(コアホウドリのサイズでは、半年位で足の裏が痛んできました。), マウスを与えれば良いのですが費用がかかるので、オスの初生雛の方が価格的には与えやすいでしょう。, 初生雛は栄養価が低いので、できれば少し育てて太らせてから与えます。  ヒヨコの餌としては、野菜屑、ドッグフードの残り等を与えると元気に育ちます。, マウスはハムスターフードと水を与えます。  密飼いができるので便利ですが、清掃を怠ると臭気がきつくなります。, なかなか餌付けが難しく、 保護してしばらくは強制給餌により体力を維持させなければならないことも多いです。また、栄養バランスの良い昆虫が手に入りにくく、市販されている昆虫を中心とした餌付けでは  かえって栄養障害を起こしてしまうことがあります。, ペットショップなどで購入したミルワームを与える際は、必ず養殖し、栄養をつけたものを与えてください。 メジロはスズメ目メジロ科メジロ属の鳥で、大分県と和歌山県の県鳥に指定されています。 名前の由来でもある目のまわりの白い縁取りが特徴的で、英語でも"White-eye"と呼ばれてますよ。 この記事ではメジロの特徴や生態、分布、鳴き声についてまとめました。 雛 ・5分餌 (7分餌では強すぎます). 餌 はすり餌が ... すり餌は、玄米、米ぬか、青葉で作る。活き餌は、アオガエル、ヤナギの虫 (ボクトウガの幼虫)、クサギの虫(コウモリガの幼虫)、エビヅルの虫(ブドウスカシバの幼虫)、イナゴなどである。その他、シンクイムシ、ミールワーム、ヨーロッパイエコオロギ、ヒメツメ� Version 2011.2. 雛の場合は文鳥と同じように粟玉をひと煮立ちさせて人肌程度にさましてから小松菜をすりこんだり、, (ラウディブッシュ社からでているフォーミュラ3.オリジナルフォーミュラなど。ペットショップによっては入荷しているところがありますので、問い合わせてみてください。), またオオジュリンやコジュリンも同じで大丈夫ですが、両者とも弱い鳥ですのですり餌にして、, けれど、ウソに関しては不思議と20年以上前に飼育されていた個体で年と共に色が濃くなり、, これはパン粉を赤くしたような物で、もしパン粉が材料であれば、そ嚢の中で酵母発酵を起こす可能性が, (ただし与え過ぎますと、脂肪過多になり、目の周りに脂肪沈着を起こしやすくなります。), すり餌を粉のまま与えたり、文鳥等の撒き餌でも可能ですが、その場合は時々昆虫を与えます。, (新聞紙等ですと、糞を踏みつけ指先まで糞で固まってしまい、指が落ちてしまいます。), ツグミは人に馴れにくく、餌付けができるまでに籠の中で大暴れをして羽を痛めやすいので、, 鳥が足に付いたすり餌を取ろうとして食べ出すそうですが、当院ではその経験はありません。, そうすると放鳥時に上手く自分の体を支えられなくなってしまうので、金籠の内側には樹皮の着いた板で, 一般的に都会のカラスがハシブトガラスで、里山にいるのがハシボソガラスですが区別がつきにくく、, 餌の魚を購入する際、淡水魚を食べる鳥は海水魚ではなく、川魚や、ザリガニ等の方が良いようです。, (ある動物園の先生の話では、サギの雛にアジを与えつづけていたためか全部死亡し、解剖したところ、脂肪壊死症をおこしていたとのことです。), (小規模な油汚染とは、コンビナートの油タンクが経年変化で古くなり、少量づつ油が漏れて起きるものです。), また、栄養バランスの良い昆虫が手に入りにくく、市販されている昆虫を中心とした餌付けでは, ペットショップなどで購入したミルワームを与える際は、必ず養殖し、栄養をつけたものを与えてください。, はじめは鶏肉、レバー等にカルシウム、ビタミン剤を混入して小さく刻んでピンセットで食べさせたり、, その他、昆虫食の猛禽類と同様に鶏肉やドッグフードの缶詰等を与えてもかまいませんが、, 鶏の餌を食べてくれれば楽ですが、なかなか餌付けが難しく、当院で保護したチュウシャクシギでは, 水にオキアミを浮かせたところ食べてくれ、入院1月後に無事放鳥することが出来ました。. Cettia diphone(Kittlitz, 1830)[2]Horeites diphone(Kittlitz, 1830), ウグイス(鶯、学名: Horornis diphone)は、スズメ目ウグイス科ウグイス属の1種である[3]。, 「ホーホケキョ」と大きな声でさえずる。日本三鳴鳥の1つ。山梨県と福岡県の県鳥であり、日本の多数の市町村などの自治体指定の鳥である。, 現代的な分類でのウグイス(マンシュウウグイスを含みチョウセンウグイスを含まない)は、日本(南西諸島を含む)、サハリン、東部・中部中国で繁殖し、南部・東南部中国、台湾、東南アジアで越冬する[4]。, 伝統的な(2000年代までの)分類に基づく場合、「広義の (sensu lato) ウグイス」(チョウセンウグイスも含む)の繁殖地には南東シベリア、中国東北部、朝鮮半島が加わる。「狭義の (sensu stricto) ウグイス」(マンシュウウグイスも含まない)は、日本(南西諸島を含む)とサハリンのみで繁殖し、南部・東南部中国、台湾で越冬する[5]。, 日本ではほぼ全国に分布する留鳥。ただし寒冷地の個体は冬季に暖地へ移動する。平地から高山帯のハイマツ帯に至るまで生息するように、環境適応能力は広い。笹の多い林下や藪を好むが[6]、さえずりの最中に開けた場所に姿を現すこともある[7]。英名の「Bush Warbler」は藪でさえずる鳥を意味している。警戒心が強く、声が聞こえても姿が見えないことが多い[8][9][10]。, 体長はオスが16 cm、メスが14 cmで、スズメとほぼ同じ大きさ[7][11]。翼開長はオスが21 cm、メスが18 cm[7]。体色は、背中がオリーブ褐色で、腹面は白色、全体的に地味である。雌雄同色[11][12]。, ウグイスの卵の長径は1.8 cm、ホトトギスの卵の長径は2.2 cmで、色はほぼ同じで、ホトトギスの托卵対象となる[12][13]。, 食性は雑食だが、夏場は主に小型の昆虫、幼虫、クモ類などを捕食し、冬場は植物の種子や木の実なども食べる[11]。繁殖期は初夏で、オスは縄張りをつくり「ホーホケキョ」と1日に1000回ほど鳴くことがある[8]。横穴式の壺形の巣をつくり、4–6個の卵を産み、メスが雛を育てる[7][14]。亜種のハシナガウグイスは、2-3個の卵を産み、オスも雛への給餌を行う[15]。, さえずりは「ホーホケキョ、ホーホケキキョ、ケキョケキョケキョ……」、地鳴きは「チャッチャッ」。, さえずるのは縄張り内を見張っているオスで、「ホーホケキョ」が他の鳥に対する縄張り宣言であり、巣にエサを運ぶメスに対する「縄張り内に危険なし」の合図でもある。「ケキョケキョケキョ」が侵入した者や外敵への威嚇であるとされており、これを合図に、メスは自身の安全のためと、外敵に巣の位置を知られないようにするためにエサの運搬を中断して身をひそめる。, 平地にて鳴き始める季節が早春であることから春告鳥(ハルツゲドリ)の別名がある[16]。本州中部あたりでは 2月初旬頃からさえずり始め、 8月下旬頃までがよく聞かれる時期だが、10月頃まで弱いさえずりが聞かれることがある。「ホーホケキョ」とさえずるのを初めて聞いた日を『ウグイスの初鳴日』と呼び、気象庁が生物季節観測に用いている[17][18]。, 藤原敏行は古今和歌集で「うぐいす鳴く」と詠っている。古くは鳴き声を「ウー、グイス」または「ウー、グイ」と聴いていて[13]、和名の由来であるとする説がある[16]。また、『出雲風土記』には「法吉鳥」(ほほきどり)とある[19]。近世になってから鳴き声が「法法華経」「宝法華経」などと表記されるようになった[19]。, 東京都台東区鶯谷の地名の由来は、元禄年間に京都の皇族の出である公弁法親王が「江戸のウグイスは訛っている」として、尾形乾山に命じて京都から3,500羽のウグイスを取り寄せて放鳥し、以後鳴きが良くなりウグイスの名所となったという逸話に由来する。, 日本から持ち込まれたハワイに生息している種の鳴き声(さえずり)は日本に生息しているものと比較して単純化されていると国立科学博物館の筑波研究施設が発表した[20]。これはハワイでは縄張り争いや繁殖の争いが日本に比べて激しくないためと推測されている[21][22][23]。, ウグイス(マンシュウウグイスを含む)+チョウセンウグイス+フィリピンウグイス H. seebohmi は単系統をなす。ただし、この3種間の系統関係は不確実である。, ここではウグイスの亜種のうち2亜種しか解析されていないが、マンシュウウグイス H. borealis は亜種 H. diphone cantans の系統に内包されており、系統的な亜種分類にはなっていない。, ウグイスやチョウセンウグイスはかつて、Horeites 属に分類されていた。その後、Horeites 属など数属が、それまではヨーロッパウグイスの単型属だった Cettia 属に統合された。, しかし、ウグイスとヨーロッパウグイスは別系統と判明し[25][26][24]、ウグイスなど大半の種は、タイワンコウグイス Horornis fortipes を模式種とする Horornis 属として分離された[24][27]。, ウグイスの種の範囲には伝統的に、狭義 (sensu stricto) と広義 (sensu lato) があった。, 狭義のウグイスは、島嶼(日本・南西諸島・サハリン)で繁殖する亜種のみを含んだ。広義のウグイスには、大陸で繁殖するチョウセンウグイス Horornis borealis とマンシュウウグイス Horornis diphone canturians が亜種として含められた。ウグイスを狭義にとる場合、チョウセンウグイスとマンシュウウグイスは1種マンシュウウグイスの亜種とされた。, 実際の系統では、マンシュウウグイスは狭義のウグイスの系統内に位置し、ウグイスに含められた。一方、チョウセンウグイスは系統的にやや離れており、別種となった[24][27]。, かつては、フィリピンウグイス Horornis seebohmi を広義のウグイスに含める説もあった[24]。, 1950年から1979年まで愛玩飼養の対象種となっていたが、1980年に除外された[31]。