イギリスの外科医であり眼科医でもあったエドワード・トリーチャー・コリンズ(1862~1932) の名前を取って名付けられた疾患名なんだそうです。, 日本テレビで「5万人に1人の私 トリーチャーコリンズ症候群に生まれて」で放送されるなど、日本人でも発症が確認されている胎児の時にあごや頬の骨の一部欠損や形成不全など顔に集中して現れる症状の病気です。, そのため、顔の骨が上手く形成できないので普通の人から見たら異常な顔に見られることもあります。, トリーチャーコリンズ症候群は西洋だけで発症している病気という認識の方も多いかもしれませんが、日本人でもこうして発症している人はいます。, そしていきなり発症する可能性がどれだけあるのかについても気になるところですので、子供に発症する可能性や日本人がなる可能性について調べてみました。, トリーチャーコリンズ症候群という名前の障害というか難病というか、その名前を私は知りませんでした。, 日本テレビで「5万人に1人の私 トリーチャーコリンズ症候群に生まれて」で紹介されていた日本人の山川記代香さんは、そのトリーチャーコリンズ症候群の症状を抱えながら生きている一人でした。 トリーチャー・コリンズ症候群 (Treacher Collins Syndrome) [同義語: 下顎顔面骨形成不全症, Treacher Collins-Franceschetti症候群] Gene Reviews著 者: Sara Huston Katsanis, MS and Ethylin Wang Jabs, … しかしそこで母親は、「あなたがこの状態で生まれてきてくれてよかったと思っている」 これはある特徴的な症状がでる病気なのですが、確率的にはそこまで珍しい病気ではありません。, トリーチャー・コリンズ症候群とは頬骨の形成不全、外耳奇形、毛髪異常などの症状が特徴の疾患です。, 簡単に言うと目の位置が下がったり下あごが垂れたり、鼻や耳の奇形や、顔に毛が生えるなどの体毛異常が起きたりします。, 先天性の疾患で、10,000人に1人の新生児にみられ、患者の40-50%は伝音性難聴を持っています。, トリーチャー・コリンズ症候群に対しては基本的に患者の希望に応えていくことが多いです。, 頭蓋骨の手術をして形を変えたり、難聴治療の為に音声増幅装置を使用したり言語療法も用いたりします。, 悲しいことですが外見を理由に幼いころからいじめられたりからかわれたりすることが多く、登校拒否してしまう人もいます。, しかし、多くの方は「自分の器以上の試練は神は与えない」など前向きに考え普通の生活をしています。, そこで同じ境遇同士でしか分からない親としての悩みや不安を話す場になっているようです。, この病気に関する情報がネットなどでは少ないため、こういった会に参加してお互いに情報共有しているようです。, 顔ニモマケズの著者である石田祐貴さん(24)は外見による差別・偏見をなくそうとしている一人です。, トリーチャー・コリンズ症候群の為幼少期から宇宙人と呼ばれたり、指を差されるなどして大変嫌な思いをされたようです。, 中学・高校はまともに通学できなかったようですが、大学から思い切って一般の大学へ進学、自分から話しかけて友達を増やしていきます。, トリーチャー・コリンズ症候群という症状を幼いころから持ってきたわが子はどんな子よりも強く・優しい、そんな気持ちが伝わってくるようです。, トリーチャー・コリンズ症候群はまだまだ一般的に知られていませんが、確率を考えると身近にあり、尚且つ起こり得る疾患です。, これを機にトリーチャー・コリンズ症候群という名前をまずは覚えて、外見で人を判断する、または幸せが外見で判断されることについて考えてみてはいかがでしょうか?. といったそうです。 All rights reserved. 中学・高校はまともに通学できなかったようですが、大学から思い切って一般の大学へ進学、自分から話しかけて友達を増やしていきます。

トリーチャーコリンズ症候群とは? 西洋的な病名のため海外の病気だと思われるかもしれませんが、日本人でも 5万人に1人の確率で生まれてくる可能性のある先天性の難病 です。 ほお骨 … これはある特徴的な症状がでる病気なのですが、確率的にはそこまで珍しい病気ではありません。, トリーチャー・コリンズ症候群の特徴や症状やトリーチャー・コリンズ症候群という存在をまず知ってもらいたいと思い記事にしています。, トリーチャー・コリンズ症候群とは頬骨の形成不全、外耳奇形、毛髪異常などの症状が特徴の疾患です。 TCOF1に異常があった場合既に疾患の可能性が高いです。, トリーチャー・コリンズ症候群に対しては基本的に患者の希望に応えていくことが多いです。 みなさんはトリーチャーコリンズ症候群という障害をご存知でしょうか?イギリスの外科医であり眼科医でもあったエドワード・トリーチャー・コリンズ(1862~1932) の名前を取って名付けられた疾患名なんだそうです。日本テレビで「5万人に1人の私 ギックリ腰など... 最近話題なのがライザップのCM。 生まれつき目が垂れ下がっていて、 顔が変形している病気である、 「トリーチャーコリンズ症候群」の 石田祐貴さん(24)は 人とは違う外見ゆえにいじめられ、 就職や恋愛で困難に直面する 「見た目問題」を当事者が体験を語る ことで社会の偏見をなくそうと活動 しています。 「こんな症状に産んだのがいけないんだ!」と言ってしまったようです。 トリーチャーコリンズ症候群の当事者による体験談を紹介した「顔ニモマケズ」という本が話題になっています。, トリーチャーコリンズ症候群の特徴、手術、原因、遺伝などについて詳しく見ていきたいと思います。, トリーチャーコリンズ症候群とは生まれつき顔のバランスが崩れてしまっている病気で主な特徴として以下のようなものが上げられます。, 実生活においての障害による苦労もありますが、何よりも外見的な差別を受けることによって社会生活を送るのが困難になっているというのがおおきな特徴となっています。, 見た目が人と違うという理由で「いじめにあったり」、「仕事に就けなかったり」、「恋愛が出来なかったり」という「見た目問題」の現実に直面して深く傷つき悩んでいるようです。, トリーチャーコリンズ症候群の主な手術や治療法に関しては以下のようなものがあるようです。, 口蓋の粘膜を剥がして中央に寄せて塞ぐ方法と粘膜と骨膜を一緒に剥がし中央に移動する方法があります。, 口蓋裂にともなって歯の本数が少なかったり歯が小さかったり、歯並びが悪くなりうまくかみ合わないことがあるため歯並びや嚙み合わせの治療が必要になります。, 骨を人工的に骨折させて骨が再生する過程で出来た仮骨をゆっくり引っ張って骨を伸ばしていく治療法です。, 耳の穴から鼓膜へと続く通路が骨や結合組織によって閉ざされて狭くなっってしまっている状態で音が聞こえづらくなります。, これらの手術で適切な管理を行っていれば、患者の寿命は一般人と変わりがないそうです。, トリーチャーコリンズ症候群に関連するもので「TCOF1」という遺伝子が確認されています。, しかしながら同じような症状を持っていながらも「TCOF1」の遺伝子に変異が見られない症例もあるのが事実のようです。, 見た目の問題もありましたが耳が聞こえにくいため会話に入れず人とのコミュニケーションが苦手でした。, 石田さんは小学校の時お母さんに「こんな症状で産んだのが悪いんじゃないか!」と言ってしまったことがあったそうです。, しかしお母さんが返した言葉は、「あなたがこの状態で生まれてくれてよかったと思っている」だったそうです。, お母さんのように自分を受け入れてくれる人たちの存在が石田さんの支えになっているそうです。, 高校では聴覚支援学校に行き手話を習いはじめたことでコミュニケーションがとれ人との壁も感じなくなったそうです。, 「世の中にはこんな人がいるんだ」と知ってもらえる機会になればいいと石田さんはおっしゃっています。, 石田さんは前向きでとても素晴らしい方だと思います。本当に心がきれいな方なんでしょうね。, 調べていてもまだまだ情報が少なくあまり世間に知られていない病気なんだと思いました。, 成長に応じて何度も手術を繰り返さなければならないようで本人も家族も大変なご苦労をされているみたいです。, わたしも知識がなかった1人としてお会いしたら正直驚いてしまっていたかもしれません。.