釣りする時間が少ない当たり前の発見 . シンカー:カンジー・スパイクDSシンカー1.8g ルアー:カルティバ・撃投ジグ・レベル60g, 11月11日【琵琶湖ガイド】スタート時は、少し時雨模様の朝となり、昨日よりはるかに寒い中でのスタートとなりました。, まずは、巻きパターンでのサイズ狙いで、ゲストさんには頑張ってキャストして貰う事に。お二人とも、最近はクランクはあまり投げないとの事なので、エリアから釣り方までの説明しながら、テンポよく探っていきます。, すると、あっさり、関藤さんがナイスサイズをゲット。今日もディープX300が仕事してくれました。, ゲストさん達にクランクを頑張ってもらいながら、自分はそろそろかな?と思うボトストでチェックしていると、やはり反応しました。, ジャスターフィッシュ4.5&スウィングヘッド1.4gでのボトスト。例年、11月中旬を超えたあたりから、また反応がよくなるので、是非お試しあれ。, クランクに疲れたら、お次はシャッドで癒される作戦。サクッとあっさり癒されます。やはり釣れたら楽しいです。, さらに釣れると、もっと釣りたくなるシャッドの釣り。引ったくるバイトが楽しすぎます。, 関藤さん、山田さん、1日お疲れ様でした。また遊びに来て下さいね。よろしくお願いします, 船長使用タックル(シャッド用) ルアー:ゲットネット・ジャスターフィッシュ3.5野エビブルー&ブルーギル, 只今、杉戸船長琵琶湖ガイドでは12月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。, 11月12日は海上勤務で【日本海ライトジギング】へ。勿論、自分のボートなので、魚探しからのスタートです。前週は、魚探掛けがメインだったので、この日はガチに釣るモードです。, と言っても、午前の前半はまだ波が残っており、釣りずらい状況です。そんな中で、まずは潮の具合やベイトの入り具合を見ていきます。バスでも同じですが、実際にはボートを止める前の動作で有る程度は決まります。, 魚がいるエリアに辿り着けるかどうか!!要は絶対ここです!!特に海は広いので、ここをミスれば、もう終わりです。, 有名ポイント周辺では、遊漁船や他のボートも多く、魚探の映像からは、かなり良い感じ。まずは様子を伺いがてら、数カ所流すも、一切当たらない。, 潮の当たっている側、そうでない側、また潮目も考慮して、ベイトの溜まっているスポットを集中して流すも、無が続きます。, さあ〜ここでどうするか!!まさに試されている感じ。そこで、周りよりも少し深いところにある何か!!のスポットを流すと、ついにヒット。80cmクラスのサワラをゲット。, ハマチをゲットで、ついに青物デヴュー。この日の為にタックルを揃えた甲斐が有りました。, このスポットから反応が有った事は大きなヒントで、ここと同じ条件を考えると、今の自分の頭の中には三つのポイントが思い浮かぶ事に。そして、移動してその場所をチェック開始です。, このポイントでは過去にハマチ程度がポロポロ釣れた程度で、自分の中では優先順位が低いポイント。しかも、この日はベイトの感度も低い状態でした。, 一流し目は、何も無し。この時点で「やはり無駄かな?」と思いきや、気になる事が有り、もう一度流してみる事に。, すると、ついに「ドスン」。次の瞬間 「ジ〜」とドラグが一気に出て鳴り止まないファイト、これぞヒラマサのファイトです。, さらにさらに、ヒラマサ連発です。このクラスがライトタックルで掛かれば、もう最高です, ちなみに、反応はかなり多く、さらにデカイのも掛かりましたが、もうドラグが止まらず、そのまま根に入られ、ラインブレイク、さらにフックオフなども。また藤本君もヒラマサを掛けるも、ラインブレイクとなり、かなりエキサイトな状況でした。, 今回、全くの無の状態から、一気にヒラマサ祭り、これは本当にエキサイトでした。特に自信が無かったポイントでの結果だけに、またまた自分の経験値はすこぶるアップです, 一流し目に何も無かった訳ですが、「ここで気になった事とは?」それはベイトの存在でした。ベイトがそんなに居なくても、他の要素が絡んでいれば、チェックする必要性も経験できました。, まだまだ始まったばかりの海の船長業務も、バス同様、じっくり自分のペースで経験値を上げて、楽しんで行きたいと思います。, ロッド:シマノ・GAME typeLG S632R 浅野さん、糸井川さん、1日お疲れ様でした。次は来年ですね。今後ともよろしくお願いします。, ロッド:シマノ・エクスプライド265ULプラス 北湖から南湖両方へのアクセス良好なリブレバスクラブを拠点に、広大な琵琶湖を堪能し、素敵な1日を過ごして頂く為に全力で、ガイドさせて頂きます。リブレ バスクラブ所属 琵琶湖ガイドムラハガイド … クランクで釣ったことのないゲストさんもなすびガイドで初クランクフィッシュされる方続出?? copyright© 2020 Shigenobu Sugito All Rights Reserved.

色々なフィールドでHIDEUP製品を紹介していこうと思っておりますので 初めて. 1日で琵琶湖一周すると. 皆さま、毎度です♪友蔵です。現在の琵琶湖において、ブラックバスを対象とするプロガイドと呼ばれるガイド業を営むプロは、100名以上とも言われています。そんな数多くのプロガイドの中で、どのプロガイドを利用すれば良いのか???確かに迷うところでは 陸っぱりの楽しさ、ボートの楽しさを再確認できました! フック:カルティバ・バマスフック#4 リール:シマノ・ツインパワー4000 メガバス 杉村 和哉 琵琶湖ブラックバスフィッシングプロガイドblog, 本日は常連の中西さんと安川さん!…な、はずだったんですが、安川さんがお父さんとして大事な仕事である『子守』のため、急遽千田さんがピンチヒッターとしてお越し頂きました♪, 1日巻いて行きますよーっ!!!コンディションはどっちのバスも最高でっす!!どんどんイクゼーっ!, ちなみに僕は4mレンジをトレースしてて、2mや3m(ウィードトップで)のエリアは手を付けてません。, 今日からそのエリアも手を出していこうかなーっと思いましたが、4mレンジにバスが多く、4mをやり切りました。, 止まることなくどんどこ釣れるぜDEEP-X300!さらに45アップ×3に、もっぱつおまけで40アップ〜!!, 琵琶湖もバスを釣るのは難しいけれど、たまにこうやってラッシュの日がやってきたり(たまにはね❤️)するところが、琵琶湖らしくてこの湖は懐が深い。, 安川さーん!!千田さんは8連チャンなのにこの時点で中西さんは2本しか釣れてないんですけどーーーw安川無双が千田無双なってますー(いつものやつ), まだまだ止まらんゾーーー!…なDEEP-X300ゲームっ!二本追加っ!!これも共に45くらいのん!, 同じエリアでディープクランクを巻かれる方が一気に増えたので、着実に釣って貰うため、カラーローテーションをこまめにしておりますっ!, 休憩がてらにライトリグを別エリアですると子バスちゃんが1本。シャローのスピナベには当たりが皆無でした。, 祭りやん!なんなんコレってくらい夕方も連発してしまいました…。。たまにはこんなけ釣れてもええやん!, #megabass  #mymegabass  #sportsfihing  #lurefishing  #megabass_inc  #basscat  #basscatboats  #mercury  #proxs  #goboldly  #kisaka  #reins  #レインズ  #BIGFISH1983 #linesystem  #ZALTS  #hayabusa #hooks #westmarina  #olive  #westマリーナオリーブ #brush  #bigbassdreams  #followme  #instagood  #professional  #angler  #guide  #琵琶湖ガイド, なんと、今回のリバーバスフィッシングのパートナーはあのポパイで17年、働いておられた前川さんっ♪, ポパイ琵琶湖店(ポパイ161)で僕もアルバイト時代にずっとお世話になったボートセールスの看板社員。この方からボートを買われた方も多いはず。, 清野店長や仲野さん(今は北山田レンタル)、松井さん(今はタックルベリー)、ピットの中井さん、佐藤さん、はまちゃん、アングラーズダイナーの田村さん(井筒のさっちゃん)の話など、懐かし過ぎてテンション上がる, とりあえず寒いし魚ッ毛がないけども、トーナメントクローラー4.5ならすぐ釣れましたっ!, ガイドにガイドが釣らせる!!DEEP-X300!!!さんずガイドさんと蓮びじあるさんと湖上へっ!!, 暴風のゲキ荒れ北湖でも刺さらないし、とにかく走る。Z520に長いこと僕も乗っていたが、昔のラインとまっったく違う船なんですねっ!, 何彼構わず『すげー!』って言ってるんじゃなく、こんなにラフでも走ることに感動レンジャーっぽくないっ!, レンジャーの社長が亡くなって、今のレンジャーはレンジャーじゃないってたまに聞くけど、何も悪くなってないし走りに長けた感じで面白いボート!, だけど、このボートはレンジャーなのに衝撃はソフトで痛くないし釣りも全然し易く普通に良い船でした。, 琵琶湖でガイド業を行っております。初心者の方から上級者の方まで琵琶湖のバスフィッシングを私がフルサポート!レンタルタックル(ロッド&リール)も無料で完備!ご予約の方は090-5250-1944杉村直通まで.

11月13日【琵琶湖バス釣り】 ゲストは前回ボコボコに釣れた浅野さんと糸井川さんで、今日はできれば北湖に挑戦してみたいとのオーダー。天気は穏やかな予報なので、北湖スタートで頑張る事に。, できるだけ濁っているエリアを探しては、巻いてみる事に。そしてそれがダメなら、ライトリグも投入。, 数カ所回るも、どうも反応がイマイチ。このままタイミングを合わせにいくのも良いが、かなり勝負となる感じなので、ゲストさんと相談の結果、南湖入りする事に。, まずは、サイズ問わず釣って楽になりましょうと言う事で、ジャスターフィッシュ3.5のDSを投入して貰います。するとサクッと釣れます, 私は手持ちの野エビブルーが無いので、ブルーギルでゲット。ここ最近はスモーク系に反応良好。, コッとショートバイトが多く、フックアップしないバイトも多くなったので、そこでフサリグ投入でゲット。, エリアによって透明度が変わり、狙う水深も変わるので、その場で、色々調整すると、反応は継続します。, ダブルヒットも有り。琵琶湖南湖の数釣り、とりあえずジャスターフィッシュ2.5&3.5のDSでかなり楽しめます。, と言う感じで、北湖から南湖まで色んなエリアを走り回って、秋の琵琶湖で1日楽しむ事ができました。