セカンドはどんな人が向いている?適性など. 3塁ランナーの動きを見て、判断します。, セカンドはこのように3塁ランナーの動きを見て、 プロ野球の最新情報 …, 2020年プロ野球の開幕はいつ?コロナの影響でクライマックスはどうなる?無観客での公式戦はあり?, 【実践】炭水化物を夜の夕食だけ抜くダイエットのやり方と効果は?結果すごい痩せた!!. ランナーをアウトにできれば自チームに流れを呼び込めます。, セカンドはキャッチャーの球種サインを外野手(センター、ライト)に伝えるのも役割です。, 足が速いだけではなく「打球がどこに飛んできそうか?」みたいな勘が良い人は最適ですね!, ボールを捕ってアウトにするまでが打球処理です。 野球のセカンドは肩が弱くても問題ないと言われたりします。 でもセカンドの役割のなかには大遠投しないといけないこともあります。 なので今回は野球のセカンドの役割と適性がある人についてお話しま … とても大切なプレーになってきます。, 外野手の捕球態勢や肩の強さ、ランナーの足の速さを考えて、 ランナー3塁、1塁のケースで1塁ランナーが盗塁した場合、 セカンドとは. スポンサーリンク 野球のポジション(ファースト,セカンド,サード,ショート)の適正&性格&役割は?プロ選手の例も挙げて解説!【内野手編】 2018/4/18 2019/6/20 ポジション, 野球 スポンサーリンク. 野球のポジション(守備位置)の適正・選び方を解説! どのような選手が、どのようなポジションに向いているのだろうか。投手から順に見ていこう。 ピッチャーの適性. ・暴投・悪送球に対応するために基本的にベースを踏まずに待っておくというのが重要, などなど非常に参考になることが紹介されているのでセカンドを守っている方は是非一度見てみて下さい。, しかしセカンドの動き方の動画など色々見てみましたが、本当にバリエーションが豊富で奥が深いポジションだなと改めて感じました。, また、セカンドはショートやファースト、ピッチャーとの連携など他のポジションとの関係が非常に濃いポジションでもあるのでチームでの練習には特に力を入れましょう!, ファーストの基本的な動き方から上達するコツまで、ファーストについて知っていることをまとめました。 既 […][…], センターラインとは文字通りグラウンドの中心に位置するポジションのことで、キャッチャー・, キャッチャーからピッチャーに返球される時もサボらずにしっかりとカバーリングしておきましょう. 野球ファンなら1度は読んだことがある【週刊ベースボール】!! 思い切った守備位置をしてヒットをアウトにできたり。, セカンドの定位置は横は1塁ベースと2塁ベースの中央で奥行きは走路よりも少し後ろくらいですね!, 横はセンター前とライト前にバランスよく追いつけるように中央くらいで構えて、 オールラウンドを買うべきだと思います。, 「俺は絶対外野を守りたい!」 強い送球や大遠投が求められるプレーもあるので肩が強い人はセカンドに向いてます。, こんな風に野球のセオリーを知ってたり、

「左利きだけどキャッチャーがし …, こんにちは!ピカキチです(>_<) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); お問い合わせフォームより、ご希望の練習内容を教えていただき、何度かやり取りをさせていただいたうえで決めていきます。, 中学校(軟球)・高校(硬球)・大学(硬球)で捕手一筋だった僕が「野球」の魅力を「キャッチャー目線」でお伝えしていきます。. 会社員に勤めながら大好きな野球の情報を発信していきます。 日本において、野球の花形ともいえるピッチャー。試合において、勝負を最も左右するポジションでもある。 「肩が強い」 �

強い送球ができたほうがいいですよね!, またバッターにライトオーバーの打球を打たれて右翼手の捕球姿勢が悪い場合、 ・バントを警戒してファーストが前進している時は1塁側に寄る 右バッターでも右打ちを意識してそうだったりするなら1塁ベースに寄りましょう!, これが抜群に上手かったのは巨人で活躍した仁志敏久選手です。 キャッチャーからの二塁送球をカットしてホームに投げるかどうかを決めます。, セカンドが判断を間違えると相手チームに得点を与えてしまうので、 セカンドは二塁ベースとピッチャーの間に入りカットプレーに備えます。, キャッチャーからのセカンド送球をカットするかどうかは、

・ゲッツーの時のステップのやり方 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ファーストはコンマ1秒でアウトセーフが決まるので、少しでも早くボールをキャッチする必要があります。, また、グローブは人差し指から小指までの4本の指を分けて入れますが、ファーストミットは4本の指を一体にして入れます。, 僕は中学時代にファーストを守ることがありましたが、ファーストミットは一番取りやすくて好きでしたね。, 「6−4−3」「5−4−3」などのゲッツーのときにすぐにファーストに投げないといけません。, ボールをすぐに握れるようグローブ ぼ大きさは小さく、ポケットは浅く設計されています。, サードはめっちゃ早い打球が飛んでくることがあるので、キャッチというより掴むという感じになります。, ぶっちゃけ、ショート用のグローブでサードを守る人もいますし、セカンド用のグローブでショートを守る人もいます。, 外野手は守備範囲も広く、ボールを後ろにそらしてしまったら確実に長打コースになり、スリーベースヒットやランニングホームランになってしまいます。, 「弘法筆を択ばず」と言いますか…キャッチングが上手い人は外野手用のグローブでも内野を守ることができます。, プロが使う球場とかはグラウンドや芝生が整備されていますが、それ以外は整備されていると言ってもグラン運度は凸凹しています。, 外野手がゴロを取る時ってグローブを地面すれすれまで下げて、多少のイレギュラーバウンドにも対応できるようにしているんです。, もし、内野手用のグローブだと、少しのイレギュラーでもボールを取りこぼしたり、最悪後ろに抜けていってしまうかもしれません。, グローブの土手なんかでキャッチしてしまったら、手がジンジンして後悔すると思います。, 外野手用のグローブはポケットが深く、取って素早く投げるという動作には向いてないですね。, そうなれば、投げるまでの動作が一つ増え、アウトになるはずだったのがセーフになるかもしれません。, また、内野手用のグローブに比べ、重いためキャッチングの素早さも損なわれるかもしれません。, ただ、外野手用のグローブを使えば、ジャンピングキャッチやスライディングキャッチの時にあとちょっとのボールに手が届くかもしれません。, ピッチャー用のグローブは、ボールの握りがわからないようにウェブ(親指と人差し指の間のアミアミ)がすべて塞がっています。, でも、バッターには見えないんじゃね?って思うっかもしれませんが、バッターに教えることは可能です。, という感じで、ランナーコーチャーとバッターでサインを作っておけば、次投げる球がわかってしまいます。, なので、ピッチャーは相手に球種がバレないためにもウェブが塞がっているものを使いましょう。, キャッチングに特化したファーストミットは、外野手にとっては非常に使いやすいと思います。, 僕は中・高と外野を守ることもあって、グローブ忘れてファーストミットを使ったことがありました。, 日本代表のT岡田みたいに…あれは野球をやっている人からしたら本当に恥ずかしいことなんですよね。, ですが、ファーストミットだとしっかりキャッチできてエラーはほぼないのかな?と思います。, ぶっちゃけ、キャッチャーミットやファーストミットはチームで一つは持っているので、個人で買う必要はないのかなぁ?, すべての年代の野球初心者にお話ししたいんですが、初めてグローブを買う時は、 セカンドの利き手での適性(左投げor右投げ) 2. 試合の流れに敏感だったりする人はセカンドの適性があります。, 絶妙なタイミングで2塁ベースに入ってランナーをアウトにしたり、 野球に関する情報とかトレーニング方法とか, セカンドは内野手の中でも複雑な動きが多いので、基本的な動き方や上達するコツなどセカンドについて詳しくまとめました。, セカンドとはどういうポジションなのか?を知りたい方やセカンドについてもっと理解を深めたい方は是非ご覧ください。, セカンドはショートに比べて地味なポジションというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、センターラインの一翼を担う大切なポジションです。, 少年野球の場合では右打ちが多く、強い打球が飛んでくることも少ないのでショートサードに比べて単純な守備面での重要度はそこまで高くないと言えますが高校、大学と野球のレベルが上がるにつれて流し打ちの出来る選手も増え、守備機会も同時に増えてくるので重要性はだんだんと高くなっていくポジションです。, 盗塁の時にキャッチャーからの送球を受けたり、牽制の球を受けるなどやる事がたくさんあるセカンドは野球をよく理解している人が向いています。, ゲッツーでのダブルプレーなどテクニカルなプレーも要求されるので小技、小回りが利く器用な選手が多いですね。, こういう選手はバントなど、バッティングでも器用な事が多いので打順は2番の選手が多いです(プロ野球でもセカンドの選手は2番を打つ傾向にあるそうです)。, また、ファースト(1塁)との距離が近いので肩の強さはサード・ショートと比べてそれほど求められないのも特徴の一つです。, 外野からの中継プレーをする時もライトの選手は強肩が多いので間接的にセカンドの肩の重要性が下がる要因ことになっていますね。, 以上をまとめると、身長が高く肩が強い選手よりは小技、小回りが利く器用な選手が向いていると言えます。, まずセカンドゴロの場合ですが、右投げなら捕った後右足で踏ん張って1塁に投げれば良いだけですが、左投げだと体を入れ替えてスローイングしなければいけないという大きなデメリットがあります。, これだけでも十分な理由ですが、更に言うとショート→セカンド(2塁)→ファースト(1塁)のダブルプレーを狙う時もショートからボールを受け取った後に体を反転させなければいけないので、ほんの少しの時間を争うゲッツーでは致命的なデメリットになってしまうのです。, そもそもが数の少ない左投げ選手なのであえてセカンドに置く意味はほとんど無いでしょう。, ※セカンドから3塁、2塁に送球する時は左利きのほうが有利ですが、1塁に送球するシチュエーションのほうが圧倒的に多いのでやはり右投げが有利なポジションだと言えます。, 具体的な立ち位置(ポジショニング)は臨機応変に変えていきましょう。判断材料は以下の通り, ・バッターが右打者なら二塁に寄る。打球が弱い事が多いので前進 適切な位置に入らないと中継プレーが崩れてしまいます。, 2塁牽制は数試合で1度アウトになるかならないかのプレーですが、 セカンドとはどういうポジションなのか? を知りたい方やセカンドについてもっと理解を深めたい方は是非ご覧ください。 目次. 野球ではポジションは9つあります。しかし、それぞれのポジションには"重要度"が間違いなく存在します。野球経験者の方であれば、子供のときから上手い人は大体このポジションやってるよね~というのが具体的に想像できると思います。今回は、プロ野球にお

「しまじろう」と聞いて興味を持たない子供はいないでしょう! ・ゲッツー(ダブルプレー)を狙う時は2塁側に寄る 1.1. 打球に追いついたとしてもアウトにできれなければ、ボールを捕れないのと同じです。, たとえばセンター寄りの打球が飛んだときにはアウトセーフのタイミングがギリギリなので、 ・バッターが強打者なら少し後退

「左利きのキャッチャーっているの?」 セカンドが中継プレーに入って3塁まで大遠投しないといけません。, セカンドは1塁までの距離は近いですが、 スポーツショップに行っても、種類が豊富で何を選べば良いのか迷ってしまって結局買わずに帰ってきた…という経験ありませんか?, グローブって結構高くて、軟式用でも1〜3万、硬式用では5万以上するものもあります。, 投げるボールとピッチャー独自のクセがわかったら、相手チームはかなり有利になりますよね。, ウェブの編み方もいろいろありますが、ピッチャー用のグローブのウェブはすべて塞がっています。, また、ピンチの時にピッチャーキャッチャーがグローブで口を隠して作戦会議していますよね?, 野球の知識がちょっとでもある人はキャッチャーミットと言われてどんな形なのか想像がつくでしょう。, また、見た目ではわかりづらいですが『縦型』『横型』の2種類にわけることができます。, 縦型グローブの方がキャッチングしたときに「バッシーーーン」と気持ちい音が鳴ります。, また、鉾型グローブの方がポケットが浅いため、すぐにボールを掴むことができ、すぐに送球することができます。. 「え?そこにいたの?」みたいな思い切ったポジショニングでヒットをアウトにしてました。, いきなり出来ることではありませんし、予測が100%当たることもありませんが、 ヒットをアウトにできれば自チームに流れを呼び込むことができます!, セカンドはポジショニングやキャッチャーの二塁送球のカット、 ・バッターが左打者なら一塁側に寄り、強い打球がくるので後退 pikakichi 2020年3月6日 / 2020年3月28日. 野球グローブの種類・ポジション別の特徴!選ぶときの注意点 . 各シフトの立ち位置などで頭を使わないといけません。. 1.1.1. などなど, セカンドのベースカバーは色々なパターンがあって複雑なので、一つずつ説明していきたいと思います。, まずランナーがいない場合ですが、ファーストにゴロが飛んできた際やバントの時はファーストの代わりにセカンドが1塁のベースカバーに入ります。, ショート、サード方面へのゴロが飛んだ時は送球が逸れた場合に備えてファーストの後ろにカバーにいきたい所ですがまず間に合わないのでライトに任せて2塁のベースカバーに行くのが良いでしょう。, 次にランナーが居る場合の守り方ですが、ショート、サード方面へ打球が飛んだ時は2塁のベースカバーをして、ボールを受け取ったらそのまま1塁へ送球しゲッツーを狙っていきます(ゲッツーの動きについては後述), 1塁ランナーが盗塁した時にどっちが2塁に入ってキャッチャーの球を受けるのか?ということですが、基本的にはバッターが右打ちならセカンド、左打ちならショートが入ります。, 理由は単純で、バッターが右打ちだとショートは3塁側に、セカンドは2塁側にポジショニングを取るので必然的にセカンドの方が2塁ベースまでの距離が近くなるから入り易いということですね。左バッターならショートの方が2塁に近くなります。, もしも左右に打ち分けられる器用なバッターの場合で、2塁までの距離がセカンドもショートも同じくらいだったらショートの方が自然な流れてタッチできますし、ランナーが見えていてやり易いのでるので優先的に入るようにしましょう。, ※学童野球・少年野球レベルだと、そもそもセカンドよりショートのほうが野球が上手でタッチプレーも上手く出来るので無条件でショートがベースカバーに入っていることが多いですね。まぁただでさえ複雑なポジションなので、混乱をふせぐといった意味でも固定してあげるのは合理的かも知れません。, 基本的にはピッチャーが右投げならショート、左投げならセカンドがサインを出して牽制するのが一般的です。, 事前にサインを決めておいて、ランナーのリードが大きい時はアウトにするためにけん制してもらったり、リードを大きく取られたくない場面では言葉通り”けん制”する目的で使うなど状況に応じてサインを出しましょう。, 最後にベースカバー以外の動きですが、ライト方向の外野に打球が抜けたらセカンドもライトと一緒にボールを追って行って中継に入りましょう。中継する際の具体的なライトとの距離などの立ち位置はライトの肩が強いのか弱いのか、自分の肩がどうなのかなど考えて決めます(基本的にはキャッチャーが指示してくれるはず), あと忘れちゃいけないのはキャッチャーからピッチャーに返球される時もサボらずにしっかりとカバーリングしておきましょう!, 上手いセカンドを見た時に何が一番目にとまるかといったらやはりゲッツーの動きの機敏さだと個人的に思います。, ・2塁ベースの踏み方