ƒ‹ƒeƒBƒ}‹y‚уfƒBƒ‹ƒ}ƒ“ƒeƒB‚Ì3‚‚̑º‚ðC•‘•W’c‚ª‘ŠŽŸ‚¢‚ŏPŒ‚‚µC­‚È‚­‚Æ‚àZ–¯43l‚ªŽ€–SB”ƍsº–¾‚Í–¢”­oB. イラク中部・バービル県ムサイブの市場で自爆テロが発生し,少なくとも31人が死亡,35人が負傷。また,中部・カルバラ県都カルバラのバス乗り場でも自爆テロが発生し,少なくとも4人が負傷。いずれもisilが犯行声明を発出。 color:black; 0000000771 00000 n font-size: 115%;

height: 21px; #iasr_2 ul, color:black; *アフガニスタンはテロによる死者数が前年比59%増と最大の増加を記録し、現在、指数リストの最下位。 padding: 4px 0px 0px 0px; *2018年のテロによる死者は世界で1万5952人と15.2%減少し、4年連続の改善。 アメリカの機関がテロに関する統計データを公開しているので、調べてみました。公開されている最新情報は2014年なのですが、近年の世界のテロ事件や組織の傾向が読み取れます。以下、2014年の1年間の統計です。, イラクが最も多い国だそうです。その数は3925件。1日に10件は国内のどこかで発生している計算になります。2時間に1件くらいのペースですね。続いて多いのがパキスタンの2146件。2014年はパキスタンの軍事学校がテロリストに襲撃され、職員や学生150名近くが殺害されるペシャワール学校襲撃事件がありました。, 意外にもシリアが326件と下位にいます。が、これは注釈付きです。シリアはあまりに危険なため、正確な情報を収集できないとのこと。これは低めに見積もりしているので、実態はもっと多くなるだろうとのことです。, 残念ながらイラクはテロ事件数、死者数ともにワースト1位です。これはISIS(ISIL)によるものが大きいと推測できます。続いて多いのはナイジェリアです。ナイジェリアはテロ事件数は713件でインドよりも少ないのですが、死者数は飛びぬけて多いです。これはテロ事件をカウントする定義で上下してしまうのでしょうがないのですが、ナイジェリアは悲惨な事件が多いことが推測できます。そういう意味ではシリアも同じです。低めに見積もりしたにも関わらず、死者数はワースト4位です。実際にはこれより多くなると思います。, ISIS(ISIL)によるテロ事件が世界で最も多いです。その数は1263件にも及びます。1日3~4件のテロ事件を起こしている計算になります。とんでもない犯罪組織です。続いて多いのはアフガニスタンのタリバン。世界同時多発テロ後の米軍派兵により壊滅状態になったタリバンですが、オバマ政権によるアフガニスタンの米軍撤退もあり、その勢力が回復してきていると言います。アフガニスタンは再びタリバンの支配下になりつつあるのだそうです。そして、3番目に多くの事件を起こしているのはアル・シャバブ。アフリカのソマリアを中心に活動しているテロ組織です。ここでも1日2~3件のペースでテロ事件を起こしていますね。, ISIS(ISIL)がここでもトップです。死者数はなんと9596人。これは2014年だけの数字です。2015年はもっと増えているかもしれません。1日に27名も殺害していることになります。とんでもない数です。2番目に死者数が多いのはナイジェリアのボコハラム。国別のテロ事件死者数において、ナイジェリアが2位になったのはボコハラムが原因です。非常に過激的な組織でナイジェリア軍も手を焼いているのが現状のようです。ナイジェリアのテロ事件で亡くなる人数が7774名ですが、ボコハラムによる死者数は7112名です。ナイジェリアのボコハラムの事件がいかに多いのかが想像できます。, 死者数が100名を超えるテロ事件の発生数を1970年からグラフ化したものです。ここ数年が異常に高い数値を記録しています。死者が100名を超える事件というのは簡単に起こるものではありません。日本で記憶に新しい事件は下記のとおりです。, どれも悲惨な事故、災害、事件ですが、世界では福知山線脱線事故と同じ規模の事件が世界中で急増しているそうです。, テロ事件が発生するたびに「テロに屈しない」と報復攻撃を強化してきましたが、この推移を見ると全然意味ないですね。確かにテロ組織の要求に応える必要はないのかもしれませんが、最近は要求らしい要求もなく、もはやテロ攻撃することが目的になりつつあります。なんとか平和な方向へと傾向が変わってくれることを祈っています。, 参考:https://www.start.umd.edu/pubs/START_GTD_OverviewofTerrorism2014_Aug2015.pdf, 生まれて25年間を福岡で過ごし、就職を機に神奈川在住になりました。政治経済で思ったことをそのまま書いてしまう一児の父親です。中道左派ですが支持政党はありません。なにか御用がある場合はTwitterからお願いします。, ぺぷしのーげんは自由気ままに調べたことや学んだことを書き残す雑記ブログです。ただただ知識として蓄えるわけではなく、アウトプットして更には収益化すればラッキーなくらいでブログ運営しています。よければ読者登録してください。, hazakurakeitaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog } #iasr_1, } color: #F30; }

Like: http://www.facebook.com/globalpeaceindex, (注)死者数によるテロの影響を最も受けた10カ国:(1)アフガニスタン(2)イラク(3)ナイジェリア(4)シリア(5)パキスタン(6)ソマリア(7)インド(8)イエメン(9)フィリピン(10)コンゴ民主共和国, ▽Global Terrorism Indexについて color: #F30;

margin:4px 0px; height:20px; background:url(/niid/images/iasr//graph/barp2.gif)no-repeat; font-size: 90%;