まだら模様の羽毛に大きな目、鋭い爪をもっているフクロウ。そんなフクロウの『足』はみなさんどのくらいの長さがあると思いますか?実はフクロウの足は見た目よりも遥かに長いという写真が話題に … Oops! 足の指は前に2本、後に2本と分れていて、ネズミなどを捕えたら逃がさない形になっていますし、握る力もとても強い鳥です。フクロウは、夜の狩人の異名があり、夜ふけに音もなく飛んで小さな哺乳類を … フクロウの足の骨の構造は、 体の半分くらいの長さになっていて、 より足が長いことがわかります。 また腿の部分の骨が人間の骨と比べると 短く関節の位置も違うので、 まるで つま先立ちを しているような恰好になります。 フクロウを見たとき足が短く、 ずんぐりとした印象を受けますが、実は意外と足が長いのをご存知ですか?, フクロウはなぜ足を折り畳んで 短くしているのでしょうか? フクロウの足は長いだけでなく、 他にも便利な役割を担っているのです。, フクロウはインコやオウムなど、 鳥の仲間でもありますが、 穀物や野菜が主食なインコたちと違い、 ネズミや小鳥などを食べる猛禽類と呼ばれる肉食の鳥になります。, 餌の取り方も見つけた獲物を 空から狙うので爪も鉤のように鋭く、飛びながら足で器用に捕まえるのために、 長い足に進化したのが理由といわれています。, フクロウ以外でも、 ほとんどの鳥類は足が長くなっていますが、 長さではフクロウの足がトップです。, これが足が短いと衝撃を和らげきれずに 負担がかかってしまいますが、 長い足だとクッションの役割をしてくれ、 安全に着地ができるようになっているのです。, フクロウの足の骨の構造は、 体の半分くらいの長さになっていて、 より足が長いことがわかります。, また腿の部分の骨が人間の骨と比べると 短く関節の位置も違うので、 まるでつま先立ちを しているような恰好になります。, こちらの動画を見ていただくと、 フクロウは飛ぶだけでなく、 歩いて移動することが お分かりいただけたかと思います。, フクロウが移動する際は飛ぶだけでなく、 このように歩いて 移動することも多々あるのです。, ですがフクロウの足は 獲物をしっかりと掴める鉤爪と、 着地時にはクッションの役割もしてくれる 大きめの肉球が付いています。, そのため少々歩くのが苦手なようで、 バランスを取りながら一生懸命歩く姿が 微笑ましくもあります。, 水浴びするよく分かります(笑)#ふくろう #ベンガルワシミミズク pic.twitter.com/rqjOifRkbn, これはフクロウの大きさや 種類によっても異なるので、 一概にはどのくらいか言い切れませんが、 フクロウ全体の半分以上の長さがあります。, 普段は毛足の長い羽の中に隠れているので、 なかなか足の長さを 確認することができませんが、 飛びながら地上にいる獲物を捕獲するときは、 この足をしっかりと伸ばして狩りをします。, 飼いたてのフクロウは、 飼育環境になれるまでに暴れて部屋の中を飛び回ったり、 窓から飛び出してしまうこともあります。, ペットとしている飼われているフクロウは、 自分で餌をとることができず、自然界で生きていくことはできません。, 足環はフクロウの足に負担が少なく、 上部な素材の革製のものを 用いる場合が多いです。, 足環は時間の経過とともに劣化し、 つけっぱなしはフクロウの足に 足環が癒着してしまうこともあるので、1年くらいで定期的に交換する必要があります。, この革製の足環にジェスと呼ばれる手綱を通し、 リーシュと呼ばれる紐を通して係留します。, 交換を怠ったばかりに逃がしてしまったなど、 悲しい思いをしないためにも、 しっかりと不具合が無いか定期的に チェック、交換してくださいね。, フクロウをはじめとする猛禽類は、 上空を飛行しながら地上にいる獲物を見つけ、鉤のような鋭い爪と長い足で 急降下して足で捕獲する肉食の鳥です。, また長い足は狩猟だけでなく、 降り立ったときの地面からの衝撃を 和らげてくれるクッションの役割もあります。, その他にもフクロウは 他の動物よりも首が大きく回転する 不思議な生き物でもあります。 ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。⇒フクロウの首は回転する?何度まで回るのか徹底検証!【種類別】, もしフクロウと触れ合う機会がある人は、フクロウのしぐさや体を観察してみてくださいね。, (function(d,s,o,f,p,c,t){c=d.createElement(s);c.type='text/javascript';c.charset='UTF-8';c.async=true;c.src=o+f+'?i='+p;t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(c,t);})(document,'script','//client.contents-search-windows.com/','csw_cl_b.js','c5EXYTLckpWclKpx'). Copyright (C) 2020 フクロウ情報館 All Rights Reserved. 鳥類を飼っている人は、よく観察されているかも知れませんが、鳥の足って意外と長いのです。, ですが、フクロウの様に豊かな毛で被われていると、見えている部分が短いために、まさか、「足が長い」などと考えないかも知れません。, ネットでは、「フクロウの足は、実は長かった!」という記事がたくさん出回っています。, 厳寒地域に暮らすフクロウは、まるでふかふかパンツでも履いているかの様にたくさんの毛に被われた足を見ることができます。, でも、コレで終わりではなく、本当は、フクロウの膝から股の付け根、人でいう股関節まではまだ隠れているので、もっと長いのです。, フクロウの骨格の標本を見ると、足の長さは、全体の半分以上を占めていますが、鳥と人の骨格は基本的には同じです。, 次の関節までがちょうど「膝からかかとまで」、「かかとから土踏まずまで=中足骨」で、その先は、指になります。, つま先立ちということは、常にかかとが浮いている状態になり、指に全体重がかかっているということです。, フクロウが獲物を捕えようと飛び立つ時は、大きく長い羽を広げる動作に入るのと同時に足を縮め、タイミングを合わせている様です。, これらの一連の動作を約50本の筋肉が行うことにより、筋肉の伸び縮みさせる長い腱から骨に伝わって、あの伸びやかで鋭い足を使っての獲物捕獲に結び付いている様です。, フクロウの足は、見た目の長さでは想像できないくらい長く、人が胴体を持ち上げて見える長さよりも、さらに長いことが分りました。, まず、股関節から伸びた腿は異常に短く、つま先立ちをしていることは、ほかの鳥類と変わりありませんが、フクロウなど猛禽類独特の「掴んだ獲物は、決して放さない」という構造には非常に強いバネの働きがあり、特別な構造を持つ羽とそのバネをフルに利かせて、あのフクロウの捕獲技術が成り立っていることも理解できました。.