All rights reserved. レクサス(トヨタ自動車)は7月7日、新型「LS」を世界初公開した。同モデルの日本での発売は、2020年初冬を予定する。, 今回発表された新型LSでは、独自の乗り味である“Lexus Driving Signature”の深化を目指し、DNAである静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求。パワートレーンやサスペンションからシート縫い位置などの細部に至るまで徹底的な作り込みを実施したという。, トピックは最新の高度運転支援技術「Lexus Teammate」を採用したことで、車両の高い基本性能を徹底的にブラッシュアップするとともに、ディープラーニングを中心としたAI技術も取り入れ、運転中に遭遇しうるさまざまな状況を予測し、対応することを支援。また、トヨタ自動車 凄腕技能養成部に所属する開発ドライバー「凄腕ドライバー」の運転操作を取り入れたシステム制御にこだわることで、複雑な道路状況下でも安全性と優れた走行安定性を実現。人の感性に寄り添った安全・安心な移動体験の提供を目指したという。, トヨタ独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発された高度運転支援技術「Lexus Teammate」については、Perceptive(高い認識性能)、Intelligent(知能化)、Interactive(ドライバーとクルマの対話)、Reliable(信頼性)、Upgradable(ソフトウェアアップデート)という5つの技術的特長を備える。, Advanced Driveでは、高速道路などの自動車専用道路での運転において、ドライバー監視のもと、実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを実現。クルマに運転操作を安心して任せられるよう基本性能を磨き上げ、常に安全を最優先に判断することでドライバーに信頼される運転操作を追求。ドライバーはアクセル、ブレーキ、さらにハンドル操作からも解放され、長時間の運転における疲労の軽減が可能となり、より周辺に注意を払った安全な運転が可能になったという。, また、最新の高度駐車支援技術により、駐車場での操作において、ドライバー監視のもと、カメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援。ハンドル操作、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジの全操作を車両が支援するとともに、俯瞰映像に切り返し位置や目標駐車位置を常に表示し、安全・安心でスムーズな駐車を実現した。, Lexus Teammateでは、ソフトウェアアップデートを活用し、機能の追加や性能向上といったことも行なえるとのこと。, 今回のLexus Teammateについて、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー 先進安全領域 統括部長の鯉渕健氏は「Advanced Driveでは自動車専用道路での周辺認識、自車位置推定、走行車線・位置選択、速度調整などを行ないながら出口までの安全な運転支援を行ないます。カーブ、追い越しなど、走行中のさまざまなシーンで凄腕ドライバーの走りから学んだ自動車メーカーならではの人に寄り添った乗り味を実現します。Advanced Parkではアクセル、ブレーキ、シフトチェンジを全て車両が自動制御し、直感的なスイッチ操作での高度駐車支援を行ないます。安全はもちろんのこと、人に安心感を与える駐車感覚にこだわりました」。, 「さらにLexus Teammateはソフトウェアアップデートを活用し、お客さまの手に渡った後も機能の追加、性能向上を続け、お客さまのニーズに応え続けることで、愛車になっていくことを目指しています。ドライバーとクルマが対話の中でお互いの状態を確認し補い合うことで、安全な運転、快適な移動につなげます。このように技術が進歩しても常にヒトが運転の中心にいる。これがLexus Teammateのこだわりです」と述べている。, エクステリアでは、新しい塗装技術によって深い陰影とハイライトを実現した新規外板色の「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定したほか、2019年8月にマイナーチェンジした「RX」で世界初採用した「ブレードスキャン アダプティブハイビームシステム(AHS)」を採用。光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射し、ブレードミラーに反射した光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らす新機構のAHSとなる。, また、フロントバンパーコーナー部に縦基調のキャラクターラインを配置することで、スタンスの良さを表現。加えてフロントバンパー下端のメッキモールをサイドまで回り込む造形とすることで、伸びやかさを表現。, さらに、サブラジエーターグリルをスクエア形状として外側に配置することで、スタンスの良さを追求。スピンドルグリルのメッシュカラーをダークメタリックに変更し、よりフォーマルなシーンにも配慮した上品さも表現したとのこと。リアコンビネーションランプ内のメッキモールはピアノブラックに変更。厚みを感じるランプ形状とし、ヘッドランプとの調和とともに存在感を際立たせた。, そのほか“F SPORT”では、サブラジエーターグリルのガーニッシュをサイドまで回り込ませることで、ワイドなスタンスを強調。専用色のスピンドルグリル、20インチホイールなどのアイテムも採用し、スポーティなイメージを際立たせている。, インテリアはタッチディスプレイの採用による操作性向上に加え、西陣織と箔など日本の伝統工芸とのコラボレーションにより、細部に至るまでこだわり抜いてレクサスのフラグシップにふさわしい上質な室内空間を目指した。, また、ハンドルとセンターコンソールのスイッチ類を黒で統一し、視認性を向上させるとともに端正な印象を持たせるデザインとした。また、使用頻度の高いシートヒーター、ステアリングヒーターの操作画面を表示させるスイッチをセンターコンソールに追加することで、操作性を高めている。, レクサス、「NX」を一部改良。特別仕様車“Spice&Chic”“Cool&Bright”設定, レクサス、「LS」一部改良でハイブリッドモデルの加速アシスト量を増加。駆動力と静粛性向上. レクサス 2019年10月発売モデル LS グレード一覧. ボディパーツ(グリル)のことなら「みんカラ」。レクサス lsに装着できるパーツのレビューや価格情報が満載。パーツレビュー投稿数690万件突破!レクサス lsのパーツ情報は日本最大級のクルマ情報サイト「 … Impress Corporation. LS(レクサス)2006年9月~2017年9月生産モデル車カタログでお気に入りのグレードがきっと見つかる。LS2006年9月~2017年9月生産モデルに関するスペックやクチコミ情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセンサーnet」! 中期は、2009年10月から2012年9月まで販売されていました。グレードは、ベースグレードのLS460を含めて9つ設定。それでは販売当初のLS460中期のスペックについてご紹介します。 ボディスペック. レクサスのフラッグシップセダンであるLS460。レクサスのモットーである「高級の本質」を追求し、乗車する方にやすらぎの時間を与えてくれます。LS460は高級車であることで広く知られていますが、実際はどのような車なのでしょうか。ここではLS460を細部に渡って分析していきます。, LS460には、前期、中期、後期の3タイプがありますので、それぞれどのようなスペックをしているのか比較していきましょう。, 前期は、2006年9月から2009年9月まで販売されていました。ベースグレードのLS460を含め合計7グレードが用意。では販売当初のLS460前期のスペックについて見てみましょう。, LS460前期は、V型8気筒4.6Lガソリンエンジンを搭載し、そこから出される最高出力が385馬力。アクセルを軽く踏むだけでもグングン加速します。バージョンCには、クリアランスソナー、本革ステアリング・本革シフトノブには本木目を採用。さらにパワートランクリッドまで備わっています。, バージョンCの装備に加えて、セミアニリン本革シート、クッション長可変シート、アルカンターラルーフが搭載された「バージョンC Iパッケージ」は装備にも十分満足のいく1台です。, バージョンSは、アクティブスタビライザーのほか、タイヤ&ホイールサイズを19インチにアップしています。バージョンUは、後席エアバッグ、リアサンシェードなど、より快適性を重視。バージョンS、バージョンUともに、室内に本革やアルカンターラをインテリアの基調としたIパッケージの設定もあります。, 中期は、2009年10月から2012年9月まで販売されていました。グレードは、ベースグレードのLS460を含めて9つ設定。それでは販売当初のLS460中期のスペックについてご紹介します。, 前期と中期のスペックを比べると、全長が30mm伸びています。中期には、チューニングサスペンション、専用ブレーキ、19インチアルミホイールを搭載した「バージョンSZ」を新たに設定。新設定されたグレードには「バージョンUZ」もあり、9インチ高精細ディスプレイを搭載するリアエンターテイメントシステムを標準装備されています。, バージョンS、バージョンU、バージョンSZには、豪華なインテリアを採用したIパッケージを用意。中期からは460Lが登場し、全長が5,180mmで、ホイールベースは3,090mm、車両重量が2,080kgと、LS460よりボディが長くなっています。ホイールベースも伸びている分、車内でゆっくり過ごすことができます。ただ全長が伸びたため、車両重量も増えているのです。, 後期は、2012年10月から2017年10月まで販売されていました。グレードは、LS460のベースグレードを含めて9つあります。以下は、販売当初のLS460後期のスペックです。, 中期から後期は、エクステリアが大きく変更されたことが分かります。中期と比べると、全長が30mm伸びており、前期と比べると60mmのアップです。最高出力は、前期・中期は385馬力に対して、後期は392馬力と、さらに馬力が上がっていることが分かりますね。そのことから後期は、前期・中期より快適に加速します。, 残念なのは燃費です。前期・中期が9.1km/Lだったのに対して、後期の燃費は8.4km/L。燃費が700m落ちているということは、ガソリンタンクに84Lのガソリンをすべて使い切ると、前期・中期より58.8kmも走る距離が短くなってしまいます。, 中期のバージョンCに装備されていた本革ステアリングには、ヒーターがつくようになりました。新グレードとして、FスポーツとバージョンLが追加され、ウインドシールドガラス(IRカット・UVカット機能・熱吸収トップシェード付)を備えた「エグゼクティブパッケージ」を用意。, Fスポーツは、専用のエクステリア・インテリアデザインをしているほか、専用チューニングされたトランスミッション、サスペンション、ブレンボ製高性能ブレーキ、19インチ鍛造アルミホイールなどが装備され、まさにスポーティ感満載です。, LS460の前期、中期、後期は、先ほどご紹介したスペックの違いがありますが、他にもいくつかの変更点があります。この記事を読めば、LS460の前期・中期・後期の区別をつけることができるでしょう。まずはLS460前期は、以下のようなスタイルをしています。, 前期と中期を比べると、ヘッドライトのウインカー部分のデザインが、中期は上下で分割されているのに対して、前期は分割されていません。フォグランプの形状も、前期は涙目型ですが、中期はつり目型になっていますね。テールは、前期がクリアの部分が横一線なのに対して、中期はサイドテールのクリア部分が細くなっていることが分かります。, そのほか、フロントグリル、バンパー、リアバンパーや18インチアルミホイールのデザインの変更や、サイドターンランプ付ドアミラーを装備。安全性能は、アクティブヘッドレストやレーンキーピングアシストを全車に標準装備しました。中期にはファイングラフィックメーターがオプション選択でき、従来のアナログメーターより進化がみられます。, ファイングラフィックメーターは、メーター内に車の前方の様子が映し出されるなど、進化を遂げたメーターが搭載できるようになったのです。, ブルートゥースオーディオや地デジ、USBポートといった、人気の装備が搭載されたのも中期からです。バージョンSZのように、グリルや本木目のパターンを選択できる楽しさもあります。, 高価なものだと、網木目というデザインを選択すると、1,000,000円ものオプション料金がかかるほどです。このように、前期と中期では、細かい変更点が多いため、走りゆくLS460を見ていても、前期なのか中期なのかは正直なところ判別が難しいでしょう。しかし後期は、エクステリアから一新していますので、すぐに後期の判別ができます。, 後期から、エクステリアでは「スピンドルグリル」を採用し、それにともないヘッドライトの形状などを大きく変更。リアにもスピンドル形状を採用するなど、LSの高級感をさらに際立たせ、存在感を漂わせており、個性的なスタイリングを実現しました。インテリアでは、インパネを水平基調にし、LSの品格が室内にも表れています。, 水平基調にすることで、見た目の良さだけでなく、ボタンの配置も工夫されたことで、ドライバーが操作しやすい構造となりました。このように、前期・中期・後期は、エクステリア・インテリアを見ると判別できます。とくに前期・中期から後期では、大幅な変更がありましたね。, これだけの変更点がありながら、トランスミッションは、現在主流になっているCVTの採用ではなくATの採用し続けてきました。その理由としては、LS460のように大きなトルクを発揮するエンジンを採用している車にはATが適しているところにあります。LS460は、変更するべきところは変更しながら変化を遂げてきた車なのです。, 今回はLS460の前期・中期・後期の違いについてみていきました。LS460はおおよそ3年周期でモデルチェンジを繰り返し、短いスパンで進化を遂げてきました。前期から中期へのモデルチェンジより、中期から後期への変更点が大きいことをご理解いただけたことでしょう。, エクステリアはもちろんのこと、インテリアの変更もありましたし、安全装備についてもモデルチェンジの度に変化を遂げています。2018年11月現在のLS460の中古車相場でも、後期は4,000,000円以上する車が中心ですので、まだまだLS460の人気は衰えていません。今回の記事をお読みになって、街行くLS460を吟味してはいかがでしょうか。, CARTUNE(カーチューン)は、自動車のカスタム・ドレスアップ・整備やDIY、パーツのレビューや口コミ・評判を共有しあう、クルマ好きが集まるコミュニティサービスです。, 引用元:https://cpo.lexus.jp/carImg/04301/1813640/18136402018080313053901_L.jpg. LS500; LS500 Iパッケージ; LS500 Iパッケージ; LS500h; LS500h ートパッケージ, このモデルの中古車をもっと見る, この車種の中古車をもっと見る, LS 460L エグゼクティブパッケージ 4WD, LS 460 バージョンC Iパッケージ 4WD, CT 200h クール ツーリング スタイル, LSハイブリッド 600h バージョンS 4WD, メルセデスAMG Eクラスカブリオレ, ランドローバー レンジローバーイヴォークコンバーチブル, メルセデス・ベンツ Cクラススポーツクーペ, スバル インプレッサハッチバック, ベントレー コンチネンタルコンバーチブル, トヨタ スプリンタートレノハッチバック, マツダ ボンゴブローニイトラック, LS(2006å¹´9月~2017å¹´9月生産モデル)トップへ, "カーセンサーは安心"その理由, LS (2006å¹´9月~2017å¹´9月生産モデル). レクサス LS LS460の中古車情報・中古車検索。46万台以上の物件から、レクサス LS LS460の中古車がすぐに探せます。無料で電話問い合わせも可能。レクサス LS LS460の中古車両、クルマを探すならNTTレゾナントが運営するgoo - 中古車