… 生駒山上遊園地は入園料がなんと無料…なんですが実際にはいろいろとかかるものが。 そんなあなたに、得する方法あります!各種割引券を併用することによってお得にフリーパスを購入できます!

Copyright © 2009-2020 tabikan.jp. 生駒山上遊園地周辺の駐車場を一覧でご紹介。生駒山上遊園地からの距離や、駐車場の料金・満車空車情報・営業時間・車両制限情報・収容台数・住所を一覧で掲載。地図で位置を確認したり、グルメや不動産などの周辺検索も可能です 未掲載観光スポットの情報や掲載中の観光スポットの新情報、詳細情報などを教えて下さい, 【会員限定】第139回口コミ付き観光写真コンテスト!金賞1名様、銀賞2名様、銅賞2名様にamazonギフト券をお送りします。11/1〜30, 【会員限定】口コミキャンペーン!5名様にamazonギフト券1000円分をプレゼント!11/16〜30, 兵庫(神戸・有馬・明石・宝塚・尼崎・西宮・甲子園・城崎・豊岡・姫路・赤穂・淡路島), 沖縄(那覇・首里城・美ら海水族館・名護・糸満・久米・宮古・石垣・竹富・西表・慶良間・与那国). 生駒山上遊園地は入園料無料なので、この絶景を楽しむために訪れるのもありだ。 【おすすめ】子供たちの遊び場「play peak itadaki」 小学生以下の子供がいるファミリーは、園内の一角にある「play peak itadaki」を体験するのもおすすめ。 奈良県の生駒市にある、生駒山上遊園地の中の『itadaki』という赤ちゃんから楽しめるアスレチック施設があるということで気になって家族で行ってきました。正直なところ、1歳児の我が子にはまだ早いかなという印象でしたが、小学生ぐらいが一番楽しめる施設ではないかなと思います。 駐車場代は、普通車も軽自動車も1200円。 自宅から電車で行けば片道1230円だから、やはり車の方が安い。 駐車場から遊園地へ登る施設が故障しているみたいで無料シャトルバスが運行している。 入ってみると犬が一匹ずつ檻の中に入れられストレスのせい... 新サーバーへの移行のため、切り替えのタイミングでご投稿いただいた口コミ・画像・コメントが反映していない可能性がございます。口コミが反映していないという会員様がいらっしゃいましたら、お手数ですがサイト最下部の「編集部へのコンタクト」からご連絡をお願いいたします。.

 初めて地図を見た時、何と読むのか判らず悩んだが現地へ行ってローマ字の看板を見て理解した。 生駒山上遊園地へ車で行く場合. 住所:奈良県生駒市菜畑町2312-1アクセス:【電車】近畿日本鉄道奈良線生駒駅からケーブルカー乗換え、生駒山上駅下車すぐ 【車】阪奈道路登山口ICから信貴生駒スカイライン(有料)に入り約4キロ営業期間:3月中旬~11月末(カレンダーにより変更する場合あり)(社会情勢により変更有り)営業時間:10:00~17:00(季節、社会情勢により変更有り)定休日:木曜(祝日および、春・夏休み期間は営業)(社会情勢により変更有り)駐車場:1600台 普通車1200円/1日、大型車2000円/1日料金:入場無料。のりもの料金 各300~500円。のりものフリーパス おとな(中学生以上)3300円、こども(小学生)3100円、幼児(2歳~幼稚園)2600円。のりもの券が12枚つづりになった「とくとくチケット」3400円※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。※2020年5月時点の情報です。, ■生駒山上遊園地 公式サイト 近くに遊ぶところがないかとさ探しているとわんにゃん村を発見! 私たちは、わんちゃんねこちゃんと触れ合えて癒してくれるような施設を想像していたのですが・・・ 新沢千塚古墳群公園 令和 2年10月18日(日) 天候:晴れ〔新月の翌日)

標高642メートルの生駒山上にある入園無料の生駒山上遊園地。2019年に開業90周年を迎えた歴史ある遊園地で、高台から絶景も楽しめる、奈良や大阪の人々を中心に愛され続けているレジャースポットだ。そんな生駒山上遊園地のおすすめの楽しみ方を紹介!※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください。, 生駒山上遊園地はその名の通り山の上にあるので、公共交通機関を利用して行く人は、ケーブルカーに乗って山を上っていく。ケーブルカー(生駒ケーブル)のふもとの駅である鳥居前駅は、近鉄奈良線、生駒線、けいはんな線生駒駅から徒歩約3分。ケーブルカーで鳥居前駅~宝山寺駅(乗換)~生駒山上駅は約16分で、生駒山上遊園地は生駒山上駅から徒歩すぐ。鳥居前駅から生駒山上駅までの運賃は、大人片道370円、子供片道190円(※すべて税込)となっている。, なお、生駒ケーブルの車体デザインの奇抜さ、ユニークさは、ここを訪れたことのある人ならおなじみだが、初めて生駒ケーブルを利用する人は、出迎えてくれたケーブルカーを見て驚くかもしれない。車で来園する場合は、阪奈道路登山口ICから信貴生駒スカイライン(有料)に入って約4キロ。遊園地の駐車場は1600台で乗用車1日1台税込1200円。駐車場から園内へは、かわいい「DONDONどんぐリス」(2歳以上から有料、往復500円、片道300円※ともに税込)という乗り物で移動ができるので楽ちん。, ケーブルカーといい、「DONDONどんぐリス」といい、どちらももはやアトラクションのようで、遊園地に到着する前から心が踊るはず。, 生駒山上遊園地は入園料無料。ただし、アトラクションを利用する際には、種類ごとに異なるのりもの料金(税込300円~)が必要だ。のりもの券が12枚つづりになったお得な「とくとくチケット」も税込3400円で販売していて、1人でもグループでも利用できるので、アトラクションをたくさん楽しみたいなら購入しよう。なお、チケット販売窓口は混雑することが多いので、券売機での購入もおすすめ。また、現在発売が中止になっている「のりものフリーパス」(中学生以上3300円、小学生3100円、2歳~幼稚園児2600円※すべて税込)の情報や、営業日、営業時間については、公式サイトで確認を。, 園内のアトラクションは、小さな子供でも楽しめるものから、スリルを味わえるタイプ、乗りながら山の上ならではの景色を楽しめるものまで、バラエティ豊かな全27種類。所要時間の目安は5~6時間とのこと。, どんな周り方がおすすめなのか、施設担当者に聞くと、「まずは『ぷかぷかパンダ』に乗って空から遊園地をぐるーっと一周しながら、次に乗る乗り物を相談しましょう。いくつか乗り物を楽しんだあとに昼食をとり、食後は景色を見ながら園内散歩へ。ステージショー開催日は野外劇場へ向かいましょう。そしてフィニッシュは、90年以上の歴史を誇る『飛行塔』で大阪・奈良の絶景をお楽しみください!」と、広報担当の木村洋三さん。, 遊びに行ったときは、ぜひコメントを参考に周ってみては。なお、野外劇場でのイベント・ステージショーの開催については公式サイトをチェック。, 「ビューレストランでお昼ご飯をどうぞ。テラス席では大阪を一望しながらお食事を楽しんでいただけます」と木村さん。, 園内のレストラン「ビューレストラン」では、「ビューランチ」(税込950円)や「ヒレカツ定食」(税込900円)、「からあげ定食」(税込800円)をはじめ、麺類や丼もの、軽食メニュー、スイーツまでそろっていて、ファミリーやグループで気軽にランチタイムを楽しめる。また、メニューのほかにこのレストランの魅力といえば、テラス席からの眺め。大阪平野を一望できるほか、関西国際空港や明石海峡大橋まで眺めることができるのだ。眼下に広がるパノラマビューを楽しみ、爽やかな風を感じながらの食事は格別!, アトラクションや食事を楽しむ合間に、生駒山上ならではの眺望を楽しむことも忘れずに。一度見たら忘れられない絶景がここにある!, 大阪方面の景色は、ビルとして日本一の高さを誇るあべのハルカスをはじめ、京セラドーム大阪、大阪城、グランフロント大阪、さらには大阪湾、明石海峡大橋、神戸、六甲山の山並といった圧巻の景色が眼下に広がり、まるでジオラマのよう。「大阪城はどこかな?」と探すのも楽しい。眺めていたら、大阪観光を一通り楽しんだ気分になれるかも。奈良・京都方面は、生駒市をはじめ、奈良盆地や大和青垣の山々が一望できる。東大寺大仏殿も見えるとか。, また、夏のナイター営業時にだけ楽しめる夜景も見逃せない。宝石を散りばめたような、まばゆいきらめきに、ロマンチックな気分が高まること間違いなし。※2020年のナイター営業実施は未定(2020年6月現在)。生駒山上遊園地は入園料無料なので、この絶景を楽しむために訪れるのもありだ。, 小学生以下の子供がいるファミリーは、園内の一角にある「PLAY PEAK ITADAKI」を体験するのもおすすめ。世界の優れた遊び道具の販売や、遊びの環境作りを行っている玩具会社ボーネルンドが監修し、2019年に国内最大規模の遊び場としてオープンした施設だ。, ここは入場料が別途必要で、1歳(保護者の付き添いが必要)が平日・休日600円、2歳~小学生(保護者の付き添いが必要)が平日1400円・休日1500円、中学生以上(保護者を除く)が平日1400円・休日1500円、保護者が平日・休日600円(すべて税込)。施設内は、「スカイウォーク・ヒル」「オープンスカイ・デッキ」「スウィング・バレー」「トドラー・ガーデン」「アドベンチャー・レイク」といった5つのプレイエリアに分かれ、さまざまな遊びを通して子供たちが成長できる場となっている。山の上という非日常空間にあるため、そこへ向かうことからアミューズメントが始まる生駒山上遊園地。そしてたどり着いた先では、アトラクションだけでなく山上ならではの絶景散歩も楽しめるのだからうれしい限り。小旅行気分で訪れてみよう!, ・入園時、検温を実施しています。・園内ではマスクをご着用ください。・混雑状況に応じて入場制限を実施する場合があります。・混雑緩和のため「のりものフリーパス」の販売を中止しています。取材・文=CRAING 遊園地は結構場所によって楽しめる年齢が微妙に変わるなと思っています。小さな子供にとって楽しめる乗り物が歳を重ねるごとに変移していくことや、身長制限や年齢制限によって、乗れる乗り物の母数がそもそも少ない遊園地も少なくなく、遊園地によっては子供があまり楽しめないー!ということもしばしば・・・, 我が家の娘'sも二人とも身長が110cm強の5歳と7歳児。そんな我が家でも楽しく乗れる乗り物がたくさん詰まった生駒山上遊園地を今回はリポートしたいと思います!, ※今回は生駒山上遊園地のアスレチック施設「ITADAKI」には行っていませんので遊園地情報をお届けします。, 途中までは無料道路で行くのですが、どのルートを通っても最後は「信貴生駒スカイライン」という有料道路を通ることになります。, また、駐車場は広々ですが、止める場所によっては遊園地までの道のりが結構な距離になることもあるので、お早目の来場を心がけてください。(駐車場にトイレがないのでご注意を), 我が家も早く行きすぎて9時過ぎに駐車場に到着してしまいました(信貴生駒スカイライン料金所のおじさんに驚かれました(笑))駐車場の入り口にはロープが張られていて、9時半~45分ぐらいのどこかで係の方が開けに来てくれます。, 駐車場から遊園地までは2つの行き方を選んで生駒山上遊園地まで行くことになります。まずは徒歩(2~3分の道のりを緩やかの階段を延々登るコース)そして、もう一つがかわいいリスさんののりもの「DONDONどんぐリス」にのってらくらく行けるコース(有料&指定時間での発着), DONDONどんぐリスはおそらくとても楽ちんで楽しく行けるのですが、一人片道300円、往復500円という価格がちょっと我が家にとっては痛手だったので、迷わず徒歩を選択!(笑), DONDONどんぐリス乗り場の少し奥の、道を進んでいくと階段が見えてきますので、こちらでえっちらおっちら頑張って登りました(笑), 生駒ケーブルを使えば正面入り口に直結しているのでスムーズに来場できますね♪時刻が変更になる場合もあるので、詳しくは生駒山上遊園地HPをご確認ください。, 生駒ケーブルの乗り物はどれもかわいいものばかりなので、それにのる楽しみもあって子供は楽しみながら移動できそうです★, 生駒山上遊園地はうれしいことに入場料無料!遊園地は高くつくと思って敬遠していたパパママに嬉しい場所です♪遊園地好きの子連れなら迷わずフリーパスを!「初めて行く」や、「まだ子供が小さいので楽しめるか不安」という方はお得な「とくとくチケット」を選ぶと良いと思います★, このとくとくチケット、どの乗り物も乗れるのりもの券12回分が3,400円で購入できます。12枚すべて500円の乗り物に乗ったとすると2600円もお得!素晴らしい料金設定です♪, ※現在新型コロナの影響でフリーパスの販売が中止されています。ご注意ください。(2020/6/22現在), チケットを購入したら乗り物に向かいます!どれも楽しそうな乗り物ばかりで目移りします♪小さな子供でも楽しめる乗り物が豊富で初めて遊園地に行く親子連れには本当に抜群の場所になっていると思います。, 我が家はまずは生駒山上遊園地唯一のコースター「くるくるコースター」に乗ることに!付き添いありなら100cmの子供でも乗れるので一緒にとなりで乗ってあげてくださいね^^, 出発を待つ次女と私(笑)ドキドキです!座席がくるくる回転しながらのコースター!距離は短めですが、2週するので楽しかったです♪合計3回乗りました(笑), こちらは100cm以上で4歳以上の子供なら1人で乗ることができるので子供たちだけで大はしゃぎしながら乗りに行きました♪, 見た目以上の高速回転!次女は前傾姿勢で持ち手を持ちながら固まっていました(笑)激しい乗り物にまだ乗ったことのないお子さんは少し怖いかもしれませんね^^, 続いては「ミニパイレーツシップ」他の子供と向かい合わせで若干の気まずさはありましたが、親子3人キャーキャーおおはしゃぎで乗っていました♪, 正直舐めていましたが、結構上まで上がります;90度ぐらいまではおそらく上がっていたとおもうので、落下時は腰が若干浮きました(笑), ゴーカートは小さな子供は操縦できないのでご注意ください!意気揚々と車を運転するー!と言って乗り込みましたが120cm未満の子供は操縦できません;事前に知っていれば乗らなかったのですが、この日唯一の失敗でした;, イーグルフライにも乗りました!イーグルフライは110cm以上で付き添いありで乗れるので、4人みんなで乗り込みました★, 赤コースと青コースに並んで待ちます。赤コース「後ろ向き」、青コース「前向き」で落下→急速度でロープを伝っておりてくるというジップラインの乗り物バージョン, 私と長女は後ろ向き、ママと次女は前向きで同じタイミングで降りるので、降りた後はみんなで大笑い(笑)とっても楽しかったです♪, おもしろ自転車もチケットで乗ることができます!15分間乗れるのですが、いろいろな自転車に乗ることができました♪15分思ったよりも長くて楽しめます^^, なかなかの水の色にビクビクしながら、乗り込みます(笑)水の上を進んでいくボートってだけでなぜこんなにテンションが上がるのか不思議です^^, 暗いトンネルには少し怖い仕掛けもありながらボートは奥へ奥へ進んでいきます。トンネルを抜けるとガタガタと高く高く昇っていくボート・・・登った先に小急流すべりがあり、そこで1回テンションがめちゃくちゃ上がります♪, 高層階をぐるりと回ると最後の下り坂に差し掛かるにつれ、口数の多くなるボート内!(笑)そろりそろり傾くボート・・・そして・・・・・, ずぶ濡れになることはなく、ちょっぴり水がかかったかな?というぐらいなのでカッパなどはなくても問題なかったです♪楽しくてこちらも2回乗りました^^, パパ&長女、ママ&次女のように別々の乗り物にのって、相手方を待っている間や、少し物足りないかな?となったときに意外と活躍するのがゲームコーナー★, 生駒山上遊園地にはゲームコーナーが要所要所でいくつも点在していて、レトロゲームやクレーンゲーム、アーケードゲームなど様々なゲームで楽しむことができます♪, かなりレトロ感漂うゲームコーナーもあり、子供より大人の方がテンションが上がるかもしれませんね^^, クレーンゲームは見たところすべて100円で、設定甘目だったので、うまいパパなら結構とることができると思います★私も400円で3つのぬいぐるみをゲットして子供たちに神扱いされました(笑), 生駒山上遊園地はその名前に「山上」と入っている通り、自然の中にある遊園地なので、それなりに虫さんがいます。トイレも例外ではなく、虫さんがいてる箇所もあるので、そういったトイレが苦手だなというパパ&ママは正面入り口入って、右前方にある、小屋型のトイレを目指してください。, 入り口も閉じてあるので虫がほぼいなく、おそらく新しいのでとてもきれいで使いやすいです。この写真にうつっているように身障者用多機能トイレやベビーベッドもあるので、そういった方々にも使いやすいトイレになっています。, また、ほかのトイレにはない、温水洗浄機がついているのでウォシュレットがないと大きなおトイレができない!という方にも安心です♪, 今回、時間の関係で入ることのできなかった「PLAY PEAK ITADAKI」は遊びと教育を創造する「ボーネルンド」が監修している、しっかりとしたコンセプトのある施設。, おそらくこのPLAY PEAK ITADAKIを目的に生駒山上遊園地にやってきているであろうご家族も多かったです^^かなり大きな敷地面積になっているようで様々な施設があり、とても楽しそうです★, 付き添いの保護者の価格が安く設定されているなど、入りやすい料金体系になっているので、次回は是非このPLAY PEAK ITADAKIにも行ってみたいと思います!, 今回ご紹介できなかった乗り物もたくさんあって、小さな子供、未就学児や小学校低学年児はとっても楽しめる乗り物の多い遊園地で、家族みんなが笑顔になれる場所だと感じました♪, また、めちゃくちゃ人が多いというほどの混雑はなく、長時間列に並ぶということもありませんでした。そういった面でも小さな子供には楽しみやすいのではないかと思います。, 他にも気づいたのはお弁当を持参して敷物を敷いて食べているファミリーがとっても多いこと^^自分たちも次回はこうしたいねと話していました♪アットホームな遊園地でいろんなファミリーの優しい笑顔が光っていました★, 新施設「PLAY PEAK ITADAKI」などもできて、進化することも忘れていない良いスポットになっています!次回はPLAY PEAK ITADAKIもリポートできるようにしたいと思いますので、またご覧ください♪, 旅行に行くとなるとだいたい決まってじゃらんのサイトを見て、行きたいスポット近くの良いお宿をさがすようになっています♪いろんなお宿があって、目移りしちゃいますけど、そういうお宿を選びながらワイワイ言い合っている時間も楽しみの一つですね(*‘ω‘ *)旅行に行かれる際はじゃらんさんで一度検索されてみることをお勧めします♪↓↓お宿の検索・ご予約はこちらから↓↓, 住所:〒630-0231 奈良県生駒市菜畑2312-1TEL:0743-74-2173入園料 無料, 信貴生駒スカイライン TEL:0743-74-2125生駒ケーブル TEL:0743-73-2121, 往復 500円片道 300円※2歳から有料(6歳以下の方は15歳以上の方の付添が必要です)のりものフリーパスは利用できません。, 長女・次女と一緒にお出かけするのが大好きな30代の2児のパパ。