(11/16更新). ・「山月記」 臆病な自尊心と尊大な羞恥心という性情が原因 だと書かれ、より深みのある内容 〈作者〉1909(明治42)~1942(昭和17)年 〇漢学者の一族 知的で格調高い漢文訓読体で、 自己の人間観を語る 〇幼少期(家庭の不幸)

HOME(漢文記事一覧) [ 語句 ] ・ 残月 … 明け方まで残っている月 ・ 躍り出る … 勢いよく飛び出す ・ いたずらに … 意味もなく ・ 炯々(けいけい) … 鋭く輝くさま ・ 登第(とうだい)する … 試験に合格する ・ 豊頬(ほうきょう) … 頬の肉付きがよいこと ・ 貧窮(ひんきゅう) … 貧しくて生活に苦しむこと ・ 節(せつ)を屈(くっ)する … 自分の信念を曲げて人に従う ・ 赴(お� 前のページに戻る. 」, 検索ランキング 残月(ざんげつ)とは。意味や解説、類語。明け方まで空に残っている月。有明の月。のこんの月。地歌・箏曲 (そうきょく) 。手事物 (てごともの) 。天明・寛政(1781~1801)のころに大坂の峰崎勾当 (みねざきこうとう) が作曲。門人の娘の死を悼んで作ったもので、特に手事の部分は力作。 」, ・・・発車したころは、その残月が薄く白けて淋しく空にかかっていた。 し・・・ 田山花袋「一兵卒 」, 国木田独歩「鹿狩り 」, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 芥川竜之介「金将軍

」, ・・・大空の色と残月の光とで今日の天気がわかる。風の清いこと寒いこと、・・・ 国木田独歩「鹿狩り ・・・野原の涯には残月が一痕、ちょうど暗い丘のかげに沈もうとしていると・・・ 芥川竜之介「金将軍 」, 田山花袋「一兵卒