まあドイツ語の場合、国名を入れるのは単に文法上の問題なのだけれど、どうせ「ハーフ」って言うのなら「Halbjapaner, Halbjapanerin」というふうにちゃんと「国名付き」 のハーフのほうが分かりやすいのは確か。





今日はいつもの英語フレーズの紹介ではなく、私がいわゆる「ハーフ」の子どもの親として、「ハーフ」とか「ダブル」という言葉について日頃思っていることをつらつらと書いてみたいと思います。, 私にはアメリカ人の夫との間に6歳・3歳・0歳の3人の子どもがいます。私は日本育ちの日本人ですが、我が家は英語で子育てしていて、基本的には日本がベースだけど数年に一度は半年ぐらいカリフォルニアの夫の地元で過ごすという、なんとも行ったり来たりな生活をしています。子どもたちはいわゆる「ハーフ」ということになります。, 近年は日本でも国際結婚が増えてきていて、それに伴っていわゆる「ハーフ」と呼ばれる人たちも増えていますよね。「ハーフ」は1/2、半分、という意味なので、「半分は日本人、もう半分は〇〇人」という意味合いです。でもこの言い方、最近良しとしない意見も増えているようです。, 「ハーフ」って言うと、、半分だけしか日本人じゃないとか、半分ずつで一人前じゃないとか、アイデンティティが半分に割れてるとか、そういうネガティブな感じがするからでしょうか。, それを解決する新しい言葉として、「ダブル」と呼ぼう!というのを聞いたことがあります。半分ずつじゃないよ、両方100%で200%だよ!という感じです。とてもポジティブですね!, 個人的には、「ダブル」というと、言語も文化も全部、100%両方吸収して内面化しているという印象を受けます。そして、要素が「2つ」だ、というのが前提になってる表現ですよね。, まず人種・民族の配合についてですが、けっこう色んな要素がごちゃまぜになっている人が世界にはとても多いと思います。たとえば我が家の子供たちは一見「日本人とアメリカ人のハーフ」ですが、実はそんなに単純な配合ではありません。, 世界には、このように (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 ミックスクラブ.All Rights Reserved. !」って思った記憶がある。

ハーフか? 1: なるほどな名無しさん 19/12/12(木)07:57:55 ID:lBc ハーフ当人らは正直なんとも思ってないんやが 2: なるほどな名無しさん 19/12/12(木)07:58:23 ID:aBi 半分だからじゃない?しらんけど 6: なるほどな名無しさん 19/12/12(木)07:58:53 ID:lBc >>2いや別に半分な !」とツッコミが入らなくなる時代。あ、でもそういう時代になったらもうこの連載、成り立ちませんね(笑)。 あるいはミックスか?」と考えられる時代&環境にいること自体が幸せなのかもしれない。横文字でなく、漢字でハーフの子供の事を指す場合、「国際児童」「国際児」というのが最も差別の無い言い方かもしれない。でも、子供ではなくて大人の場合は何て言えばいいんだろう? もしかしたら生粋が一番だと思っているネオナチ?」なんて思われちゃうな、たぶん。なので、ドイツで自分のバックグラウンドについて説明をする時は「Meine Mutter ist Japanerin und mein Vater ist Deutscher.(私は母が日本人で父がドイツ人です)」というふうに説明するのが一番自然かもしれない。それを受けて「Ach so, dann sind Sie ja Halbjapanerin. 見方によっては、「半分」と言うと、片方の何かが欠落しているみたいだけれど、「ダブル」という言い方はそれを感じさせない。これが「ダブル」という言い方が使われるようになってきている理由なんじゃないかな。しかし私自身は日本にいるぶんには「ダブル」より「ハーフ」という言い方が自然だと感じていたりするんだよなあ。特に深い意味はないんだけど、たぶん今まで「ハーフ」と聞き慣れてきたからだと思う。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 世の中には、「ハーフ」と呼ばれる人たちと、「クオーター」と呼ばれる人たちがいます。, 「ハーフ」「クオーター」からしたら、違いくらい知ってて当たり前!と思う内容かもしれませんが、意外と知らない方も多いので今回は「ハーフ」と「クオーター」の違いについて記事にしてみました。, ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ【電子書籍】[ サンドラ・ヘフェリン ], 「ハーフ」はその意味のとおり”半分”や”1/2″ですが、「クォーター」は”1/4″であり、純血の親から生まれたのが「ハーフ」、「ハーフ」と純血or「ハーフ」と「ハーフ」から生まれるのが「クォーター」ということになります。, ちなみに、正確には「クオーター」ではなく「クォーター」が本当の発音っぽい言い方です!もっと詳しく知りたい方は、先へどうぞ!, 片方の親が海外出身者で、もう片方の親が日本。 このように、親がそれぞれ別の国出身者である場合に生まれてくる子供が「ハーフ」です。, 「ハーフ」という意味には、”半分”や”1/2″という意味がありそれぞれ半分づつ血を引いているという意味でこのような呼び方になったというのがもともとの起源のようですが、最近では、この”半分”や”1/2″という意味である「ハーフ」という呼び方が変わりつつあります。, あまり広く浸透していることではありませんが、「ダブル」や「ミックス」と呼ばれることもあり、”半分”ではなく”2倍”という意味にしていこうという動きも様々な場所で広がりつつあるようです。, 「クオーター」とは、先ほど説明した「ハーフ」と同じようですが少しだけ違う存在です。, 「ハーフ」はその意味のとおり”半分”や”1/2″ですが、「クォーター」は”1/4″であり、純血の親から生まれたのが「ハーフ」、「ハーフ」と純血or「ハーフ」と「ハーフ」から生まれるのが「クオーター」ということになります。, かなりややこしいですが、簡単に言えば「ハーフ」が親の子供は「クオーター」ということになります。, 難しいのが、「ハーフ」と純血の方の間に生まれた子供の場合、国の数は3つだから”1/3″じゃないか!となってしまう部分ですが、そういった“1/3″を”ワンサード”と呼ぶ場合もありますが、この場合も含めて「クオーター」と呼ぶのが一般的なようです。, 最近では、「ハーフ」に「ダブル」や「ミックス」という呼び方ができているように、「クオーター」にも「ミックス」という呼び方が使われるようになってきました。, そもそも人を人種で場合分けしている時点で、少し疑問を感じる部分があるので「ハーフ」と「クオーター」を同じ「ミックス」と呼ぶことには多くの方が賛成していることだと思います。, 中には「クオーター」と「ハーフ」は違う!と思われている方もいるので、そう呼ぶときはもちろん注意するようにはしてください。, 「ハーフ」の次が「クオーター」、、そうきたらその次ってどうなるの?と思われる方が多いと思いますので、その次についても。, 「ハーフ」と「クオーター」の意味を理解することができていたら、その先を推測することも簡単です。, 実際にMAXでも1/16(ワンシックスティーンス)です!と言われた方までしか会ったことはないので、実際にその先まで気にしている方がいるかはわかりませんが、一応分母に2をかけていった数がその方の一般的な名称のようなものとなっているので、豆知識として覚えておくといいのかもしれません。, ハーフの芸能人はよく耳にすると思いますが、クオーターそしてその次であるワンエイスの芸能人となると誰かいたっけ。。となりますよね。 それも当然で、なかなか見た目からクオーター、ワンエイスだということを判断することは難しいです。, クオーター=ハーフなんじゃないかと思われているくらいですし、しょうがないことなのかもしれませんが、当事者からしたら重要な違いです。, 純日本人だと思われていた人がクオーターだったというパターンはもしかしたらしょうがないことなのかもしれませんね。, もしかしたらそこまでいくともうあまりはっきりと述べるわけではないのかもしれません。, そう考えると、「ハーフ」「クオーター」の次であるワンエイスの方はさらに気付きにくいのかもしれませんね。, ハーフとクオーターの違いについて言及してきましたが、芸能人に例えてみると、わかりやすいかもしれないです。, 結論から言うと、ハーフもクオーターも、どちらにも良さがあり、違いを考えるほど複雑じゃない。と思います。, あとから気づいて、こん芸能人ハーフだったんだ!クオーターだったんだ!と感じることは面白いことですが、それ以上でもそれ以下でもないため、その人を好きになるという目で、プラスアルファのよさとして考えてみてもらいだいですね。, なかなか知らない部分であっても、知っておくと突然言われた時にぽかーんとしなくて済むかもしれません。, ハーフ、クオーター、ワンエイス….それぞれに個性があり、それぞれがそんな自分であることを誇りに思っています。もしかしたら、純日本人だと思っていた人でも、家系をたどってみたら自分もそうだった!なんてことがわかるかもしれません。, 私は母がフィリピン人で父が日本人のハーフです。 ですが、私の祖父はフィリピン人とスペイン人のハーフで、母はフィリピン人と日本人のクォーター。 私はハーフでもありワンエンスでもあります。 ハーフ+ワンエンスをなんて言うでしょうか?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2017.08.15

「ハーフ」という意味には、”半分”や”1/2″という意味がありそれぞれ半分づつ血を引いているという意味でこのような呼び方になったというのがもともとの起源のようですが、最近では、この”半分”や”1/2″という意味である「ハーフ」という呼び方が変わりつつあります。 ちなみにインターネットの英和辞書アルク (alc) に「double」と入れてみたら、「ダブルは国際結婚で生まれる子供のこと。『ハーフ』という表現に代わって使われるようになっている」とちゃーんと出てきたよ。 確かに国際結婚家庭の子どもの呼び方よりも、自分自身のアイデンティティーを持つことの方が大事と言えるかも知れませんね。, 私自身も国際結婚をして3人の子どもを育てている立場ですが、実のところ「ハーフ」、「ダブル」、「ミックス」のいずれも呼称もピンと来ないと言いますか、何となく違和感を感じてしまい、あまり積極的には使いたくないというのが本音です。(……とか言いながら、このコラムの中では、ばんばん使っていますが・笑), 例えば、お隣の国・韓国。やはり、日本と同じように国際結婚が増えるに従い、ハーフの子どもも増加傾向にあります。かつて、韓国ではこうしたハーフの子どもは「混血児」と呼ばれることが一般的でしたが、国際結婚家庭やハーフ子どもの増加に伴い、新たに「多文化」という言葉が生まれ、定着したのです。よって、国際結婚家庭は「多文化家庭」、ハーフの子どもは「多文化子女」と呼ばれます。私個人としては、この「多文化」という言葉はなかなかいいのではないかなと思います。, これまでにも他の「ハーフ」に関連したトピックの中でも述べてきましたが、「ハーフ」の人たちは自分たちに対する「呼び方」、「外見」や「言語」などあらゆる面において特別視されることに違和感を感じている人が多い印象を受けます。アメリカやヨーロッパであれば国籍が違う両親を持つ子どもへの特別な呼び方やこだわりは少ないよう感じます。, 1.国際結婚の両親の間に生まれた子どもは「ハーフ」、「ダブル」、「ミックス」などと呼ばれることが多い。, 2.「ハーフ」という言葉は「半分」を意味し、「半人前」という印象から、これに代わって「両親の2つの国籍や文化を持つ」という意味合いのもと「ダブル」や「ミックス」という呼び方もされるようになった。, 3.実際の「ハーフ」の人たちはこうした呼び方に対し、違和感や不快感を感じている人もいる。, 4.大事なことは「ハーフ」であるか否かではなく、「自分は●●人だ」というアイデンティティーをきちんと持つこと。, 「呼び方」をあれこれ議論するよりも、「ハーフ」の人たちが自分たちの出自に誇りを持ち、自分らしく生きられることが大事と言えるでしょう。. (なるほど。じゃアナタは日本人とのハーフなんですね)」と言われる事はあるかもしれないけれど。

「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」制定にあたって、平成16年9月から平成16年12月までに寄せられた「障害者差別に当たると思われる事例」を取りまとめたものです。

2018.11.03 でもこの言い方、最近良しとしない意見も増えているようです。 「ハーフ」 って言うと、、 半分だけしか日本人じゃないとか、半分ずつで一人前じゃないとか、アイデンティティが半分に割れてるとか、そういう ネガティブな感じ がするからでしょうか。 そもそも、「ハーフ」という呼び方以外に「ダブル」だの、「ミックス」だのという呼び方が出て来た背景には、どのようなことがあったのでしょうか? 色々書いちゃったけれど、ハーフ、ダブル、ミックス、国際児童…あなたはどの言い方が好きですか? 1990年代に入り、「ハーフ」という呼称の語源に「半分」という意味があることから、差別用語ではないかとの意見が現れた。 そして、2つの ルーツ を持つという意味から「 ダブル 」という呼称を採用しようとする動きが一部の親などから出始めた。 単純に2つだけじゃなくてたくさん色んな遺伝子が入っている人がたっくさんいます。 サンドラ・ヘフェリン 「ハーフ」も「ダブル」もあてはまらないのではないでしょうか。, 複数の人種や民族的要素が混ざってて、文化的にも色んなバリエーションがある、というニュアンスがよく出るのではないかなーと思います。, 動物の「雑種」みたいな響きだから嫌だ、という人もいますが、「色んな要素が混ざってるから、一口に〇〇人ですとか〇〇系〇〇人ですとかって言えない」という人の心情を一番正確に反映できるのは「ミックス」じゃないでしょうか。「Mixed feelings=複雑な気持ち」とかって言いますが、そんなイメージで。, 「まあ要するにごちゃまぜなんだよね。 ドイツ・ミュンヘン出身。日本歴12年、著書に「浪費が止まるドイツ節約生活の楽しみ」(光文社)など5冊。自らが日独ハーフである事から、「ハーフ」について詳しい。ちなみにハーフに関する連載は今回が2回目。趣味は執筆と散歩。目黒川沿いや碑文谷をよく散歩している。, Copyright © ドイツ大使館 Deutsche Vertretungen in Japan All Rights Reserved.|Login. でもハーフなんでしょ? 日本では最初はとりあえず「ハーフ」と言い、その後に会話を続けていく中で「どこの国のハーフ? 「ハーフ」という言葉の意味は「半分」という意味です。これを国際結婚の両親の間に生まれた子どもに当てはめると「半人前」という意味合いで、差別的にも取れるので良くないという声をきっかけに、「両親の2つの国籍や文化を持っているから『ダブル』と呼んだ方がいい … 同じハーフ仲間でも「やっぱり『ダブル』って言い方が好き」という意見が多い。確かに言葉として「半分=ハーフ」より「倍=ダブル」の方がいい、っていうのは気持ちとしてわかるな。 」というふうに初めて国名に触れることが多いように思う。で、私の考え過ぎかもしれないけれど、「ハーフ」っていう言葉自体は横文字なのに、その使い方はとっても日本的だと思うのね。つまり「ハーフ」は、その人が「半分日本人」&「半分外国人」だという事だけを表していて、日本以外の半分が「どこの国」なのかにまでは触れていない、ということ。これは「ウチの人(内側の人つまり日本人)」&「ソトの人(外側の人つまり外国人」というふうに、とりあえず内と外を分けたがる発想からきているのかな、なんて勝手に思ってみたり。 6月5日(土)の2時から「ハーフのアイデンティティー」について、ドイツ文化会館でパネルディスカッションをします。私、サンドラも参加いたします。詳細はこちら 横文字以外に適切な言い方が思い浮かばない。 でも最終的にここに落ち着いて、今ここで幸せ」, ただ、特定の個人の話をしてるなら、「〇〇ちゃんはお父さんが〇〇人だから〇〇だったりするの?それはただのイメージ?」とか、「〇〇さんは色んな国で育ってるけど、どこの国の料理が好きなんですか」という感じで、「ハーフ」も「ダブル」も「ミックス」も使わずに話すことができますよね。人によってはいじめられたりして「ハーフ」とかいう言葉に嫌な思い出が染みついちゃってる人もいるので、安易に使わない方がいい言葉かもしれません。, あえてそういう人たちをひとまとめで呼びたい時も、「色んな民族の血が入ってる人」とか「言語を二つ以上話せる人」とか「色んな文化で育ってきた人」という呼び方はどうでしょうか。 複数の民族の血が入ってれば自動的に多言語を話せるというわけじゃないし、多文化の背景があるとも限りません。でも「ハーフ」という言い方をする時に、そのへんが曖昧になってることが多いような気がします。そういうあたりをきちんと区別して、自分がどういう面について話しているのかはっきりできる表現だと思います。, 私たちが日本に住んでる時は、子ども達について「ハーフですか?」と聞かれることも多いです。私としては、みんな気になってるのに何もないような振りをする方が不自然な気がして居心地悪いので、「ハーフですか?」って聞いてくれた方がすっきりします。「そしたらお父さんがアメリカ人なんです」って答えれば「へー」で終わって、普通の会話をできますよね。, 「ハーフ」という言葉はすごくよく普及してるので、普通の人はハーフっぽい見た目の人がいたらとりあえず「ハーフ」と呼ぶと思います。ほとんどの人は、半分〇〇人、とか厳密に考えてるわけじゃなくて、要するに「日本人じゃない要素が入ってる人」の総称が「ハーフ」なんだと思います。, 一つ強調したいのは、「言葉にとらわれすぎない」ことです。確かに言葉に力があるのは事実で、間違った印象を与える言葉とか、自分の心情を正確に表していない言葉で呼ばれることは、つらいことだと思います。でもさっき書いたように言葉には限界というものがあって、複数の人をひとくくりにして呼ぼうとすれば絶対に誰かが「ちょっと違うんだけどな」となるものだと私は思ってます。, もしその人がその言葉を使う背景に差別的な気持ちがあるんだとしたら、使う言葉を変えさせたところで心のレベルでその人が変わるわけじゃないですよね。その反対も同じで、全然悪気がない人に言葉のチョイスについて目くじらたてる必要もないんじゃないでしょうか。日本人じゃない人と接したことがほとんどない人にとって、「ハーフ」や「外人」も「普通に人間」であることを肌で理解するのは難しい、それが当然だと思います。, ただ、じゃあ悪気がないなら人を何て呼んでもいいのかというとそうじゃない、という所が難しい所で、そう呼ばれて嫌な思いをする人が多い表現だ、って分かってるのにあえて使い続けるのは確信犯なのでアウトだと思います。突き詰めると、自分は色んな情報にアンテナを張って人を傷つけないように言葉選びに気を付ける。でも知らないで使ってる人がいたらその人に対しては怒らず寛容に対応する。という風にしていくしかないんじゃないでしょうか。, 私は自分の子が「ハーフ」と呼ばれても気にしないし、夫や子供たちが「外人」と呼ばれても気にしないようにしています。いちいち言葉に煩わされないで生きていきたいからです。子どもたちにも、言葉に押し流されず強く生きていってほしいなと思っています。, 日本という国で、何らかの「日本人じゃない要素」を持って生きていく人には、「ハーフ」と呼ばれようが「外人」と呼ばれようが大人の対応で受け止めて、「自分はこういう風に育ってきて、今こういう風に生きているんだ」というものをしっかり持って生きていく、それしかないんじゃないかと思うのです。, 主人のいとこは、父親が1/4ドイツ人で3/4日本人、母親が1/2日本人で1/2はヨーロッパごちゃまぜ。5/8日本人なので見た目にはアジアの血が強く見えますが、苗字は父親の父方の祖父がドイツ人だったため、ドイツ人の苗字です。さらにそのいとこがメキシコからの移民のご主人と結婚したので、生まれた子の血はさらに複雑に・・。, お友達の例でも、お父さんは日本人とイラン人のハーフで、お母さんはアメリカの黒人と白人のハーフ。そうなると、子ども達は本人たち自体が人種のるつぼなわけです。, 半分だけしか日本人じゃないとか、半分ずつで一人前じゃないとか、アイデンティティが半分に割れてるとか、そういう, というのを聞いたことがあります。半分ずつじゃないよ、両方100%で200%だよ!という感じです。, 「アメリカ人」といっても、うちの夫は母方の祖母が沖縄出身の日本人でした。母方の祖父はヨーロッパのごちゃまぜ家系で、フランス、イギリス、アイルランド、など色々入ってます。, むしろそうじゃない人の方が全体で見たら少数派といってもいいくらいではないでしょうか。, うちの子ども達はまだまだ発展途上ですが、こうやって今後も行ったり来たりしながら育っていく中で、大人になった時にどんな言語・文化的アイデンティティを持つようになるのか、不安もありますが楽しみでもあります。, 「ハーフ」という言葉が与える印象のような、半分〇〇で半分〇〇というような単純な配合でもないし、かといって胸を張ってどちらも100%持ってる「ダブル」です!と言えるかというとそうでもない。むしろ、世界的に見たら色んな要素を持っている人がほとんどなわけだから、あえてそういう人すべての心情にあてはまるような一つの言葉で呼ぼう、という方が無理があると思うのです。, 本当はそうやって、日本人かそうじゃないか、という目線で人を見ない社会が一番いいと思います。でも日本に暮らしている人は圧倒的に「日本人」の人が多いので、日本以外の血だったり文化が入っている人が目立ってしまうことは、もうどうしようもないことだと私は思ってます。, Is that a thing?の意味は「それは物ですか?」ではないよ!こなれた「Thing」の使い方, 「ハーフ」って失礼なの?!「ダブル」「ミックス」・・いい呼び方はどれなんだ?っていう話し.