© 2018 Metro Ad Agency Co., Ltd. All Rights Reserved. 国内だけでなく、海外で行われる大きな広告フェスティバルや展示会の視察という形で、若手社員が参加することも珍しくありません。社員のやりたい気持ち、チャレンジしたい思いをキャリアアップに活かせるよう、全社で手厚くサポートしています。, 広告界とともに-宣伝会議グループ 東京メトロのハウスエージェンシー機能と、東京メトロメディアを中心とした媒体社としての側面を持ちながら、総合的・統合的なブランディングも可能な総合広告会社です。 ●東京メトロのハウスエージェンシーとして ポスターは「ピークを知る男。」というメーンのコピーに、お笑いとはあまり縁がなさそうな真剣な表情のダンディ坂野さんと小島よしおさんの写真がアップで写っている。 ダンディ坂野さんは「他人とズレてるくらいで、ちょうどいいと思うよ。 マスナビは株式会社宣伝会議グループ株式会社マスメディアンが運営する広告・Web・マスコミ業界を目指す学生のための就職・就活応援サイトです。 The following two tabs change content below. 近年はデジタルサイネージの設置拡大を推進し、『ダイナミックDOOH』に代表されるような、時間や場所で広告を出し分け、性別年代や趣味嗜好に合わせた広告出稿の実現に向けて、オーディエンスデータの活用も進めています。

また、これからの新しい交通広告の価値を創造することを目的とした、アイデア募集型の広告賞“Metro Ad Creative Award”を開催し、交通広告業界全体を牽引しています。, メトロアドは創業以来、東京メトロアセットというリアルメディアを活用したビジネスを強みとしています。これらの強みを活かしながら、クライアントのニーズが顕著なデジタルテクノロジーを積極的に取り入れていきます。 「マーケティング」「デジタル」「プロモーション」「クリエイティブ」「メディア」などの機能を有する総合広告会社としてだけでなく、東京メトロのハウスエージェンシー、東京メトロメディアの媒体社という3つのビジネスフィールドで事業を展開しているのが大きな特色です。

●総合広告会社として

結婚観や人生観が変化したことによって、あえて結婚しない生活を選択したak男子・ak女子と呼ばれる人たちが増えてきています。本連載では「結婚したくない」と考える男女の話を紹介しています。今回お話をうかがったのは、安定した広告代理店を退職し、結婚よりも仕事を選んだ30代男性。 東京メトロ100%出資という母体を強みを存分に活かしながら、ダイナミックかつ新たなビジネスを積極的に展開。電鉄系広告会社のなかでは最後発となりますが、期待感あふれる若さと勢いがあります。, 2007年に東京メトロの広告媒体管理業務と株式会社メトロコマースの広告代理業務を一元化し、交通広告専業代理店としてスタートしましたが、組織機能の拡充と事業の多角化により、現在では総合的・統合的なコミュニケーション戦略を行う総合広告会社としてご指名いただく業務が増えました。 「ピークを知る男」ダンディ坂野ら芸人のポスターが話題に ... 東京メトロ本社がテレワ回数制限 ... 男の末路 4. ピークを知る男 地下鉄ポスター 反響が注目されていますね。 東京メトロの「オフピーク通勤」をすすめる地下鉄ポスターにピークを知る男として起用された ダンディ坂野さんと小島よしおさんが反響を呼んで話題になっています。 どういう事なのか詳しく調べてみたいと思います。 東西線は昨今「オフピーク通勤」をしきりに呼びかけています。その啓蒙広告として、ダンディ坂野さんがポスターに登場してきました。, ダンディ坂野さんや小島よしおさんといったチョイスが上手いのが、一つ。広告主である東京メトロの勇気が、一つ。そして、広告代理店のアイデアが、一つ。, まず芸能人の件ですが、一発屋としてピークは過ぎたものの、現在も活躍されているから「ピークを知る男。」と言っても、本人もこちらも笑って終われます。これが波田陽区さんや藤崎マーケットさん当たりであれば、こうはいかないでしょう(失礼)。, また、こういう人を(ある種)バカにした広告は、一般的に広告主は好みません。八方美人な広告を好み、あらゆるところからのクレームを避けようとします。その点で、これを東京メトロがやったということは、すごいことだと感じています。, そして、広告代理店のクリエイティブ・ディレクターのアイデア力には完敗です。ピークという言葉がすんなり入ってきますし、ボディー文のダブルミーニングがうまく効いています。印象が強いから、(実際に行動を起こすか別ですが)記憶に残りやすい、まさに広告の本分です。, まさに芸能人、広告主、広告代理店の三者が一体になって生まれた秀作ではないでしょうか。, よろしければ、サポートをしていただけると嬉しいです。サポートが今後の活動の励みになります。今後、求職者・人事担当などに有益な情報を提供していきたいと考えています。, 某転職メディアの制作ディレクター。わりとIT企業を担当することが多く、それなりにITトレンドは理解しているつもりです。これまでの経験などをもとに、広告や業界、転職などについてざっくばらんに語ります。 ポスターでした。 以前は、ダンディ坂野が「ピークじゃないくらいが、ちょうどいい」

コミュニケーション戦略の立案から、マスメディア、OOH、Webのプランニングまで、あらゆる領域のコミュニケーションをプロデュースしています。 pr会社・フルハウスへようこそ。パブリシティなどメディアリレーションを中心とした総合pr会社。プロダクトプレイスメント、各種イベント企画、番組制作など そして、広告宣伝にはtvや新聞など媒体を使うから広告代理店が関わった。したがって、そのノウハウは代理店にも蓄積され、彼らはいつのまにかクライアント(広告主)の範囲を拡げ、かれらの技術を凌駕するようになった。 株式会社メトロ アド エージェンシー未来をもっと面白く『マスナビ』「マスナビ」は、宣伝会議グループ株式会社マスメディアンが運営する広告・マスコミ・it業界を目指す学生のための就職・就活応援サイトです。電通・博報堂・adkなど実績多数。 国内では、メトロに乗ってポイントを貯める『メトロポイントクラブ』や、混雑緩和を目的とした『オフピークプロジェクト』、人気コンテンツとコラボレーションした『スタンプラリー』などの旅客誘致施策を支援。 その中でも、東京メトロアセットを活用したプランニングは、メトロアド独自のオンリーワンビジネス。飲料メーカーと上野駅を拠点に展開した桜満開キャンペーンや、東京メトロ沿線中に謎解きを仕掛けた、謎解き街歩きゲーム「地下鉄への招待状」への協賛企画など、大規模キャンペーンを得意としています。 東京メトロでは、以前から時差通勤・時差通学の推進と混雑緩和に取り組んでおり、2007年より現プロジェクトの前身として「東西線早起きキャンペーン」、2018年より「とよすプロジェクト」を実施していました。今回の「オフピークプロジェクト」は、その仕組みをさらに進化させ、インセンティブにメトロポイントクラブ(メトポ)を活用したキャンペーンとして2019年4月からスタートしました。 名称も新たに、一からの再スタートとなるため、まずは取組自体の認知を獲得することを最重要課題として、インパクトのある広告展開を考えました。, 「オフピーク」というプロジェクト名でもあり、行動を喚起するメッセージでもあるこの言葉をどうすれば印象づけられるか?「オフピーク」を自分ごと化してもらうためには、キャンペーンを通年化させて常に意識してもらう必要がありました。大量の広告の中でも目を引くデザインにするために、インパクトのあるキャラクターの起用を考え、オフピーク芸人=ダンディ坂野さんに辿り着きました。2000年代初め、お笑いブームが到来する中、親指と人差し指を立てて誰もが一度はおこなった“ゲッツ”。プロジェクトのコアメッセージでもある「ピークじゃないくらいがちょうどいい。」というコピーと、ポイントを“ゲット”できることに掛けて、ダンディ坂野さんのキャラクターを全面的に押し出したキャンペーンをスタートしました。さらに、2019年10月からのクリエイティブでは、ガラリとイメージを変え、今まで見たことのないダンディ坂野さんの爽やかなビジュアルで「オフピーク」のメリットをアピールしています。気持ちの良い朝を連想させるような新たなダンディ坂野さんのイメージが、SNSでも話題となり、予想以上の反響をいただくことができました。, プロジェクトのリニューアルが成功を収めたことに加え、開催が予定されていた東京2020大会開催時の混雑緩和に向け、東京メトログループ一丸となり今まで以上に混雑緩和に対するご協力を呼びかける必要があり、さらなる話題性が求められていました。そこで、ダンディ坂野さんという軸は変えずに、もう一人のオフピーク芸人として小島よしおさんを起用することで、パワーアップを図ります。コピーは、ずばり「ピークを知る男」。一度ピークを経験され、「オフピーク」の現在も輝いている芸人さんに「オフピーク」のよさを伝えていただくという意図で企画しました。 2020年度キャンペーンのスタートは4月1日。折しも新型コロナウイルスの感染拡大により、世間は外出自粛ムードがピークを迎えていたときでした。それにも関わらず、SNSを始めネットでの反響が昨年以上に盛り上がり、テレビやニュースなどでも多数取り上げていただくことができました。逆境の中でのスタートでしたが、2020年4月末時点のオフピークプロジェクト登録者数は延べ約6万人に達し前年同月比390%増と、大きく成長した結果をみて、ほっと胸を撫でおろしています。実は今年度のキャンペーンは、この後も小島よしおさんに替わり、オフピーク芸人の皆さんが続々登場する予定になっています。次はどんな芸人さんが登場するのか?どうぞ、楽しみにしていてください。. クライアント企業のコミュニケーションパートナーとして信頼を勝ち得るだけでなく、新しい東京を創っていくという思いを持ち、新規事業・サービスへの投資・開発を通して、課題解決手法を新たに生み出していきたいと考えています。, メトロアドでは、入社1年目から各配属先で、裁量の大きな仕事を任せてもらえるのが大きな特長です。何かやってみたい、挑戦してみたい、といったベンチャー志向を大いに歓迎し、先輩社員や上司が全面的にバックアップしています。 2020年の4月くらいから、東京メトロが混雑緩和キャンペーンを実施しています。その名も、「ピークを知る男、Off Peak」 一世を風靡した芸人さん(ダンディ坂野、小島よしお)を「ピークを過ぎた男」として、 ピーク時を避けた時差通勤にかけたメトロのCM。 メトロアドエージェンシーの事例東京メトロ オフピークプロジェクト「ピークを知る男。」キャンペーンの詳細です。メトロアドエージェンシーは東京メトロの交通メディアをはじめ、あらゆる領域でのコミュニケーションをプロデュースする総合広告会社です。 個人情報の取り扱いについて. 東京メトロの「オフピーク通勤」をすすめる地下鉄ポスターにピークを知る男として起用された, ポスターのキャッチコピーには「ピークを知る男」と表現されていることに反響を呼んでいます。, 「ピークを知る男」ーー。列車の混雑時の利用を避ける「オフピーク通勤」をすすめる東京メトロのポスターに写っているのは、お笑い芸人のダンディ坂野さんと小島よしおさん。一世を風靡する大ブレイクを果たした2人を「ピークを知る」と表現するコピーに、「センスがいい」「じわじわくる」と話題になっています。東京メトロの担当者に聞きました。(朝日新聞デジタル編集部・野口みな子), 話題となっているのは、東京メトロがすすめる「東西線オフピークプロジェクト」のポスターです。ジャケットを着たニヒルな表情のダンディ坂野さんと小島よしおさん。「ピークを知る男。」という表現とともに、こんなコピーも書かれています。, 2003年に「ユーキャン新語・流行語大賞」に「ゲッツ!」がノミネートされたダンディ坂野さん。小島よしおさんの「そんなの関係ねぇ」がトップ10に選ばれたのは2007年。それぞれ大きすぎるほどの「ピーク」を経験したからこその言葉が、心に染みます。, 味のある2人のポスターに、ツイッターでは「人選、センスがいい」「思いついた人天才」というコメントや、ほんのり切なさを感じさせるポスターに「笑ってもいいのか迷う」というツイートもあります。, オフピーク芸人、すごいセンスいい。 https://t.co/ApBUFQ40Cw, — 新美P@RICTEC by 飛竜企画 (@niimihk) April 7, 2020, 東京メトロ何があったのかと思ったらオフピーク芸人のポスターだった。 これは思わずツボってしまう(), — suki@スーパーの副店長の妻 (@Sukinamono1Com) April 7, 2020, 「東西線オフピークプロジェクト」とは、東西線と豊洲駅の混雑緩和を目的に、2019年度から東京メトロが展開するキャンペーンです。通勤・通学のピーク時間帯を避け、その前後に利用することで、メトロのポイント「メトポ」がプレゼントされるというもの。(詳しくはキャンペーンの特設ページをご確認ください), 東西線は首都圏で最も混雑する路線の1つ。国土交通省が発表した2018年度の混雑率調査結果によると、東京メトロ東西線の木場→門前仲町間が199%でワースト1位となっています。, 東京メトロは混雑緩和を図るため、ハード対策を進める一方、キャンペーンによってオフピーク通勤・通学を定着させたい狙いもあります。, ダンディ坂野さんと小島よしおさんが出演するポスターの掲出が始まったのは 、4月1日から。ちなみに、ダンディ坂野さんは昨年度の「ピークじゃないくらいがちょうどいい。」をテーマにしたキャンペーンにも出演していました。, 2人を「芸人としてのピークを過ぎていても輝いていらっしゃる」という担当者。起用した理由を「オフピーク芸人のみなさんとオフピークをかけて、効果的な周知を行い、キャンペーン参加を促進するため」と説明します。さらっと「オフピーク芸人」というパワーワードが飛び出しました。, 味のあるコピーは、インタビュー形式の撮影を行う中で、2人が話した内容を軸に作成したといいます。, 小島よしおさんの出演は6月末までの予定だそう。しかし、「その後もダンディ坂野さんを軸に、『オフピーク芸人』の皆さんにご出演いただく予定ですので、楽しんでいただければと思います」。なんと、これからも「オフピーク芸人」が登場するようです。, キャンペーンが周知されるのは、駅におけるポスターの他、車内広告や車内ディスプレイ、駅のコンコースビジョンなど。 また今後、東京メトロの公式 YouTubeでも動画公開を予定しているそうです。, ツイッターで「センスがいい」と話題になっていることについて、「担当者として、お客様に見ていただき、くすっと笑っていただくことを狙っていますので、大変嬉しく思っています」。 新型コロナで利用者約20%減, 担当者によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、学校の休校や在宅勤務の増加などで乗車率にも変化が起こっています。, 3月中旬の1日平均利用者は、1月下旬と比較すると約20%減少(*)。また、朝のラッシュ時間帯(7:30~9:30)についても、同期間で約20%減ったといいます。ラッシュ前(6:30~7:30)やラッシュ後(9:30~10:30)の時間帯は、それぞれ約3%増、約2%減。担当者は「テレワークや学校の臨時休校等での減少や、時差通勤などによるラッシュ時間帯からのシフトがあったものと見ています」。, しかし、今のところキャンペーンには変更はないとのこと。「お客様にはキャンペーンにご参加いただき、時差通勤・通学にご協力いただければと思います」, 【書きました】 時差通勤(オフピーク通勤)をすすめる東京メトロのポスターが話題です。ダンディ坂野さんや小島よしおさんを「オフピーク芸人」と表現するところがなんとも絶妙です。コピーも素敵。, 「ピークを過ぎた芸人」地下鉄ポスターに「笑ってもいいのか迷う」https://t.co/7c4eJCP3jn, — 野口みな子/withnews (@noguchiminako) April 6, 2020, ダンディさんは継続力がすごい。途中で飽きられて、つまらないだの、芸がないだの言われたのにそれを貫いて今がある。小島よしおさんは試行錯誤して時代に合わせていろいろなことに挑戦してきた柔軟性がすごい。子供たちを楽しませるようなシンプルでわかりやすい、人を傷つけない芸風が受け入れられたんだね。 どちらもメンタルハンパない。, 仕事として受けいる度量 また、これで弄られる計算 ピークを過ぎても仕事が切れない人柄, 落ちぶれたとか一発屋とか馬鹿にするような言い方をする人は多いけど、普通では出来ないことを成し遂げたことがあるんだから凄いことですよね 。売れずに終わってしまう人の方が圧倒的に多いんだから。, この2人もそうだし,テツandトモも地方営業で売れてるからね。 一度ヒットして,そのネタを応用されてて,本当におもしろい。, 「ピークを過ぎた芸人」とは言うものの,ダンディさんは地方営業やCMで人気があるみたいだからね。 志村けんさんが言われたように,1つの事をやり続ける事が大事で,その結果,今でもこうやって仕事がもらえるという事なのかも。, 基本面白い芸人さんじゃないと成り立たない。 なんつうか、あまりテレビには出なくなったけど知名度ある状態で面白い芸人さん。, 東京メトロの広告のセンス、なんか独特なんだよなぁ。 前にも何も書かれていない真っ白な広告の下に、 『なんにもない?いいえ、なんでもあり』 と書いてあるのがあった。いいか悪いかは置いといて、インパクトはある。, ペンネーム:jj このブログの中の人です。動物とプロレスが好きで食べ歩きが趣味です。, NGT加藤美南 研究生降格が注目されていますね。 NGT48の加藤美南さんが、インスタグラムへの不適切な投稿の件で 研究生降格処分とすると発表され話題となっている様です。 どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。, ゆってぃ ぼっちサイン会が注目されていますね。 ゆってぃさんがツイッターで パチンコ店での営業で行われた営業のぼっちサイン会の 写真を投稿し話題話題となっている様です。 どんな画像なのか?詳しく調べてみたいと思います。, ダンディさんは継続力がすごい。途中で飽きられて、つまらないだの、芸がないだの言われたのにそれを貫いて今がある。小島よしおさんは試行錯誤して時代に合わせていろいろなことに挑戦してきた柔軟性がすごい。子供たちを楽しませるようなシンプルでわかりやすい、人を傷つけない芸風が受け入れられたんだね。, 落ちぶれたとか一発屋とか馬鹿にするような言い方をする人は多いけど、普通では出来ないことを成し遂げたことがあるんだから凄いことですよね, 「ピークを過ぎた芸人」とは言うものの,ダンディさんは地方営業やCMで人気があるみたいだからね。. 海外では、インバウンド誘致施策としてアジア、カナダ、ヨーロッパでのプロモーションや旅行博への出展などを手掛けています。 業界経験者の方 / 設立されてからこれまでは経営基盤を確立させていくフェーズでしたが、これからは飛躍・成長のフェーズと位置づけ、クライアントにとって「TOKYOを最も熟知するコミュニケーションパートナー」というコーポレートアイデンティティを掲げ、広告業界で独自のポジションを目指していきます。

採用企業の方 / マーケティング会社ナビ, マスメディアンはプライバシーマークを取得しています。 ※コメントは個人の意見であり、所属組織などは関係ありません。. メトロアドエージェンシーの新着情報事例「東京メトロ オフピークプロジェクト「ピークを知る男。」キャンペーン」を掲載しました。の詳細です。メトロアドエージェンシーは東京メトロの交通メディアをはじめ、あらゆる領域でのコミュニケーションをプロデュースする総合広告会社です。 また、創業当初より「失敗は責めない」方針を徹底。社員一人ひとりのポテンシャルを最大限に活かしたいという思いから、マイナス評価は行いません。中途入社の社員からは、「ギスギスしたところがない」と、風通しの良さに驚かれています。, 教育・研修については、全社的に行う集合型研修だけでなく、個々の社員のニーズにも応えていくスタンス。業界セミナー参加からMBA取得まで様々なキャリア支援制度を用意し、積極的に社員のスキルアップに投資しているのが特長です。

Copyright © MASSMEDIAN Co., Ltd. All Right Reserved. 東京メトロ東西線にタレントのダンディ坂野さん、小島よしおさんのユニークなポスターが掲示されている。”ピーク”について語るもので、ウイットに富んだものになっている。, ポスターは「ピークを知る男。」というメーンのコピーに、お笑いとはあまり縁がなさそうな真剣な表情のダンディ坂野さんと小島よしおさんの写真がアップで写っている。, ダンディ坂野さんは「他人とズレてるくらいで、ちょうどいいと思うよ。そういう時代になったし。」、小島よしおさんは「揉みくちゃにされて、毎日大変でした。」というセリフが顔の横に付けられている。, 東西線のオフピークプロジェクトのポスターなので、ピークの時間帯を避けて通勤・通学をしてほしいという訴えであろう。, 野暮を承知で解説すれば、2人とも芸能界での立ち位置は”一発屋”であり、ピークはほんの僅かの期間で過ぎてしまったということでオフピークプロジェクトのキャラクターに起用されたのであろう。, この2人の自虐的なギャグとも言えるポスターに苦笑した乗客は少なくないはず。とはいえ、一発屋芸人は数限りなくいるが、なぜ、この2人? という疑問は残る。かつて一発屋の代表といえば有吉弘行さんだったが、今や超売れっ子になっているからとてもではないが起用できない。, 他には世界のナベアツさん(現桂三度さん)、鼠先輩さん、ムーディ勝山さんあたりだと「誰?」という反応になってしまいそう。おそらく一発屋芸人の中にもそれなりの序列があり、「ピークを知る男。」ですぐに「この人、ピーク短かったね」と思い出せるレベルの人選だったということだと思う。波田陽区さんでもよかったかもしれない(笑)。, せっかくオフピークを呼びかけたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響であろう、4月7日午前の東西線はガラガラ。, 上り電車は立っている人がちらほらという状況で、八丁堀駅で日比谷線に乗り換えても、午前8時43分の時点で写真のように閑散と言っていい状況だった。, ダンディ坂野さんと小島よしおさんがオフピークを呼びかけ、ポスターを作った時の想像を超えるような人の少なさというのも何とも皮肉な結果である。, ともかく、新型コロナウイルスの感染拡大が収まり早く通常の状態に戻ってほしいというのは誰しもが思うに違いない。, 青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。. メトロ アド エージェンシー(以下メトロアド)は、設立14期目を迎えるコミュニケーションプロデュースカンパニー。

広告主である東京メトロの勇気が、一つ。そして、広告代理店のアイデアが、一つ。 まず芸能人の件ですが、一発屋としてピークは過ぎたものの、現在も活躍されているから「ピークを知る男。」と言っても、本人もこちらも笑って終われます。 電通・博報堂・ADKなど実績多数。, 広告就職・就活のマスナビホーム / 会員規約 / 2020年3月卒業予定の方 / 2019年3月卒業予定の方 / マスナビデザイナーズ ●東京メトロメディアの媒体社として 近年は事業の多角化を進めており、WEBメディア『URBAN LIFE METRO』や、オリジナルキャクター『ジャムム』の開発・事業展開を皮切りに、新規ビジネスにも参入。今後、さらなる広がりが期待できます。 広告に携わる人間として、中づり広告を見ていると。 めっちゃ気取った、小島よしお・・・・ これは東京メトロのオフピークプロジェクトの.