指定暴力団“隼会”を抜け、堅気として生きる覚悟を決めた翼彦一は、コンビニの店員をしながら暮らしていた。 自分や自分の家族がそうなったらと考えると、悩んでしまいます。 極道者が介護ヘルパーになるという破天荒な設定で人気を博した同名TVドラマの劇場版。老人介護施設を舞台に、福祉事業の利権に群がる政治家や暴力団に立ち向かう男の奮闘を描く。監督は「容疑者Xの献身」の西谷弘。出演は「僕と妻の1778の物語」の草なぎ剛、「HOME 愛しの...... [続きを読む], » 映画『任侠ヘルパー』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪] 草なぎ剛さん演じる彦一は、彼のポリシーである「弱きを助け強きを挫く」に基づいて目の前の人々をなんとか救おうとしました。 香川照之さん演じる八代が「誰も救うことができない」と言いますが、たしかにすべての人を一気に助けるというようなことは難しいのかもしれません。 行政の支援があればいいのですが、政治課題にもなっているように財政は国も地方も火の車であり、十分な支援が得られないということもあります。 ずっと眉間に皺を寄せていましたが、途中一回だけ笑顔になるところがあるのですが、そこの笑顔が余計に輝いてみえました。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. エンタメ性もありつつ、考えさせられる事柄も  足を洗って堅気となり、コンビニ店員として働く元極道者の翼彦一。 また介護ビジネスは3Kと呼ばれるように、職場としてはたいへんだとも聞きます。 そういう必要だけど、成り手がいない仕事というのは、けっこうブラックな組織が絡んでくるわけです。 元暴力団員の翼彦一は、コンビニ強盗の老人・蔦井に同情したことから刑務所送りになってしまう。 出所後、彦一は蔦井に紹介された大海市の極道・極鵬会からシノギをもらう。 それは闇金で破産した老人たちを劣悪な環境の施設「うみねこの家」に入れ、生活保護や年金をせしめる仕事だった。 蔦井の娘・葉子の元恋人で市会議員の八代は、市の貧困ビジネス撲滅に乗り出すのだが…。 人気TVドラマ劇場版。... [続きを読む], » 「任侠ヘルパー」:やくざファンタジー [大江戸時夫の東京温度] それでもその問題はずっと進行中なわけで放置するわけにもいきません。 クセのある役が多い方なので、今回のキャラクターも「実は・・・」ってなるかと思ったのですが、最後までいい人でした(笑)。 私が、上白石萌音さんのことを初めて知った作品です。ひょんなことから高校生の男女が同棲するのですが、イケメンの彼がヒロインに対して恋をします。その時の、ヒロインの慌てっぷりが見ていて面白かったです。その... 爽やかな男女の高校生による順なラブストーリーだと思いました。新木優子さん演じる女子高生から、中島裕翔演じる男子高校生に告白し、付き合うことになったのですが、ところは女子高生が突然「わかれよう」と言い始... 1週間で記憶を失ってしまう女子高生と、真面目な男子高校生の間で繰り広げられたラブストーリーです。彼女に対して、交換日記を提案し、何度でも「友達になってください」という男子高校生が爽やかでよかったです。... チア・リーディング部が、熱血教師の元、全国制覇を目指すストーリーですが、時間が経つとともにメンバーたちのチームワークが良くなっていくプロセスが見ていて爽やかでした。最終的に、アメリカに行き全国大会にて... シリーズの途中から毎回ハリーの大事な人が目の前で亡くなるシーンが登場しましたが、1番悲しくて泣けたのが、この映画のラストでドビーが亡くなるシーンでした。ベラトリックスから間一髪で逃げ切ったと思いきや、... 永野芽郁さんの可愛さがとても際立っている作品でした。特に彼女が田舎出身で、吉祥寺に引っ越してきて、田舎者扱いされるのですが、友人を作り徐々に永野芽郁さんが垢抜けていくプロセスはワクワクしました。また、... ダンブルドアの命をかけた戦いシーンはとても迫力があり、さすがホグワーツの校長といった貫禄がありました。ダンブルドアが正気を失いながらも水を飲み続けるシーンでのハリーの悲痛な顔も引き込まれる演技でした。... 人生に失敗してニートになってしまった男性が、ある企業にリライフの提案を受けることから始まりました。それは、若返る薬を飲んで高校生活をやり直すというものでした。姿は高校生になっても、心は大人のままですの... グレアムを演じるジュードロウの大人の色気が素敵でした。2人の女性か失恋してボロボロになって、お互いの家を交換して休暇を過ごす中で新しい出会いをし、また心が動いていくストーリーがとてもよかったです。恋愛... メイちゃんの執事の概要 制作:2009年 日本 演出:石川淳一 出演:水嶋ヒロ、榮倉奈々、佐藤健、谷村美月、大政絢、他 メイちゃんの執事のあらすじ.  さて、予告編を見てから、ずーっと待望していた『任侠ヘルパー』を、遅ればせながらやっと観ましたよ。

(2012年9月24日).

2017年7月25日 閲覧。 ^ “夏帆、役作りでキャバクラ堪能「楽しんじゃった」”. 言うまでもなく「介護」というのは現代の日本において課題の一つです。 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159646/ 先週行けなかったんだわ~舞台前に行こうと思ってていざ玄関開けたら雹降ってきましてね。, 出足を挫かれたとはこのことよ…さすがに雹の中、長丁場の舞台前にチャリこいで駅まで行く気合が残っていなかった。前日は飲んでおったし。, ハイじゃねぇよポリ公がよぉ…っていう彦一のセリフもまた…うわあああああああにきいいいいお慕い申し上げますれば△※#%(壊), この彦一のセリフは、今作の数少ない「おもしろ場面」の一つとして軽くスルーしてしまってもよかですが、, 彦一が一人一人の入居者さんのバックグラウンドを把握しているということ、また認知症患者の症状や特性を理解しているからこそ彼が起こしたアクションである、という感じに掘り下げられるわけです。オタクなので。(私が), あと、キャベツ高速切りのおばあちゃんがだんなさん振り返って微笑むところが泣けてたまりません。, 過去、どんなに立派に生きてこようとどんなに苦労してこようとどんなに誇れる仕事をしてこようと。昔できていたことができなくなる。どんなにあらごうと努力しようとそれが老いだということを目の前に突き付けられる。, 戦後、半世紀以上。原爆や焼野原、敗戦国という十字架を背負って食うもんも着るもんもなかった状況から世界第二位大国へちっこい島国をのし上げてくださった方々が、いまや社会の汚物同然に嫌悪されないがしろにされるという直視しがたい現実。, なんだか胃が痛くなりますよ。うーん、深読みすればするほど泣ける。深いぜ!タイトルがアレなだけで深い映画だぜ!, ご存じのとおり、わたくしモニター試写会というタイミングで7月に日本一の速さで映画を見た人間です。, そのころはまだ特報もなし。ツイッタで「セーブオンでアニキがバイト」くらいしか私は存じ上げませんでした。, そんなまっさらな状況で見に行ったときの…アニキの破壊力のすさまじさったらなかったぜ。, この気持ちをどう表現すればいいのかな、ですぜ。(うっかり舞台の大事なセリフを借用), あ…あにきの髪が…なげぇええええええかわいいいいい若いいいいいいいいもえええええええ, ストーリーとか関係なく、華麗なるアクションと陰の表情に一気に引き込まれた感じです。, 1回目ってやはり肝心だ、と思う。5回見て、いろいろあらさがしし始めてしまったのでなおさら…, 髪型もびっくらしたんですが、ともかく全裸(設定)のアニキの首の太さ!むなきん!ぜんら!ぎゃあ!, なんてジャニーズ全歴史を振り返りそうになりつつ、がたいが倍はありそうなスキンヘッドの前からしょうゆを奪いおかずにぶっかけそのおかずを乱暴にメシにぶっかけかっくらうアニキに「いちいち動作がかっこいいですぜアニキ…」とかふるえながらようやくそこらへんでひとつ落ち着いたのを覚えています。若干ですけどね。若干。, 野球帽のアニキの番号が「223」なのはなぜだ…つばさだったら「283」だな…ここで「224」とかじゃなくてよかったぜ…, なんてどうでもいいこと考えながら、まちゃあき氏がどっから声出してんのって声で、すごく老人になっててこの人も味があるなぁなんて考えてました。, ここでおもしろシーンその2、(その1は冒頭のコンビニ客との不毛なやり取り)「うるせぇころすぞ!」がハモルやくざ2人。, モニター試写では、後ろのほうでのヤクザらの会話なんざ耳に入りませんでしたが、さすがに3回目くらいで聞き取れました。, 「なんだ、堅気とかわんねぇなぁ」「いまどきパンチになんかしてたら笑われちまいますんで」, というところ。また後ほどの八代のセリフ、「今のやくざは経済合理性を重んじる」というところからも、, 現在のヤクザの環境変化にもかなり冒頭でさらっと触れてるのが面白い。非常に面白い。ヤクザも崖っぷちという事実をさりげなく提示してくるところがさすがや、と思います。, アニキの太ももに抱きついたあげく足蹴にされるという、全日本の彦一ファンがハンカチかみしめてうらやましがる役どころ。「わたし、せいじになりたい」と心の中でつぶやいた変態推定2万3000人。, んで、本日の鑑賞でふと気づいたんですが、彦一はせいじに会わなければきょくほう会んところにはいかなかったのでは、と。, 阿呆なバカが押しかけてきて、あーめんどくせーなどうすっか、ってところで、ポケットの中の駒に手が触れる。, 野球のとこでいらねーって言ってたけど出所まで持っていたので、なんとなくその気はあったのかもしれませんが。いまいち決め手にかけていたというか。, 「悪かったな」と言って(声がまたやさしいじゃねぇかアニキ…)ジャケット放るところで、, 雑誌でも散々本人も言ってましたが、あの、靴をもったもた履きながら塩つかむシーンが大っっ好きなんです。, かっこ悪いのになんだかステキ。人間味あふれると申しましょうか、なにやら親近感というか人間らしさというか。, 非オタの方々が一様に「足長い」とおっしゃるのを耳にして、なんやらドヤ顔で「ふふん」と笑いたくなるのを必死に抑えています。いや抑えられてない実際。ドヤァ。, くさなぎさんは170cm。決して背ぇ高くはありませんしその身長からいけば実質足が長いことにはなりません。, 以前、スマコンにいらしたスタイリストだかなんだか、服関係のプロの方がライブを見ていて、, まあわたしは彼のスタイルに関しては盲目なのでよくわかりませんが、(すべてがドンピシャなんです), バランスがいいのかな。とにかく私の中で今回の彼に関しては「スタイリッシュヤクザ」ですからねあだ名がね。センスゼロ。, とにかく旅館でのヤクザ撃退シーンにて、ふたたび「アニキどこまでもついていきますればあああああ」, 今回この映画では「盗み見」がすごく多い。盗み見のシーンを多く入れることで、彼らの心情状況を想像させる一役を買っています。, んで、アニキの芝居によってきょくほう会のいいポジションにいきなり入ることになったわけで。, 施設の描写はなかなかなもんですね。わたしはえぐい(グロではない)シーンは大丈夫なほうなのですが、「ドラマでは描けない」のがここらへんのシーンだと思っています。, わたし存じ上げない役者さんでしたが、歌手さんでしたか。絶妙なキャスティングですね。, ご覧になられたでしょうか。いやまだご覧になってないのにここまでブログ読んでたらアカンぞまじで。, 他人をどろぼう呼ばわりするタイプはもともとの性格にもよるそうですね。わたしの親戚のおばちゃんにも一人おりました。私の母がどろぼう呼ばわりされたっけなぁ。あれ腹立つなぁ。, 笑わない母親なんかいやだよな。うん。ゆうりちゃん悪い子じゃないねん、むしろしっかりしたおねえさんやねん。, 颯太がいい子過ぎて泣けた。後ろで服たたんでんねんな。ああかわいい。かわいすぎて泣ける。, そんで荒稼ぎしているアニキとせいじの病院での小芝居がなにやらツボに入って笑えました。うさんくささ120%ですアニキ!, 今日なんてせいじと一緒に「まじいろっぽい。マジかわいい」とか心のなかでつぶやいてしまった。なんだろう、キャバ嬢にはまるおっさんの気持ちがわかってきました。わかんなくていいもんがわかってきました。あれはかわいい。あれは貢ぎたくなる。, ダメ男にはまるダメ女の気持ちがわかってきました。わかんなくていいもんがわかってきました。, おもわず目が泳いだ。上映中に「えっどうする?」と友人に聞きそうになった私。動揺しすぎだぜ!どうもしないぜ!どうもできないぜ!, と、上映中に相槌うってくれる相手もいないのに一人心の中で平静を装いました。動揺しすぎだz!, まあしかしその次の日の朝の半酔いアニキもえろかったですね。朝日にシャツがはだけすぎてまぶしいですアニキ。, そして一度あっただけの子供に(ねえちゃんにとっては初対面)ラーメンをおごるアニキ。, これはなつかれても仕方がない。任侠ヘルパー見て食べたくなる食事、それはレバニラとラーメン。, ちっこい男の子ってう○ことかち○ことか下品なこと好きですよね。ゲップで笑う颯太。謎だ。, そして女の子にも「メンチきってんじゃねーぞ」とすごむアニキ。アニキまつ毛ながいですねアニキ。アニキ唇赤すぎませんか色っぽいですねアニキ。, これ、ヘイトウイルスの前だからよかったけど、後に見ると度胆抜かれてしまいますね。品川さん、いや品川様。, ヤクザという偏見と冷遇に、いろいろ絶望し、たいようで得たいろんな温かいものが砕かれ、冷え切っていた。, コンビニでのアニキの目を見て、また冒頭でのムショ内での「ホンモンになってやるよ…」という独白から、もうアニキは再起不能まで堕ちていたんだな、と感じていました。, だから颯太に初めてあって、葉子さんが「何やってんの颯太!」と叫んだときのアニキの顔と反応は感銘深いものがあります。, あのときに、ほんとにひさしぶりに「たいよう」のこと、涼太のことを思い出したんだと思います。わかりにくいですがすごく動揺してましたものね。タバコ逆にすっちゃうし。, 颯太は涼太に初めて会った頃の背格好に類似しているし、名前も似ている。(一文字違いとか憎いぜ監督!), 試写のあと、友人ともりあがったひとつでもあります。「あのときぜってー涼太思い出してたよねー!やだもうあにきー!かわいー!きゃー!」←馬鹿2人, よく、感想でちらほら、「葉子さんのために施設の立て直しを決意した」という話を聞きますが、わたしは彼は「颯太のために」動いたと思っています。ああマジで涼太と再会してほしい。いい男になった涼太と再会してほしいですもえをください監督。スピンオフでいいです監督。, ちと飛ばしますが、場末のクラブで葉子さんに「あの子たちに近付かないで!自分が何者かわかってるでしょ!?」と糾弾されるシーンも。, あそこでも「ぜってー羽鳥社長思い出してるよねー!やだもうあにきー!きゃー!」とかやってました。←馬鹿2人, ここ、一番の見どころだと思っていたので、特報で流れたときに「そこながしてええんか!?ええのんか!?」と変ななまりでつっこみを入れてしまったのを覚えております。, ちなみに「ばあちゃんはうちにいたかったんだよ!」を特報に入れてくれ、とモニター試写会でアンケートに書いたのは私です。, なんていうの…悪い人が、子供や老人や動物に好かれるのってファンタジー王道ですよね。根は優しいんだよみたいなね…ふふ…, ここの流れ、なんともないシーンですけど。鑑賞3回目くらいから泣けてきてしょーがありません。深い。, ろくなセリフもないけど、もしかしたらここが一番の見どころなのかも…とか最近思ってしまいます。, このシーン、事前の特集番組で流れてしまったとき、颯太のダッシュシーンより度胆抜かれましたわ。, 映画見てる最中は思わないけど、くさなぎさんてなんでああいう演技ができるんでしょうかね…。, ここはほんとに彼の演技力の高さというか、いや演技なんて技巧的なもんじゃないんです、とにかくもうそういう人間だ、翼彦一だ、と思わせる彼の力に感服しきりです。名場面。, 八代と葉子さんが雨の中対峙しているのをゆうりちゃんが部屋の中で見ております。こういう盗み見がすごくいい。監督ずるい。, 颯太はもうアニキ大好きなのわかりますが、ゆうりちゃんもね。最後のほう、アニキがチャリで帰ってきたのを見るゆうりちゃんの笑顔がたまらんです。冒頭のほうのしかめっつらがあるからこそ。, そんできょくほう会事務所で日吉に灰皿でぶんなぐられるアニキさえスタイリッシュ。額割られてもイケメン。, そして写真を売った後、うみねこを守るためとはいえ、重い心と体をぶらさげて窓の外から暖かい室内を眺めるアニキ。ここたまんねぇっすアニキ。アニキ抱きしめたいですおそらく直後足蹴りされるでしょうけど。, 「おとうちゃんおかえんなさい」でちと焦って部屋に入ってくるアニキに敬礼している巡査部長がかわいくてたまりません。巡査部長、頼れる男です。火事の時率先して火消してます部長。, 「もうここは終わったんだよ!!!」と叫んだあとの彦一の顔!顔!(大事なことなので2回), Uストリームで流れるアニキの破天荒。八代が病院で映像を見ながら涙目になってんのみて、「あ、こいつも惚れたか。南無三。」, この時点で彦一が起こした行動の真意をしってるのは八代ときょくほう会だけなんですよね。泣かせるじゃねぇか…。, でした。アレまぢかで見たらより( ゚д゚ )になるですね。あまりに理解を超えたものに遭遇すると思考停止するアレです。, 初回では、せいじがアニキの服を着てることに気づきませんでした。なぜならアニキが何言ってんだか聞き取れなかったです。, そのあと雑誌でそのくだりを知り、3回目くらいでやっと「俺の服着てんじゃねぇよ!」がわかりました。, そのくせあかねのそばにいたいとかかみつくしなぁ。ドエス風間め。あにきもあかねも大好きかこのやろう。一番よくばりだな。まったくけしからん。, あ、以前もいいましたが、この映画で一つケチをつけるとすれば、りこの出演はいらなかった、ということです。, 映画として完成度が高すぎたため、逆にTVシリーズの役者が足をひっぱる形になりましたね。非常に残念です。, 映画なんですけど、なんだかあの後のうみねこどうなるんだろ、大丈夫かな、とか心配してしまうんですよね。あんな寒空の中、ビニールカーテンじゃこころもとない。誰かなんとかしてやってくれ。, そんで、「やりなおせねぇかな…」とかいうばかせいじがいとおしいです。ばかだから言える言葉、でもそんなバカが必要なときだって時代だってある。泣かせやがって。, うみねこを守るために売ったんだ、とかそういう言い訳もいっさいしない、ただ事実だけ。あとはてめーで判断しろとばかりに。厳しいんだかやさしいんだかわからん。好き!, 品川さんが無表情でラーメン食べてんのも、そこに傘ついてよたよたうみねこにたどり着くじーちゃんも泣ける。, そしてゆうりちゃんがかあちゃんとこにラーメン2こもってくんのも泣ける。きぃぃぃぃいっぃぃゆうりちゃんマックスかわいいもえええええ, ここで彦一は、葉子の気持ちが八代にあるのを悟るわけです。そのあとのまた彦一の笑い方がなぁ。もう、このひとバカ。, そのあとの八代と彦一のやりとりは、ほんとに「どこの少年漫画!!!!」ともえたぎりました。なんだかもーばか2人がぼろぼろになってばかやろーこのやろー言いあってんですよいい歳こいて!ばか!かわいい!もえ!, ほんとにほそいですねこの方服着ると。脱ぐとすごいのよ、を三次元でいきますかアニキ。, しかしつっこまずにいられない。その表情を女に使えばいちころですがな!なぜおっさんに!なぜ必殺の技をおっさんに使う!?おっさん惚れさせてどうすんねん!, 試写とは微妙に違ったわけでして、そんなわけでどうもわたくしのなかで煮え切らないんですが、, あれのほうが、「終わった」感がしないですね。真正面だと、なんか「終わった」感強いんですよ。ラストって感じがうすまる。, あ、あと、警官のセリフですね。試写では「ホンモン?」という彦一のセリフがラストでしたが。現在のは警察の「動くなよ!」「動くなと言ってるだろ!」がラストのセリフになってるので、それも終わりがぼんやりした感じにさせますね。いいんかわるいんかわかりませんが。.