「薬籠」は薬箱のことで、自分の家にある薬箱の中の薬はどれも役に立つものであり、必要なときに好きなように使えることから。, 「慈眉」は慈愛に満ちた眉、「善目」は正直でまじめそうな目のことから、やさしくて善良そうな顔つきのこと。, 文章をしっかりと読んで、その意味を落ち着いてゆっくりと考えて味わうこと。 「伯牙」は中国の春秋時代の人の名前。

中国の梁の王が判決を出しにくい事件について、陶朱公に聞くと、同じに見える宝石でも角度を変えて見れば厚さが違い、見た目は同じでも価値は違うと言われ、罪の疑わしい者には罰を与えることなく、功績の疑わしい者には賞を与えたという故事から。, 日が暮れる頃の薄暗い様子。 氷が解けて消えるように、屋根の瓦の一部分の崩壊から全体が次々と崩れるように、ばらばらになるという意味から。 「停蓄」は水がたまるということから、学識が深いことのたとえ。, 思ってもいないことで大きな幸運が手に入ること。または、愚かな人は人から憎しみを受けることがないので、幸せな人生を送ることができるということ。, 災いの原因になるものを完全に取り除くこと。 「程孔」は程子と孔子。 「念仏」は仏を思い、南無阿弥陀仏の名号を唱えること。 「風に吟じ月を弄ぶ」とも読む。, 人の苦楽の様子のことで、苦しいときは髪が早く伸び、楽をしているときは爪が早く伸びるということ。, 俗世の苦楽の様子のことで、苦しい時は爪がよく伸び、楽をしている時は髪がよく伸びること。, 君子がおそれ敬うべき三つのこと。 仏教語でいう八苦のうちの一つ。

天命、有徳の大人、聖人の言をいう。

「名詮」はその名に備わっている、「自性」はそのものの本質のこと。, どこへ行ったのかわからないこと。 「汎濫」は水が溢れるということから、学識が広いことのたとえ。 「瓦解」は落ちてきた瓦が砕けてばらばらになること。, 自然のままに、飾らずに生きることのたとえ。 「風流」は上品で風情があること。 「それならばもう一人別の人物が同じことを言うと信じるか」と尋ねると「わからない」と答え、「三人ならどうか」と聞くと「信じるようになるだろう」といった故事から。, 容姿が極めて美しいこと 「蓋棺」は遺体を入れる棺の蓋を閉めるということから、死ぬことをいう。

「一行」は一つのことに専念すること。 「苛政は虎よりも猛し」とも読む。, 相手に気に入られるための心地よい言葉。 「傾蓋」は車の蓋を傾けるという意味から車を止めること。 「金輪」は大地の一番の深い底。 「冥頑」は頑固で道理がわからないこと、「不霊」は頭の働きが鈍いという意味。, 非常に出会うことが難しいこと。または非常に珍しいこと。

虎の尾を踏んで、春の厚みの無い氷の上を歩くという意味から。 「熟読」は文章を繰り返し読んで、意味を十分に考えること。

「仲秋翫月」とも書く。, 前もってしっかりと準備してことに臨めば成功しやすいということ。 熱心にすぐれた人材を探し求めることのたとえ。 「堆」は土を高く盛ることや盛った土そのもの。, 捕らえられている者が自由を望むことのたとえ。 中国の北宋の時代に范中淹は、才能のない駄目な役人を名簿から消していったという故事から。 見事に変化や改革をすることのたとえ。, 夜明け前から夜遅くまで、精一杯働くこと。 虎の子どもを捕らえるためには、危険な虎の巣穴に入るしかないという意味から。 「冥冥」は暗くてはっきりと区別できない様子。, 喋れば喋るほどぼろが出ること。 「斬新」は今までになく新しいこと。 美しく高級な着物と宝石のように上等な食事ということから。, 酒をなによりも愛すること。 「土崩」は盛っていた土の山が崩れること。

または、見当違いなやり方では、目的を果たすことは出来ないということ。

「虎渓」は中国の江西省の廬山にあったとされる谷の名前。 「砂羅双樹」とも書く。, 真実ではないことも多くの人が言えば、いつの間にか真実として広まるというたとえ。 「吐哺」は食べ物を吐き出すこと。

不自由な境遇を「池の魚」と「籠(かご)の鳥」にたとえたもの。, 仲秋の夜に月を見て楽しむ宴会を催すこと。 「錦上に花を添う」とも読む。, 名誉を守るために未練なく死ぬことと、何もすることなく長く生きること。 「金椎」は金槌。 「盆を戴きて天を望む」とも読む。, 非常に険しい崖のこと。 「街に虎が出たと言うと信じるか」と尋ねると「信じない」と答えた。 釈迦が入滅したときに、釈迦の寝床の四方に二本ずつあった常緑樹である沙羅の木が、釈迦の入滅を悲しんで、一本ずつ枯れたとも、全ての木が白くなって枯れたとも言われている伝説のこと。 「徒手」と「空拳」はどちらも手の中に何も無いという意味で、物事を始めるときに力として使うことが出来るものが何も無いことをいう。, 熱心にすぐれた人材を探し求めることのたとえ。 または、絶対にや、どこまでもということ。 「氷と消え瓦と解く」とも読む。 「本を抜き源を塞ぐ」とも読む。, 気力が充実していて、盛んな勢いがあること。 「土木」は土と木のこと。 古代中国の春秋時代の楚の詩人、屈原が讒言によって追放されたときに、漁師になぜさまよっているかと聞かれて返した言葉で、「衆人皆酔えるに、我独り醒めたり」を略した言葉。, 内面も容姿も他の人よりもすぐれていること。

「貌」は表に見せている形ということで、表向きは合わせてはいるが、心は離れているという意味から。, 仏教語で名がそのものの本質を表しているもの。

「頂門」は頭頂部。 「大賢」は徳があって立派な人。 「三昧」はほかのことを忘れて熱中すること。, 美しい女性が怨み悲しむ様子。 「氷」は「冰」とも、「消」は「銷」とも書く。, 顔立ちが美しく整っている様子。 「閉口」は口を閉じて何も言わない様子のことで、困り果てた状態を意味する。 「瓦全」は瓦のようにつまらないものとして長く生きること。 すべての物事を完全に備えていて、雑念がなく、直ちに悟りに到る境地のこと。 「氾く愛し兼ねて利す」とも読む。, 深く広い学識があること。 「天造」は天が世界を作ること。 「伯牙絶絃」とも書く。, 拍手をしながら大きな声で褒めたてること。 卑しいものを左側、尊ぶものを右側におくという中国の漢の時代の風習。, 臣下同士で謀反を起こす相談をすること。 「含哺」は口に食べ物を含むこと。

「再拝」は二度拝むという意味の言葉。, 物事が根元から崩壊して、手の施しようが無いこと。 《2020年最新》収録数9,241語!全日本四字熟語普及連盟が運営する世界最大の四字熟語の検索サイト。 意味や使い方、同義語(類義語)・反対語(対義語)、人気度、使用頻度レビュー評価★★★を3段階で紹介。漢字検定(漢検)、spi対応、大人の語彙力向上に。 「瞭然」はしっかりとした区別があり、わかりやすいこと。 「奈落」は地獄のこと。 「沙羅」は植物の名前。 素焼きの鶏と陶製の犬のことで、作ったものでは家を守ったり、夜明けを告げたりなどの本来の役目を果たすことができないということから。, 人を見くびって軽く扱うと、自身の徳を失うことになるということ。 「刺股」は穴をあけるための錐でももを刺すこと。 「案を挙ぐること眉に斉しくす」とも読む。, 贅沢な生活のたとえ。

日本では、明治元年に神仏分離令が公布されて、神道を国教にするために寺や仏像などの破壊運動が起こった。, 非常に深い関係の親友を失った悲しみ。 建物を朝には完成させて、夜には壊すということから。 または、本質に名が相応しいもののこと。 「形骸を土木にす」とも読む。, 一心に念仏を唱えて雑念を払い、心を統一すること。 「外巧」は外見をうまく飾る、「内嫉」は心の中でねたむということ。, この世の全てに仏の教えが広まること。 「傾蓋」は車の蓋を傾けるという意味から車を止めること。 美しいあや織物の上に、美しい花を添えるという意味から。 「焼き物の犬」と「瓦(かわら)で作った鶏」のことで、作り物の犬や鶏では本来の役目を果たすことができないということから。, 目的を成し遂げて思いっきり喜ぶこと。 「傲岸」はいばり人を見下す、「不遜」はへりくだらない、従わないこと。, 人の幸と不幸はその時々で変わるので幸不幸は予測できないという意味。 琴の名手である伯牙は、自分の一番の理解者であり、親友だった鐘子期が亡くなり、自分の琴を理解してくれる人はもういないといい、琴の弦を切って、二度と弾くことはなかったという故事から。 「一目了然」とも書く。, いざというとき。緊急時には。 「熟読含味」とも書く。, 教えを受けた弟子が師匠を超えることのたとえ。 「眉目」は眉と目のことで、顔のつくりという意味。 「戴月」は月を戴くということから、夜遅くという意味。, 物事が崩れてばらばらになること。

「山を抜き世を蓋う」とも読む。, たくさんのものの中で一番すぐれているもののこと。 「舌端」は口先、言葉。 土や木のように自然で飾らない、そのままの姿という意味から。

「文を舞わし法を弄ぶ」とも読む。, 「羞」は恥らうという意味から、月も恥じて隠れてしまい、花も恥じるほどの美しい女性という意味。, どうしようもなく困り果てること。 もとは仏教語で、敵味方を区別することなく平等に慈しみ、極楽往生を願うこと。, 自分が怨んだり憎んだりしている相手とも会わなければならない苦しみのこと。

古代中国の殷の時代に、甲骨文字を刻んで占いの記録をしていたとされている。, 夫婦の間にも礼儀を保って、お互いに尊敬しあっていること。 「披星」は星を披るということで夜が明ける前という意味。, すぐれた賢者が、時の流れに合わせて、日に日に自己変革すること。または、すぐれた統治者の制度変革によって、古い制度が新しくてよりよい制度に改められること。

「勾消」は線を引いて消すこと。 「捉髪」は髪を握ること。 または、危険なことをすることのたとえ。 「緩急」は急を要する事態のこと。 「眉目」は眉と目のことから、顔立ちという意味。 「披星」は星を披るということから、夜が明ける前という意味。 中国の後漢の梁鴻の妻である孟光は、梁鴻に食事を出すときは、膳を眉の高さまで捧げて敬っていたという故事から。 または、手紙の最後に記して敬意を示す言葉。 「一筆勾銷」とも書く。, 生気が満ちる様子のこと。 「塞翁」は砦の老人という意味。, 親族を低い地位の左側に、賢者を高い地位の右側におくこと。

満腹になって満たされている様子から。 「塞源」は水源を塞ぐこと。 「氷水」は氷の原料は水だが、水よりも温度が低いということ。, 誰から手を借りることなく、自分の力だけで物事を行うこと。 袖が長い服のほうが、袖の短い服よりも舞う時に美しく見えるということから。 【漢検】に出る四字熟語1〜5級 [一覧] スポンサーリンク.

「奇抜」は他の人が思いつきもしない、変わっていること。, 少しの言葉や何気ない褒め言葉のこと。 または、言い負かされて返答することが出来なくなること。

次の四字熟語の読み方を答えてください。 ※読み方が複数あるものには代表的な読みを答えとして表示しています。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」を略した言葉。, 始めは勢いがあるが、終わりになるとなくなってしまうことのたとえ。

「喪志」は本来の目的を忘れること。 籠の中の鳥が空を恋しがるという意味から。. 中国の漢の時代の楚の孫敬は、勉強をしているときに眠らないように、天井から下げた縄を首にかけて眠るとしまるようにして勉強し続けたという故事と、中国の戦国時代の蘇秦が眠くなるとももを錐で刺して、眠気を覚ましながら勉強したという二つの故事から。 「玩味」は食べ物の味をしっかりと感じながら食べるという意味で、文章の深い意味を読み取って味わうこと。 「刹那」は仏教の言葉で、非常に短い時間、一瞬のこと。, 絶対に不可能なこと。 「白眉最も良し」とも読む。, 罪の疑わしい者には罰を与えることなく、功績の疑わしい者には賞を与えるということ。 「断獄」は罪を犯した者を裁くこと。 「閑雅」は品があって落ち着いていること。, 一度に二つのことを同時にすることは出来ないということのたとえ。 「三昧」は一つのことだけに心を集中して取り組むこと。, 表面は親密さを装って交際してはいるが誠意がないことのたとえ。 「沈鬱」は気分が落ち込んでいて晴れないという意味から、文章に深い意味があって重いということ。 中国の戦国時代、荘子が墨子の思想について述べた言葉から。 「雄心」は雄々しい心や勇気。 「戦慄」は恐怖で震えるという意味で、重ねて意味を強調した言葉。, 言葉で人を批評すること。

「冥合」は自然と一致するという意味。, 天と地が生まれる前の渾沌としている様子。 または、元手や資質があれば成功しやすいということ。

「物を玩べば志を喪う」とも読む。, 人々が豊かな生活をして、平和な世の中を楽しむこと。 「弄月」は月を眺めて楽しむこと。 「眉を張り目を怒らす」とも読む。, 要点を的確に突く戒めや忠告のこと。 日本では『平家物語』の冒頭の句として有名。 中国の唐の賀知章は、金亀を売って酒を買い、李白をもてなしたという故事から。, よい出来事が重なることのたとえ。 主に仏教の天台宗で「漸次止観」、「不定止観」と合わせて、「三種止観」と呼ばれる言葉。, きびしい表情や怒気をみなぎらせた顔つきのこと。 哀しみのあまり体を毀し、骨と皮ばかりになるほど痩せること。 握髪吐哺 (あくはつとほ). 春秋時代、周公旦は入浴中でも濡れた髪を握って、食事中でも食べ物を吐き出し、面接を求める人にはすぐに面会して、すぐれた人材の登用に努めたという故事から。, 熱心にすぐれた人材を探し求めることのたとえ。 もう一人別の人物が同じことを言うと信じるかと尋ねるとわからないと答え、三人ならどうかと聞くと信じるようになるだろうと答えたという故事から。, 物事の思いつきがこれまでにないほど新しく、独特なこと。

「長袖善く舞う」とも読む。, 建物を頻繁に壊したり、作ったりすること。 眉を上げて息を吐くという意味で、笑顔のことをいい、活気のある様子のこと。 「蜜語」は男女の甘い語らいのことで、蜜のように甘い言葉ということから。, その人の生前の評価はあてにならず、死後になってはじめて定まること。 または、勢いが急になくなること。, 名家から家柄に見合ったすぐれた子弟が生まれること。 「頓首」は頭を地面につけるようにおじぎすること。, 非常に大きい砂漠のこと。 「百」は数が多いことのたとえ。 旅の途中に孔子と程子がたまたま出会い親しく会話したという故事から。, 天の意志と人の行いが自然と一致すること。 「粉」はおしろい、「香」はお香のことで、どちらも化粧をした美しい女性のたとえ。, 自分の都合のいいように、法律の条文を解釈して乱用すること。 「吟風」は風に吹かれながら詩歌を吟じること。 「氾愛」は全ての人々を平等に愛すること。 「横眉」は眉を吊り上げること。

頭は大きくて立派な虎の頭だが、尾は蛇のように細く弱々しいという意味から。, 極めて危険なことのたとえ。 「金」と「玉」は金や宝石などのこと。

「冶金」は金属を溶かすこと、「踊躍」は勢いよく飛び跳ねることで、溶かされた金属がるつぼの中で、勢いよく跳ねて外へ出ようとすることから。, 親族を地位の低い左側に置き、賢者を地位の高い右側に置いて賢者を重んじること。 山を引き抜いて、世界を覆いつくすほどの力という意味から。 「頓首」は頭を地面につけてお辞儀をすること。

主に男性に対して使う言葉。 周りにいる全ての人は酒に酔っているが、自分だけは酔わずに醒めているという意味から。 「堆」と「積」は積み上げること。 「踪」は足跡のことで、影も足跡も存在しないという意味。, 道理がわからず、頑固で思考が鈍いひとのこと。 古くからの友人のように親しく会話すること。 「形骸」は人の体。 「怒目」は怒りに満ちた目つきのこと。, 当事者よりも、はたから見ている人のほうが情勢を正しく判断できることのたとえ。 八苦とは「生」「老」「病」「死」「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五陰盛苦」の八つの苦しみのこと。, 悪政は人を食べる虎よりも人々を苦しめるということ。 「羞」は恥らうという意味。, 周囲の全ての人が道徳を失っているが、自分だけは正しく生きているということ。 「瓦解」は落ちてきた瓦が砕けてばらばらになること。 「沙中」は人のいない砂地のこと、「偶語」は向かい合って話し合うこと。 「克」は必要以上に人に勝とうとすること。 中国の東晋の高僧の慧遠は、廬山の寺にこもって、虎渓よりも外に出ないと誓っていたが、詩人の陶潜と道士の陸修静を見送るときに話に夢中になり、虎の吠える声で虎渓を超えてしまった事に気づき、三人で大笑いしたという故事から。, 危険なことをしなければ、大きな利益や功績を得ることはできないということ。 「岡目」は人がしていることを見ること。 囲碁は実際に打っている時よりも観戦している時のほうが冷静で正しい判断ができるため、観戦者は打っている人の八目先まで手を読むことができるという意味から。, 敵を憎まず、味方をひいきせず、両者を平等に扱うこと。 「破綻」は布の破れとほころび。 司馬遷が死刑を宣告された友人に送ったとされる手紙の一節から。 中国の春秋時代、晋が周を攻めようとしたときに、周の景王は晋の平王に使いを出し、周を攻めることは、同族の本家である周をないがしろにして、木の根を抜き、水源を塞ぐようなものだと言ったという故事から。 または、美しいものに美しいものを重ねることのたとえ。 古代中国の戦国時代、楚の項羽が漢の軍に包囲されたときに、虞美人と最後の酒を交わしながら、自らを鼓舞するために詠んだ詩の一節から。 「英抜」は他よりもずば抜けてすぐれていること。 「怨」は小さなことでも恨むこと。

「愚昧」は愚かで道理に暗いこと。, 若い人はまだ成長の途中であり、大きな可能性を秘めているため、敬うべきであるということ。 「土崩」は盛っていた土の山が崩れること。, 格好だけで実際に役に立たないことのたとえ。 「余論」は余った言論のことからちょっとした言葉という意味。, 真実ではないことでも、多くの人が言えばいつの間にか真実として広まるということのたとえ。 建物が蜂の巣の穴のように隣り合っていて、水の渦巻きのように連なっているという意味から。, 心を集中して法華経の奥義を極めること。 「中秋」は仲秋のことで、仲秋は秋を三分割した中の月のことで、陰暦八月十五日のこと。 「哺を含み腹を鼓す」とも読む。, 「奇技」は珍しい技芸、「淫巧」はぜいたくな技巧(ぎこう)のことで、快楽だけを求めた不必要な技や度を越した技巧のこと。, 亀の甲羅と獣の骨のこと。 または、それまで我慢しなければならなかった気持ちが開放されて喜ぶこと。 古代中国の漢の君主の劉邦の時代に、功績を上げていても褒賞がもらえずに、他に人のいない砂地で、臣下たちが謀反の相談をしていたという故事から。, 八十歳で入滅した釈迦の寝床にあった沙羅の木のこと。 また、不自由な暮らしのこと。 漢代では卑しいものを左側、尊ぶものを右側に置くとしていた。, 雄々しい勇気が、溢れ出してくること。 「沙」は”砂”と同じ意味。 「一目」はほんの少しだけ見ること。 「盲亀」は盲目の亀、「浮木」は流木のこと。 「懸頭」は縄を首にかけること。

1級「四字熟語」【12】 スポンサードリンク.

または、それまで我慢しなければならなかった気持ちが開放されて喜ぶこと。 すべての存在がそのまま真実の理法にかなうことを正しく観察すること。 杯を酌み交わして、怨みを忘れるという意味。, 仏教を排斥する運動のこと。