全: : 24 「この前の「黄色いバット」の方がはるかによかったと思う。」「事実をふまえながら人間をしっかりと浮き立たせるというのは、なまなかな技倆では出来ることではない。 第163回芥川賞に高山さんと遠野さん、直木賞に馳星周さん 7.15 19:28 宮部みゆき選考委員が講評「候補回数は意識されなかった」 第163回直木賞 道の浦河の片田舎で受賞の知らせを聞くなどなど、俺らしくていいんじゃないかなというふうに思っていたりもします。,  とにかく、今回の受賞はうれしく、ありがたく思っています。ありがとうございました。, 〒102-8008千代田区紀尾井町3-23文藝春秋ビル内電話03-3288-6107.
「芥川賞直木賞の銓衡そのものが、近頃こう派手に扱われるのは、日本の文運隆盛の証しだと考えてよろこんでいいのか何うか、わたしなどは戸惑ってしまうし、ひどく責任を感じて、銓衡の前後数日はぐったりとくたびれる。 全: : 21 「この作者は新鮮でよいものを持っているから、これからの日本の小説に新しいものを付加するだろうと思った」「単行本にするにあたって、整理して、順序をかえたり、削ったり、新しく書き足したりして、曲折と山をもったものにしたらなおよかったろうと思う。 è³žç›´æœ¨è³žã®éŠ“衡そのものが、近頃こう派手に扱われるのは、日本の文運隆盛の証しだと考えてよろこんでいいのか何うか、わたしなどは戸惑ってしまうし、ひどく責任を感じて、銓衡の前後数日はぐったりとくたびれる。」. 馳星周『少年と犬』は、第163回直木賞受賞作品です。これまで、私はあまり 賞受賞作品というものに興味は湧かなかったのですが、うちでも犬を飼っているので、深く考えずに購入してみました。 続きをみる.

バス』14年文藝春秋刊=第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。『BAR追分』15年角川春樹事務所刊。『オムライス日和 BAR追分』16年角川春樹事務所刊。『今はちょっと、ついてないだけ』16年光文社刊。『情熱のナポリタン BAR追分』17年角川春樹事務所刊。『カンパニー』17年新潮社刊。『地の星 なでし子物語』17年ポプラ社刊。『彼方の友へ』17年実業之日本社刊=第158回直木賞候補、第39回吉川英治文学新人賞候補。『天の花 なでし子物語』18年ポプラ社刊。, 1984年6月18日京都府木津川市生まれ。2016年「狐の城」で第23回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞。17年、文庫書下ろし『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』でデビュー。18年、「童神」で第10回角川春樹小説賞を受賞(刊行時に、『童の神』と改題)。, 〈作品〉『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』2017年祥伝社文庫刊=第7回歴史時代作家クラブ賞・文庫書き下ろし新人賞(ほか「羽州ぼろ鳶組シリーズ」10冊)。『くらまし屋稼業』18年ハルキ文庫刊(ほか同シリーズ6冊)。『童の神』18年角川春樹事務所刊=第8回本屋が選ぶ時代小説大賞候補、第160回直木賞候補、第10回山田風太郎賞候補。『ひゃっか!』18年文響社刊。『てらこや青義堂 師匠、走る』19年小学館刊。『八本目の槍』19年新潮社刊=第41回吉川英治文学新人賞受賞。, 1977年9月14日京都府京都市生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程前期修了。奈良時代仏教制度史、正倉院文書の研究を経て、2010年『孤鷹の天』でデビュー。, 〈作品〉『孤鷹の天』2010年徳間書店刊=第17回中山義秀文学賞受賞。『満つる月の如し 仏師・定朝』12年徳間書店刊=第2回本屋が選ぶ時代小説大賞、第32回新田次郎文学賞受賞。『若冲』15年文藝春秋刊=第153回直木賞候補、第9回親鸞賞および第5回歴史時代作家クラブ賞受賞。『腐れ梅』17年集英社刊=第8回山田風太郎賞候補。『火定』17年PHP研究所刊=第158回直木賞候補。『落花』19年中央公論新社刊=第39回吉川英治文学新人賞候補、第32回山本周五郎賞候補、第161回直木賞候補。, 1966年1月6日生まれ。大阪府堺市出身。関西大学卒業。2009年「月桃夜」で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。同年、同作品を収録した『月桃夜』でデビュー。, 〈作品〉『アンチェルの蝶』2011年光文社刊=第15回大藪春彦賞候補。『雪の鉄樹』14年光文社刊、文庫は16年光文社文庫刊=「本の雑誌 おすすめ文庫王国2017」第1位。『冬雷』17年東京創元社刊=第1回未来屋小説大賞受賞、第71回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門候補。『オブリヴィオン』17年光文社刊=「本の雑誌が選ぶ2017年度ベスト10」第1位。『ドライブインまほろば』18年祥伝社刊=第22回大藪春彦賞候補。, 1965年2月18日北海道生まれ。横浜市立大学卒業。書評家などを経て、96年『不夜城』でデビュー。, 〈作品〉『不夜城』1996年角川書店刊=第18回吉川英治文学新人賞受賞、第15回日本冒険小説協会大賞受賞。『鎮魂歌 不夜城Ⅱ』97年角川書店刊=第51回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞。『漂流街』98年徳間書店刊=第1回大藪春彦賞受賞。『蒼き山嶺』2018年光文社刊。『雨降る森の犬』18年集英社刊。『四神の旗』20年中央公論新社刊、ほか多数。, 居酒屋で店員を呼んでも気づかれない、注文をよく聞き返される…そんな経験ありませんか? 『声が通らない!』ほか, 人と人の心の糸は一度切れても、再び繋がる──盛岡「ホームスパン」をめぐる親子三代の物語. 全: : 26 「重層的で圧倒的な物語性を持っていた。」「人間の弱さがいやというほど描きこまれている。それだけならただの汚濁だが、その汚濁の中から、主人公の少年のピュアな成長という、真珠のひと粒とも言うべきものを掬いあげることに成功している。 日本文学振興会より、第163回直木三十五賞の候補作が発表されました。選考委員会は、きたる2020年7月15日(水)午後2時より都内で開催されます。 選考委員(五十音順) 浅田次郎・伊集院静・角田光代 … ¨ã¨ã‚‚仕上がりが甘くなったのは、そのせいかもしれない。」, 「主題と題名と形式になにか大事な意味があるにちがいない。そう考えて、前から読んだり、うしろから眺めたりしたが、作者の真意がどのへんにあるのか、ついに分からなかった。形式の追求に力が入りすぎて、中身についての追求が充分ではなかったという憾みがある。」. 全: : 28 「私が推したのは『破局』だった。爽快な小説ではないが、他者への共感能力を欠き、肉体的な欲望(スポーツとセックス)以外は、完全に“自律的に他律的”とも言うべき主人公の造形は、一個の現代的な典型たり得ている。 2020.07.15 芥川賞 第163回芥川賞の授賞作が決定しました。 2020.07.15 直木賞 第163回直木賞の授賞作が決定しました。 2020.05.29 松本賞 第27回松本賞の授賞作が決定しました。 2020.03.04 直木賞 三浦しをん氏が直木賞選考委員に就任されました。 2020.03.04 芥川賞 篇に満遍なくちりばめてあるのも、作者が苦心したほどの効果がなく、かえって重苦しく感じさせた。」, 「今回は受賞作なしとしたかった。」. c THE SOCIETY FOR THE PROMOTION OF JAPANESE LITERATURE. 8月28日、都内にて第163回芥川賞・直木賞の贈呈式がおこなわれました。直木賞受賞者の馳星周さんの「受賞のことば」を掲載いたします(馳さんは北海道・浦河町よりリモートで出席)。 馳星周さん どうも、馳星周です。