「角田さんは読み方が多くて、何て呼んだらいいのかご本人に聞かないとわからないわね」 「カクタは中国語由来の音読み。カクダはその濁音化(だくおんか)。角という漢字は動物のツノが交わる形とも尖(とが)って突き出た形ともいい、ツノ・カド・スミはそれらに当てた日本古来の大和言葉� 1941年1月6日〜 角田 雄二 (つのだ・ゆうじ) 【経営者】 〔日本(神奈川県)〕 ※スターバックスコーヒージャパン 元社長 1904年1月9日〜1981年12月29日 角田 司馬太郎 (つのだ・しめたろう) 【経営者】 〔日本(愛知県)〕 ※ツノダ 創業者・元社長 1959年1月12日〜 つのだひでお(角田秀穂)の公式サイトです。私は地方議員として約16年間、現場の声を受け止めて、その声を政治に届けるために働いて参りました。これが私の政治家としての原点です。 角田 (つのだ、すみだ、かくだ、かくた、すみた、かどたなど)とは、 日本 の 苗字 、地名である。 「つのだ」は 角 のように狭い土地にある田をさし、「すみだ」「かどた」「かくた」は 角 地にある田をさすと見られる。 社会の片隅で発せられる、庶民の「小さな声」──。「小さな声」の中にある大切なものを、けっして見逃しません。, 近年、多発する地震・風水害。安全・安心の街づくりへ公明党のネットワークでそれぞれの地域で真に求められる対策を推進します。, 子どもが未来に希望を持てる社会を築くことが政治の重要な使命です。「子どもの貧困」が大きな社会問題となっているいま、子育て・教育支援の果たす役割は、いっそう重くなっています。, 2020/11/13 自動車のご当地ナンバー、軽減税率とインボイス、労働条件審査、緊急車両が入れない狭隘道路の解消…。 今日もたくさんの要望を頂きました。 どうすれば良いのかをこれらの問題に携わる方々と一緒に考えてゆきた, 2020/11/12 船橋市内の事業所を中心に歩きながら介護、労働関係の要望等を頂きました。 市内企業「イープラン」はとことん「水」にこだわり、水で汚れを落とす技術を追求している企業。 自動車の金属部品の洗浄やビル清掃、, 2020/11/11 市原市の秋田信一市議と高齢者や子育て支援の施設、市内事業所等を訪問、要望を伺いました。 コロナ禍でまず自分が動かなければと、様々な制約があるなか工夫しながら地域を歩き、配ったチラシも七千部以上。お陰, 2020/11/9 コロナ禍の最前線、医療現場で奮闘奮闘するが故に受ける中傷、物流のニーズが高まる一方で現場は人材確保難、増加の一途を辿る空家への対応、経済を支える中小企業の後継者問題…現場からのSOS は多岐にわたりま, 記者時代から現場を歩いてきたこともあり、市議会議員になってからも『現場第一主義』をモットーに一人の声を丁寧に受け止めることを心がけてきました。, そうしたなかで今まで自分が全く知らなかった課題が如何にたくさんあるかを思い知らされ、その課題解決のために力を尽くしてきました。, これからも一人一人の声を受け止め政治に届けてゆくという原点を忘れずに、精進して参ります。, 上下水道の専門紙・水道産業新聞社編集部次長を経て、1999年から船橋市議会議員を4期、2014年12月から2017年10月まで衆議院議員を1期務める。, 登山、詩吟(最近は忙しくてどちらも半ば休眠中です)。あとは読書(これは趣味というよりも人生を豊かなものにするうえで不可欠の営みだと思っています)。, 私は地方議員として約16年間、現場の声を受け止めて、その声を政治に届けるために働いて参りました。これが私の政治家としての原点です。, 一人の人間が持ちうる問題意識、簡単に言えば、これは何とかしなければいけない、早急に改善しなければいけない、という気持ちを抱く事柄というものは、わずかなものです。どんなに頭の良い人間でもたかが知れています。, 一人の人間が持ちうる問題意識が大きな旅行カバン一杯として、世の中の矛盾や不公平というものはヒマラヤほどにたくさんあります。そのなかで政治がなんとかしなければいけない問題も富士山ほどにたくさんあります。社会人としての経験もある程度積んで、世の中のこともある程度分かっているつもりで挑戦した地方議員でしたが、その地方議員としてたくさんの方々から実に様々な相談や要望を受け止める中で、己の視野の狭さを痛感させられる日々を重ねてきました。, そうした体験を経て、真に政治に求められていることとは、人びとが直面する問題を丁寧に、こまめに拾い上げるフットワークとネットワークであり、それを持たない政党は真に国民のための政治は行えないと考えています。, 公明党は、一貫してフットワークとネットワークを身上に、たとえたった一人の声でも国を動かさなければ解決できない問題は国会議員にもつなげるなど、「一人の困った」を何とかするために多くの議員が関わってきました。, 古くは教科書の無償配布から児童手当の創設と拡充、白内障手術の保険適用などなど、地方議員が「一人の困った」という声を国政の場に届けたことによって数多くの実績を積み重ねてきました。いまは約3,000人の議員が一人の「困った」 を受け止めるために走っています。, ネットワーク政党を標榜する公明党のいまのあり方が100点満点だというつもりはありません(成績をつけるのはあくまでも有権者の皆さまですから)。ただ、特にこれからの時代は、「一人の困った」をすくいい上げるために汗を流す政党の必要性は益々高まってくると考えています。公明党の地方議員の役割も益々重要になってきます。. 医療法人社団治心会(ちしんかい)つのだ内科糖尿病クリニックの院長 角田哲治と申します。 2016年12月1日に生まれ育った地元さいたま市南浦和に当院を開業し、地域のみなさまの健康に貢献できるよう日々精進しております。