目指すはデッカイ球体で!! 1.建築物衛生行政概論 6.清掃 排水設備管理(浄化槽の維持管理を含む。下水処理場の維持管理業務を除く。) 立派な資格を持ってるからこそ、現場で役に立たないないなんて、恥ずかしさが増しちゃいますね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

昔、空手をやってたときに「球体のようになれ」とアドバイスされたことがあります。

注3 2年以上従事された方とは、試験日の前日までに通算して2年以上の実務期間がある方をいいます。書類提出時に通算実務期間が2年に満たない場合は、公益財団法人日本建築衛生管理教育センター国家試験課からの請求により、追加の実務従事証明書を提出していただき、受験資格に該当することが確認されてから受験票が交付されます。, 一定の広さを持ち、特定用途に使われる施設を運営するためには、建築物環境衛生管理技術者の選任は必要不可欠です。例えば、面積の広いショッピングセンターや都心のオフィスビルなどには必ず専任者が存在しているということです。建築物環境衛生管理技術者の需要は高いため、受験を希望する人数も多いことが予想されます。しかし、建築物環境衛生管理技術者は、実務経験がある人しか受験できません。, 建築物環境衛生管理技術者は、実務経験がある人しか受験できないとはいえ、その合格率は決して高いとは言えません。合格率は毎年変わっていますが、ここ10年でいうと4人に1人ほどしか合格者は出ていません。同様に、実務経験者しか受験できない国家資格「衛生管理者」がありますが、こちらはもう少し高い合格率となっています。とはいえ、国家資格の中でいえば建築物環境衛生管理技術者の難易度は普通と判断されています。, 派遣で働いている皆さんは、今の時給に満足していますか?もう少し欲しいなと思いますか?実は、派遣で働いている人の中には時給交渉をして、時給アップに成功した人もいます。彼らは一体どうやって時給交渉をしたのでしょうか?今回は時給交渉を成功させるコツをご紹介します。, 面接が苦手という人は多く、緊張するものです。しかし就職を勝ち取るには避けて通れないのが面接です。そこで面接で使う一人称について語りましょう。一人称はあなたの第一印象を決定づける重要な意味を持ちますので、基本的なビジネスマナーを紹介しましょう。, 二次面接で聞かれやすい質問・解答例とはどのようなものでしょう。特に一次面接との違いについても気になるとところです。この記事では、二次面接特有の質問や、転職、新卒などの状況別に、どのように二次面接で解答するか、具体的な例とともに解説したので参考にしてみて下さい。, 就職活動や転職活動などを行っているときに必ず必要となる履歴書。しかし、どんな履歴書を用意すればいいか悩むこともあるのではないでしょうか。今回は履歴書の紙質についてご紹介します。シチュエーションに合わせた紙質の履歴書を使用して、活動の参考にしてください。, 就職や転職をするとなれば自分を売り込むために自己PRを考える必要があります。不動産業界は人気も高いので入念に自己PRを練り上げる必要があります。今回は不動産業界の自己PRの作成のコツを例文を挙げながら新卒や未経験、転職などに分けてご紹介していきます。. ねずみ、昆虫等の防除

空気調和設備管理 給水、給湯設備管理(貯水槽の維持管理を含む。浄水場の維持管理業務を除く。) まあ、知識に偏る可能性は薄いですが(^^;) 次の用途に供される建築物の当該用途部分において環境衛生上の維持管理に関する実務に業として2年以上従事された方, ア.興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール等)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボーリング場等) ※ 修理専業、アフターサービスとしての巡回サービスなどは、「建築物における環境衛生上の維持管理に関する実務」には該当しません。

7.ねずみ、昆虫等の防除, ビル管理の国家資格「建築物環境衛生管理技術者試験」は、誰しもが受験できるというわけではありません。建築物環境衛生管理技術者試験の受験資格は、以下のとおりです。, 受験資格 ですが、私が今まで働いてきたなかで感じた、資格に対する考えをお伝えできればと思ってますので、一読していただければ幸いです。, 特に独立を考えてる人にとって、資格の有無は重要です。(資格がないと業務範囲に制限がかかるので), これは「所属している会社がどの程度、資格を重視しているか」によるのかもしれませんが、私の会社では感じません。, 私の現場に、私と同じ社歴の人がいて、その人が「ビルメン三種の神器」とやらのひとつの資格を取得しました。, 資格は基本的に「転職願望のある人が取得するもの」と思っている私は、その人に「転職しないんですか?」とたずねてみました。, するとその人は「いや、仕事に自信がないんで転職はしないです」という答えが返ってきました。, 会社側の視点で考えてみると「仕事そこそこの資格所有者」と「経験豊富で責任者クラスの無資格者」だと、どちらが会社に利益をもたらすでしょうか?, 私だったら後者を採用します。前者に関しては、会社の保有資格が足りなくなったときに採用します。, ベストなのは仕事の力量も資格も両方兼ね備えてることでしょうが、私は「仕事寄り」な考えです。, 仕組みを理解するために勉強するのは大事ですが、資格を所有してるからといって益があるかと言えば弱いです。, ビルメンテナンスの仕事をしていて、私が1番実用的と感じる資格が「第2種電気工事士」です。, 築年数が浅いビルを管理されてる方は、そんなに必要性を感じないかもしれませんが、私の現場では、電気トラブルが多いです。, 「ボイラー、消防設備、空調機」に関してのトラブルは、専門業者が対応するのがどの現場でも通例だと思います。, こちらも説明不要でこの業界では有名な資格です。(いちいち正式名称を書かなくても伝わりますよね?), 試験で取得しようとした場合、この資格の難易度は高いです。(毎年の合格率が20%前後), ただ、苦労して取得した割には、「電気主任技術者」や「エネルギー管理士」のような価値は、無いように感じます。(取得してから言え), なので私は、高額ですが講習で取得することをお勧めします。確か講習金額は12万円ほどで、講習期間は約1ヶ月です。, この資格のメリットは「実務経験とお金と時間」さえ確保できれば、取得できるとこです。, 更にもうひとつ重要なメリットがあります。それは、この資格は「名義貸し」ができることです。, 金額は会社によってまちまちでしょうが、我が社ではこの資格を名義貸しした場合、月に5千円の手当になります。, 名義貸しできるかどうか?にもよりますが、この業界に長く携わる予定なら取得する価値ありだと思います。, 資格は「さほど重要じゃない」的なことを言いましたが、資格の習得を目指すのは、とてもいいことだと思います。, 2020年に水銀灯ランプが廃止となります。 それを知ったテナント様(商業店舗)からLEDの見積が欲しいと連絡を受けました。 さっそく現場調査に向かいま[…], どーもm(_ _)m 家計管理を絶賛勉強中の私です。 果たしてビルメンテナンス(設備管理)の仕事で生計が立てれるのだろうか? という疑問や、不安を感じ[…], どーも、若干分解癖がある私です。 前回の記事「照明不点灯 調査」にて、ブレーカーの交換をしました。 で、交換した後の古い、捨てるだけのブレーカーが手元[…], 「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」と言うことわざがイギリスにはあるそうです。日本では、福岡出身の有名な衆議院議員(引退しています)が「経験無き知識は、知識無き経験に劣る」ということを思い出しました。50歳すぎてくらいから、知識は経験の裏付けがあって初めて確実の物となると実感したように思います。駆け出しの頃、年輩の方々から「お前には実績が無いからなあ」と事あるごとに言われました。その意味が50歳すぎてやっと判ったと言うことかな, 引退設備保守員さんへ 恥ずかしながら我が社は、そこらへん曖昧です。 多数の者の使用、利用に供される用途であって、かつ、衛生的環境もアからエまでの用途におけるそれと類似しているとみられるものをいいます。 コメントありがとうございますm(_ _)m, ビルメンテナンスの仕事をしていて、私が1番実用的と感じる資格が「第2種電気工事士」です。この意見、私も同感です。この資格は設備保守員として絶対取得していなければいけません。設備のすべてが電気で動いています。その設備が故障した場合、必ず電気関係部分を触ることになります。その調査、復旧作業中に不幸にも短絡、感電火傷等の二次災害が起きた時に、資格のない者が、当事者だった場合は問題が大きくなります。行政処分(電気事故労働災害)にまで発展すると、契約先を失う事態にまでになる可能性もあります。ですからこの資格のない人には経験があっても電気関係を触る(配線変更接続、部品交換工事)ことは遠慮してもらっていました。

今回は ビルメンテナンス業界 (ビルメン業界) には必須の「資格」についての話題です。ビルメンは様々な設備を扱うため、求められる資格の数も多い業種です。みんな自分の仕事の幅を広げて会社に貢献するために勉強して数多くの資格を取るのです! 「棒のようではバランスを崩しやすいが、球体のようになればバランスを崩さない」 ※ 建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則第21条第2項に規定する環境衛生監視員として勤務した経験は、受験資格に該当する実務に含みます。 ってことなんだと思います。 やはり、どの現場でも電気に関するトラブルは多いのですね。 4.空気環境の調整