◎|国会正門前(東京メトロ有楽町線『桜田門駅』に接続) ◎◎◎◎羽田空港国際線ターミナル:東京モノレール・京急空港線 ◎||間々田 ◎◎◎東京テレポート(りんかい線直通あり), 普快特 ◎◎┃大塚・帝京大学:多摩都市モノレール [29]が、小林家住宅を見学する場合は、予約の上で一般者も利用することができる[30]

◎◎◎◎自由が丘:東急東横線、大井町線 レレ●日新町

◎◎|昭和島 レ●●多摩大塚 ●●●新宿 通速 ◎│関内 ◎◎┃忠生 新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。, 現在、複々線区間が短い中央線の緩行線の延伸と、快速線なのにほとんど各駅に停車している中央線快速の停車駅の見直し。, (東京方面<<)新宿-中野-荻窪-吉祥寺-三鷹-国分寺-立川(>>八王子、高尾、甲府方面), (千葉、船橋、御茶ノ水方面<<)中野-高円寺-阿佐ケ谷-荻窪-西荻窪-吉祥寺-三鷹-武蔵境-東小金井-武蔵小金井-国分寺-西国分寺-国立-立川(>>拝島、青梅、武蔵五日市、高麗川方面), 普快 ◎◎◎八王子:JR中央本線・横浜線・八高線, 普快特 ◎│浜川崎

レ●●小倉  2面2線 盛土駅 ◎┃┃武蔵中町 ◎◎◎△府中本町(南武線・武蔵野線) ◎||武蔵東海 ◎┃潮見 :JR京葉線 ◎◎┃四ツ谷

◎◎◎大鳥居 (臨時)大田スタジアム

◎┃荏原  :新駅(品川区荏原、荏原警察署前) レ●●多摩ニュータウン レレ●東深大寺 ◎△|思川 ◎│七里公園 ◎◎┃┃八王子みなみ野(横浜線) ◎||さいたま新都心 ◎◎◎◎池袋 :JR埼京線、山手線、湘南新宿ライン、成田エクスプレス・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ※ ◎△|仁井田 ◎┃┃多磨 ◎△|浦和 レレ●泉 ◎◎|岩舟 通速快快特 ◎◎◎◎蒲田 :JR京浜東北線・東急池上線、多摩川線 ◎◎◎仙川 :京王線 ◎┃┃北大泉 ◎△|雀宮 ◎◎西大井 :横須賀線、湘南新宿ライン ◎┃┃上水新町 MapFan ◎◎|西蒲田 新線/延伸 構想・改良案 ... 図のような経路ではなくて、三内(三内とは、五日市線武蔵五日市駅から線路上を少し東に行った所にある地名または信号所名を指します)を経由する(迂回する)ルートでも、どちらでも良いと思います。 地形的なことは忘れてしまいました。(秋川街道は、一度� ◎┃東京ヘリポート

~この間京高線と同じ~ 島しょ部を除き、東京都に残された唯一の村、檜原村(ひのはらむら)。あたりは自然に溢れ、住めば春は桜、夏は清涼、秋は紅葉、冬は滝つららなど、ここでは四季折々の自然の顔を堪能できます。, また、その緑豊かな自然のおかげで見られる野生の動物もこの村の特徴の一つ。ニホンザルにニホンイノシシ、さらには国の天然記念物であるニホンジカなどの目撃情報も多数報告されています。, 今回はそんなのどかでちょっとワイルドな村、檜原村についてまとめました。西多摩でお住まいを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。, 多摩地域の西側にあり、相模原市や八王子市などと隣接している西多摩郡檜原村。自然豊かな檜原村ではキャンプ場や温泉、釣り場などに恵まれており、アクティビティの好きな人や、自然豊かな環境で子育てをしたい人にはぴったりの場所です。, 檜原村の人口は2019年時点の推計人口で2,217人。世帯数は1,181世帯で、人口は1947年をピークに減少し続けています。現在、檜原村を束ねておられる村長は坂本義次さん。2019年4月時点で無投票により5選を果たしているという独走っぷりですが、なんと特技はオカリナだそう。これは村長のオカリナが聞けるうちに訪れてみるしかありませんね。, さて、そんな檜原村の面積は105.41㎢。そのほとんどが関東山地に含まれており、多摩川の支流となる「秋川」上流あたりに集落ができています。そんなわけで、面積の9割以上が森林となっているこの村は冬の寒さが都心よりも厳しく、後ほどご紹介する「払沢(ほっさわ)の滝」が凍結するほど。雪の量も都心より多く、路面凍結もしやすいため、寒がりの方や車を利用する方は冬に注意が必要です。, ここまでで大抵の人はお気づきかと思いますが、檜原村はそう、いわゆる田舎です。しかしただの田舎と侮るなかれ。東京都心から2時間で行ける田舎だということは忘れないでいただきたいのです。, 後でご紹介しますが、家族世帯向けの賃貸物件でも檜原村の家賃は都心よりかなり割安。また、物価を考慮してもかなりお得に生活できます(自然以外遊ぶ場所も少ないのでお金も貯まります)。, 島などを除けば東京で唯一の「村」となる檜原村。最近は檜原村観光協会も情報発信などに力を入れており、四季折々にオススメのスポットやイベント情報をアップしてくれているので、週末のおでかけマンネリにも悩まされません。, ここまでお読みいただき、察しの良い方はもう気づかれたかもしれませんが檜原村には電車が通っていません。 あたりは山と渓谷に囲まれているので、最寄りとなる駅はJR中央線(五日市線)武蔵五日市駅です。村からは西東京バスで30分ほど。, 五日市線はあきる野市の武蔵五日駅から東京都昭島市の拝島駅までを約11kmに渡って結んでいる線。朝夕は約10〜20分、日中は30分間隔で電車が走っています。, この線では青梅線・中央本線を経由し、東京駅に直通する列車も。東京方面は朝に快速2本、土日は1本の運行で、この列車を使うとなると通勤・通学時間帯はかなり選ぶことになりそうです。, 檜原村には鉄道が通っていないため、ここでは最寄り駅となるあきる野市の「武蔵五日市駅」と、東京各方面の主要駅までの所要時間をご紹介します。, ・八王子駅 約37分(JR五日市線「武蔵五日市駅」からJR八高線「拝島駅」で乗り換え), ・新宿駅 約1時間12分(JR五日市線「武蔵五日市駅」からJR青梅線「拝島駅」で乗り換え後、JR中央線「三鷹駅」で乗り換え), ・東京駅 約1時間25分(JR五日市線「武蔵五日市駅」からJR青梅線「拝島駅」で乗り換え後、JR中央線「三鷹駅」で乗り換え), ・渋谷駅 約1時間21分(JR五日市線「武蔵五日市駅」からJR青梅線「拝島駅」で乗り換え後、JR中央線「三鷹駅」で乗り換え。その後JR埼京線「新宿駅」にて乗り換え), 日常生活には車を利用することの多い檜原村ですが、村にはバスも運行しており、車がなければ生活によほど困るという訳ではありません。村内には「やまびこ」というコミュニティバスが走っており、車内はいつも村人同士の楽しいおしゃべりで賑やかです。, 車で都内まで出る場合、中央自動車道を使って、または上野原インターチェンジ、または八王子インターチェンジから滝山街道経由で40〜50分ほどです。また、圏央道の利用であれば、日の出インターチェンジ、またはあきる野インターチェンジから双方とも30分ほどのアクセスです。, ここでは、休日などにぜひ訪れてみたい檜原村の名所や、生活する上で必須となってくる主要施設をご紹介します。, 駐車場から徒歩15分。東京都で唯一「日本の滝100選」に選ばれているのがこの払沢(ふっさわ)の滝です。落差62メートル、全4段から成るこの滝は近隣の飲料水にもなっている清流で、木々の間をきらきらと落ちていく水を眺めていると、まるで心が洗われるかのよう。, 駐車場は檜原村役場から車で3分の場所にあり、滝への道すがらもきちんと整備されています。きつい道ではないため、お年寄りやお子様連れの方でも気軽に遊びに来られます。なんとこの滝、冬には凍結することでも知られており、12月から2月の間には「払沢の滝冬まつり」と題し、「最も凍りつく日(結氷日)」を当てる「氷瀑クイズ」なるシュールなイベントも開催されるそう。ほかにも払沢の滝フォトコンテストや、夏の「払沢の滝ふるさと夏まつり」も開催され、毎年約1万人が花火やご当地のグルメを楽しみにこの滝を訪れます。, ハイキングやバーベキュー、滝巡りなどをした帰りにはぜひとも寄りたい場所、数馬の湯。ここでは日帰りで入浴が楽しめ、食事もできるので、休日に家族で訪れるにはまさにぴったりの場所です。疲れて温泉に入った後、食事処で食べるご飯はなぜあんなにも美味しいんでしょうかね。, 数馬の湯へは武蔵五日市駅の改札を出てすぐ、バスターミナルから西東京バス「都民の森行き」に乗車し「温泉センター」下車。乗車時間60分ほどで、車の方は無料駐車場も完備されています。, 西東京バスの「本宿役場前」から歩いてすぐのところには「かあべえ屋」というコンビニらしい見た目のスーパーがあります。大手のスーパーほどではありませんが、肉やお魚、野菜なども置いており、普段の買い物には十分の品揃えです。イートインも常設されているため、ちょっと小腹が空いた時にもふらっと立ち寄れるミニスーパーです。, すぐ近くには「檜原豆腐ちとせ屋」もあり、檜原村の綺麗な水を使用した美味しいお豆腐も買えます。もちろん、厚揚げや豆乳なども。おすすめはふわふわのおからドーナツ。おからだと思って油断しがちですが、カロリーは案外高いのでご注意を。, 大きなスーパーは、あきる野市内、武蔵引田駅から徒歩5分のイオンモールが一番近く、車での移動が無難です。, 最後に、檜原村の家賃相場をご紹介します。西多摩に住もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。, 普段はのんびりした檜原村ですが、ゴールデンウィークやお盆休みなどのシーズン中には雰囲気のある民宿や旅館に訪れる観光客でも、ちょっと賑わう檜原村。, 青い空と豊かな緑が広がるこの村は、都会暮らしに慣れている人には少し物足りない村かもしれませんが、週末、遠出をせずとも川や山に遊びに行ける環境というのはなかなか贅沢なものです。田舎で育った人ならわかるかと思いますが、子どもにとって、豊かな自然が何よりの遊び相手になるものですよね。, また、最近の村の育児支援は出産育児一時金に42万円が支払われるなどの充実ぶり。犯罪発生率も東京都に比べて1/4以下の檜原村はご近所とのつながりも都心と比べて強く、子育て世帯には心強い村だとも言えます。. ◎◎◎┃豪徳寺:小田急小田原線・東急世田谷線 ◎||栗橋 通速快快特 ◎┃ 東青梅 ◎┃山王  :新駅(大田区山王、山王小学校前) ◎◎羽田空港国際線ターミナル:東京モノレール・京急空港線 ◎△|雀宮 ◎△|自治医大 ◎◎|大平下 ◎◎新宿(JR各線・私鉄各線・東京メトロ各線・都営地下鉄各線に接続)

◎◎△石橋 ◎◎◎赤羽 ◎┃┃┃中野富士見町:東京メトロ丸ノ内線方南町支線 レレ●新川 ◎◎|久喜 ◎◎◎◎◎池袋(山手線) ◎┃┃┃日新 ◎◎┃祖師谷 ◎◎青山(東京メトロ銀座線『外苑前駅』に接続) ◎||さいたま新都心 ◎┃┃┃清水が丘

◎│弁天橋 レレ●西杉並 ◎◎◎◎高尾(中央線), 京高線より発想を得た中央線バイパス路線。青梅線・五日市線直通運用をこちらに回すことで中央線の混雑緩和を図る。, 普快通 ◎◎┃調布空港 ◎│山手 ◎┃┃三鷹北野 ◎||||南野方 通速快 ◎||野木 ◎◎|四ツ谷 。このモノレール目当てで訪れる観光客もおり、2時間待ちの行列が出来ることもあった。地すべりの恐れがあるため2016年4月から運行を中止していた[31]が、2017年4月7日に再開された[32][33]。, 村内に幼稚園はない(保育園はある。ひのはら保育園[26])。また高等学校、大学はないため、生徒・学生は村外の学校へ通学するか下宿する。1980年代まで、東京都内の市町村では唯一、小中学校の冬休みが若干長かった(1週間長くおおむね21日間)。しかし、その分夏休みは短かった。, 2011年度(平成23年度)より、小中学校は一貫教育校として通称「檜原学園檜原小(中)学校」となった[36]が、正式名称には「檜原学園」の呼称は付さない。また、小中学校の校舎は従来通りである。, なお、本村は、文化放送の番組・タイムテーブルでも取り上げられている(文化放送 GREEN WORKS)。, 本宿地区の「御とう神事(おとうしんじ)」、小沢地区及び笹野地区の「式三番(しきさんば)」、柏木野地区の「神代神楽(じんだいかぐら)」、人里地区の獅子舞[40]などが、東京都無形民俗文化財に指定されている。その他、村内各地に獅子舞、囃子などの伝統芸能が伝承されている。, 村内に鉄道路線は通っていない。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、JR東日本五日市線武蔵五日市駅。, あきる野市にあるJR五日市線武蔵五日市駅から西東京バス(五日市営業所)により本宿役場前を経由し数馬・藤倉方面の路線バスが運行されている。また、都民の森への急行バス及び連絡バスも運行されている。

◎◎新橋 ◎◎ 青梅, 普快     駅情報 レレ●松が谷 ◎┃若洲 ◎│みずき ◎◎品川 :JR東海道線、山手線、京浜東北線、横須賀線、東海道新幹線・京急本線, 普快特 ◎||土呂 ◎|松庵

通速急 ◎◎ 河辺 ◎◎|萩中 ◎┃平和島中央 ◎◎松伏(松伏町役場附近)

レレ●万願寺 ◎◎◎◎明大前:京王線、京王井の頭線 ◎◎京浜島 レレ●武蔵石原

◎◎赤坂(東京メトロ千代田線に接続) ◎│根岸 ◎◎八潮 ◎△|滝 ◎△|小塙 ◎◎◎成城学園前:小田急小田原線 レ●●寺町松葉 ◎||間々田 ◎┃新馬場:京急本線

◎◎逗子 レレ●東杉並 ◎◎|鶴田 島嶼部(とうしょぶ)を除いた本州内の東京都における唯一の村。 面積は奥多摩町、八王子市に次いで、東京都の市区町村で3番目に広い。 あきる野市への通勤率は15.5%(平成22年国勢調査)。 ◎◎◎◎新宿(山手線・埼京線・中央線・小田急線・京王線・東京メトロ丸の内線・都営新宿線・都営大江戸線) ◎┃┃大蔵 ◎◎◎立川 :JR中央本線・青梅線・南部線、多摩都市モノレール(立川北駅・立川南駅) ◎◎豊洲 :東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ ◎│浄明寺

◎┃┃尾山台南 ◎┃┃花小金井:西武新宿線 ◎◎◎小山 ◎┃┃中野町 レ●●初台 ◎◎|大金

通速快 青梅線青梅駅まで運行する場合(各停と快速のみ) ◎┃中央防波堤 ◎┃┃┃東京薬科大学 ◎◎◎栃木

◎||||妙正寺 ◎┃┃┃上町 :東急世田谷線 レ●●中高井戸 ●●●津久井湖 1面2線 高架駅, ◎赤羽-○王子-○田端-隅田川-東向島-◎押上-◎錦糸町-○西大島-西砂町-潮見-◎新木場, https://wiki.chakuriki.net/index.php?title=東京都内JR関連路線延長・新線&oldid=1575408, 新しい快速線(以下、中央本線)は三鷹~国分寺、国立~立川は高規格の地下線を新設し、そこを経由する。, 緩行線は三鷹から現在の快速線を通り、立川から先は青梅、五日市、八高線と直通運転を行う。, 名案!いっそのこと八王子方面は東京発着、拝島方面は総武線直通で千葉発着って完全分離するのは?, 地元商店街が反対すると思うのでたぶん無理。まず三駅通過自体が青梅などの遠距離客が早く東京まで行きたいだけだから。, その「それだけ」がものすごく重要。三鷹以東の3複線が望ましいが、現段階でも朝ラッシュくらいは考慮する必要がある。, 緩行線を走る快速を作ればいいと思うよ。新宿から西が今の停車駅のままのやつ(中野で各駅停車と乗換), 停車駅は東京、神田、御茶ノ水、四ッ谷、新宿、中野、荻窪、三鷹、国分寺、立川、立川から先各駅, 停車駅は東京、神田、御茶ノ水、新宿、三鷹、国分寺、立川、八王子、高尾、高尾から先各駅, 停車駅は新宿、三鷹、国分寺(朝夕のみ)、立川、八王子、高尾、相模湖、上野原、四方津、大月、塩山、山梨市、石和温泉、甲府、甲府から先の各駅, てか、中央特快、青梅特快と来たら、甲州特快がいいんじゃないんですか? ◎┃┃┃椚田町

◎◎国際展示場:東京臨海高速鉄道りんかい線

◎△|自治医大 ◎┃鉢山  :新駅(渋谷区鉢山町、都立第一商業高校前) ◎┃┃┃天空橋:東京モノレール・京急空港線 ◎△|文挟 ◎◎◎◎羽田空港国内線ターミナル:東京モノレール・京急空港線 ◎┃代々木 :山手線、中央・総武緩行線、大江戸線 ◎◎◎二子玉川 Mapion ◎△|蓮田

◎△|下野大沢 ◎△|岡本 ◎◎◎上野 ◎│大杉 ◎||新白岡 ◎||野木

通速急 ◎◎平和島 :京急本線 ◎│下内川

◎◎|新麹町(麹町・半蔵門接続) レレ●新烏山 ◎||||西落合 ◎│埼玉県立大学 ◎◎◎佐野 ◎│根戸(北柏駅北) ◎◎◎◎◎阿佐ヶ谷(中央線), 普快通特通 ◎△|下野花岡

◎||白岡 ◎|大宮八幡 ◎◎磯子 ◎┃昭和島:東京モノレール

∥∥(至久里浜), 普快 レ●●下高井戸 五日市線の終着駅ではあるが、高架化は頭端駅構造ではなく中間駅構造で行われた。そのため下り先端部は延伸できる構造になっている。かつて檜原村への延伸要望があった が、今後の構想や計画については特に公表されていない。 年表 ◎◎┃┃島屋敷 ◎◎◎品川 レレ●宮下 ◎┃┃草花 ●●●笹塚 レレ●押立町 ●●●橋本   3面6線 高架駅  ◎◎宮前

◎◎┃秋川 :JR五日市線 ●●●西調布 松本延伸に伴い青梅線は正式名称を武信線へと改称(立川~青梅~奥多摩間の通称は青梅線として引き続き使用される。) 中央線経由のあずさ、スーパーあずさとは別に特急列車を運行。 五日市線延伸 . ◎◎◎大宮 ●●●JR多摩センター

◎◎◎大泉学園:西武池袋線 ◎◎桜木町 ◎◎運河(東武野田線に接続) ◎◎◎┃東京都庁(都営大江戸線) ◎◎城南島

◎◎┃内藤(新宿御苑前接続) ◎┃┃┃穴守稲荷:京急空港線 ◎||||哲学堂

◎◎羽田空港国内線ターミナル:東京モノレール・京急空港線 ◎△|浦和 その他、自家用車またはバスなどで隣接するあきる野市などの多摩地域の商業施設に行く場合や、武蔵五日市駅前の駐車場に自家用車を駐車して、鉄道で新宿などの遠方へ買い物に出かける場合もある。, JAあきがわ檜原支店(村指定金融機関)、檜原郵便局がある。銀行、信用金庫、信用組合はないため、隣接するあきる野市の金融機関を利用することが多い。, また本村を含めた秋川流域の3市町村で、あきる野市で公立阿伎留医療センターを運営している。, エンジン式のラックピニオン式モノレール(西日本で言う「みかん山モノレール」)が、自家用車が入れない急傾斜の山間部、計5カ所に設置されている。一番長距離の路線(猿江地区)は設置距離が2km以上に及び、傾斜の大きい路線(小林家住宅)は最大斜度43度に達する。 GeoHack 新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。, 京葉線の終着駅は千葉ではなく蘇我。そこで京葉線の稲毛海岸から分岐させて千葉へ至る新線を建設する。 ◎||新白岡 ◎┃品川埠頭 ◎||土呂 Yahoo! ◎◎◎上野 ◎◎┃┃東中野:JR中央・総武緩行線 レレ●代田橋 ◎||富久町 ◎◎昭和島 :東京モノレール羽田空港線, 各快特 ◎│大宮堀の内 ◎┃┃小平天神 ※東京メトロ丸ノ内線、有楽町線、副都心線の3路線, 普快 レレ●分梅町 レ●●向山 ◎◎◎小作 :JR青梅線

通速急 ◎┃┃┃西永福(京王井の頭線) ◎┃┃┃下落合:西武新宿線 ◎◎我孫子(常磐線に接続) ◎||栗橋 ◎◎┃┃西浜田山 ◎◎東京 ◎||尾久 おとり物件ってなに?不動産屋が稼ぐためにやっている「おとり広告」の悪質な実態を証言!. ◎||さいたま新都心 ◎┃┃川口 ◎◎△古河 ◎┃┃┃中の橋 ◎┃┃┃弥生 ◎||||西池袋 ◎◎◎鹿沼

◎◎◎東京 ◎◎◎立飛 ◎△|蓮田 ◎│旭広島(工業団地南) ◎│釜利谷 ●●●津久井  2面3線 高架駅 成田空港~鎌取~蘇我~海浜幕張~舞浜~新木場~東京/新木 …

●●●新調布    ◎◎◎宇都宮 ◎◎中延  :大井町線、浅草線 隣接するあきる野市以外の、八王子市、奥多摩町、上野原市、相模原市などへのバス路線はないため、自家用車またはタクシー等による手段となる。奥多摩町に通じる奥多摩周遊道路は夜間通行止めになるほか、山岳峠越えとなる上野原市との通行も含め、村内の道路は一般に、特に大雨・冬季等の場合には注意が必要である。, 村へアクセスするルートとして、中央道八王子インターチェンジ、及び、圏央道あきる野インターチェンジから国道411号滝山街道。圏央道日の出インターチェンジから都道7号五日市街道。更に都道33号檜原街道を経るルートがある。また数馬地区など、南秋川へは中央道上野原インターチェンジから甲武トンネルを経るのが近い。, なお、八王子、都心方面へ帰る際、大型連休などで中央道上り線が談合坂SA~小仏トンネル付近で大渋滞している(もしくは予測される)時は、あきる野経由の方が八王子、都心方面へは時間短縮になる場合がある。, 村内の道路は山際を走っており土砂災害による被災リスクが高く、迂回路も少ない。そのため、都道33号の代替路線として秋川南岸道路,南北両谷を結ぶ檜原村南北横断道路の建設計画があり、村として早期整備・建設を要望しているが、開通には至っていない。[42], 本村は、隣接する奥多摩町とともに、NOx,PM法の対策地域外であるため、一部悪質業者によって、いわゆる「車庫飛ばし」が行われていた。「村」であることから車庫証明が必要ないため、たとえ車庫がなくとも実印と書類だけで登録できてしまう点を突かれたものである。2006年4月21日付『読売新聞』記事によれば、警視庁交通捜査課は、車庫飛ばしを行った運送業者8名を逮捕し、113台のダンプカーの不正登録を確認したとしている。, 檜原村の居住地区においては、東京スカイツリー・八王子市等からの直接波は受信できないため、村内の各地域単位で「テレビ共同受信施設組合」が設置されている。各地域で見晴らしの良い場所に共同アンテナを設け、各家庭等に向けてケーブルテレビ(CATV)網が敷かれている(現在、独自の放送などは行われていない)。すべての地域テレビ組合において地上デジタル放送(一部ではBSデジタル放送も)を再送信している(デジアナ変換は実施していなかった)。そのため、視聴には地上(BS)デジタル放送に対応するテレビまたはチューナーなどが必要である。, 一例として、2008年(平成20年)11月より、人里テレビ組合では、CATVパススルー方式により、地デジが視聴可能になっている(藤倉地区・湯久保地区など、テレビ組合が設置されていない地域での地上デジタル放送は、地デジ難視対策衛星放送によって受信する対策が採られていたが、終了後はケーブルテレビ網で受信している)。, NTT市外局番は042で、立川MAである。村内の電話交換所は檜原局(598-0xxx、1xxx、2xxx、3xxx)人里局(598-6xxx)の2カ所である。, 多くの携帯電話基地局が設置されているので、街道沿いでの集落における通信状態は良好だが、谷底や山中では電波状態に注意が必要。村の中心を除いてPHSは圏外のため利用できない。, 南秋川北岸より北側、村内の約60%の地域が秩父多摩甲斐国立公園の指定地域に含まれている。, 豊富な自然環境を利用したハイキングコース、渓谷での釣りやバーベキューなど手軽な川遊びなどが盛んである。キャンプ場、民宿等が多数あるほか、奥多摩周遊道路は首都圏近郊のドライブコースとしても知られている。, 文化・教育の項にある通り、伝統的な郷土芸能が各地域で盛んである。ほとんどの祭事等は例年9月前後に集中している。, 立川市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 府中市 | 昭島市 | 調布市 | 小金井市 | 小平市 | 東村山市 | 国分寺市 | 国立市 | 狛江市 | 東大和市 | 清瀬市 | 東久留米市 | 武蔵村山市 | 西東京市, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=檜原村&oldid=79833193, 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「, 檜原城址 - 築城年代は不明だが、天正18年(1590年)豊臣秀吉が八王子城を攻めたとき、その支城の役割を担っていたために落城したとされる。東京都指定史跡。. ◎◎◎大宮 ◎┃┃┃極楽寺 ◎◎|下神明 通速快 ◎┃┃武蔵小山田 ◎◎┃桜田門

◎◎◎△調布空港

◎◎┃片倉 :JR八高線

◎||東大宮 ◎│松葉 ◎┃┃上袖木 ◎◎|東八潮 通速快急 通速 ◎||東大宮 レ●●幡ヶ谷

ゼンリン, 島嶼部(とうしょぶ)を除いた本州内の東京都における唯一の村。面積は奥多摩町、八王子市に次いで、東京都の市区町村で3番目に広い。あきる野市への通勤率は15.5%(平成22年国勢調査)。「桧原村」と書くこともある。, 村域のほとんどが関東山地の中にあり、多摩川の支流である秋川上流の周辺に集落がある。標高が最も低い地点は、あきる野市との境界線になっている下元郷(しももとごう)の中山沢が秋川へ流入する地点で、海抜224.5m。標高が最も高い地点は、三頭山頂の1531m。村域の9割以上が森林である。中央高地式気候に属し、冬の寒さは都心と比べて厳しく、払沢(ほっさわ)の滝が凍結するほどである。降雪量も東京都心と比べて多くなるため、路面凍結や集落の孤立の雪害が発生しやすい。, 北秋川と南秋川が合流して秋川となる付近を本宿(もとしゅく)と言い、ここが村役場がある中心部である。ここから下流に向けて上元郷、下元郷の地域がある。都道33号檜原街道がこれに沿う。, 北秋川に沿って都道205号が通っており、少し遡った所で払沢(ほっさわ)の滝への歩道が分かれる。以後、千足、三都郷(みつごう)、神戸(かのと)、小沢、樋里(ひざと)、笹久保、藤原、中組、倉掛(くらかけ)の地域がある。, 南秋川に沿っては都道33号が沿う。笹平、南郷と遡り、上川乗で都道33号が南秋川から離れて甲武トンネルを経て上野原市(旧上野原町)に向かう。以後川に沿う道は都道206号となり(通称は依然檜原街道)、和田、人里(へんぼり)、笛吹(うずしき)[1][2]、数馬(かずま)の地域がある。数馬から奥の道路は奥多摩周遊道路となり、奥多摩町の奥多摩湖へ通ずる。, 現在、檜原村村域となっている地域には縄文早期以降、人が住んだ跡が幾つも発見されている[3]。縄文中期になると、現在の檜原村の各集落がある地域にはそれぞれ1家族から3家族程度の規模で人が定住していたと考えられている[4]。縄文期の村域の人口は20人から40人程度であったと推測されている。[5], 古墳時代になると、大陸からの渡来人系の集団が近畿地方から移住したと考えられている。人里(へんぼり)集落の名前の由来は、「フン」「ボル」(モンゴル語で人間を意味する「フン」と、新羅語で集落を意味する「ボル」)が訛ったものではないかとの説もある[6]。, 8世紀頃、河内にいた高麗系の渡来人集団である高安氏と橘戸氏は人里集落の渡来人系集団を頼って来住し、南秋川沿いにある人里から浅間尾根を越えた北秋川沿いに定住した(現在の小岩)。この集団の長は代々「宿辺少将橘高安(やどりべのしょうしょうたちばなたかやす)」を名乗った。, 北秋川と南秋川を隔てる浅間尾根には、とある高貴な人物の墓所があると小岩集落で口伝されてきた。これについて平安時代の安和の変との関係を指摘する意見もある。それによると、安和の変の際に追っ手がかかった源連(みなもとのつらぬ)は東国に逃亡して橘高安にかくまわれ、後に為平親王の第4子為定親王(源為定)を呼び寄せたとされる。小岩集落にある「王子が城」「タメサダヤカタ」の古地名がその理由として挙げられている[7]。, あきる野市の大悲願寺の過去帳および小岩の宝蔵寺の縁起(勝軍地蔵縁起)によると、宝蔵寺の創建は12世紀から13世紀にかけて活躍した平山氏(日奉氏)の武将、平山季重とされている。このことから、12世紀頃には武蔵七党の日奉氏(西党)の勢力が村域に及んでいたと推測されている[8]。平山氏はその後、1546年の河越城の戦いを経て後北条氏に仕えた。, また鎌倉時代には和田義盛や吉野重季の一族が落ち延びてきて村域に住んだとの伝説が残されており、和田集落は和田一族が住んだ場所であると考えられている。また数馬集落は南北朝時代に南朝側で戦った小野氏経が移り住んだ集落である。その他にも、甲州征伐での武田氏滅亡の際に逃げてきた人々が神戸集落に定住したなど、各集落には様々な時代に村域に逃げてきた落人が家の先祖であるとの口伝が数多く伝わっている[9]。, 太神楽や式三番が始まったのもこの時期で、前者は1545年、後者は1561年に創始されている[10]。, 1590年の豊臣秀吉の関東侵攻の際、後北条氏に仕えていた平山氏重は檜原城を守り、八王子城の落城と同じ日に檜原城も落城して氏重は敗死している(これにより平山氏本家は滅亡)。檜原城の落城の経緯には諸説あり、氏重と八王子城代家老の横地堅物は一戦して敗北したという説と、氏重らは戦わずに城を捨てて自刃したという説がある。また氏重の息子の氏久は宗白と改名して、檜原城落城後も引き続き檜原に居住したとされる。[11]。, 江戸時代の檜原は天領となり、代官が置かれた。五日市から浅間尾根を通って甲斐国に抜ける道は甲州中道と呼ばれ、甲州道中の裏街道として盛んに利用された。本宿の橘橋には番所が置かれ、甲州中道を通る者を監視した。この番所は「口留の番所」と称した。, 檜原は代官の下で23の組に分けられていた。村民の代表者として世襲制の名主がおり、また各組にはそれぞれ年寄と百姓代が置かれていて(合計で46人)、住民による自治が行われていた[12]。主な産業は炭焼きや林業であった。檜原で焼かれた木炭は五日市に運ばれて売却された。1789年に檜原からこの販路で出荷された木炭は135163俵であった。江戸の街作りや火事によって檜原の木材需要は増え、林業も盛んになった。当初、檜原には木挽き師や杣師がいなかったので、青梅から技術が導入された。この頃の檜原の山林はモミ、クリ、ケヤキ、ツガなどの原生林であった[13]。切り出された木材は筏師によって秋川、多摩川を流され、江戸市中へと出荷された。[14], 明治維新後、村は最初韮山県に属し、1871年には神奈川県となった。村そのものは江戸時代以前と村域も変わらず、23組に分かれた自治体制にも大きな変化はなかった。この年には戸長が置かれ、その時点で名主であった吉野郡次が戸長となった。1878年には官選の戸長として新たに宮田静応が戸長となった。村の自治組織は23組のままで、村域は東部・南部・北部の三つに大きく分かれてまとまっていた[15]。, 1889年(明治22年)4月1日、 町村制施行により立村。[16][17]