ドラフト2020の評価は 「ドラフト2020 指名結果と評価のまとめ」 にあります! 今回のドラフト 感想. 2019年度新人選手選択会議(2019ねんしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、2019年 10月17日にグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールにて開催された第55回のプロ野球ドラフト会議 。 大正製薬が特別協賛しており、公式名称は『プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD』 。 野球系ブログを始めました!  来年さらに上位を狙うのであれば即戦力の打者の獲得が必須だったにも関わらず、長期を見据えたドラフトを行った理由がわかりません。今後阪神はどの年に勝負をかけようとしているのか全く戦略が見えてこない場当たり的なドラフトだったと思います。, 今季は苦しいシーズンとなったので即戦力中心のドラフトになるかと思いましたが、短期と長期をともに見据えた指名を行いました。率直に上手いドラフトだと思います。  石川に3球団も競合したのは予想外でしたが、無事に獲得できて本当に良かったです。長打力が魅力なのはすでにご存じだと思いますが、もう一つの魅力が選球眼です。やはり四球をしっかり選べる打者の方が大成する可能性が高いと思います。  1位以外にも3位の鈴木はエース候補として、4位の韮澤は小園の相棒として将来が楽しみな選手です。ただ、1つ気になった点は2位の宇草です。外野手にスピードがある選手が不足していることから獲得したとありますが、それ以外の能力について評価が分かれています。やや使い勝手が悪い選手に感じるので2位指名は勿体なく感じましたが、他の2位候補に目ぼしい選手がいなかったので消去法で考えるとありなのかもしれません。, 近年の流れとは違い即戦力を意識した指名になったと思います。一応、全体的なバランスは良いのですが、何か物足りなさを感じたドラフトでした。

 1位の佐々木の能力についてはここで説明するまでもないでしょう。本当に将来が楽しみな投手です。個人的には競合した4球団の中で一番良いチームに行ったと思います。ここ数年のロッテは二木や種市、岩下など高卒の先発投手を上手く育成し一軍の戦力となっています。この流れに乗って佐々木の育成にも期待ですが、注目度がとても高い投手なので外野の声には気を付けて欲しいです。  個人的に注目したい選手は3位の上野です。彼の持ち味は何といっても守備で、すでに一軍レベルとの評価もあります。一方で打撃力はまだまだ非力でこちらは時間がかかりそうです。身体能力が評価された高校生内野手が多かった今ドラフトで彼だけは異質な存在でした。, 昨年初めて育成ドラフトに参加するなど少しずつ変わり始めているファイターズ、今後の展開に注目です。, 2度も抽選を外したため苦しいドラフトとなり、短期的よりも長期的な視点を優先した指名となりました。  ただ、石川昂の指名からも分かるように一番の補強ポイントは主力の後釜となる内野手です。にも関わらず、実績のある内野手の指名は5位の柳町だけです。ある程度候補がいた高校生内野手を上位で何故指名しなかったのかは疑問です。(ちなみに4位の小林は内野手となっていますが、彼は元々投手で公式戦での守備は一塁と外野の経験しかありません。) 31: ... 2019年10月18日 08:54; ドラフトは、48点。阪神揚塩けんじ、谷本修一、コメント欄をpcで見ろ。阪神球団責任者 ; 4.  1位の掘田は当然予想外でしたが、伸び盛りで可能性は感じる投手です。また、2位以降の指名は素晴らしく、後半は今年も高校生中心のドラフトを展開しました。1位で獲れなかった即戦力投手として太田を2位で、将来の大砲候補・菊田や正捕手候補・山瀬の獲得にも成功しました。 2020年プロ野球ドラフト通信簿!12球団ドラフト評価、勝ち組と負け組は?!今秋のプロ野球ドラフト会議も終わり、セ・パ12球団の指名選手が決定しましたが、各球団はどんな選手を獲得したのだろうか?各スポーツ紙が分析した、12球団のドラフトはど ヤクルトスワローズのことを中心に自分が興味のあることを書いていきたいと思います。H27年3月29日スワローズ検定2級取得!H28年3月25日スワローズ検定1級取得!, 週刊ベースボールプラス6 国鉄からヤクルトスワローズ 2011年 11/1号 [雑誌], 東京ヤクルトスワローズ40年史―1969-2009 ツバメの記憶 (B・B MOOK 610 スポーツシリーズ NO.  唯一面白いと思った指名は3位の津留崎です。出所が見づらいフォームから150キロオーバーのストレートを投げる本格派投手です。即戦力になりうる存在だと思いますが、故障しやすそうなフォームなのがやや気がかりです。, ドラフト後の話になりますが、西巻を育成落ちにする理由も理解不能です。しかも退団の可能性があります。, 競合で佐々木を、2位で佐藤と目玉候補だった選手を2人も獲得できたことで見事なドラフトとなりました。他チームが難しい指名を続ける中で漁夫の利を得た印象です。  2~4位はいずれも4年秋に調子を上げてきた大学生投手たちです。特に、2位の吉田は制球力がかなり魅力的で、1位指名もあるのではと予想していました。彼を2位で指名できたのは最下位に終わった中での唯一の旨味かもしれません。  1位については酷評しましたが2位以降の指名は近年のドラフト巧者ぶりが存分に発揮された指名となっています。2位の坂本は完成度が高い左腕として即戦力の期待があり、4位の東妻は高校生No.1捕手として将来が楽しみな選手です。また、6位の蝦名にも注目したいです。地方の大学リーグながら中々の強打を見しており、佐野や楠本のように下位指名ながら一軍の戦力となる可能性を秘めています。, 1~5位まで見事に有名どころの高校生を指名しました。多くのファン的には嬉しい指名かもしれませんが、最下位から3位になった意味合いがあまりないように感じます。 さらに、全球団の指名終了後には、全球団の評価や採点をしていきますので、ドラフト終了後にも覗いてください!, なお評価&採点については、選手評価というよりは「現状戦力や方針に合っているか?」という視点を重視しています。, *〇は確定、×は重複ハズレ *表は右にスクロールできます。青字はクリックで紹介ページへ。, 巨人の場合は、選手層も厚く、有望若手も多いので、次世代を担う選手を多めに獲得したのはチーム事情としっかり合致しています。, ただ、菅野が近いうちにMLBへ移籍する可能性もあるので、即戦力投手を獲得しても良かったのでは?と感じました。, 横浜の場合は、ここ最近は一位指名投手がしっかり活躍しており、若手投手陣が豊富です。, ただ、現状の戦力を考えると、内野手補強は急務だったと思いますので、即戦力の方が良かったのでは?と感じます。, 横浜の場合、リリーフが手薄なので、この二人をリリーフとして構想しているのでしょう。, 二位に履正社の井上広大を獲得しましたが、即一軍とはいかずに、3~5年くらいは掛かるでしょう。, そういった意味では、今回のドラフトでは高校生指名が多く、チーム状況に沿った指名とは思えません。, 今年悔しい思いをしたカープにとって、この補強は来年に向けての大きなインパクトとなるでしょうね。, 唯一、田中・菊池が抜ける可能性が有るので、ここを補強しておく億戦力を獲得しても良かったのかなと思います。, また、中日の補強ポイントは投手ですが、昨年同様に一位を野手、二位・三位で投手をしっかり獲得しており、今年も良い補強が出来ました。, まだ高卒一年目と若いですが、リリーフとして意外と早くから活躍できるかもしれません。, 若くて潜在能力が高そうな投手も獲得できており、投手優先の良いドラフトだった言えるのではないでしょうか。, それでも、ホークスの外野陣は左打者が多いので、貴重な右打者として重宝するでしょう。, 年齢的にもそこまで遠くないので、ダブるような選手を上位で獲得する必要はなかったのかなと思います。, 戦力的には余裕があるので、甲斐も含めて捕手のレベルアップを狙った指名なのでしょうね。, また、黒川に関しては、打撃が良いので、将来の中軸候補として良い指名だったと思います。, 田村との競争次第ですが、捕手として厳しければ外野手という選択肢も考慮して佐藤を指名したと思われます。, ロッテは外野手のFA状況や高齢化があるので、外野手の補強はチーム事情にマッチしていますね。, ここ一年で球速グングン伸ばしており、まだまだ成長段階で、それでいて大人の投球が持ちあじの左腕です。, 立野は即戦力とは言えませんが、高い将来性が期待されている逸材で、一位候補とまで言われていました。, 個人的には上位レベルの実力があると思っていましたので、ここまで残っていたか!という驚きがありました。, ただ、投手はいくらいても良いですし、年齢的にそこに続く高校生投手であれば指名するのはありです。, 宮城は高校生左腕No.1という評価で、貴重な本格派左腕を獲得できたのは良かったのではないでしょうか。, オリックスは内野が手薄なので、将来性抜群の大型遊撃手を獲得できたのは大きいですね。, しかし、現時点で失敗に見えても、5年後・10年後に振り返ってみると成功だったという例はたくさんあります。.  また、今ドラフトでは捕手の獲得が急務の中で4位に郡司が残ってたのは幸いでした。既存の捕手とは被らない打撃タイプである一方で、戦力となるかは不安視されている守備次第です。ただ、豊富だった高校生捕手も指名できなかったのは個人的に残念でした。, くじを当てただけでなく4位まで投手で固める徹底ぶり。今ドラフト一の勝ち組という評価は満場一致だと思います。  1位と2位はともに即戦力として期待できる投手を指名しました。1位の河野は今ドラフトNo.1左腕との評価で、小さなテイクバックから投げる直球に要注目です。2位の立野はノビのあるストレートを武器にし本格派投手として期待できそうです。  田村という扇の要がいますが彼より下の世代に捕手はおらず、捕手獲得が急務の中で佐藤を獲得できたのは大きいです。打撃が良い捕手なので控えとしても1年目から期待できるかもしれませんが、一方で守備には課題が多く将来的にはコンバートの可能性もあります。, 現有戦力をさらに底上げできれば上位進出も夢ではない状況の中でこのドラフトの結果は大きな追い風となりそうです。, 例年のドラフトは高校生、特に甲子園を騒がせた選手を多く指名してきましたが、今ドラフトは現実的で即戦力を意識した指名となりました。

 1位の佐藤は外野手として、2位の海野は捕手としての守備力が今ドラフトNo.1の評価です。よって、守備だけなら既に即戦力クラスですが、一方の打撃は発展途上でレギュラーになるには今後の成長次第です。 ドラフト2020の評価は  注目はやはり上位3人の即戦力投手です。宮川は威力満点の速球が武器の投手でどう起用していくのか注目です。 また、2位の浜屋はチームでは貴重な左腕として、3位の松岡は右のサイドハンドで平井の負担を減らす存在として期待できそうです。 中学校から注目されている怪物投手。 最速148km/hの勢いあるストレートが武器。 変化球はスライダー、カーブ、スプリットと多彩。 制球面で粗削りな面があるが、全体的なレベルが高い選手だ。, 最速150km/hの本格派右腕。 力のあるストレートで空振りを奪う。 変化球はカーブ、フォークを持ち球とし、落差の大きなフォークが持ちあじ。 高卒三年目のドラフト解禁に向け、順調に実力を伸ばしている。, 潜在能力抜群の期待の長身右腕。 最速141km/hのノビのあるストレートが魅力。 変化球はスライダー、カーブ、フォークを持ち球とし、どのボールもバランスよく使える。 アバウトではあるがまずまずの制球面も持ち合わせる。 今後の成長が楽しみな逸材だ。, 最速150km/hの左の本格派。 常時145km/h前後の勢いある速球で相手打者を封じ込める。 変化球はスライダー、チェンジアップと球種は少ないが、どちらもレベルが高い。 制球も安定しており、四死球で崩れるタイプではない。 全体的に完成度が高い投手である。, どうして、高校生のドラフト候補ばかりの投手挙げるのか意味が分かりません、スワローズの現状を見れば明らかに即戦力の先発候補を指名するのが必修です今のスワローズにはファンから見て明らかにエースと言われる即戦力の投手皆無だと思います、ですから毎年中継ぎ投手が登板過多になり打ち込まれることが現状では見て明らかであるとは素人の私が見ても分かりますこのように毎年中継ぎ投手に負担を掛けて目先の勝利を取るという事はなくした方が良いと思います。時代も変わりましたから球団のフロントにはもう少し自身の球団の事を考えてドラフトを迎えるべきだと思います。もしただ単に会社の広告のために球団を保有しているのなら、さっさと優勝を狙える企業に球団を売却してください。ファンとしては毎年企業さんが自分の球団に愛着が無く巨人軍を応援しているように見えます球団に愛着がないならさっさと球団を手放し讀賣巨人軍のメインスポンサーになってください。 とにかく今年は先発完投を計算できる社会人や大卒投手を指名してください。 目玉の高校生投手を指名する余裕など全然ないと私は思います。, >>スワローズの現状を見れば明らかに即戦力の先発候補を指名するのが必修です。 まず、注意しておきたいのはヤクルトの本拠地が攻撃有利な球場であるということです。(パークファクターで調べて頂くと、その影響がはっきりわかります) その為、ある程度打ち込まれることは想定しなくてはなりません。 2018年のヤクルト投手陣は、投手評価であるWARではセ・リーグ一位ということで、非常にレベルの高い数値となっています。(WARはPFの影響が強いので鵜呑みにはできませんが) しかし、球場の影響によって一般的な防御率などの数値はそこまで良くないといった結果となっています。 そういった状況があるので、ついつい先発の交代が早くなり、中継ぎの登板過多に繋がりやすい状況と考えます。 これはある程度仕方のないことだと思います。 そういったデータと絡めて、球団としてしっかりした方針を打ち出す必要があるでしょうね。 個人的には打線重視が球場特性に合致していると思います。(一般的なファンも打撃戦が楽しい?), >>ただ単に会社の広告のために球団を保有しているのなら、さっさと優勝を狙える企業に球団を売却してください。 これはまさにその通りですよね。 かつては巨人におんぶにだっこで、「赤字でも広告の為」という建前の球団所有でした。 しかし、時代は変わりました。 ヤクルトがどうかは私はわかりませんが、やる気のない球団、選手にしっかりした対価を支払わない球団はどんどん売却して欲しいですね。 本気で球団を所有したい企業は山のようにあるでしょう。 そして、どんどん選手年俸をアップさせ、野球選手のステータスをもっと上げて行って欲しいですね。, >>目玉の高校生投手を指名する余裕など全然ないと私は思います。 一般的に高校生は「育成」ありきですが、2019年に限っては奥川と佐々木は十分一年目からローテ入りできます。 この二人は、ここ数年のドラフトでも別格ですので「即戦力」と思ってもらって良いと思います。 競合する価値は十分あるでしょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ドラフト2021 候補選手まとめ!ドラフト2021候補を評価別、高校・大学・社会人・独立リーグの経歴別、投手・捕手・内野手・外野手の守備位置別でまとめています。ドラフト2021の候補選手を知りたいならチェックしましょう!, ドラフト候補 森木大智(高知)。森木大智の評価・経歴・特徴・動画・指名予想・スカウト情報を解説。中学軟式野球史上最速の150km/hを投げた怪物投手。勢いある速球と多彩な変化球が武器の本格派右腕。ドラフト候補の森木大智が知りたいならここをチェック!, ドラフト候補 小野大夏(Honda)。小野大夏の評価・経歴・特徴・動画・指名予想・スカウト情報を解説。最速150km/hの力のあるストレートと、落差の大きなフォークが持ちあじの本格派右腕。ドラフト候補の小野大夏が知りたいならここをチェック!, ドラフト候補 達孝太(天理)。達孝太の評価・経歴・特徴・動画・指名予想・スカウト情報を解説。ノビのあるストレートと多彩な変化球を投げる将来が楽しみな逸材右腕。ドラフト候補の達孝太が知りたいならここをチェック!, ドラフト候補 佐藤隼輔(筑波大)。佐藤隼輔の評価・経歴・特徴・動画・指名予想・スカウト情報を解説。最速150km/hの本格派左腕。勢いあるストレートと切味抜群のスライダーが武器。ドラフト候補の佐藤隼輔が知りたいならここをチェック!, ドラフト2021の指名予想まとめです。プロ野球全球団のスカウト情報や、ドラフト情報から、一位指名予想・上位指名予想・下位指名予想をご紹介!ドラフト2021の指名予想を知らいたいなら今すぐチェック!.