95期の中では、瀬央ゆりあ君は昨年から抜擢され続け一番期待されている位置にいます。

せおっちは基本的に登っていくだけなので、ファンもどこまで行けるかハラハラしながらも、一つひとつのマイルストーンを僥倖と受け止めている感じがします。. 個人的には逆転サヨナラホームランが起こった際って、結構な高学年になっていると想定されているので

Hey! 内容では、1幕は華形ひかるさんがトップの紅さんより目立つような活躍で、2幕は瀬央ゆりあ君も出番が多かったものの、全体の活躍では華形ひかるさんが目立っていて逆のような感じでした。, そして2か月後の今回、先に瀬央ゆりあ君で、次に華形ひかるさんという階段降りの順番の逆転現象。 95期がトップを務める 花組・星組に2名 いるのが気がかりで・・それ以外の組だと順当にいけば、トップスターに就任できそうではあります♡ このまま組替えなしでいけば、水美舞斗さん・瀬央ゆりあさんにチャンスはないのでしょうか? あーさに関しては2人より立場的には更に遅れを取る形の4番手ステイが続いてますが組内で確実に推されている下級生がいないですし、上に降りてくるであろう本命もそこまで候補がいない、下も流石に暁さんが降りてくることはないと思うのでまだチャンスはあると思うんですけどね…

専科のご出演も、同じ汝鳥伶さんと華形ひかるさんなので、1ページに二人分も同じ。, 瀬央ゆりあ君はプログラムの中でも、ショーでも、1年前の3番手七海ひろきさんと同じ扱いを受けながらも、階段降りは華形ひかるさんより前にされたということは、明らかな3番手を避けた、番手ぼかし。, トップスタープレお披露目公演の時には、『龍の宮(たつのみや)物語』でバウ公演の主役の予定です。 おそらく、瀬央ゆりあを2番手にするという考えが実現できなかった何かしらの理由があるのではないでしょうか。 愛月ひかるの星組異動が前々から計画されていたことなのであれば、専科に異動して1年も経たずに再び組替えという事態にいささか不自然さを感じます。 コメント欄があーさとは対照的に落ち着きかえっていますね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 紅ゆずるさんが退団を発表し、次期トップスターに礼真琴さんが就任することが分かった時点から、多くのファンは「2番手は誰?」と予想合戦が始まっていました。, 個人的には、同期でトップ2番手というのは、仮にあっても暫定的と考えていましたが、その考えも、専科から愛月ひかるが組替えすることが発表され消えました。, おそらく、瀬央ゆりあを2番手にするという考えが実現できなかった何かしらの理由があるのではないでしょうか。, 愛月ひかるの星組異動が前々から計画されていたことなのであれば、専科に異動して1年も経たずに再び組替えという事態にいささか不自然さを感じます。, 2019年2月の星組全国ツアー(礼真琴主演)『アルジェの男』にも出演している愛月さんですが、宙組からそのまま組替えすることもできたはず。, ただ、路線の愛月さんが突然自分より下級生の礼さんの下につくことはできなかった可能性もありますが…。(現状は同じなのですが), 現在の星組は番手が分かりにくいですが、瀬央ゆりあが3番手ということはほぼ確定しています。, おそらくしばらくの間はこの体制で行くのではないかと思われますが、長期と予想される礼真琴さんの星組は今度色々と変化していくでしょう。, 星組は全体的に若いイメージですので、中堅スターが育つまではおそらく愛月さんが星組を支えるでしょう。, その中で瀬央さんが愛月さんを越えて2番手になる可能性は低いでしょうから、その間は2番手は難しいと言わざるを得ません。, 今後、愛月さんがトップにならずして退団、または再び組替え(そんなことあるのか…)ということがあれば可能性としては出てくるかもしれませんね。, 続いて「瀬央さんがトップになるのか?」についてですが、星組は礼さんが長期でトップスターを務めた場合、中堅スターたちが育ってくることが考えられます。, ◆綺城ひか理(97期・1.5回)◆天華えま(98期・3回)◆極美慎(100期・1回)◆天飛華音(102期・1回)※(期・新人公演主演回数), 入団15年目でのトップ就任はもちろん過去にもありましたが、礼さんがトップを務める間に、上記のスターたち、あるいは他組からトップ候補が組替えという可能性が充分に考えられます。, 現在活躍してる95期である柚香光、礼真琴、水美舞斗、月城かなと、朝美絢、桜木みなとと比べると、少々水を開けられた形で入団しているにも関わらず、むしろ入団後の活躍は目ざましいものがあるという印象です。, 瀬央さんの魅力は学年が上がるにつれ、ますます磨かれているように感じますので、個人的にはトップスター云々ではない部分で瀬央さんの魅力を存分に発揮できるのではないかと思います。, 今後、長期的視野に立てば、別格スターとして星組を支えていく可能性も考えられますし、大きな力になることは間違いないでしょう。, 同期の礼さんとの並びも好きというファンも多いでしょうから、今後も星組で活躍する姿に注目していきたいと思います。, ◆瀬央ゆりあは2009年初舞台の95期。◆新人公演主演1回、バウホール主演(単独)2回を経験している星組3番手。◆2番手になる可能性は、愛月ひかる次第。◆トップスターになる可能性は現段階ではそう高くない。◆同期の礼真琴を支える別格スターとしても活躍の道は多くあると考えられる。, 宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』はスカパー!で初月無料!気軽にお試しできますよ♪. 今しばらくは今の組体制のままなのでしょうか?, 今年の春に、美弥るりかさんが「2番手退団」となって、劇団はファンの大きな反感をかったところです。(まだなお現在進行形の部分も)

改めて宝塚歌劇の公演再開、本当におめでとうございます!! プログラムを調べてみると、当時の七海ひろきさんと今回の瀬央ゆりあ君が全く同じあつかい。 それを見た私は、ビックリしたのと同時に不思議でした。そのためタイトルに「怪」と入れました。, 1年前の星組公演『Killer Rouge(キラー ルージュ)』にも専科の華形さんがご出演でした。 月城かなと君は2番手。 桜木みなと君は3番手と明確です。 気になるのは、雪組の朝美絢くん、花組の水美舞斗くん、星組の瀬央ゆりあくん。 番手は明確ではないですが、 「役の比重」では3人とも重要な役目を担っています。 朝美絢くんについて

階段降りの順番は初日当日でも変更できますから。, ここで3番目とはっきりさせて、トップスター退団後に「2番目にならなかった」と騒がれても困るので、ごまかしたのでしょう。

愛月さんが路線復帰なのか別格なのかで、瀬央さんの今後の流れもだいぶ変わってきそうですよね。とはいえ礼、愛月、瀬央のならびもそれはそれで素敵そうですが。笑 ね、そのあたりはやはりスターさんに似るんですかね?笑 私は、「瀬央ゆりあ君を上げていく」という舵を春からとっているので、明らかに上げていくのだと思いますが…, 13日の夕方に次の宙組本公演の「出演者決定」が発表されました。

瀬央ゆりあ君の番手ぼかしの意味 トップスタープレお披露目公演の時には、『龍の宮(たつのみや)物語』でバウ公演の主役の予定です。 春の「鎌足」での主要メンバーという位置に入ったこと、そして今回の大劇場公演のプログラムとショー内容では3番手の位置。 私のような人事屋は「劇団の意図」を情勢から読み解こうとすることしかできませんよね…と最近は割り切るようになりました。笑. 星組の退団者が発表されて、中堅どころが数名卒業することになりました。 『龍の宮物語』の評判がよく、演技派としても知られる瀬央さんですが、今度星組で2番手あるいはトップに就任する可能性はないのでしょうか?, 星組で活躍している瀬央さんですが、入団時の成績は45人中40番と振るわなかったのが意外ですね。, 同期の礼真琴が下級生時代から目立つ存在でしたので、「影に隠れてしまっている」と感じるファンの方も少なくないかもしれません。, 個人的には礼さんの影に隠れているというより、よく40番から巻き返して路線スターと言われるまでになったな…と感じます。. さて、遅ればせながらや... 「北翔海莉は今ごろ大晦日のカウントダウンの準備で忙しいでしょうね。

特別連載企画として95期男役5名(月城、桜木、朝美、水美、瀬央)をピックアップし超個人的な見解をまとめております。本日は95期生ラストランナーにしてダークホースになりつつある瀬央ゆりあ編です。あくまで超個人的な意見であること、95期生箱推し 星組掲示板星組の番手ってどうなりますか?瀬央ゆりあの実力は?礼真琴の長所と短所みなさんの想いをどうぞ。コメントはこちら↓から 星組フォーラム掲示板

正直な感想. 専科の汝鳥伶さんと華形ひかるさんは、1ページに二人分。, 5月の外箱公演「鎌足」について 結局のところ本人の「意思」が尊重される世の中で、軽はずみに「なって欲しい」と言えないのだなと思うのです。 紅ゆずると綺咲愛里はすでに発表されていましたが、その他僕が知っている生徒さんでは如月蓮と麻央侑希が今年宝塚を去ることになりました。, 如月蓮というと、僕はあの2016年「ONE VOICE」で彼女の歌唱力に驚いたのを覚えています。, こういう生徒さんはもっと歌で使ってほしかったなと思いましたが、「ONEVOICE」以来歌が聴けなかったのが少々残念です。, ほとんど同時に今年後期の星組バウホール公演予定が発表されましたが、瀬央ゆりあが再度主演。これでもう星組二番手になるということでしょうか。, 瀬央ゆりあというと、実は僕がまた宝塚に関心を持ち始めたころに「新進」として紹介していました。, 颯爽とした男役なのに、話し始めるととても気さくで親しみやすい性格のようです。それも相まって、ずっと注目だけはしていたのですが、なにせナマの星組舞台を観たのは2016年の「LOVE & DREAMS」のみ、そのときはバウホール公演「鈴蘭(ル・ミュゲ)」に出演している生徒さんたちがごっそり抜けていましたから、瀬央ゆりあは見ていません。, その後すでに2018年バウホールで「デビュタント」主演を果たしているのですから、僕が知らないうちにどんどんと階段を登ってきたようです。, 画像引用元: https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/debutante/index.html, その当時の産経新聞の記事では「星組男役スター、瀬央ゆりあ 初単独主演 遅咲きの大輪」となっていますから、今の宝塚の標準では「遅い」のでしょう。何しろ95期同期の礼真琴が次期トップスターなのですから。, だからこの2年続けてバウホール主演となることが異例なのか、それとも二番手に向かうための「ダメ押し」なのか、僕にはよくわかりません。, 今回その2度めの主演となる「龍の宮物語」はオリジナル脚本のファンタジー、明治時代を舞台としたミュージカルということで、ちょっとおもしろそうですね。 最後の新人公演で主演の座を射止めたせおっち。ここから怒濤の快進撃を見せ、 2度もバウホール主演を務めています 。あーさが単独ではまだ1回しかやっていないことを考えると、希望を持ってしまいますが… WOWOWでは2月25日に北翔... 前回の記事が礼真琴だけで終わってしまったので、もう少しキャストの感想を書きたいと思います。出張が重な... 第一部のフィナーレの写真です。 ただ永久輝、聖乃とは全くタイプの違う熱いパッション全開のマイティは今の花組には必要不可欠ですし、星組の瀬央ゆりあも成り上がりタイプでなおかつ儚げな美人で礼真琴とは対照的な立ち位置で独特の雰囲気があるので今の組の路線スターとしてもっとみていたいんですけどね…

そして瀬央さんはビジュアルと声が一致しているというのが、一つ大きな武器だったりするんじゃないかと思うのですよね。どちらも渋みがあるというか。 蒼汰様 花組と星組はトップ退団に伴い、次期トップが2番手から繰り上がるので、「次の2番手誰?」とみんな興味をもっています。

瀬央ゆりあ君が3番目の扱いだと思いました。, 公演プログラムでも、礼真琴君1ページの次に瀬央ゆりあ君1ページ。但し写真の大きさは礼真琴君より小さい。

Copyright © 2018 ルネサンス・宝塚ブログ All Rights Reserved.  でも、朝美さん、水美さん、瀬央さんこの御3方のうち、誰が本当にトップを目指しているのか?本人の心の内を覗いてみないとなんとも言えませんよね。もちろん、宝塚入団時にはいずれトップに!と大多数の方が考えているのでしょうけれど、華やかな世界の裏には内外の様々な要因による個人の思いが芽生えてきて葛藤していくのでしょうね。 星組掲示板星組の番手ってどうなりますか?瀬央ゆりあの実力は?礼真琴の長所と短所みなさんの想いをどうぞ。コメントはこちら↓から 星組フォーラム掲示板 チェーホフは近代の偉大な劇作家のひとりですが、2014年の星組公演はそのチェーホフの名作「かもめ」の... 星組「アルジェの男」は今まで初日映像を観ただけでした。 にほんブログ村 そして、相手役が誰になるのか気になるところです。, そんなわけで、この立ち姿の美しい彼女がどんなふうにお芝居をするのか、どうしても観たくなり、とりあえず「阿弖流為」のDVDを手に取りました。忙しくて途中で観るのを中断してしまった舞台です。, 確か「CAFE BREAK」でも阿弖流為が一番印象に残った舞台だと本人が言っていました。また、礼真琴のトップ就任前の主演ですから、そうした意味でも興味があります。, 週末にゆっくりスクリーン観劇をしようと思っていますので、観終わったらまた感想を書いてみたいと思います。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, オーストラリア在住ビジネスマン及び往年の宝塚ファン。長いブランクを経て再出発…したかったのに、距離のせいで現在のところは映像で鑑賞が主になっています。東京出張があれば会議の間を縫ってこっそりと観劇。. 映像が出たときにも、記事を書きました。僕はバウホール公演は見ていませんから、そのときにもうすでにDVDを買うことは決めていたように思います。今回の一時帰国で実家に届いていた大量の雑誌とDVDを抱えてオーストラリアに戻ってきましたので、これか... 稽古動画をつらつらと眺めていました。舞台ではパッドを入れて肩幅も大きくし、ウエストも目立たないような衣装です。男役のひとたちがなるべく男性に見えるように補助しているのですから当然です。ところが稽古ではもちろん皆さん普段着ですから、どちらかと. もしかして新しい「2番手」を組替えする予定があるのかもしれません。 この度の観劇で、なによりも驚いたのが瀬央さんの滑舌の良さ、もとい声の良さです。私は台詞や歌詞を聞き取れないと大変ストレスを感じてしまうタチなのですが、舞台を見ながら台本を書き起こす事ができるのでは…!?というほどクリアで心が洗われるような声でした。 『霧深きエルベのほとり』にある「あ゛ーーー!うらやましぃーーー!」の釣りの場面、今の瀬央さんの状況にしっくりきていて、かつ清々しさも感じられ、じんわりとオツなシーンでした。 スポンサーリンク 同時にトップ論についても、本人がどう思っているかはわかりませんから、 コメントありがとうございます‼ 瀬央ゆりあさんについてです。 全ツ2番手と理事2番手とどっちがおいしいんですか?瀬央さんは一回も全ツ行ってないしショーを鍛えるべきだと思います。どう見ても愛月ひかるより瀬央さんのが2番手役ハ … 本当に本当に良かったです!!

瀬央さんのかき乱し、楽しみですよねー。星組だけでなく宝塚全体のカンフル剤としての活躍を期待したいです!! SNSが盛んなので、個人の声が広がって伝わり、思いを共有しやすい時代です。 月城かなとは正2番手就任でトップ王手状態、 そして桜木みなとは正3番手として東上主演公演が決定しています。 以上を踏まえ、95期7人のうちの後続トリオ、 すなわち水美舞斗、朝美絢、瀬央ゆりあの.  なんか・・・夢をぶち壊す話になって申し訳ないです。, コメントありがとうございます‼ 瀬央 ゆりあ(せお ゆりあ、6月15日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役。星組3番手スター[2]。, 広島県広島市[1][3]、広島女学院高等学校出身[1][3]。身長172cm[1]。愛称は「せおっち」、「なおみ」[1][3]。, 2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[4]。入団時の成績は40番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[1]。その後、星組に配属[5]。, 若手時代は成績下位ゆえに大劇場公演以外には出演できず、1年を長く感じる日々が続いたが[6]、入団5年目となる2014年、「眠らない男・ナポレオン」新人公演で、主要キャストとなるマルモン役(本役:紅ゆずる)に抜擢を受ける[6]。この時の新人公演主演は同期首席入団の礼真琴であった[6]。, 2015年、北翔海莉・妃海風トップコンビ大劇場お披露目となる「ガイズ&ドールズ」で、新人公演初主演[4][7][6]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスで初主演を射止めた[7][4][6]。, 2018年、「New Wave!-星-」で、紫藤りゅうとバウホール公演ダブル主演[4][8]。続く「デビュタント」でバウホール公演単独初主演[8][4][6]。, 2019年、「龍の宮物語」で、1年ぶり2度目のバウホール公演単独主演[5][3][6]。, 中学時代、幼稚園まで教わっていたピアノ教師と街で偶然再会し、その教師が宝塚好きだったことから宝塚を知り、音楽学校を受験した[4]。, 自分がこの道に進みたいのかどうか分からなかったが、単純に落ちたことが悔しくて受験を続け、3度目の受験で合格を果たした[4]。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 星組新トップコンビ・礼真琴&舞空瞳が本拠地でお披露目!芝居でショーで“ONE TEAM”アピール, 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=瀬央ゆりあ&oldid=79793682, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-』(バウホール・日本青年館) - ジュリアン, 2012年11〜2013年2月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』『めぐり会いは再び 2nd〜Star Bride〜』 - 新人公演:ルーチェ(本役:, 2014年11月、柚希礼音スーパー・リサイタル『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』(, 2016年1月、『鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-』(バウホール) - ヴィクトル, 2017年9〜12月、『ベルリン、わが愛』 - ロルフ・シェレンベルク『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』, 2019年11〜12月、『龍の宮(たつのみや)物語』(バウホール) - 伊予部清彦, 2020年2〜3月、『眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜』 - 謎の男『Ray-星の光線-』(宝塚大劇場), 2020年7〜9月、『眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜』 - 謎の男『Ray-星の光線-』(, 2020年12月、『シラノ・ド・ベルジュラック』(シアタードラマシティ) - クリスチャン 予定, 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』, 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say!

ラストランナーとしてどこまで行けるか非常に楽しみですね!!

ここまで反感をかうことになると劇団は判断していなかったように感じています。, そのため劇団はより過敏になって、番手をはっきりさせることを避けていくのかな?、と感じました。, 龍真咲さんがトップの時代に2番手をはっきりさせなかったことに弊害があったと思っています。, ここまで読んでくださってありがとうございます。 初めてコメントさせていただきます。昨年やっと全組観劇を達成した、ライトな新参者の一感想であることをあらかじめご了承ください。, 先日、『龍の宮物語』を観劇しました。初めてバウ公演観劇ということもあり、そこまで期待値は高くなかったのですが、結果として昨年観劇した作品の中で最も素晴らしい作品だと感じました!もともと95期はもれなくみんな好きではあったのですが、ここに来て瀬央ゆりあさんの株が急上昇しております。 瀬央ゆりあさんについてです。 全ツ2番手と理事2番手とどっちがおいしいんですか?瀬央さんは一回も全ツ行ってないしショーを鍛えるべきだと思います。どう見ても愛月ひかるより瀬央さんのが2番手役ハ … コメントありがとうございます‼ ポチッと応援していただけると嬉しいです♪ そして柚香光の大劇場トップお披露目が無事終わり、 ただこの時期の凪様のDS、仮に凪様の移動or退団フラグだとしてもまだ3番手にすらなれていないあーさは次期体制で誰かに降りられる可能性が高くなるわけですし、もちろんなんのフラグでもなかったとしても凪様を中々抜けない3番手なわけですからどのみち苦しいのは事実ですよね…, 礼真琴、柚香光がトップ就任して、更にコロナによる休演を余儀なくされた今年、さらなる苦難に立たされるかもしれない95期の彼女たちが幸せに、そしてより輝ける立場でこれからの宝塚人生を歩まれる事を私自身1ファンとして望まずにはいられません。, フェアリーに年齢はありませんが、研12となると、もういわゆるアラサー。独自の男役像をつかめてきた、と思ったら、自身の女性としての身体の限界が迫ってくる。, トップ確約でもなく、脇に徹する立ち位置でもなく、95期2軍の方々はそれぞれに、今後の人生を考えて迷う時期だと思います。退団した同期は、もうママさんだったりするしね。, たとえば、中卒で研12でトップ、研15(32歳)くらいで退団して、外部でミュージカルの主要キャストを何本か積んで演劇界での地盤を固め、結婚、出産、復帰してストプレ挑戦・・・, なかなか、こんなとんとん拍子にすべてを手に入れられるジェンヌ人生も無いよねえ・・・, 95期生はすでに娘役トップ3名、男役も秒読みの月城さんを含めると、3名ですので、これ以上「無理に」プッシュして、トップを輩出することもないようにも思えます。, 桜木さん、水美さん、朝美さん、瀬央さんの中では、番手的には桜木さんが一歩リードしているようですが、このまま、この4人含め、組替がないとは言えませんので、まだまだ分かりませんね。, 最近の宝塚は、よほど強力な2番手が控えていない限り、新トップのそばには、トップを支えるいわゆる別格2番手あるいは2番目を置く傾向がありますので、彩風さんトップの新雪体制になった場合、おっしゃる通り、朝美さんがすんなり正2番手になるとは思えません。 広島県 広島市 、広島女学院高等学校出身 。 身長172cm 。 愛称は「せおっち」、「なおみ」 その時には3番手に七海ひろきさんがいらっしゃいました。

悲しい話ですが95期で別格コースにいった方や、トップでも早期組は退団しているかもしれませんので、そのころには「良かったね」ってなってくれるといいなぁと思うのですが…どうでしょうね。. 「専科に行けばいい」ということを私は軽く言えません。(よってそういうことを記事で書いたこともありません。) 歌唱力についても、元々高音が得意な印象でしたが、有沙さんとデュエットを歌う際、低音が非常に綺麗に出ておりました。星組のスター不足の影響で駆け足で推されたことによる大躍進…という意見はごもっともだと感じながらも、着実に実力を備え、成長されていることに好感をおぼえます。, ただ、蒼汰様も何度かご指摘されておりますように、95期のなかでは最も男くささのある風貌で、トップの礼さんとキャラ被りしないのは武器となりますが、星組には男くささのプロみたいな愛月さんがいらっしゃいましたから、今後も吉と出るかどうか…。, ただ、現在真風さんが一手に引き受けている「THE 男役」枠みたいなものが現在の2番手3番手の顔ぶれにはいないようですし、そこで愛月さんとワンチャンス巡ってバトルする展開になれば面白いなぁと思います。…とはいえ、愛月瀬央の2択になった場合はさすがに愛月さんが優先されるのだろうな〜とは思うため、トップは厳しいのだろうと思います…(というより、古き良き男くささ枠は風間が上がるまで設けないような予感も…), 個人的には、瀬央さんは男くさいビジュアルでありつつも、高貴な立場が似合っちゃう系の品の良さが魅力と感じています。豪快な男らしさが似合う愛月さんとの棲み分けは一応できる…のかな?, 余談ですが、奇跡的に逆転サヨナラホームランでトップの座につけたとしたら、水美さんのファンから総叩きにされるのだろうな、と思ってしまいます(笑)。そんなところは見たくないので、私はいまだに7人全員トップ就任という夢を追いかけてしまいます…。長々と駄文を失礼致しました。, コメントありがとうございます‼ 礼真琴君1ページの次に七海ひろきさん1ページ。写真の大きさまで今回の瀬央ゆりあ君と同じ大きさ。  ジェンヌさんとしての活動期間の長短がトップ人事に大きく絡むと思うのですよ。舞台人としての力量やファンの支持があったとしても、ジェンヌさん本人の意思、つまり、長く宝塚の舞台に立ち続けたいと思うのであれば劇団としても無理強いはできないですよね。夢の舞台から一般芸能社会へ華麗なる転身というのは、ある種の賭けでも有るわけですから。特にトップ娘役さんだと研10までには、ほぼ退団というシナリオが出来上がっていますし、トップスターだとなおさらですよね。 近々の組替えは無いということでしょう。 滑舌と声の良さって本当に重要ですよね。私も舞台を見るにあたりそこが一番最重要だと思っているので、とても共感致します。 そして最後のご挨拶では、華形ひかるさんの後に瀬央ゆりあ君だったので、この時は男役2番目という位置でした。プログラムでも。 礼さんを『エース・四番・キャプテン』にしてしまうと、はいはい、お上手ですね、になりかねない今後の星組。いい意味で、瀬央さんに「かき乱して」頂きたいものです。(水美さんは、柚香さんをかき乱してはいけません。本当に乱れます。このあたりの見解、最終回の水美編を期待しております。笑). (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ショー「エクレール ブリアン」を見る限り、七海ひろきさんが退団されたところに、瀬央ゆりあ君が代わりにおさまった感じでした。 彩風さんを支える安定感は、彩凪さんの方がリードしていますし、朝美さんも彩凪さんを追い越すほどの勢いはまだありません。