さくのみや 妄想小説. 「今日から『松本潤さん』として、社長の秘書として働いて頂きますからね。」「よろしくお願いします。」スーツ姿の潤が、社長室の俺の目の前に立っている。それだけで、少しだけ表情が緩んでしまいそうになる俺。否、ここでは社長だからな、ちゃんと俺も仕事をしている所を見せて、惚れさせないといけないんだからな。そんな事ばかりを考えてしまう俺。チラチラと二宮がこちらを見ては睨みつけている。そうカリカリするな。ちゃんと仕事はするから, さまぁ〜ず出演回の夜会収録日の二人の静かな夜の話。「たっだいまー。」部屋に入るとキッチンに立つ潤の後ろ姿が見えた。旨そうな匂いが漂っていて、嬉しくってテンションが上がる。「潤ー、今日のメシ...!」言いかけてハッとした。ダメダメダメ!そーいうのがダメなんだって!今日の収録で三村さんと大竹さんの話を聞きながら俺は大いに反省したんだよ。「今日のご飯何?」とか聞くのがそもそも偉そうだと。王様ですか、と。「ハンバーグが食べたいなあ, 潤side近い。唇が触れる距離に相葉さんの顔面ドアップ。僕…、仕事でも、やっぱり…「…まって、」動くことができずにいた身体がやっと反応しろと信号を送る。距離を取れと手を伸ばすんだと…「お取り込み中みたいだね。」……え?相葉さんと二人きりの部屋。もうダメだと口を精一杯につぐみ、ぎゅっと瞑っていた目を片方そっと開いて、声のした方へ視線を向けた。「さくらいさ…」図ったみたいにドンピシャなタイミング。けど、見られた…!バッチリとキスしそうなとこを。「翔ちゃん、なんで?鍵…」, 滝沢工業までの移動中。いつもだったら、二宮が「これを終わらせて下さい。」そう言って仕事を押しつけてくる時間だったが、潤はそんな事は言わない。まぁ、初日だからという事もあるだろう。だから、俺も潤がリラックスできるようにと、菊池の話をしたりして過ごした。いつもは話しかけない菊池だが、今日は俺の話に同調してくれたり、返事をしてくれる。「俺は、櫻井社長の傍で仕事をしたくて、この仕事を選びました。」菊池のそんな話、初めて聞いたけど。そう, SideJ今日はお姉ちゃんの代わりにバイトに向かう。「んふふ、潤くん来てくれた」「お姉ちゃん、熱あるから」「いつもありがとう」本屋さんのバイトは楽しい。僕はその中でもBlコーナーを担当。けど、困ったことに僕は男の人によく注目されちゃう。僕を見ないで本を見て欲しい。それにわざとぽく僕に近づこうとする人がいるし。たまに身体がぶつかっちゃう時もある。「あの・・・」なんで触ってくるの?僕の声を無視して本を読み始めた。だから読みながらぶつけてこないで。僕は本の整理してるのに。, Jside何故だか寝付けなかった。目を瞑ってじっとしていれば、いつもなら数分で睡魔に襲われるのに、今夜は寝返りを繰り返しても、リラックスできる音楽を聞いてみても、さっぱり眠れなくて。今思えば、胸騒ぎのようなものを感じていたのかもしれない。眠ろうとすればする程眠りからは遠のいて行く。一旦眠るのを諦めベットから出て、冷蔵庫の中の飲み物でも貰おうと厨房へ向かった。「・・・っ」「・・・で・・・、・・・さん」夜の静寂の中、誰も居ないはずの厨房から、人の声が微かに聞こえる。それは翔くんの声, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJそう。普通なら問答無用で灰にする俺だけど。一定の距離を保ったまま、彼を見た。彼はこちらを睨み付けている。月明かりに光る黒曜石の, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJキィキィと歩く度に、床がきしむ。息を潜めて出来る限り忍び足で……俺はベッドの側にやって来た。「…………」これが……いい香りがする, 潤sideじくじくする入り口に滑りのある熱い塊来るだろう刺激に目を閉じたう…っいた…っ…い「は…っせま」しょうくんの声が遠くに聞こえるのに上手く息が吸えなくて頭の中が真っ白になっていく…『じゅん…』しょうくんの声…だ…どこ?『じゅん…息をしろっ…』息…?え…あ…俺今までどうやって呼吸をしていたんだろう…わかんない…一人迷い込んだ白闇の中から救い出してくれたのは柔らかな温もり, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ時折大きな瞳をパチパチとさせるけど。翔くんは確かに俺の目を見ている。まるで闇夜に怪しげに輝くアメジストみたいに、黒々とした彼の目に映る, 「お?」風呂場にある洗濯機の上に、見覚えのある洗剤や柔軟剤の白いボトルが並んである。「やっぱり変えてないんだ・・」潤の家は部屋全体がこの香りに包まれていてそれはあの夏、2人で過ごした部屋も同じで、入った時は懐かしさに泣きそうになった(二宮がいたから堪えたけど)。勢いで押しかけた潤の家。7年間止まっていた時間が一気に動き出したような、あまりの急展開に自分でもビックリしてる。「・・同じベッド・・」いやいかん。鎮まれ俺。さっきの潤の言葉についニヤつく顔と、久々の出番にソワソワし出し, 「・・最悪・・」潤が顔を両手で覆ってうずくまる。俺はというと、一気にチャラくなったクマを片手に固まったままで・・いやだってコレって、潤のベッドにいつもあるんだよね?俺があの日、潤にあげたへそピアスのついた抱き枕が?それってつまり「・・もしかしてコレ、潤の夜のオカ「ちょっと!」「シー!二宮に聞こえる」「しょっ、翔くんがへんなこと言うから!//」「ごめん。でも、そうじゃないの?」「そ、そんなんじゃ!ただ時々抱きしめて、翔くんのこと思い出してるだけで、」「・・へえ・・」うわ, 俺は自分のコレがすごく嫌だった。コレっていうのは、乳首のそばにあるホクロのこと。そう、俺のコンプレックスはこのホクロと乳首。***大学の時に入っていたフットサルのサークル。ある時、大会があって一日グラウンドで過ごして。その日は全試合惨敗で、それでも全員肩を落とすこともなく戻った学校。「二十歳以下のやつらは全員帰れ~、それ以外で慰労会をやる!」残れるやつらだけで飲んだ。ある意味試合なんて酒を美味しく飲むための前戯。俺らのスクールはいつだってそんなスタンス, S潤が智くんの方へ、テケテケ歩いて行った。その姿を見てから、出入り口に1番近いテーブル席に、ニノと雅紀と座った。しばらく誰も、言葉を発する事なくただ座ってた。突然、ニノが立ち上がり、潤と智くんの居るカウンター席に行ってしまい、雅紀と2人きりで向かい合った。「あの‥雅紀‥潤‥」「翔ちゃん気になるよね?俺と潤ちゃんの関係‥」「雅紀‥潤の事、今、潤ちゃんって呼んでるんだ」「うん。ずっと黙ってたけど、俺と潤ちゃん、オープンで案内するより前に、知り合ってたんだ‥ごめん」と、俺に手を合わせ, ニノと一緒にずっと待ってた潤が現れるのをずっと待ってた腹が減ってもいい時間なのに何も食いたくない何も飲みたくないただ潤を待つことしか考えられなかった「なんで…いるの…翔くん」か細い声で名前を呼ばれて明らかに俺が知ってる潤とは違っていて顔も体も潤なのに目の前にいるのは俺の潤ではない「お疲れ、二人とも座って」ニノが二人を座るように促すと潤はなぜか俺の隣ではなくて、ニノの隣に座る俺の隣には…智くんが座った二人とも何も話さないから、見かねたニノが飲み物を頼んで智くんは運, 潤side約束通り甘いキスを送りながら先端だけほんの少しだけ繋がれただけなのに呼吸を止めそれがなお入り口を狭めて痛いくらいだった歯列をなぞると「ふ…ぁ…」「そ…っ…そのまま…」熱く息を吐く「…く…っ」その隙に少しだけでもやっぱり痛みが勝るのか…キツイ…額にじっとりと汗が滲み始め俺の下で健気に教えた通りに息をつくとまたほんの少しだけ内部に飲み込まれ「は…ぁ…ふ…ぅ」「じょうず…」, 「バレたくないんでしょ?早く早く!!」車から降りて、ニノに急かされつつ車を降り建物の中に入った。俺がここから入ったとして、作者ってわかるだろうか?って、裏口だから関係者なのは間違い無いし、確かにリスクはあるかもしれない。作家同士の付き合いもあるし、俺自身の身元が全くバレてないわけじゃ無い。公式に写真等を載せたく無い。マスコミは芸能人や有名人はもちろん作家だって公人になった途端、書き立てることがあると聞いた。翔君に迷惑をかけたく無い。ただそれだけなのだ。関係者専用の駐車場だし、平, この記事は、妄想恋愛小説(BL)です。苦手な方はUターンを♪雨音【翔潤】~5~ああ、困った。潤とのキスが気持ちいい。潤の吐息が耳をくすぐる。潤の言う通り、ずっとこうしたかった。抱きしめたかった。キスしたかった。早く、俺のものにしたかった。メンバーに、潤と付き合っているって言いたかった。俺って独占欲、強かったんだな・・・。メンバーにすら、ヤキモチを妬くくらいだもんな(苦笑)ああ、マジ困った。うっかり、キスなんかしちゃったら、潤の細い腰に回した手を, 潤は、女社長の愛人のような事をしていたのに…なぜか恋愛に関して、うぶというか…計算が無いというか…それは多分…彼の本質が…凄く純粋って事なんじゃないかと思っている…以前、ベッドで濃密な時間を過ごしているとき…俺が彼を気持ちよくさせていると…潤が声をあげて果て…見ると真っ赤になった顔を手で隠している。「なんで…顔隠してるの…?」俺が聞くと…「きっとね…イった時の顔が…ブサイクになってるから…」可笑しな事を言う潤が面白くて…大笑いしていると…俺に抱きついてきて…「俺ね…, 話の始まり↓しあ楽1.途中に読みきりシリーズとして★なな潤や★さと輪のお話が入ったりしますなな潤&さと輪シリーズはちょこちょことしあ楽シリーズの中に挟まれているので良かったら読んでみてね☆おさらい↓しあ楽475・・・・しあ楽476二章その日は遅くまでカートさんの家にお邪魔になり。夕飯まで滞在することに夜は干しタラのトマトスープとカートさん特製の厚焼きベーコンなどジルさんの手料理が食卓に並び外が暗くなる頃には街で働くジノさんも帰宅を見せた久しぶりに大所帯で, J翔くんの声が聞こえた‥?側に居てくれてる?僕は今、思考停止中‥。智の言った【今も昔も、翔くんの愛情は変わってない】って言葉だけがぐるぐるする‥。じゃあ、なんで彼女作ったんだよ!なんで、僕から離れていくんだよ‥。あっでも、僕も離れようとしてたのか‥。僕もこんなに好きなのに?僕が顔を上げたら、智だけが居て、3人はテーブル席に居た。翔くんは側に居なかった‥。「サトシ〜おかわり」「美味しいだろ?」サトシは、シェイカーを振って、もう一杯作ってくれた。「サトシって‥手綺麗だよね‥指, 「いらっしゃい」「ようこそ我が家へ…フッ」「来たよ~」「お邪魔します」「おう」やって来ましたよバカップルの愛の巣に潤くんはふわふわ、にこにこ…そしてその後ろに、これでもかと引っ付きドヤ顔の男が一人「適当に座って、今直ぐに用意するから…翔さん手伝って」「おう、任せろ!」トテトテとキッチンに消えていく潤くんをエスコートするかの如く腰に手をやり一緒に消えていくその姿…夕べもお熱いようで「ねえねえカズ、今回出番が少なかったね」「そりゃそうでしょ、あの二人シンガポールに行ってたん, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJちょっといい匂い、なんてものじゃない。これが……雅紀の言ってた強烈な香り。頭がクラクラして、一瞬意識を失いそうになる。これが翔くん, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。前の話はこちら。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ夜は他の吸血鬼も活発に動く。空から見ていると、人間の住む村を取り囲んでいる格下どもが目につく。今日も血欲しさに、, 2020/11/11水曜日22:00~嵐ジオ_#6大野くんの芸達者さ、自在に声を使える才能をあふれさせたしゃべりから始まりました最初の質問、トークテーマはカラオケで歌うとかっこいいジャニーズの曲、嵐の曲。潤くんTOKIOの「リリック」を速攻で挙げて翔くんが「実際に歌うの?」ってちゃんと訊いてるのが翔潤❤翔くんがKAT-TUNの「DON'TUEVERSTOPyou」を挙げて、すかさず「それ、上田に伝えたことあるの?」って潤くんが訊くのも翔潤❤こういう会話, 次の日…「マーライオンだ!おおっ、側で見ると迫力あるね~」「そうだな…」「ん?どうしたの?」「ん?…楽しそうだなぁと思って」「楽しいよ!…楽しいに決まってんじゃん…好きな人と一緒なんだから」「………、」俺もそう思ってた…あの頃はモノクロの景色がただ流れてるだけ何にも心に残らなかったでも、今日は見る全ての景色は色を付けお前込みで輝いてた、だから気後れしてたんだ「腹減ったな…飯食いに行こうぜ」「いいね~、何食べようかな」俺もお前と一緒のこの時を楽しまないとホーカーズ市場, S「潤‥おい潤‥」「寝てますね‥完全に‥」潤は俺にキスをしながら、ズルズルと下がって行った。慌てて潤を支え、テーブル席のソファに俺が座って、膝枕で潤を寝かせている‥。潤の言ってたウサギ‥って‥まさかアレか?ソファ‥と‥ベッド‥。あぁ‥きっとあの日だ‥。俺が潤を部屋へ呼んだ最後の日。前の日、潤は来てたんだ‥。だから香りが‥考えれば分かる事なのに‥。ネックレスも、潤はきっと不安の中で、俺を試したんだ‥。俺は、潤に会えて触れてる喜びで、潤を思いやっていなかった‥。「潤‥ごめん‥ほん, このお話、翔くん総受けのかなりぶっ飛んだ設定です。苦手な方は悪いことは言わないので、ぜひスルーしてください。大丈夫な方のみ、心してスクロールしてくださいねm(__)mもちろんですが、これは素人が自己満足のために書く妄想小説であり、実際のものとは一切関係ございません(゚ε゚;)初めましての方はこちらへ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーSideJ古びた教会にたちまち炎が回った。木造のぼろい建物は、燃えやすい要素が一杯で、火の回りが早い。「…………っ」「…………」建物を焼き付, 「潤どうした?」言葉にする事と棄てることは、よく似ているんだと思った「どうもしない。言いたかっただけだからもういいの。意味なんてないの」「気持ちを伝えるための言葉じゃないってこと?」「そんなの…ないよ」実際そうなのだこれまで僕のどんな悲しみや沈黙も、やがて癒える罪のない経験として過ごされてきて、僕はその虚しさに疲れて慣れるために独りを選んできたのだから「じゅん…話さなきゃ伝わらないことの方が多いんだよ」「話しても伝わらないことばっかりだったのに、そんなこと知ら, 会社に戻り、車を降りると、菊池君が櫻井社長に深々と頭を下げている。ただ・・・ここには、菊池君以外にもこの会社の人たちなのかな?数名が一緒になって頭を下げている。その中に、二宮さんもいました。「定刻通りのお戻りで。」「ああ。」「この後は・・・」「10分でいい、時間をくれ。」「畏まりました。」二宮さんと、そんなやり取りが聞こえてきました。その10分は、打合せの報告ですか?でも、何を話すのでしょうか?・・・も, 満月西瓜の妄想感想 嵐の5人が好き♪すべてのコンビが好き♪でも翔潤がいちばん好きヾ(≧∇≦). 翔潤 区分ですが、 潤翔です(>_<) 今後、 BL的表現かなりあり。 これは 素人 が 自己満足のために 書く 妄想小説 です! 実際のものとは一切関係がありません汗。 大丈夫な方のみ、前へお進みくださいm(_ _)m. こっから現代ですが、しばらくお山っぽくなってますので、悪しからず…m(_ _)m みんなに愛される櫻井翔くんが見れたら何でもいいみょるにるのブログ 2020年11月08日 20:05 翔潤区分ですが、潤翔です(>_<)今後、BL的表現かなりあり。 [翔潤]-32 Side S | 嵐に大好きを伝えたい♡しょおじゅんゆうちゃんの嵐と翔潤と恋愛小説ブログ ホーム ピグ アメブロ 芸能人ブログ 人気ブログ ここは気象系某アイドルのお名前を借りたbでlな妄想小説です。cpは2番さんと5番さんです。読んでくれるあなたに感謝を。コロナてめぇ許せんぞ!どれだけの人を悲しませて殺したら気が済むんだ!さっさと死滅しろ!!!, 次の日、起きると汗グッショリでエアコンを起きる時間にセットしなかった自分を恨んだ。, 時間もまだ早くて誰も起きてないだろうとタカをくくって脱衣所の扉を開けると、モワンって熱風が出てきた。, 思わず声を上げて中を覗くとそこには、下のスウェットだけを穿いて肩にタオルをかけている翔くんがいた。, 翔くん昨日まで俺と目も合わせてくれなくて、翔くんから話しかけてくれることなんてなかったのに。, ただでさえ汗まみれだったのに、翔くんに笑いかけられて更に熱くなった体をシャワーで清めた。, だけど一つだけ違うのは、前の翔くんがしていた頭を撫でるとかって行為は一切なかった。, 翔くんが戻ってきたみたいでくっつきたいのは山々だったが、反抗した手前そんなこともできなくて、ただオロオロするだけだった。.

Shake it! この物語の中では男性の妊娠、出産、そして同性の結婚が当たり前の世界観でやっております。 なのでそういうのが苦手な方はリターンをお願いします。 性描写もたくさんありです。 宜しくお願いします。 ※この作品はフィクションです。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. あいにの and 翔潤。 [ジャンル] BL・GL [ページ数] 563 [PV数] 3,968,797 [しおりの数] 431 [作品公開日] 2017-07-11 [最終更新日] 2018-04-11 21:49 [拍手] 4232 [ランキング] Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 翔潤小説☆two to tango 132. ここは気象系某アイドルのお名前を借りたbでlな妄想小説です。 cpは2番さんと5番さんです。 読んでくれるあなたに感謝を。 コロナてめぇ許せんぞ! どれだけの人を悲しませて殺したら気が済むんだ! さっさと死滅しろ!