幹が痩せたフィカス属の観葉植物「ガジュマル」を植え替えた様子をご紹介します。 ... 少しスカスカのベンジャミン. 今回は、幹が痩せたフィカス属の観葉植物「ガジュマル」を植え替えた様子をご紹介します。, UCHIのガジュマルは3階の暑い場所に置いていて、9月初めぐらいまで元気そうだったのですが、先週ぐらいから特長の幹に異変を感じました。, 原因は室内の暑さもあるかもしれませんが、土の状態が悪いのと水を控え気味にしていたことが原因ではないかと考えています。, そこで今回は土を足すだけではなく、思い切って植え替えをすることにしたのでその様子をご紹介したいと思います。, このご紹介から1ヶ月半が経ち、ガジュマルは3階に置いていたのが原因か幹がかなり痩せてしまいました。, 前回のご紹介の時と比べかなり痩せ細ってしまい、触れてみるとブニョブニョとした感触になっています。, ガジュマルは以前一度根腐れさせてしまったことから、暑さ(ガジュマルは暑さには比較的に強い)に加え慎重になり過ぎ水を控え目にしていたことも原因ではないかと思います。, しかし以前の状況とは少し違い、季節的なこともありますがガジュマルの葉は比較的きれいなままです。, またもうひとつの原因として、今植えられている土の状態もあまりいい状態だとは思えません。, 昨日水を与えたのでわかりにくいですが、かなりカサカサした状態の土ですので見るからに栄養がないような状態なので、今回は土を足すだけにしようかと悩みましたが、思い切って植え替えをしたいと思います。, また茎上へとあまり伸ばしたくないので、この伸びた茎もカットしてしまおうと思います。, ガジュマルの鉢は枯れさせてしまったリトルベイビーを植えていた鉢を使いたいと思います。, 鉢の中にはまず底石を敷き、赤玉や観葉植物の土を混ぜある程度の高さまで土入れ肥料も少し置いてあります。, しかしこの白い液体は体質や皮膚が弱い方はかぶれてしまうこともあるようですので注意してください。, 植え替えたガジュマルとこの鉢はサイズとはアンバランスですが、今後何とか状態を取り戻し幹をもっと太く大きく育てられればと考えています。, もっと早く植え替えをすればよかったのですが、幹の状態から根腐れでないことを祈りたいと思います。, 非常に状態は悪いですが、ガジュマルの生育期は5月ぐらいから10月上旬ぐらいまでなので、根腐れでなければ回復すると期待してしばらく様子を見守りたいと思います。, そしてまた今回植え替えをしたガジュマルに変化がありましたら、その様子をご紹介したいと思います。, ブログでご紹介している植物の基本的な育て方をご紹介した「UCHI de GREEN note」もぜひご覧ください。, ※名前のわからない多肉植物や観葉植物を調べる時に「UCHI de GREEN note」なら、130種の植物の写真から目的の植物を探すこともでき、またその植物を一回させた動画や生長や変化(失敗も含む)など、過去の様子を一覧でご覧いただけその記事にアクセスもできます。, ※ブログ内の写真の無断使用を固く禁じます。(SNSやブログなどでご紹介いただく場合は、その限りではございません). HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap, 豆のなる木として知られる「コーヒーの木」。一年中濃い緑色の葉っぱを生やし、育てやすいので観葉植物としても楽しめます。今回は、そんなコーヒーの木を室内で飾るコツと…, 2019年8月29日 フィカス・ベンジャミンは代表的な観葉植物の一種で、インテリアグリーンの定番として扱われています。ガジュマルに似たような光沢のある葉を茂らせ、幹を三つ編みにしたような仕立て方や、らせん状に曲げられたものなど仕立て方にバリエーションがあるのもインテリアグリーンとしてフィカス・ベンジャミンが重宝されている理由の一つです。, また、癖のないシンプルな見た目であるためどのような場所でも馴染みやすく、置きやすい観葉植物です。, 過剰に心配する必要はありませんが、インドゴムノキを始めとしたゴムの木類の樹液には少々注意が必要です。ゴムの木類の樹液は乳白色をしている、いわゆる乳液ですが、実は皮膚に直接触れてしまうと体質によっては皮膚が炎症などを起こしてしまうことがあるようです。, そのため、ラテックスアレルギーの方はもちろんのこと、特に何の異常も見られない方もゴムの木類の剪定などを行う場合はできるだけ手袋などを使用し、樹液が皮膚に直接付着しないようにした方がよいでしょう。また、ゴムの木類の樹液は服などに付着すると中々落ちないそうなので、エプロンなどもあると安心だと思います。, フィカス・ベンジャミンは日当たりを好む植物なので、窓辺などの日当たりの良い場所か、屋外の明るい日陰のような場所に置くようにしましょう。夏に直射日光の当たる場所に置いてしまうと葉焼けを起こすことがあるため、窓辺に置くときはレースカーテン越しの日光が当たるようにするとよいでしょう。, フィカス・ベンジャミンは高温多湿を好みますが、水はけの悪い土を使ってしまうと根腐れを起こしてしまう可能性があります。そのため、できるだけ水はけの良い土を使うのをおすすめします。, 自分でブレンドする場合は、観葉植物用の土2:赤玉土1:鹿沼土1の割合でブレンドし、生育環境に合わせて微調整してください。また、土の表面を赤玉土や鹿沼土、化粧砂などの無機質の用土で覆うことでコバエの発生を防ぐことができます。, フィカス・ベンジャミンは土の表面が乾燥したら水やりをするようにします。暖かい屋内であれば冬でも生長を続けるため、通常の生長期と同じように水やりを行いましょう。もし葉を落として休眠状態になっているようであれば春の暖かくなる時期まで水やりは控えるようにしましょう。, 基本的に肥料は無くてもよいのですが、与えた方が生長がはやくなります。冬場の生長が緩慢になるときに肥料を与えてしまうと肥料焼けをする可能性があるので、春~秋の生長期に与えるようにします。肥料の種類は適切な濃度に希釈した液肥を10日に1回与えるか、緩効性の置き肥を与えてください。有機肥料ではなく、化成肥料を使うことでコバエの発生を予防することができます。, フィカス・ベンジャミンはハダニ、アブラムシ、カイガラムシに気を付けましょう。水やりの時に葉水を同時に行うとハダニなどの発生を予防することができます。, 病害虫を予防するにはフィカス・ベンジャミンを健康に育てることが一番です。日当たりと風通しの良い場所で健康的な株になるように育てましょう。, フィカス・ベンジャミンを買う時は必ず病害虫に注意してください。ハダニやアブラムシ等が付着している株を買ってしまうと後々フィカス・ベンジャミンが弱ってしまったり、最悪の場合他の植物へ付着してしまう可能性があります。仕立て方やサイズが多種類ありますので、置き場所や好みに合わせましょう。葉の色と艶がよく、生き生きしている株を選ぶのがポイント。黄色っぽくなっている葉のあるものはNGです。, フィカス・ベンジャミンの植え付けは5月~6月の暖かい時期に行ってください。挿し木(茎伏せ)は湿度の高い6月頃がおすすめです。 7月以降に植え付けを行う場合は猛暑日は避けるようにします。根が出ていない場合は、根が出るまで常に土が湿っているようにしてください。, フィカス・ベンジャミンは春~秋が生長期にあたるので、春~秋の間に剪定します。古くなってきた葉や邪魔な葉は思い切って剪定してしまうことをおすすめします。切れ味のいいハサミやナイフを使って剪定してください。, また、フィカス・ベンジャミンは樹形が崩れやすいので定期的に剪定をしてください。フィカス・ベンジャミンを始めとしたフィカス属の樹液には人体にあまり良くない成分が含まれており、触れてしまうと体質によっては皮膚がかぶれてしまうことがあります。そのため、グローブやゴム手袋などをして触れないようにしてください。また、触れてしまった場合は流水でよく流してください。, フィカス・ベンジャミンは植え替えをしないでいると鉢が根でパンパンになってしまい根詰まりを起こしてしまいます。, そのため、フィカス・ベンジャミンを育てている環境にもよりますが1~2年に1度1回り大きい鉢に植え替えをする必要があります。水はけの良い土を使って植え替え、鉢底にはしっかりと鉢底石を入れてください。植え替え時期は5~6月頃が最適です。, フィカス・ベンジャミンが葉焼けを起こした場合は30~50%程度の遮光をすると防止することができます。, 水やりは土の表面が乾いたら夕方~夜にたっぷり与えてください。午前中に行うと暑くなり根が傷むことがあります。 活力剤を1000倍に希釈して水やりの2~3回に1度のペースで行うと夏バテを防止できます。, フィカス・ベンジャミンは寒さに弱いため、気温が低くなり、生長が緩慢になってきたら暖かい室内などに移動させるとよいでしょう。霜に当てないように気を付けましょう。, フィカス・ベンジャミンは挿し木で殖やすことができます。茎を先端から10cmほどの長さに切り、下の葉を取ります。切り口から出てくる白っぽいの樹液は固まると発根しづらくなりますので、よく洗い流しましょう。, 水に挿して、約2~4時間後に赤玉土の小粒やさし芽用の土の入っている鉢に挿します。乾かさないように管理し、その後発根したら鉢やポットに植え替えます。また、乾燥に霧吹きで葉に水をかけてやると元気になります。, ゴムの木、ウンベラータ、ベンジャミン…皆さんのご自宅に、伸びすぎてたり樹形の崩れてお困りの観葉植物はあります…. 剪定も意外と簡単で自由にできます。可愛らしく葉を剪定したり個性的な形に樹形を整えたりできるのが、ベンジャミンがインテリアとして人気な理由の一つです。, 丸くこんもりと樹形を整えたり幹を三つ編みねじったり可愛く自分の好みに形作ることもできます。, 幹を自分で三つ編みできたら楽しいですよね。今回はベンジャミンの編み方や剪定方法について調べてみました。, お店やオフィスに置いてあるベンジャミンの中には、幹が三つ編みやねじってある状態になっているものを見かけたことはありませんか。, ベンジャミンの若い木は柔らかいので、人の手で編んでいくことによって、あのような特徴的な幹の形を作り上げます。, ベンジャミンを形よく自分で編むには、ちょっと秘訣があって、使う株がすべて同じ長さと太さにならないときれいに編み込めません。, 幹だけで編んでいくのは初心者には難しいので支柱を使うのもいいですね、真ん中に立てた支柱に絡ませるように巻いていくと簡単にできて、見た目も網目がそろって綺麗にできますよ。, yamaakiさん(@yamaaki0902)がシェアした投稿 – 2019年 2月月17日午後8時28分PST, 生長と共に葉や脇芽が横の方から出てくるので、それらは切り落としながら育てていきましょう。, まずは2本だけをねじっていきます。次に3本目を先にねじった2本に絡めていきます。一番上はひもなどで固定しておくと外れにくくなります。, 長さや太さを揃えることで、綺麗に編み上げることができます。そのまま大きくしていると編み込みが緩んでしまう場合もありますので、その時は、紐などで結べば大丈夫です。, また、生長すると螺旋(らせん)にしたものがほどけてしまうこともあります。その時は、もう一度ねじってビニタイ(ビニールの中に針金が入っている紐)などでまとめるといいですよ。, 人の手で編み込むので、網目の大きさがそろわなかったり、間隔が不規則になったりすることもありますが、そこがまたベンジャミンの味になるので、あまり細かく気にしすぎずにやってみるといいでしょう。, ベンジャミンは幹を基本の三つ編みで、その中でも一番人気が高いのは、細長く生長させ、葉の部分を丸く剪定したスタイルです。, 生長が早まってくると新芽がどんどん出るようになってきます。樹形が少し乱れてきたかな?と感じたら剪定の時期が来たと思っていいでしょう。, ベンジャミンの剪定に適した時期は、新芽が出る4月下旬~5月上旬。この時期は、しっかりと剪定をして、樹形を整えるチャンスです。, そして、葉や枝を軽く整えるための剪定なら、生育期の5~9月が適期ですよ。この時期に不要な葉を剪定して、風通しを良くしてあげることで、害虫がつきにくくなります。, ベンジャミンはの樹液は白くてねばねばとしています。剪定するときは、この樹液に気を付けて行うようにしましょう。肌の弱い人がこの樹液を触ると手がかぶれてしまったり、誤って服や床、カーペットなどにつくと取れにくくなったりするので、剪定をする時には特に注意が必要です。, ベンジャミンのといえば、すうっと伸びた幹の上にこんもりと丸い形で葉っぱが茂っている立ち姿がとても魅力的ですね。, 剪定に使うのは「剪定バサミ」「手袋」「エプロン」「新聞紙またはビニールシート」です。, 樹液を触らないため、また内側の枯れ枝を取り除く時には、手袋をして手が枝で傷つかないように気を付けてください。特に皮膚の弱い方は、樹液が直接肌にふれないためにも手袋は必須ですね。, 手袋をしていたら、茂った葉の中の枯葉を取ったり、枯れた枝を切ったりするときも安心して行えますね。, そして必ず、ベンジャミンの鉢の下に新聞紙かビニールを敷き、床が汚れないように準備万端で取り掛かりましょう。, 枯れた葉や枝を取り除いたら、ベンジャミンの姿を全体的に眺めてみて、どれくらいにカットしていくか「丸の大きさ」を決めていきます。, ポイントは、勢いのある元気な枝は予想している位置よりもやや深めに、弱い枝は少し思っているよりも少し浅めに剪定して元気のいい葉を残すように剪定していくことです。, 元気で勢いのある枝と弱い枝をイメージした場所でそのまんま剪定してしまうと、元気のいい葉の部分が勢いよく伸びてしまい、丸く剪定しているつもりでも四角のような印象に近くなってしまいます。, 一度で全部整えようとするのではなく、何度かに分けて剪定することで、全体のバランスを客観的に見ることができ、徐々にきれいな丸になっていきます。, 自分で巻くには少し難しいかもしれませんが、自分で巻くことができたらとても楽しいですよね。根気よく巻いていきましょう。, いろいろな巻き方があるのですが、基本の三つ編みをマスターすると他の編み方にも挑戦しやすくていいかもしれません。, 丸くこんもりと樹形を整えたり幹を三つ編みねじったり可愛く自分の好みに形作ることもできます, 上に行くにしたがって、3本分の葉が一緒になり、葉にもボリュームがでてくるので、飛び出たところはカットして整えていきましょう。, 幹だけで編んでいくのは初心者には難しいので支柱を使うのもいいですね、真ん中に立てた, 長さや太さを揃えることで、綺麗に編み上げることができます。そのまま大きくしていると編み込みが緩んでしまう場合もありますので、その時は、, ベンジャミンのといえば、すうっと伸びた幹の上にこんもりと丸い形で葉っぱが茂っている立ち姿がとても魅力的ですね, ベンジャミンの鉢の下に新聞紙かビニールを敷き、床が汚れないように準備万端で取り掛かりましょう。, ベンジャミンの姿を全体的に眺めてみて、どれくらいにカットしていくか「丸の大きさ」を決めていきます。, 枝と弱い枝をイメージした場所でそのまんま剪定してしまうと、元気のいい葉の部分が勢いよく伸びてしまい、丸く剪定しているつもりでも四角のような印象に近くなってしまいます。, ベンジャミンのお手入れの仕方!植え替えに適した時期はいつ?よくつく虫の駆除の方法も. 植物について実地指導を含め学ぶ 。 やや傾いたユッカ・エレファンティペスの植え替え . ガジュマルの幹がスカスカ?原因や対処方法とは? 公開日 : 2018年12月15日 / 更新日 : 2018年11月13日