マストとは、必須・欠かせないなどの意味を持つ英語をカタカナ語にした言葉です。マストは、ビジネスのシーンでの使い方とファッション分野での商品を指す使い方をします。マストの本来の意味は?ベター・ウォント・フリーなどのマストの対義語など例文を交えながら説明します。 見積でいえば、経費や送料•梱包費等も含めての意味。 •クロージング ビジネスや営業活動において、顧客と契約を締結することを意味する。 また、何らかの行為•取引が収束を迎えることを言う。 「そんな案件ささっとクロージングさせちゃえよ!」 •マター その仕事が誰預かりなのかを gcse.type = 'text/javascript'; © 2020 MEMOCO All rights reserved. マストの意味や使い方を徹底的にご紹介します。マストは「must」と「mast」という言葉があり、マストはとてもたくんさの意味があります。マストアイテムやビジネスシーンで使われるマストだけじゃなくワインや船にもマストという言葉は使われています。 gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; ビジネス用語の「フィックスする」は英語の「fix」から来ているのをご存知でしたか?ここでは、ビジネスシーンでの「フィックス」の意味や使い方、英語でのもとも... ビジネスシーンでのマストが使われる例文の1つ目は、「これはマストです。」です。非常にシンプルで簡潔な言い回しですが、だからこそ相手に刺さる言い回しです。この例文を使用する具体的な状況を挙げると、例えば会議中に「これは相手に押さえてもらいたい」という案件について紹介する際などに使用できます。, 例えば、「来月の健康食品シンポジウムに出席する際の出品商品選定についてですがこれはマストです。」などの形で使用できます。相手に「これは重要なんだな、必須なんだな」という印象をすっきりした形で伝えられます。特に仕事では自分が使う言葉のインパクトに繊細になることが大切です。ぜひ意識してみましょう。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の2つ目は、「この春のマストアイテムとして弊社でも売り出していくことになりました。」です。この「マストアイテム」という言葉は、ビジネスでも特にファッション業界で良く使われる言葉です。あなたも雑誌の中の文章などでこの言葉を目にしたことがあるかもしれません。, この「マストアイテム」とは、簡単な言葉にすると「絶対に持っておきたい、必須のアイテム」という意味です。消費者にも刺さりやすい言葉なので、マーケティングでも頻繁に使われるキーワードとなります。例文のように、「この春のマストアイテム」など季節の言葉を重ねて使われることが多いでしょう。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の3つ目は、「重要なのでマストで処理してもらえると嬉しいです。」です。これは、例えば職場で重要な案件について相手に必ず処理して欲しい、という自分の意向を伝える際に使用できる例文です。言い換えると「重要なので必須で処理してください」という意味になりますね。, 状況にもよりますが、このようにマストですと相手に伝えられた案件についてはできるだけ協力的になってあげると良いでしょう。ただ、自分の仕事もしっかり終えることが基本ですので、どうしても自分では無理な場合ははっきりと断って他の人に依頼してもらいましょう。先述しましたが、仕事の優先順位付けは非常に大切です。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の4つ目は、「明日までにマストでお願いします。」です。これは、相手に提出期限を示しながら、それまでの提出が必須なことを伝える例文です。ビジネスでもできる限りで期限を守るというのは非常に大事ですよね。特に相手からの提出物については言葉を工夫して伝えたいものです。, この例文は、「明日までに必須でお願いします。」と表現した際よりもいくらか柔らかく聞こえます。このことから、例えば自分からは提出物を催促しにくい目上の人などに上手く使うと効果的だと言えるでしょう。それぞれの言葉が表すニュアンスに着目しながら、状況に合ったものを自分で選べる力を養っていきましょう。, ビジネスシーンでのマストが使われる例文の5つ目は、「これはマストではないと言えます。」です。この例文は、否定文の形で「これは必須ではないでしょう」という意味を表します。このように、マストという言葉を否定文の中で使用することももちろんあります。何かの優先順位について伝える際に使用できます。, 様々な仕事をこなしていく中で、相手にとってはマストに見えることでも、自分からしたらそうではなく、むしろ優先順位が低いということもあるでしょう。その場合は、きちんとそれを相手に伝えてそこから次にどんな具体的な行動が取れるかを話し合いましょう。そうすることでお互いに協力して仕事を円滑に進められます。, ビジネスでも使われるウォントの意味は「望むもの」です。例えば、「我々は常に消費者のウォントを考えなければならない。」などの形で使用されるのがこの言葉ウォントです。これは、「私たちはいつも消費者の望むものを考えるべきだ」という意味になります。英語でも「want」とは「望むもの」という意味があります。, また、他の例を挙げると、例えば「この案件はマストというよりもウォントです。」という使い方もできます。これは、「この案件は必須というよりはあれば良い、という程度のものです」という意味を表します。このように、マストとウォントという言葉を使用してある物事の優先順位について話す際にも使用することができます。, また、「ビジネスでも使われるウォントはマストに比べて優先度は低い」と言えます。先の例でお伝えした通り、マストは「必須」という意味があるのに対して、「ウォント」は「望むもの」という意味を表します。この意味を比べてみるだけでも、前者が優先順位が高く、後者が低いというのは一目瞭然です。, ここまでの記事内容でもお伝えしてきた通り、「マスト」という言葉は特に仕事での優先順位に関わる言葉でした。そしてこの「ウォント」という言葉も同じことが言えます。自分の仕事の内容や期限、それにかかる期間や労力など複数の要素を加味しつつ、この2つの言葉を上手く使い分けられるようにしていきましょう。, マストを使用する際の注意点の1つ目は、「他のビジネス用語と併用しない」です。マストを使用する際は、特にその必要性がない場合以外は他のビジネス用語との併用を避けましょう。例えば、「昨日の会議のあのトピックについてはマストでキャチアップする必要がある。」などです。ビジネス用語の盛り込みすぎには注意です。, マストを使用する際の注意点の2つ目は、「緊急性や重要性のないものには使用しない」です。お伝えしてきた通り、「マスト」は緊急性や重要性があり、優先順位が高いものに対して使用します。逆に言うと、それ以外に使用すると誤用となります。しっかり自分の責任でその内容について吟味して使用してください。, 当記事では、「マスト」という言葉の意味と使い方について具体的な例文も交えながら詳しくお伝えしてきました。「マストアイテム」などの言葉をちらっと耳にしたことがあっても、その具体的な意味については知らなかったという方も多いかもしれません。「ウォント」との意味の違いについても解説してきました。, この記事でも一貫してその重要性について触れてきましたが、仕事で優先順位をつけるというスキルは「マスト」です。その意味でも、ぜひこの記事内容をマストアイテムとして参照していただき、ビジネスでも活用してもらえればと思います。, 下記関連記事内では、英語「バジェット」の意味について分かりやすくまとめています。ホテルで使われるものや、ビジネス用語とその例文も豊富にありますので、気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。.