)
この場合、仕事Wと運動エネルギーの関係は, もし、速度を引き上げるときの力 F が、一定の力だとすると、等加速度直線運動の公式から、さきほどの公式を証明できる。, 力が一定でない場合でも、つまり加速度が一定でない場合でも、微小区間に区切って計算することで、その区間内では加速度が一定と近似できるので、加速度一定の場合と同様の公式が成り立ち、 v

注意すべき点などを簡潔にまとめています。. ( 間違えて、【誤答例→】 s=4.5x4.5/2=10m t=4.5/1=4.5秒 また最初の1.5秒で半分の5mを転がります。 計算が楽なので、今後も本ブログではμ=0.1とすることが多いと思いますが、μ=0.1ではスティンプメーターでは1.8mしか転が …

x {\displaystyle W={\frac {1}{2}}kx^{2}} g こちらのサイトで、放物運動(初速と角度から計算)をやってみたのですが、微調整した値を知りたいと思っています。 物体を、初速度v、打出角度θで上方へ打出した時の到達距離、到達高度、滞空時間を求める計算 …

2 x = 計算式:ヘッドスピード × ミート率 = ボール初速. ƒ{ƒ‹ƒgƒAƒNƒVƒ‡ƒ“ƒ‰ƒCƒtƒ‹AƒVƒ‡ƒbƒgƒKƒ“‚̃ŒƒMƒ…ƒŒ[ƒVƒ‡ƒ“i‚PD‚S‚S‚ij 2 k

x

1 m ( 1 M16A2(5.56*45)=1600J AK47(7.62*39)=2120J さぁこれで1発のエネルギーが分かりました。とことんまでカリカリにチューンして弾を遠くに飛ばす銃を作ろうと思った方、ちょっとお待ち下 … m x また、さきほどの節の仕事の定義より、仕事の式の力は、移動方向の分力のみを考えればよい。なお、垂直方向には動いていないので、垂直方向の分力 F・s sin θ は仕事をしていない。なので、水平方向の分力のみを計算すれば仕事が求まる。そして、その、水平方向の分力 F cos θ がする仕事とは、, たとえば図のように動滑車を使うと、物体を持ち上げるのに必要な力は半分になるが、物体を滑車を使わないときと同じ距離だけ持ち上げたい場合に、ひもを持ち上げるのに必要な距離が2倍になるので、結局、滑車を用いても、「力の大きさ × 移動量」という量は同じである。つまり、仕事の大きさは、滑車を使っても変わらない。, てこ や 斜面 でも、力の大きさは変えられても、そのぶん手元の移動距離が増えてしまい、結局、仕事の大きさは変えられない。

h é›¢ãŒ4倍になるという話は、自動車の交通安全講習などでよく聞かさます。. m 結局、仕事は変わらない。, 図のように、傾き θ の斜面があるとしよう。計算の簡単化のため、斜面は滑らかであるとして、摩擦は無いとしよう。 2 仮に摩擦の無い理想的な てこ や 斜面 があったとしても、それを、どんなに組み合わせても、「力の大きさ × 移動量」という量は同じであり、つまり仕事は変わらない。, このように、どんな道具を使って力の大きさを変えても、道具を使わない場合と、仕事が変化しないことを、仕事の原理という。, 図で分かるように、距離 h[m] だけ持ち上げるのに必要な力は半分の よって、, そして実験結果も、この式 =

) この計算式は6mmや8mmのBB弾がピッタリ6.00mmや8.00mmの場合には役立つモノですが、実際に販売されているモノは5.9mmだったり5.96mmだったりしますし、重さも0.19gや0.206Jだったり…商 …
1

x &= v_0 \dfrac{v-v_0}{a} + \dfrac{1}{2}a \left( \dfrac{v-v_0}{a} \right)^2 \\[1mm] + h ということは、高さh[m]にある質量m[kg]の物体はエネルギーをmgh[J]ほど持っていることになる。 ‚OD‚Q‚T‚‡‚a‚a’eŽg—pŽž‚̃ŒƒMƒ…ƒŒ[ƒVƒ‡ƒ“ƒMƒŠƒMƒŠ 力学の基本となる運動の記述において重要な等加速度運動。公式の丸暗記ではなく,速度と時間のグラフを用いて考えることで,理解が深まります。, まず,等加速度運動とは読んで字のごとく各方向で加速度が一定である運動のことです。速度と加速度,また運動を記述するにあたり必要な時間の導入についてはこちらのページを参考にしてください。, この式は初速\(v_0\)でスタートした物体が加速度\(a\)で運動しているときの,時刻\(t\)での速度\(v\)を表しています。加速度が速度の時間変化率であるということに気づいていればすんなり入ると思いますが,式の形だけを見ると\(v\)は\(t\)の1次関数となっています。つまり,グラフは次のようになるはずです。, この式は初速\(v_0\)でスタートした物体が加速度\(a\)で運動しているときの,時刻\(t\)での変位\(x\)を表しています。変位ですから\(t=0\)での位置を基準としてどれだけ位置が移動したかを計算できるのですが,こちらのページでも言及したように,正の向きをきちんと定める必要があります。つまり,, 加速度\(a\),初速\(v_0\),変位\(x\)をはかる向きは統一する必要がある, ということです。この式も\(v-t\)グラフを用いることで簡単に理解できます。ここでは加速度が正の場合のみ扱いますが,負の場合も上の速度の公式同様ですので,まったく同じです。, さて非常に大事なことですが,速度のグラフが囲む部分の面積が変位に対応するのでした。ですから,上のように速度が時間の1次関数(グラフは直線)の場合,それが囲む部分は台形になります。上の図ではその台形を下側の長方形と上側の三角形に分割して考えました。このとき,, になりますから,それぞれの面積を計算して足すことによって変位が次のように求まります。\[ x(t) = v_0 t + \dfrac{1}{2}at^2 \]速度のときに比べて文字の数が多くて少し紛らわしいですが,このように図形的イメージを持つことで間違えにくくなります。例えば初速がゼロでスタートしたなら,変位は\(at^2/2\)と簡潔に書けることもこの式からわかりますね。, さて最後は速度の二乗がどれだけ変化するかを表した式です。実はこの式(3)は,上の二つの式(1)と(2)を連立させて\(t\)を消去すれば求めることができます。つまり(1)から,\[ v = v_0 + at \quad ゆえに \quad t = \dfrac{v-v_0}{a} \]となり,これを(2)に代入します。

{\displaystyle mgh={\frac {1}{2}}mv^{2}}