ƒ‹â‰Í–œä„@@@ƒXƒmF ƒ“n•ÓØ¶Žq„, @ƒ}ƒƒ“F ƒ‘å—F—´ŽO˜Y„, @–‚lƒuƒEF ƒ‰–‰®_ŽO„@@@ƒoƒrƒfƒBF ƒ¬—яr•v„@@@l‘¢lŠÔ‚P‚R†F ƒ‘]‰ä•”˜a‹±„@, @ƒIƒŠƒu[F ƒ²“¡³Ž¡ ¨ ]ì‰›¶ ¨ ƒ—´“c’¼Ž÷„, @ƒvƒCƒvƒCF ƒ¼ŠÛ‘ì–灄@@@ƒ„ƒRƒ“F ƒ‰–‘òŒ“l„@@@Žl¯—´F ƒŽRŒûŒ’„@@@ˆê¯—´F ƒ“n•”–ҁ„@@@ƒ\ƒ“ƒpƒ‰F

ƒ‰Y˜a‚ß‚®‚݁„@@@@ƒVƒƒƒvƒi[F ƒŒ‹é”ä˜C„, @ƒGƒ“ƒWƒFƒ‰F ƒ“c’†ˆê¬„@@@ƒhƒ‹ƒ^ƒbƒL[F ƒ—é’u—mF„@@@ƒhƒNƒ^[ƒ~ƒ…[F 【2019年7月】 「ドラゴンボールアドバージ11」が発売!ピッコロさんを全方位レビュー! 「ドラゴンボールz ブッチギリマッチ」1周年突破!記念キャンペーン開催中!! 仙猫カリン 登場作品: 年齢: 800歳以上 声優: 永井一郎(無印、z、改) 龍田直樹(z217話 - 最終回) 仙猫カリン 人物解説 カリン塔の頂上に住む仙猫で、年齢は800歳以上。武術を極め心を読める。武術の神と言われ、その存在も武道界では伝説化されていた。 @‚c‚’DƒR[ƒ`ƒ“F ƒ–î“ckŽi„, @ƒLƒV[ƒF カリン塔の頂上に住む仙猫で、年齢は800歳以上。武術を極め心を読める。武術の神と言われ、その存在も武道界では伝説化されていた。あの世から派遣されてきた人材でもある[1]。戦闘力190。残像拳、舞空術も使用可能。巨大な筋斗雲の持ち主であり、普段は仙豆を栽培している。神様曰く「いたずら者」で、仙人らしからぬおちゃめな一面も持ち合わせている。アニメでは食事を取るシーン[2]が存在し、魚を七輪で焼いて食べていたほか、クリリンが交際していた女性であるマロンにデレデレする場面もあった。劇中におけるカリン塔の名前は、このカリンが住んでいることに由来する。, 全く歯の立たない桃白白を倒すために、3日間という短期間ではあったが悟空に修行をつけた。また飲むとパワーアップする「超神水」も悟空に与えている。亀仙人も若い頃に3年間師事したことがある。また、来訪者が神様との接見をするに値する人物かを見極める役目も兼ねている。, モデルは鳥山明が飼っていた猫「コゲ」で、『ドラゴンボール』単行本のおまけにしばしばこの猫に関するエピソードが載っていた。体毛はアニメでは白だが、原作でのカラー原稿では、青で塗られている。アニメでの初登場時は、エンディングのクレジットで猫仙人と表記されていた。, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://dragonball.fandom.com/ja/wiki/%E4%BB%99%E7%8C%AB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%B3?oldid=7768. ƒ‘]‰ä•”˜a‹±„, @ƒ‹[ƒhF ƒˆî“c“O„@@ƒŠƒ‹ƒh«ŒRF ƒ•½–쐳l„@@ƒh[ƒŒF ƒ²“¡³Ž¡„, @`l‘¢lŠÔ`@iƒeƒŒƒr”Å 声優リスト(せ・い・ゆ・う・リ・ス・ト) アニメ「ドラゴンボール」シリーズの、ほぼ全てのキャラクターを網羅。. ぺージ制作にあたり、百田光雄さんに多大な協力をして頂きました。 心から感謝しま … ƒ–x”V‹I„@@@ƒjƒbƒL[F ƒç—t”Ɂ„, @ƒKƒbƒVƒ…F ƒ—ΐìŒõj„@@ƒ]ƒ‹ƒgF !」・関東地区), 鹿児島テレビは、毎月第1日曜日に『ぐっとグッドかごしま』を放送するため、遅れが発生していた。, サイヤ人編・フリーザ編(全54話):Blu-ray第1巻+BOX1 - 4 単巻DVD全18巻。. ì’ÑוF„, @ƒLƒƒƒ^ƒs[F ƒì’ÑוF„@ƒ`ƒƒƒvƒ`ƒƒƒCF

ƒ²“¡³Ž¡„, @‚c‚’DƒEƒCƒ[F ƒ’†“c_“ñ„@@ ƒ”ª“ÞŒ©æŽ™„, @ƒEƒpF ƒ–x]”ü“sŽq„@@ƒ{ƒ‰F ƒ—¢“àM•v„@@ƒAƒ‚ƒ“ƒhF ƒ‹â‰Í–œä„, @ƒXƒ‰ƒbƒOF ƒ‰®—Ç—Lì„@@@ƒAƒ“ƒMƒ‰F ƒ‰–‰®_ŽO„, @ƒTƒEƒU[F ƒ‘¬…§„@@ƒlƒCƒYF ƒŒ‹é”ä˜C„, @ƒXƒ|ƒ|ƒrƒbƒ`F ƒ]ì‰›¶„@@ƒ„ƒ€[F • ‰f‰æFu‹ÉŒÀƒoƒgƒ‹IIŽO‘å’´ƒTƒCƒ„lv‚æ‚èj, @l‘¢lŠÔ‚Q‚O†iƒhƒNƒ^[ƒQƒjF 「声優になりたいなぁ」と思っているあなた! 行動しなければ、夢は寝て見る 夢で終わってしまいますよ! さあ!いまこそ夢に向かって行動するとき! まずは、無料の資料をゲットしましょう! ƒ“ï”gŒ\ˆê„@@@ƒ[ƒGƒEƒ“F ƒ–x”V‹I„@@ƒKƒN[ƒWƒƒF ƒ”ђˏºŽO„@, @ƒ{[ƒWƒƒƒbƒNF ƒŠÝ–ìK³„@@@ƒGƒrƒtƒŠƒƒ[F ƒÀ“c—S‰î„, @ƒWƒ…ƒG[ƒ‹F ƒÀ“c—S‰î„@@ƒL[ƒ‰F ƒ—À“c´”V„@@@ƒl[ƒWF ƒ²“¡_”V„, @ƒr[ƒXF ƒˆî“c“O„@@ƒiƒbƒgF

ƒì’ÑוF„, @ƒA[ƒNƒAF ƒŒüˆä^—Žq„@@•‘דlF ƒ‘¬…§„, @ƒAƒv[ƒ‹F ƒ^’n—EŽu„@@@ƒI[ƒŒƒ“F ƒŽR“c^ˆê„@@@@ƒŠƒxƒgF ƒ‘êŒû‡•½„@@ƒ€[ƒŠF ƒ‚ ‚¸‚³‹Ó•½„, @ƒtƒŠ[ƒUF ƒ’†”ö—²¹„@@@ƒRƒ‹ƒh‘剤F ƒì’ÑוF„@@@ƒY[ƒiƒ}F ]が、実際には2015年4月以降も放送[注 3]し、結果6月末まで全5クール、全61話[11]での放送が行われた。日本国外版は上記のとおり全61話より長いため、同じ話数であっても日本版と日本国外版ではストーリーの進行度が異なる所がある。, 2014年11月23日(魔人ブウ編の第131話)からは、『ドリーム9』を放送している局のみデータ放送を開始。戦闘カードを引いて、敵にダメージを与えて倒すもの。視聴していくと、ドラゴンボールが1つずつ左から順に点灯していき、3分で7つ集まり、1回カードが引ける(プーアル、界王様、クリリン、ビーデルなど出現したキャラクターによって与えるダメージは異なる)。倒せなくてもひきわけ賞(参加賞)として応募は可能(プレゼントは異なる)。, 画面比が16:9に変更され、第1期では映像の上下がカットされたり[注 4]、第2期では4:3では見えなかった部分が引き伸ばされるなど、それを利用したパン移動・回転・拡大などの演出が多用された。, 第1期のBGMは『Z』で使用されていた菊池俊輔による曲ではなく、オリジナルシリーズで主題歌やイメージソングに携わっていた山本健司による新規の曲を使用していた。しかし2011年3月9日、東映アニメーションはこれらの曲のうち第三者の著作権に抵触するものが複数あったとして、差し替えるとともに事実関係の調査と対応策の協議に入ることを発表した[12]。, これに伴い同年3月20日放送回[注 5] からは山本の曲に代わって、『Z』の作中音楽が使用されるようになり(ただし、主題歌をアレンジしたアイキャッチや次回予告などはそのまま使われた)、オープニングや公式サイト上での音楽のクレジットも山本から菊池に変更された。一部局での再放送においては、4月以降から差し替えが行われたものが放送されている。人造人間・セル編のDVDは第6巻、Blu-rayはBOX3以降BGMを差し替えて発売された。本放送終了後のCSなどでの再放送や動画配信[13]では第1話からBGMを差し替えたものを放送・配信している。, 第2期では、2013年公開の映画『神と神』のBGMを手がけた住友紀人による新規の曲を使用。住友はその後の新作アニメでも引き続き担当している。, なお、盗作の指摘自体は2010年5月の時点で存在し、動画投稿サイト「ニコニコ動画」で検証動画が投稿されていた[14]。, 太字の人物は『Z』と同一人物(改名、本作途中での交代を含む)が演じているキャラクター, 第2期エンディング「純情」・「GALAXY」・「Don't Let Me Down」はビクターエンタテインメントからのリリース。それ以外は日本コロムビア(第1期放送当時の商号は『コロムビアミュージックエンタテインメント』)からのリリース。, なお、系列外で『ドラゴンボールGT』までネットしていた青森放送・山梨放送・四国放送(以上NNN)、テレビ山口(JNN)では、第1期、第2期共に放送されていない。, 2009年9月18日より本編がDVDおよびBlu-ray Discが同時に発売中。BDは1巻のみ単巻で以降はBOXのみで発売。発売・販売はハピネット。なお、日本国外ではそれ以前に『ドラゴンボールZ』の劇場版のBlu-rayでの販売が行われている。, また、2010年10月2日から発売されている人造人間・セル編からは、巻数がサイヤ人編からの続き番号(巻数)とはならずにBlu-ray BOX1〜4とDVD第1巻〜第15巻とシーズンが分けられた(レンタルDVDのみシーズンに関係なく通し番号 全33巻・全97話+番外編)。, サイヤ人・フリーザ編、人造人間・セル編ともにBlu-ray DiscではTV放送でカットされた上下部分を含めたフル画面(フルHD内画角=ピラーボックス)で収録されている(DVDは16:9のまま)。, 2014年9月2日からは、第2期となる魔人ブウ編がBOXのみで各BOX1から順次発売中。BD/DVDともに画角が16:9に統一されている[16]。また、サイヤ人・フリーザ編、人造人間・セル編のセル専用BD・DVDについてはBD・DVDともにそれぞれを1BOXにまとめた形で前者は2014年12月2日から、後者は2015年1月6日から改めてリリースされている。, 第1期ではアニメ雑誌などの情報では全98話と告知されていた。しかし最終話の直前に起こった東日本大震災に伴う報道特番の影響で3月13日の放送が急遽中止となった。, この影響から、本来の最終話となるはずだった98話が放送されず、結果的に97話がテレビ放送時の最終話として扱われた。なお、厳密に言うと後番組『トリコ』の放送開始(4月3日)が繰り下げられず、加えて本作の別時間枠での振り替え放送も行われなかったことによるものである(関連記事)。後年のアニマックスによる再放送も、この影響を考慮し第2期の魔人ブウ編(99話)に繋げられた。, この98話は前述した人造人間・セル編「Blu-ray BOX4」および「DVD 15巻」にて、番外編として収録されている。, サイヤ人編で悟飯の修行期間、ナメック星編で途中に違う星に間違えて到着するストーリーなど。ただしつながりやシーン上カットが困難な箇所(グレゴリーとの修行、蛙ギニューとブルマの入れ替えのエピソードなど)については、そのまま残されている。, 2015年春頃からDVD・Blu-rayBOX第5巻(第147話 - 第159話)の予約開始が行われた。, 青野はフリーザ編を最後に降板し、復帰できないまま2012年4月に死去したため、本作の神様とピッコロ大魔王も遺作の一つとなった。, 『Z』では217話(本作106話に相当)以降を龍田直樹が担当したが、本作では最後まで永井が担当した。なお、永井は魔人ブウ編の放映前である2014年1月27日に死去したため、本作のカリンも遺作の一つとなった。, 『Z』では100話(本作51話に相当)以降を佐藤正治が担当したが、本作では最後まで滝口が担当した。, 『ドラゴンボール改』の背景音楽の中に盗用された可能性がある楽曲が確認されたため、降板となった, 菊池がドラゴンボールシリーズで音楽担当になるのは『ドラゴンボールZ』以来15年ぶり(『, 末期の2011年4月の放送は、改編の影響で放送時間が5分早めて6:25 - 6:55となった。, 森下孝三「第7章 格闘!『ドラゴンボールZ』 『ドラゴンボール』のリニューアルと鳥山明」『東映アニメーション 演出家40年奮闘史 アニメ『ドラゴンボールZ』『聖闘士星矢』『トランスフォーマー』を手がけた男』, Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL ANIMATION DATE」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』215頁。, ドラゴンボール改・魔人ブウ編 Blu-ray/DVD BOX 1 ブックレットより, 東映アニメーション・ヨーロッパ支社公式HP New Dragon Ball Z Kai episodes, 魔人ブウ編のテレビ放送がついに決定!最新デジタル技術を使い「Z伝説」が復活!!『ドラゴンボール改』, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ドラゴンボール改&oldid=79298916, フリーザの第1形態から最終形態に変わっていくシーン、フリーザ(最終形態)と悟空(超サイヤ人)との戦闘場面, 人造人間19号・20号の顔のアップ、ベジータとトランクスの超サイヤ人変身シーン、超サイヤ人孫悟飯、16号・17号・18号と地球の戦士たちの戦闘場面, セルの第1形態と第2形態の顔のアップ、セル(完全体)と悟空(超サイヤ人)との戦闘場面, 最高視聴率:12.3%(47話「目覚めろ伝説の戦士…超サイヤ人、孫悟空!

ƒK–ì‘P”V„, @ƒrƒrƒfƒBF ƒ“c‚Ì’†—E„@@@ƒ_[ƒuƒ‰F 『ドラゴンボール改』(ドラゴンボールカイ、DRAGON BALL KAI)は、鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を原作とする、東映アニメーション制作のテレビアニメ。タイトルの「改」は鳥山明本人が命名したものである。企画の森下孝三によると「『ドラゴンボールZを改めて見てね』という願いが込められている」とのこと[1]。, 本作は1989年4月26日から1996年1月31日までフジテレビ系列で放送されたテレビアニメ『ドラゴンボールZ』(以下『Z』と表記)のデジタルリマスター再編集版である。ドラゴンボールシリーズ初のデジタルハイビジョン化として、フジテレビ系の日曜アニメ枠『ドリーム9』としてフジテレビ系列にて放送された。, 原作者の鳥山明自らが監修に携わり、音楽は新規のものに差し替えられ、音声も全て再録された。放送当時では引退や既に故人となっている声優を中心に、多くのキャラクターの配役が変更され、元々の担当声優が現役で活動している場合でも新たな声優を起用することが多い。2009年発売の『ドラゴンボール レイジングブラスト』以降のゲームや、2013年公開の映画『ドラゴンボールZ 神と神』以降の新作アニメでも基本的に本作のキャスティングが踏襲されている。, 『Z』では放送内容が週刊連載中であった原作に追いつかないように、回想シーンを多く挿入したりアニメオリジナルエピソードを挿入するといった引き伸ばし措置が行われていたが、本作では原作が既に完結済みであるために原作の構成に近い無駄のないスピーディーな展開が可能となり、アニメオリジナルエピソードなどを大幅に省略し[注 1]、演出のテンポを早めることで『Z』の2話から数話分の展開を1話でこなしている。また、『Z』には無かった要素として第1話での冒頭では悟空とフリーザの因縁を伝えるため[2]、テレビスペシャル『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』の映像が使われている。これまでのテレビシリーズとは異なり、前回のあらすじはアバンタイトルで行われ、次回予告がエンディングの後に設けられている。, プロデューサーの小原康平は、人員・予算共に小規模のチームで番組を回すのは辛かったが往年の演出家・アニメーターと接する機会を多く持てる企画だったと語っている[2]。また、企画の森下孝三によると『Z』の再編集版であるためにファンが観てくれるか心配する声もあったが、想定以上の視聴者を増やすことができたという[3]。, 2009年4月5日から2011年3月27日まで放送。テレビシリーズのレギュラー放送としては、『ドラゴンボールGT』が終了した1997年11月以来、11年5か月ぶりとなった。, 2010年5月24日よりアメリカ・アニメ専門チャンネルの『ニックトゥーン』(Nicktoons)でも放送を開始。放送当初から9歳-14歳、12歳-17歳、9歳-14歳(男)、12歳-17歳(男)の4カテゴリで、第1話の視聴率が同局の開局以来の最高視聴率を記録する好調なスタートとなった[4]。, セル編の後、同番組枠では『トリコ』が約3年間放送。その放送終了後、2014年4月6日より第2期として「魔人ブウ編」が放映開始。話数は上記の未放送話を含めて、第1期からの通しの数となっており、初回放送話を99話としている。2015年4月5日より、解説放送を実施する。, 魔人ブウ編は当初、日本国外のみで放送される予定であった。そのことは2012年11月5日に、クリリン役の声優である田中真弓がブログで語っている[5]。その後、2013年3月頃に英語版の吹き替え声優、音響監督も務めているクリストファー・サバト[6]が「新たに(ブウ編)全66話のライセンスを取得した」と発言した[注 2]。ただし、2014年4月16日に「東映アニメーション・ヨーロッパ支社」の公式HPで発表された話数は「全69話」[7]と表記されていて食い違いがある。, 2014年2月頃に、日本での放送決定が発表された[8]。2014年4月末時点でのDVD・Blu-rayBOXの発売予定が第1巻から第4巻(第99話から第146話)だった[9][10]ため、日本での『ドラゴンボール改 魔人ブウ編』の放送期間は当初4クール(全48話)だと思われた[誰によって?