ピアノトリオ4.5.共にモーツアルト絶頂期の名作。シフさんはピアノフォルテで、チェロはペレ―ニさん、ヴァイオリンはシフさんの奥さん塩川悠子さんで、見事な演奏にならない訳がない。

もしかしたら、「毎日がイマイチ楽しくない」というそんな方がいたら、 歌劇《フィガロの結婚》 ~ケルビーノのアリエッタ〈恋とはどんなものかしら〉/チェチーリア・バルトリ(メッゾ・ソプラノ)、クラウディオ・アバド:指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 6. フィリップスDUOシリーズ第11回発売分。ボザール・トリオ、スティーヴン・コヴァセヴィッチ他の演奏による、モーツァルトのピアノ三重奏曲集。第1~6番を収録。 (C)RS, Beaux Arts Trio - Mozart Complete Philips Recordings, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 心、疲れた方に聴いて欲しいクラシック音楽を厳選していきます! 心、疲れた方に聴いて欲しいクラシック音楽を厳選していきます! モーツァルト・トリオ ジャン=ジャック・カントロフ(ヴァイオ リン) ウラディミール・メンデルスゾーン(ヴィオラ) 藤原真理(チェロ) ジャック・ルヴィエ(ピアノ) (1985年録音) 続いてこれも有名な2曲のピアノ四重奏曲です。

モーツァルト:ピアノ三重奏曲全集(2CD) ズスケ(カール) 5つ星のうち 4.6 23. 交響曲 第41番 ハ長調 K551 《ジュピター》 ~第1楽章: Allegro vivace/ジェイムズ・レヴァイン:指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 2. 15pt (1%) ... ボザール・トリオ、スティーヴン・コヴァセヴィッチ他の演奏による、モーツァルトのピアノ三重奏曲集。 モーツァルトのピアノ協奏曲part6 408 : 名無しの笛の踊り 2008/02/18(月) 20:39:30 ID:arQl2OnY 古楽器の全集なら2006年に出たソフロニツキ(娘)のもいいよ。 録音が良くて(ピアノの音も大き目に録られている)もの凄い臨場感。 最近こればっかり聴いてる。

ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調 K545 ~第1楽章: Allegro/内田光子(ピアノ) 7. ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K466 ~第2楽章: Romance/アンドラーシュ・シフ(ピアノ)、シャーンドル・ヴェーグ:指揮 モーツァルト・カメラータ・アカデミカ 4. フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K299(297c) ~第1楽章: Allegro/マリア・グラーフ(ハープ)、イレーナ・グラフェナウアー(フルート)、サー・ネヴィル・マリナー:指揮、アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ 11.クラリネット協奏曲 イ長調 K622 ~第2楽章: Adagio/カール・ライスター(クラリネット)、サー・ネヴィル・マリナー:指揮、アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ 12. セレナード 第13番 ト長調 K525《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》~第1楽章: Allegro/小澤征爾:指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ 2. モーツァルトはピアノの達人で派手な協奏曲をつくりもしたが、ピアノの”こういう面”をちゃんと発見して、めでたいピアノ曲を残してくれている。 このあたりはモーツァルトの独擅場である。 4、ピアノ協奏曲第23番イ長調 『クラシック音楽を聴いてこころ、幸福』になる方が私の他にも、いらっしゃるかもしれないと思い、書き始めてみました。 モテット《エクスルターテ・ユビラーテ》K165 ~アレルヤ/ジョーン・サザーランド(ソプラノ)、リチャード・ボニング:指揮、ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団 4. ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K467 ~第2楽章: Andante/アンドラーシュ・シフ(ピアノ)、シャーンドル・ヴェーグ:指揮、ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカ 8. 『クラシック音楽を聴いてこころ、幸福』になる方が私の他にも、いらっしゃるかもしれないと思い、書き始めてみました。 ボザール・トリオ / モーツァルト:ピアノ三重奏曲集vol.1【cd】 uccd-90013 ボザール・トリオ / モーツァルト:ピアノ三重奏曲集vol.2【cd】 uccd-90014 グリュミオー・トリオ / モーツァルト:三重奏曲、6つのアダージョとフーガ 他【cd】 uccd-90015 きらきら星変奏曲〈ああ、お母さん聞いて〉による12の変奏曲 ハ長調 K265 ~きらきら星変奏曲 ハ長調 /イングリット・ヘブラー(ピアノ) 11. 名盤の解説。なに、想う?午後のミューズ(女神)の頬づえとほほえみ。1曲目がスローテンポであるというのはモーツァルトのピアノ・ソナタとしては珍しいですね。 そして「ミューズの瞑想とも言える、優しいメロディ」の1曲です。 レクイエム ニ短調 K626~涙の日(第3曲:セクエンツィア)/カール・ベーム:指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 3. 末永く、お付き合いいただけたならうれしいです。, モーツァルト:ケーゲルシュタットトリオ【名盤2枚の解説】クラリネットのささやきが楽しげな1曲, クラリネット、ヴィオラ(ヴァイオリンより音域の低い弦楽器)、ピアノというめずらしい編成で、比較的気軽な作品として作られた, ある日、そこでケーゲルシュタットを楽しんでいるうちにこの曲の楽想が頭の中に浮かんできた、というエピソードによる, こぢんまりとした小品で、モーツァルトらしい、可愛らしいメロディがギュッと詰まっていてうれしい1曲, フラリ、フラリと揺れながら、これまた楽しく運動しながら、ピンに向けてすすむ玉も嬉しそう, ケーゲルシュタットで、遊ぶモーツァルトたちと、一緒になって遊んでるような様が、浮かびますね, 「定額制の音楽聴き放題サービス」であるAmazonミュージックUnlimitedのご紹介, ザビーネ・マイヤー:クラリネットハルトムート・ヘル:ピアノタベア・ツィンマーマン:ヴィオラ, モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク【意味と感想と解説】【名盤5枚】明るい気持ちで希望を持…, ベートーヴェン:ピアノソナタ《ワルトシュタイン》【4枚の名盤解説】第1楽章は、まるで駆け抜ける白馬!, モーツァルト:クラリネット五重奏曲【3枚の名盤解説と感想】第1楽章のやさしさに惹かれる名曲, モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番【3枚のおすすめ名盤解説】天使と遊ぶ、透明で楽しいひととき, モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲「第2楽章の清らかさも心、たのしい」【名盤も解説】, シューベルト:四重奏断章(弦楽四重奏曲第12番)【解説と名盤3枚】それは断たれたプレリュード!, メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟【解説と3枚の名盤の音と感想】その風景と音がありありと見える名曲, モーツァルト:交響曲第29番【解説とおすすめ名盤8枚】明るくて美しいロココ調の響き!. ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K331 ~トルコ行進曲/アンドラーシュ・シフ(ピアノ) 10. 交響曲 第25番 ト短調 K183 (173dB) ~第1楽章: Allegro Con Brio/ジェイムズ・レヴァイン:指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 5. さて、モーツァルト:ケーゲルシュタットトリオの名盤紹介と、解説はいかがでしたか? 聴いてると、モーツァルトの時代、18世紀のそよ風がどんなだったかが想像できます。 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”), 「デュルニッツ・ソナタ集」(モーツァルトのピアノ・ソナタの第1番〜第6番)の第4曲。これまでの3曲とは構成を変え、ここではゆっくりした楽章が初めに置かれている。このためこのソナタは、落ち着いた、しっとりした味わいをもつ作品という印象を与える。第2楽章はメヌエットで、第1メヌエットよりも大きくて手のこんだ第2メヌエットが、トリオ(中間部)の働きをする。フィナーレ(第3楽章)は、第1楽章とよき対照をなす、生気にあふれた音楽である。, イングリッド・ヘブラー モーツァルトピアノ・ソナタ全集(新盤)、ライナーノートより(解説:礒山雅), モーツァルトは19歳でピアノソナタを書き始めました。(最近の研究では20歳との説もあり), 普通に考えると、「早い」と思われますが、ことモーツァルトに限って言えば、むしろ「遅い方」と言えます。, ただモーツァルトがそれまで、まったくピアノ・ソナタを作曲しなかったわけではないようです。, つまり、「モーツァルトはピアノ・ソナタを基本的に即興演奏で行なっていたため楽譜に書きとめる必要性を感じていなかった」からだという意見があります。, では、今回紹介するモーツァルト「ピアノ・ソナタ第4番」の楽譜はなぜ書かれたかは「仕事として依頼があったから」ということがその理由です。, 当時、父親とともにミュンヘンを訪れたモーツァルトがデュルニッツ男爵から依頼を受けて書きました。, そして、この際に書かれたピアノ・ソナタは全部で6曲(第1番〜第6番)あって、そのうちの1曲がこのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第4番」なのですね。, そして、この6曲のピアノ・ソナタは現在、デュルニッツ男爵の名にちなんで、デュルニッツソナタと呼ばれています。, それでは、各楽章について解説したいと思います。この曲は第1楽章から第3楽章までの3曲で成り立っています。, 曲調表記に、”ゆるやかに”とありますが、スローな動きで、展開される癒やしの曲と言えるかもしれません。, 1曲目がスローテンポであるというのはモーツァルトのピアノ・ソナタとしては珍しいですね。そして「ミューズの瞑想とも言える、優しいメロディ」の1曲です。, こちらは、第1楽章よりは少しアップテンポです。森にある、泉の湧き出る水の音に合わせて楽しく踊る。, 第1楽章とは打って変わって、元気のいい明るい曲です。きらめく森を笑い声をあげて駆けていく。そんなミューズ(女神)たちの姿を想像させます。, よく晴れて、すがすがしい気持ちの昼下がり。ミューズ(女神)がほおづえをつきながら、瞳をとじてほほ笑んでいる。そんな優しいモーツァルトの印象がそのままパッケージされたアルバムです。, ヘブラーが鍵盤に指を触れれば、それは、すなわちモーツァルトの歌。モーツァルトの理想のカタチのひとつがこのアルバムですね。, モーツァルトのピアノ・ソナタは、というより、モーツァルトの音楽全てに言えるかもしれませんが、技巧的には複雑なものを要求しません。, しかし、そのために、むしろ、これほど理想の演奏を生み出すことのできない作曲家は珍しいですよね。, その点、このイングリッド・ヘブラーの演奏はその稀有(けう)なる理想が実現した貴重なアルバムだと思います。, 「モーツァルトを表現しようという欲望を持った瞬間からそれはモーツァルトではなくなっていくという矛盾(むじゅん)。」, その究極の難しさの中で、このイングリッド・ヘブラーの純真無垢(じゅんしんむく)であり、表現する欲すら透明に昇華された表現は、モーツァルトの音楽そのもの。, ある意味で、「表現意欲の旺盛さを感じさせず自然であり、また純粋な境地の「演奏」です。, イングリッド・ヘブラーは2度の全集録音があります。1度目の演奏は「はじける新鮮さ」、2度目の演奏は「純真無垢」。どちらもこの2つの要素を含みますが、つまりはその要素のバランスですね。どちらも素晴らしいです♬, 「物」というものが何ひとつ存在することなく、ただただ虚空(こくう)がそこにある。それをあえて、深く見つめるかのような、限りなく透き通ったモーツァルトがここにはありますね。少し冷たさは感じるかもしれません。ただ、余計な飾りは取り払い、その究極には表現意欲すら消し込んだ無欲であり、また澄んだ境地のモーツァルトともいえますね。, スッキリと音運びをしながら、ロマンティックで美しい歌を聴かせてくれますね。まろやかな紅茶のような優しい香りが漂います。自分でピアノを弾きながら、その音に耳をかたむけて、, というモーツァルトの声…というより自身の演奏するピアノの音から伝わる「思い」に忠実に指を運ぶさまがうかがえますね。このアルバムもモーツァルトらしいモーツァルトが聴ける1枚ですね。, 女性ピアニストなのに、意外と男性的な部分も感じさせる、力強さですね。でも、やっぱり女性ですから、モーツァルト演奏に欲しい繊細さは決して失われていません。一音一音も明確に伝える配慮もあります。こう見ると、モーツァルトのピアノ曲には女性のピアニストのアルバムに名盤が多いのかもしれません。, エスプリが効いているというのか、音はこびがスムースでおしゃれな感じでカッコいい。全体的に早テンポで進む心地よさが感じられます。瞑想的な、モーツァルト「ピアノ・ソナタ第4番」に飽きたら、こんな演奏がいいかも…。, 破天荒(はてんこう)でオキテ破りなモーツァルト。バッハのような、硬質な感じの演奏ですね。みけんにシワを寄せて哲学的思索(しさく)に高じている気むずかしい孤高の哲学者のようです。そして、「優しさやほほえみ」は…ほぼ感じられることがありませんね(汗)また第3楽章で急に高速で音楽が駆け抜けていくために、曲のカタチすら認識出来すに終わっちゃう感じですね。全体的に…うーん、少なくとも…「ほほえむミューズではありえません。」ちょっと変わった風情を楽しみたいならコレですよ。, お尻をさすりながらも、とりあえず、買い物を済ませて、コンビニのセルフコーヒーを手にしつつ外に出ます。, しばらくの間、てくてくと歩きながら、ふと空を見上げると、ほんのりと薄日(うすび)が差してきていて、ちょっとホッとします。, そこで、ふと、立ち止まり、コンビニ袋を手にぶらさげたまま、コーヒーを口に運びます。, そんなひとことをつぶやきながら、スマホをポチれば聴こえてくるのはモーツァルト「ピアノ・ソナタ第4番」の優しくて、静かな名盤の調べですよ。, さて、モーツァルト「ピアノ・ソナタ第4番」、名盤の紹介と解説はいかがでしたか?モーツァルトの音楽は、こじんまりとした短い作品のなかにもキラめくような名曲が多いですね。まさしく音楽の天使が舞い降りたような存在がモーツァルトの音楽ですね♬, 3ヶ月無料!(⌒▽⌒)個性あふれる演奏に出会うキッカケはAmazonミュージックが与えてくれますよ♬, そんな毎日を、ただ、たんたんと、そして、てくてくと歩いてきました。 ピアノ三重奏曲第1, 4, 7番 プラハ・グァルネリ・トリオ - モーツァルト(1756-1791)のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K219 《トルコ風》 ~第3楽章: Rondeau/ジョシュア・ベル(ヴァイオリン)、ペーター・マーク:指揮、イギリス室内管弦楽団 12. アヴェヴェルムコルプス/サー・コリン・デイヴィス:指揮、ロンドン交響楽団 9. 2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K448(375a) ~第1楽章:Allegro con spirito/ヴェラディーミル・アシュケナージ&マルコム・フレージャー(ピアノ) 3. ボザール・トリオ / モーツァルト:ピアノ三重奏曲集vol.1【cd】 uccd-90013 ボザール・トリオ / モーツァルト:ピアノ三重奏曲集vol.2【cd】 uccd-90014 グリュミオー・トリオ / モーツァルト:三重奏曲、6つのアダージョとフーガ 他【cd】 uccd-90015

【解説と名盤、まとめ】モーツァルト:ケーゲルシュタットトリオ. モーツァルトはピアノの達人で派手な協奏曲をつくりもしたが、ピアノの”こういう面”をちゃんと発見して、めでたいピアノ曲を残してくれている。 このあたりはモーツァルトの独擅場である。 4、ピアノ協奏曲第23番イ長調

『クラシック音楽』が存在しなかったなら、私の人生はまさしく生ける屍(しかばね)だったと思います。

モーツァルトのピアノ協奏曲part6 408 : 名無しの笛の踊り 2008/02/18(月) 20:39:30 ID:arQl2OnY 古楽器の全集なら2006年に出たソフロニツキ(娘)のもいいよ。 録音が良くて(ピアノの音も大き目に録られている)もの凄い臨場感。 最近こればっかり聴いてる。 教会ソナタ 第1番 変ホ長調 K67/ピーター・ハーフォード(オルガン)、アムステルダム・モーツァルト・プレイヤーズ, ユニバーサルミュージックhttp://www.universal-music.co.jp/mozart260th/, http://www.universal-music.co.jp/mozart260th/.

2016年はウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生誕260年。 これを記念し名録音の宝庫であるユニバーサルミュージックから「モーツァルトの100枚。」として、260回目の誕生日の1月27日に50タイトルが発売され、3月17日に第2期の50タイトルが発売される。 DG、DECCA、旧PHILIPSレーベルの膨大な音源から、主要作品をカテゴリー(交響曲、ピアノ作品、オペラetc.)ごとに分類し、お手軽に聴きたい曲を選べるように、合計100タイトル(各1枚)のCDで発売。K525の「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」などの超有名曲はもちろんのこと、幼少期に作曲されたとされる作品から晩年の作品まで幅広いジャンルが網羅されており、彼の多彩な才能に触れることができます。録音も歴史的名盤に加え、世界初CD化音源や、若き日のカラヤンがモーツァルトの作品を指揮した初期録音集といった希少音源もラインナップに入っています。演奏は、カラヤン、ベーム、バーンスタイン、アバド、マリナー、小澤征爾、ヘブラー、内田光子、シフ、グリュミオーら、世界一流アーティストたちの名演が並んでおります。100枚セットの販売もあり、このセットにはCDラックが特典として付きます。 また、100タイトルから選りすぐりの聴きどころを集めた2枚組のコンピレーション・アルバムも発売されました。さらにこの100タイトルのリリースを記念した特別企画イベント「おいしいモーツァルト」やキャンペーン「あなたの1番好きなモーツァルト楽曲」もあります。詳しくはユニバーサルのサイトを参照ください。, ■ 藤川真弓 / モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第6番&第7番【CD】 UCCD-90001 ■ クリストフ・フォン・ドホナーニ / モーツァルト:協奏交響曲 K.364、コンチェルトーネ【CD】 UCCD-90002 ■ イレーナ・グラフェナウアー 他 / モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲、フルート協奏曲第1番、第2番、アンダンテ K315【CD】 UCCD-90003 ■ バリー・タックウェル / モーツァルト:ホルン協奏曲全集(4曲) 他【CD】 UCCD-90004 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ・ソナタ集Vol.1【CD】 UCCD-90005 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2【CD】 UCCD-90006 ■ アンドラーシュ・シフ / トルコ行進曲~モーツァルト:ピアノ・ソナタ集Vol.3【CD】 UCCD-90007 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ・ソナタ集Vol.4【CD】 UCCD-90008 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ・ソナタ集Vol.5【CD】 UCCD-90009 ■ イングリット・ヘブラー / リトル・モーツァルト~幼少期のピアノ作品 他【CD】 UCCD-90010 ■ イングリット・ヘブラー / モーツァルト:変奏曲集【CD】 UCCD-90011 ■ アンドレ・プレヴィン / モーツァルト:ピアノ四重奏曲集【CD】 UCCD-90012 ■ ボザール・トリオ / モーツァルト:ピアノ三重奏曲集Vol.1【CD】 UCCD-90013 ■ ボザール・トリオ / モーツァルト:ピアノ三重奏曲集Vol.2【CD】 UCCD-90014 ■ グリュミオー・トリオ / モーツァルト:三重奏曲、6つのアダージョとフーガ 他【CD】 UCCD-90015 ■ 内田光子 / モーツァルト:ピアノと管楽器のための五重奏曲、ケーゲルシュタット・トリオ【CD】 UCCD-90016 ■ ウィーン八重奏団員 / モーツァルト:クラリネット五重奏曲、ホルン五重奏曲 他【CD】 UCCD-90017 ■ ハインツ・ホリガー / モーツァルト:管楽器のための室内楽曲集【CD】 UCCD-90018 ■ コンチェントゥス・ヴォカリス女声合唱団 他 / アヴェマリア~モーツァルト:カノン集【CD】 UCCD-90019 ■ カール・ベーム / モーツァルト:歌劇《魔笛》ハイライト【CD】 UCCD-90059 ■ カール・ライスター 他 / モーツァルト:クラリネット協奏曲、ファゴット協奏曲、ファゴットとチェロのためのソナタ【CD】 UCCD-90060 ■ カール・ベーム / モーツァルト:初期交響曲集Vol.1【CD】 UCCG-90601 ■ カール・ベーム / モーツァルト:初期交響曲集Vol.2【CD】 UCCG-90602 ■ カール・ベーム / モーツァルト:初期交響曲集Vol.3【CD】 UCCG-90603 ■ カール・ベーム / モーツァルト:交響曲第13番~第16番、第18番【CD】 UCCG-90604 ■ カール・ベーム / モーツァルト:交響曲第17番、第19番、第20番、第21番【CD】 UCCG-90605 ■ カール・ベーム / モーツァルト:交響曲第22番~第24番、第26番~第28番【CD】 UCCG-90606 ■ レナード・バーンスタイン / モーツァルト:交響曲第25番、第29番、第35番《ハフナー》【CD】 UCCG-90607 ■ カール・ベーム / モーツァルト:交響曲第30番、第31番《パリ》、第32番、第34番【CD】 UCCG-90608 ■ ヘルベルト・フォン・カラヤン / モーツァルト:交響曲第33番、第36番《リンツ》、第38番《プラハ》【CD】 UCCG-90609 ■ ヘルベルト・フォン・カラヤン / モーツァルト:後期3大交響曲~第39番・第40番・第41番《ジュピター》【CD】 UCCG-90610 ■ ギドン・クレーメル / モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、第4番【CD】 UCCG-90611 ■ アンネ・ゾフィー=ムター / モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番、第5番《トルコ風》【CD】 UCCG-90612 ■ オルフェウス室内管弦楽団、 / モーツァルト:協奏交響曲 KAnh9、オーボエ協奏曲【CD】 UCCG-90613 ■ クリストフ・エッシェンバッハ / モーツァルト:キラキラ星変奏曲、2台のピアノのためのソナタ 他【CD】 UCCG-90615 ■ ギドン・クレーメル / モーツァルト:二重奏曲集【CD】 UCCG-90616 ■ キャロル・ウィンセンス / モーツァルト:フルート四重奏曲集、オーボエ四重奏曲【CD】 UCCG-90617 ■ アマデウス弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽四重奏曲集Vol.1【CD】 UCCG-90618 ■ アマデウス弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽四重奏曲集Vol.2【CD】 UCCG-90619 ■ アマデウス弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽四重奏曲集Vol.3【CD】 UCCG-90620 ■ エマーソン弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽四重奏曲集Vol.4【CD】 UCCG-90621 ■ アマデウス弦楽四重奏団 / 《不協和音》《ホフマイスター》~モーツァルト:弦楽四重奏曲集Vol.5【CD】 UCCG-90622 ■ ハーゲン弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽四重奏曲集Vol.6【CD】 UCCG-90623 ■ メロス弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽五重奏曲集Vol.1【CD】 UCCG-90624 ■ メロス弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽五重奏曲集Vol.2【CD】 UCCG-90625 ■ メロス弦楽四重奏団 / モーツァルト:弦楽五重奏曲集Vol.3【CD】 UCCG-90626 ■ クラウディオ・アバド / モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》ハイライト【CD】 UCCG-90627 ■ ヘルベルト・フォン・カラヤン / モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》ハイライト【CD】 UCCG-90628 ■ ジェイムズ・レヴァイン / モーツァルト:歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》ハイライト【CD】 UCCG-90629 ■ キャスリーン・バトル / モーツァルト:オペラ・アリア集【CD】 UCCG-90631, ■ 小澤征爾 他 / モーツァルト:セレナード第13番《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》、ディヴェルティメントK136~138【CD】 UCCD-90020 ■ サー・ネヴィル・マリナー / モーツァルト:セレナード第1番&第3番【CD】 UCCD-90021 ■ サー・ネヴィル・マリナー / モーツァルト:セレナード第4番&第5番【CD】 UCCD-90022 ■ サー・ネヴィル・マリナー / モーツァルト:セレナード第8番&第9番《ポストホルン》【CD】 UCCD-90023 ■ ホリガー・ウィンドアンサンブル / モーツァルト:セレナード第12番《ナハトムジーク》、ディヴェルティメント KAnh226、227【CD】 UCCD-90024 ■ アカデミー室内アンサンブル / モーツァルト:ディヴェルティメント第1番~第4番【CD】 UCCD-90025 ■ PJBE 他 / モーツァルト:管楽器のためのディヴェルティメント集【CD】 UCCD-90026 ■ アカデミー室内アンサンブル / モーツァルト:ディヴェルティメント第7番、第10番&第11番【CD】 UCCD-90027 ■ ホリガー・ウィンドアンサンブル 他 / モーツァルト:ディヴェルティメント第14番~第16番【CD】 UCCD-90028 ■ アカデミー室内アンサンブル / モーツァルト:ディヴェルティメント第17番【CD】 UCCD-90029 ■ サー・ネヴィル・マリナー / モーツァルト:バレエ音楽集【CD】 UCCD-90030 ■ サー・ネヴィル・マリナー / モーツァルト:悔悟するダヴィデ、レ・プティ・リアン【CD】 UCCD-90031 ■ ヴラディーミル・アシュケナージ / 幼少期のモーツァルト:ピアノ協奏曲集(第1番~第4番)【CD】 UCCD-90032 ■ 内田光子 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第5番&第6番【CD】 UCCD-90033 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:3台のピアノための協奏曲(第7番)、2台のピアノための協奏曲(第10番) 他【CD】 UCCD-90034 ■ 内田光子 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第8番《リュッツォー》&第9番《ジュノム》【CD】 UCCD-90035 ■ 内田光子 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第11番、第12番&第13番【CD】 UCCD-90036 ■ 内田光子 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第14番&第15番【CD】 UCCD-90037 ■ 内田光子 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第16番&第17番【CD】 UCCD-90038 ■ 内田光子 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第18番&第19番【CD】 UCCD-90039 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番【CD】 UCCD-90040 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番&第23番【CD】 UCCD-90041 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番&第25番【CD】 UCCD-90042 ■ アンドラーシュ・シフ / モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番《戴冠式》&第27番【CD】 UCCD-90043 ■ ジェラール・プーレ / モーツァルト:初期ヴァイオリン・ソナタ集Vol.1【CD】 UCCD-90044 ■ ジェラール・プーレ / モーツァルト:初期ヴァイオリン・ソナタ集Vol.2【CD】 UCCD-90045 ■ イザベル・ファン・クーレン / モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.1【CD】 UCCD-90046 ■ アルテュール・グリュミオー / モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.2【CD】 UCCD-90047 ■ アルテュール・グリュミオー / モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.3【CD】 UCCD-90048 ■ アルテュール・グリュミオー / モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.4【CD】 UCCD-90049 ■ アルテュール・グリュミオー / モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.5【CD】 UCCD-90050 ■ トーマス・トロッター / モーツァルト:アダージョとアレグロ 他【CD】 UCCD-90051 ■ ピーター・ハーフォード / モーツァルト:教会ソナタ集【CD】 UCCD-90052 ■ トン・コープマン / モーツァルト:チェンバロ作品集【CD】 UCCD-90053 ■ サー・ゲオルク・ショルティ / モーツァルト:大ミサ曲【CD】 UCCD-90054 ■ サー・コリン・デイヴィス / モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス【CD】 UCCD-90055 ■ ペーター・シュライアー / モーツァルト:フリーメーソンのための音楽【CD】 UCCD-90056 ■ ミシェル・オークレール / モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番&第5番《トルコ風》【CD】 UCCD-90057 ■ ナップ・デ・クライン / モーツァルト:初期ヴァイオリン・ソナタ集【CD】 UCCD-90058 ■ カール・ベーム / モーツァルト:セレナード第6番《セレナータ・ノットゥルナ》&第7番《ハフナー》【CD】 UCCG-90632 ■ カール・ベーム / モーツァルト:セレナード第10番《グラン・パルティータ》&第11番【CD】 UCCG-90633 ■ カール・ベーム / モーツァルト:オペラ序曲集【CD】 UCCG-90634 ■ オルフェウス室内管弦楽団 / リトル・ライト・モーツァルト~音楽の冗談【CD】 UCCG-90635 ■ ヘルベルト・フォン・カラヤン / モーツァルト:レクイエム【CD】 UCCG-90636 ■ クラウディオ・アバド / モーツァルト:ミサ・ソレムニス K139 《孤児院ミサ》【CD】 UCCG-90637 ■ エディット・マティス 他 / モーツァルト:コンサート・アリア集【CD】 UCCG-90638 ■ エディット・マティス / すみれ、春への憧れ~モーツァルト:歌曲集【CD】 UCCG-90639 ■ ヘルベルト・フォン・カラヤン / ジュピター~カラヤン/モーツァルト初期録音集【CD】 UCCG-90640 ■ ヘルベルト・フォン・カラヤン / モーツァルト:ディヴェルティメント第10番&第11番【CD】 UCCG-90641 ■ レジナルド・ケル / モーツァルト:クラリネット協奏曲、クラリネット五重奏曲【CD】 UCCG-90642, (1枚目) 1.