『美丘』(みおか)は日本の男性小説家である石田衣良による小説作品、およびそれを原作としたテレビドラマ。『野性時代』2004年12月号から2006年2月号まで連載され、2006年10月に角川書店より刊行された。, 難病を発症した女子大生・美丘と、彼女に恋をした太一の13か月間の恋の物語。太一の視点から描いた回想録という形式を取っている。, 暖かな11月の月曜日。授業をすっぽかし学校の校庭で寝ていた太一たちは、突然フェンスをよじ登り今にも飛び降りようとする女性を目撃し、止めようとする。しかし彼女に死ぬ気はなく、違う世界を見たいためにフェンスを越えたのだった。, 「峰岸美丘」と名乗る彼女は、自由奔放に振舞い、太一たちのグループを翻弄する。その姿に次第に太一は心を惹かれ、やがて付き合うようになる。しかし、恋人として初体験をしたその日、彼女から思いもよらぬ事実を告げられる。, 『美丘-君がいた日々-』(みおか きみがいたひび)のタイトルで、2010年7月10日から9月18日まで日本テレビ系の土曜ドラマ枠で、吉高由里子の主演で放送された。吉高は今作が連続ドラマ初主演となった。, 土曜グランド劇場(第2期・21時台)→土曜ドラマ(第1期・21時台)→土曜ドラマ(第2期・22時台), https://www.oricon.co.jp/news/77830/full/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=美丘&oldid=79147800, 先述した通り、美丘は原作では「クロイツフェルト・ヤコブ病」に感染、発症してしまうが、ドラマでは原因不明で、医学界でも珍しい症例としている。発症した経緯も突然その兆候がでてきたとなっている。また、原作では手足の痙攣や麻痺といった症状が最初に出るのに対し、ドラマでは先に記憶障害になっている。, 原作では出会いから恋仲にいたる期間や病気が発症した時期といった時系列がはっきりしているが、ドラマではこの部分がやや曖昧になっている。, 原作では美丘には姉の美玲さんがいたが、ドラマでは美玲さんがいない設定になっている。その代わり、太一に妹がいる設定である。. 『美丘-君がいた日々-』(みおか きみがいたひび)のタイトルで、2010年 7月10日から9月18日まで日本テレビ系の土曜ドラマ枠で、吉高由里子の主演で放送された。吉高は今作が連続ドラマ初主演となった。 美丘~君がいた日々~6話「いらない命なんてないんだよ!」 美丘~君がいた日々~5話「結婚…出産私にはできないんだ」 美丘~君がいた日々~4話「発症…大切な記憶が消えていく」

・連続ドラマ初主演だったらしい吉高由里子ちゃん、確かに演技力が 低いわけではないのだけど、では彼女が演じた美丘に感情移入できたのか というと、そこまではいかず、さらりと流せてしまった印象でしたね。 過大評価な感は残念ながら否めない。

過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます, 推理系の作品の核心のネタバレ, 明確で看過できない事実過誤、もしくは推測(認識・解釈の相違・些細な事では駄目 / 内容を知らない人にソースを用意して指摘・納得させられる内容であること).