(5) カテーテルの管理 GL- :非カフ型カテーテルの留置期間の目安は3週間を超えないようにすることが望ましい.対象は入 院患者にのみ使用する(2-C). カフ型カテーテルは非カフ型に比べ,長期的使用を目的としている(2-D).

80代前半から透析を始めた祖母。歳の割にはしっかりしていて、入浴も自分でしていました。ただ、胸に 「長期留置カテーテル」 を増設していたので シリコン製のPDカテーテルは生体組織と接着しないため、皮膚の上皮がカテーテルに沿って内側に落ち込む「ダウングロース」を形成します。このダウングロースは、深くなると出口部ケアが難しくなり、さらにダウングロースの先端では上皮のない組織とPDカテーテルが接触しているために、感染が起こりやすい状態になっています。以下に、腹膜透析治療中の入浴方法について説明します。, 入浴の方法には、出口部を保護しない「オープン法(オープン入浴とオープンシャワー浴)」、出口部を保護する「クローズド法(クローズド入浴とクローズドシャワー浴)」があります(表)。, 最近では、出口部を洗浄して清潔に保つことで出口部の皮膚本来の防御機能を引き出すという考えから、オープン法を勧める施設がふえてきました。PDカテーテルを留置して3〜4カ月以降の出口部が固定した時期から、オープン法が可能となります。, オープン法ではどうしても感染が心配という方や、出口部に感染兆候がある場合は、クローズド法で入浴します。 • 頻回透析に向いている • 入浴などに制限がある • 接続時に若干の血液破棄が発生する(約5ml程度) • 血栓性閉塞によるトラブルの問題 ウロキナーゼ封入による血栓溶解 ガイドワイヤーによるカテーテル内清掃 長期留置カテーテルでの 2年 �S+3�A)R���e�Ѱ�g,��[᐀. 345 0 obj <> endobj 入浴前後の処置に必要な物品が消毒剤以外すべて入っており、在宅ケアにも最適です。 セット内容. 透析を行っている施設ではカテーテルを用いたバスキュラーアクセスを使用した患者様もおられるはず。 そんな短期・長期留置カテーテルデバイスですが、やはり脱血が悪くなったり、静脈圧が高くなってくるいわゆる開存率が低下する場合があります。 bd�`'>�u�a�����0�*]�oj�L�2�B�^P�ȊZ�Ή�?��ʧ�@��*����Xu�h�m{9��NL?#m����v�6U������7'i�?��B�Wh_oh��(k�i+b@��WD������}>ҷ/oxJ��ܕ,g�X}�{z}Hg��?JZlG͆D6����5�j14xķ%+ꎛ7E��+�+�ډoЊt�G�c�XZj�I�7�5>��Йr�ٷI��|m�.,�&-k��֊ ��1��C� �,2� ����O 377 0 obj <>stream また、カテーテル留置部位に関して日本透析医学会による「2011年版 慢性血液透析用バスキュラーアクセスの作製および修復に関するガイドライン」には下記のように記載がされています。 ④カテーテルの先端位置は留置後確認する。 8 相澤病院 透析・腎不全センター カテーテル作成の手術後しばらくして、出口部が完成すると、入浴が できます。医師の許可が出てから入浴しましょう。 カテーテルを引っ張らないようにしながら、出口部も普通にやさしく 洗って下さい。 }ʦ�էAHB, 360 0 obj <>/Encrypt 346 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<3387A26C001B534113D9B6C1AF016F39>]/Index[345 33]/Info 344 0 R/Length 87/Prev 1096241/Root 347 0 R/Size 378/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 長期型バスキュラーアクセスカテーテル 長期間留置しても感染を起こしにくいように皮膚の下を通して、 頚や大腿の太い静脈にカテーテルを留置します。 ※血管アクセスの方法は、血管の状態や心臓などの合併症を考慮して決められます。 Copyright (C) 2015 東京新橋透析クリニック All rights reserved. ���d�hF U��. �Nk� ��A Q��������1��ߧ ����9sJ�;��_�T���e�A�7��Zn3�o���.^n %���a@�{f|'�yC�O���7���~k0!�z���]�.�W"�&���3>�b;>6f ��C"mw�����uJ�n�S9 �Z�N����^�!�����N�6���� R���� �1�'�'�X��NZ�,�a�IK�3�{*U��4fY1�>��ls�ֺ�`��X�k3���qN�+_[��� 父の場合には、腹膜透析から始まったので公衆浴場など自宅以外での入浴には制限がありました。, ちなみに『長期留置カテーテル』というのはこういうもの。参考にさせていただいたHPに写真の掲載があります。, できるだけ感染のリスクが少なくなるように、しかも身体の中に埋め込むことで、抜けないよう長期にわたって使用できるようにしたのが、「長期留置カテーテル」, そのガーゼは自分で取り替えるのですが、切れ目を入れたりテープで止めたりなかなかの手間でした。, 自分で入浴できているうちは良かったのですが、ここ一・二年は足腰も弱り体調も下向きなので, お風呂は透析患者さんの状況ごとに扱いが違うので、『我が家の場合』が参考になれば幸いです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ���,�$��5y]€�7�(x5���@/\z�?Ԏ��,υP�PT���KM�px��T ����:��Jq��s�[^W������1�\jl�V[O\a��*��G5����|�k* h�bbd```b``)��o�� ���|� �)D

}\)���x�u|э�/���7N�Q�[��)/P -1340/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(�K��"v��|9�w )/V 4>> endobj 347 0 obj <><><>]/ON[362 0 R]/Order[]/RBGroups[]>>/OCGs[362 0 R]>>/PageLabels 338 0 R/Pages 340 0 R/Type/Catalog>> endobj 348 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC]/XObject<>>>/Rotate 0/Type/Page>> endobj 349 0 obj <>stream