また、アイウエオ企画の取締役も兼任。愛称は、ナイスガイ。この愛称は、1962年に週刊平凡誌上で公募を行った上で決定された(応募総数14,532通のうち3,826通と圧倒的多数を占めたのが「ナイスガイ」だった)[3]。, 妻は元女優でアイウエオ企画取締役でもある小林亜紀子。長女はフリーアナウンサーの高橋真麻。, 父親は教職者で、高校の校長を務めた[4]。命名は当時の東條英機首相にちなんだものである[5]。兄弟は姉二人(9歳上と8歳上)に6歳上の兄[6]。, 船橋市立二宮小学校、千葉市立検見川小学校、千葉市立緑町中学校を経て、私立市川高等学校入学[6]。, 1961年、高校在学中に日活ニューフェース第5期として日活株式会社に入社。第5期の同期には、中尾彬や竜崎勝(高島郷と高島彩の父)がいる。同年の映画「高原児」でデビュー。, 1962年(昭和37年)、撮影所内で事故死した赤木圭一郎の代役として日活より『激流に生きる男』で主演格となる。大部屋(仕出し)を経験せず、いきなり役付きで出演するという、当時の新人俳優としては異例のデビューとなった。, 1963年(昭和38年)、『伊豆の踊子』では吉永小百合の相手役を務める。この年から数年間、『男の紋章』シリーズを初めとする任侠映画の主演スターとして活躍するようになる。この時期、浅丘や浜田光夫など日活の若手俳優の多くが裕次郎を慕って石原プロモーションに在籍する中、堅実かつ貪欲に自らの可能性を探っていた高橋は淡島千景の事務所に所属。, 1966年(昭和41年)には青春映画『けんかえれじい』の主役・南部麒六を演じた。しかし、映画界の斜陽、観客数減少に歯止めがかからず、日活は1971年(昭和46年)秋に低予算のポルノ映画制作に路線変更が決定する。これを機に高橋は日活を離れ、本格的にテレビへ活躍の場を移す。, 1968年(昭和43年)、NHK大河ドラマ『竜馬がゆく』で土佐勤王党の盟主・武市半平太役で時代劇初出演。及び、1970年(昭和45年)の『旗本退屈男』(フジテレビ系)にも主演。これらを皮切りに1970年代から1990年代前半にかけて時代劇俳優としての地位を確立する。, 1973年(昭和48年)、松竹作品の映画『宮本武蔵』(監督:加藤泰)に主演。以降も原点である映画への思いは持ち続けていたが1976年(昭和51年)以降は映画から離れている。, 1976年(昭和51年)の『桃太郎侍』(日本テレビ系)、1982年(昭和57年)の『遠山の金さん』(テレビ朝日系)1987年(昭和62年)からは『三匹が斬る!』(テレビ朝日系)に主演し、いずれも自身の代表作の1つとなる。, その後はテレビ・舞台を中心に活動し、時代劇のみならず現代劇作品やバラエティ番組への出演など多岐にわたる。, 2010年(平成22年)6月に、総務省から「地デジ化応援隊」隊員のひとりに選ばれた。他のメンバー5人[注釈 1]とともに、アナログテレビジョン放送終了までの1年間、ボランティアの形でCMや地デジ推進イベントに出演、アナログ放送終了に向け、地デジへの切り替えを呼び掛けた。, 2011年(平成23年)、芸能生活50周年の節目にアニメーション作品『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』で、ポケモン・ゼクロム役として、初めてアニメ声優に挑戦した[7]。同時に、声の出演ながら36年ぶりに映画に復帰することともなった[8]。司会を務めている同年の『第33回隅田川花火大会』テレビ中継(テレビ東京)[注釈 2]では、小さな女の子からポケモンの出演者と気付いてもらえたエピソードを語った。, 2012年(平成24年)4月、神奈川県横浜市に本社を置くブリーズベイホテルの名誉支配人に就任した。, 2013年(平成25年)3月16日、東京都台東区立浅草公会堂で行われた『第29回浅草芸能大賞授賞式』および『第30回浅草名人会』並びに平成24年度『スターの手型』顕彰式に出席。第29回浅草演芸大賞・大賞を受賞[9]。, 2014年(平成25年)1月2日にテレビ東京で放送された新春ワイド時代劇『影武者徳川家康』で石田三成の家臣、島左近役で出演[10]。高橋は1998年(平成10年)4月 - 7月、テレビ朝日で同作品が連続ドラマとして放送された際、主人公である徳川家康と世良田二郎三郎の二役を演じている。ちなみにこの時の島左近役は寺田農だった[11]。, 2019年1月31日付で娘の真麻と共にアイウエオ企画によるマネジメント契約を終了、翌2月1日よりグレープカンパニーに移籍。移籍の理由として「真麻の結婚を機に私達二人の仕事の面倒をずっと見てくれていた奥さんに好きな事ができる時間を少しプレゼントしようと言う事になりました」と明かしている[12]。, 1968年(昭和43年)、NHK大河ドラマ司馬遼太郎原作の『竜馬がゆく』で土佐勤王党の盟主・武市半平太を演じる。これが初の時代劇出演となり、以後高橋は大河ドラマには欠かせないキャストとなる。特に司馬原作の作品では重要な役柄を演じており、司馬の存命中に大河ドラマとなった作品にはすべて出演している。, その後大河ドラマでは、1973年(昭和48年)の『国盗り物語』では織田信長を演じている(他の作品を含めて織田信長役について詳しくは後述)。1977年(昭和52年)の『花神』では司馬の肝煎りで河井継之助を、1990年(平成2年)の『翔ぶが如く』では島津久光を演して芸域を広げている。また、2005年の宮尾登美子原作『義経』では奥州藤原氏の当主藤原秀衡を演じ、2008年の同じく宮尾登美子原作『篤姫』では久光の兄島津斉彬を演じた。2015年の『花燃ゆ』では、島津斉彬と次期将軍問題で対立していた井伊直弼を演じる。, 先述の1973年の『国盗り物語』ではストーリー後半の主役である織田信長を演じ、当たり役となる。「自分は信長の生まれかわり」、「信長を演じる時は、台詞を覚えなくても自然と出てくる時がある」と公言するほど入れこみ、信長役が自らにとってターニングポイントだった事を認めている[13]。, 『国盗り物語』の後、しばらくは高橋に信長の強烈なイメージがついてまわり、イメージの払拭、また様々な経験を積むため、しばらくの間は数多く寄せられた信長役での出演依頼を断っていた。しかし、19年を経た1992年(平成4年)の正月時代劇『戦国最後の勝利者・徳川家康』(テレビ朝日系)で信長役のオファーを受け、1994年(平成6年)にはテレビ東京系『12時間超ワイドドラマ 織田信長』に主演、年輪を重ねたうえでの新たな信長像に挑んでいる。, 民放では数々の時代劇に主演した。1970年(昭和45年)の『旗本退屈男』(フジテレビ系)を皮切りに1970年代から1990年代前半にかけて時代劇俳優としての地位を確立する。, 『桃太郎侍』では主役を務めるも、当初の設定は「基本的に人を斬らず、諭して改心させる」というもので、長屋の喧嘩を諌めるような人情話もあり、放映当初の視聴率は芳しくなかった。ある日主題歌を歌っていた三波春夫とゴルフをしていた際、三波から「桃太郎、お地味ですねえ。もっと時代劇はすっきりしないと。高橋さんはお派手がお似合いですよ。」と言われた。これをきっかけに、高橋の提案でそれまで原作に沿った“峰打ち”だったものを、大人数を斬り捨てる派手な殺陣に変え、クライマックスの衣装を黒の着流しから三波ばりの絵柄の入った派手なものにした。さらに登場の際には般若の面を被り、高倉健の任侠映画からヒントを得て[14]「ひとつ、人の世の生き血を啜り…」と、殺陣のさなかに口上を述べるように変えたところ、人気が急上昇し、その後番組は5年間にわたり継続された。, 『遠山の金さん』では、「刀を持たない町人(に扮した遠山金四郎)の武器」として、濡らした手拭いを使った殺陣が人気となった。また『三匹が斬る!』では、役所広司、春風亭小朝とのコンビネーションが人気となり、1995年(平成7年)まで7シリーズが制作されている。高橋は6作目まで、リーダー格の「矢坂平四郎」役を演じた。, テレビ東京系の正月恒例の新春ワイド時代劇では、同番組の前身である『12時間超ワイドドラマ』と銘うたれていた1991年に『次郎長三国志』で初めて主演、1994年(平成6年)に上記の信長で再び主演している。, その後、2007年(平成19年)『忠臣蔵 瑤泉院の陰謀』では柳沢吉保を、また2009年(平成21年)には『寧々〜おんな太閤記』で徳川家康、さらに2010年(平成22年)には『柳生武芸帳』で柳生宗矩を演じている。, 1973年(昭和48年)の『ぶらり信兵衛 道場破り』(原作・山本周五郎、フジテレビ系)のような軽妙な人情劇や、近年では2004年(平成16年)〜2007年(平成19年)の『慶次郎縁側日記』(NHK)など、殺陣よりも人間ドラマや推理劇をメインとした作品にも出演。, 2009年(平成21年)には『坂の上の雲』でも児玉源太郎役を、また2012年(平成24年)2月19日放送の『必殺仕事人2012』(ABC - テレビ朝日系)では、人生初の悪役を演じるなど近年は主演以外でも活躍している。, また、既存の時代劇に懐疑的・批判的な一面もあり、「それなりのキャリアを積んだからといって “黄門様” になろうとは思わない」とも発言している。, 現代劇作品にも、1974年(昭和49年)の『6羽のかもめ』(フジテレビ系)以降、1979年(昭和54年)〜1981年(昭和56年)の『判決』(テレビ朝日系)など、時代劇作品と並行して数多く出演を続けており、近年は2時間サスペンスにも主演している。, 2時間ドラマでは、特に1990年(平成2年)に初めて演じた西村京太郎作品の十津川警部役が知られている。2000年(平成12年)からはそれまでテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で十津川を演じていた三橋達也から役を引き継いた[注釈 3]。毎年新作が制作され、十津川を演じた本数は交代後33作に達している《2016年(平成28年)末現在》。, 1986年の『ドキド欽ちゃんスピリッツ!

身長181cm、体重80kg、血液型はB型 。 かつての 所属事務所 は アイウエオ企画 で、2019年2月1日から長女の真麻と共に グレープカンパニー に移籍 。

孫にデレデレ&妻とラブラブなことを明かした高橋英樹(左)と夫の文句言いガチ反省した高橋真麻(右) (C)ORICON NewS inc. 真麻は、4月に第1子女児を出産。出産後に2人がイベントで共演するのは初めて。英樹は「ホッとしていますね。元気でいてくれて、ちゃんとお母さんもしているので」と話し、真麻は「さっきも直前まで孫の話で盛り上がっていました」とにこやかに語った。, コロナ禍の中での出産となり、真麻は「出産したことよりもコロナの方が印象強くて(笑)。6ヶ月、あっという間のようで、まだ半年か、もっとずっと一緒にいるような気がするような2つの違う気持ちがありますね」としみじみ。離乳食も始まり、真麻に似たのか食欲も旺盛。「食いしん坊なのは似ているのかな。半年なのに、もう9キロ近くあります。すくすく育ってます」と明かしていた。, 英樹は孫を大切に扱うあまり、全身が筋肉痛になるそう。「初抱っこの次の日はマッサージを頼みました。緊張で身体がガチガチになりまして」と苦笑い。「私が抱くと泣く。機嫌がいいからと抱かせてもらうと泣く。それが最近、笑ってくれるようになりました。うれしいですね~。かわいいです」とデレデレが止まらなかった。, この日のイベント中は、夫が見てくれているなど育児は夫婦の共同作業になっているそう。真麻は「私はフルタイムの仕事じゃない。普通の方は時短といっても毎日、定時のお仕事。お母様方、特にお子さんが2人目、3人目だったら、もっと大変。スゴいなと思います」としみじみ。そんな真麻に対して英樹は「お助けの時間があるかと思いましたら、2人でスケジュールをやりくりして親がちゃんとやっている。もっとお助けが来るのを楽しみにしていたのに、あまり来ない…」と少しだけ寂しそうな表情を浮かべ、笑わせた。, 「ねぎらいの言葉をかけるとしたら?」と聞かれた英樹は「とにかく一生懸命、がんばっている。小さいころから見ていると、少しわがままな部分も見ている。母親になった途端に急にお母さんになりまして本当にエラい」と絶賛。「優しい。うちは夫がねぎらってくれないので…」と真麻が話すと、英樹は「それは言っちゃいけません。夫も見てくれているでしょ。ねぎらいは感謝の気持ちですから」とダメ出ししていた。, 囲み取材も行われ、高橋家は、極度なネギ好きな一家と告白。「北京ダックとかもネギを6倍ぐらい頼んで別料金を取られるようになりました」と英樹が明かすと、真麻も「どちらかと言うとネギダックですね」と応じる。さらに真麻は「夫によく『口がネギ臭い』と言われます(笑)」と笑っていた。, ねぎらいたい人について英樹は、結婚45年を迎える「奥さん」と即答。「うちは感謝とかありがとうを声に出して言おう、と。お互いに伝えるということが仲のいい原因かな。わかるだろうと思ってもわからない。だからなるべく声に出す」と夫婦円満の秘訣を語った。, 一方の真麻は「夫ということでよろしいでしょうか」と照れ笑い。「イベントで本当に反省した。メディアで言って、ネット記事になって、夫の目に触れて険悪になるループを過去に何回も繰り返しているのに成長しない。ねぎらってほしいとかではない。今も娘の面倒を見てくれている。感謝の気持ちを伝えなきゃと思う」とガチ反省。英樹は「皆様のおかげで、やっと人間になりました」と英樹は感激していた。, また、秀樹は「コロナのおかげで、奥さんとずっと一緒にいる。こんなにうれしいことはない。奥さんと一緒にいるのが1番、好きなので」とラブラブぶりを見せつける。ドラマを見続けているそうで「きのうは11時間ぐらい見てました」と明かし、コロナ離婚が話題となったと水を向けられると「もっともっと仲良くなりました」と断言。真麻は「本当におかしいぐらい仲がいい。『かわいい』『きれい』『大好き』を常に言う。逆に母親は父親に言わないですけど心底、高橋英樹にほれている」と両親を語っていた。, 孫についてもトーク。「まるで人間が変わっちゃいます。孫は本当にかわいい」と頬が緩みっぱなしで「じぃじと早く呼ばせたい」とにっこにこ。真麻は「喜んでかわいがってくれている。親孝行ができてよかった」とつられて笑顔。秀樹は「孫が20歳になって『免許取ったから車を買って』って言われて買ってあげたい。その時は96歳。そこまで元気でいられたら」とイメージは膨らむばかりだった。, ねぎの作付面積全国1位の埼玉県深谷市は、11月23日の勤労感謝の日に大切な人へ「深谷ねぎ」を贈りねぎらってもらう「ねぎらいの日」の取り組みを2018年から実施。ゲストの2人には、小島進深谷市長、深谷市イメージキャラクターのふっかちゃんから、深谷ねぎを束ねた「ねぎ束」が贈られた。真麻は「食べられるブーケ最高ですね。家計の足しにします」と感謝していた。, オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。, 『鬼滅の刃』炭治郎役・花江夏樹、22日放送『情熱大陸』に登場「3ヶ月ほど密着して頂きました」, AAA、12・26にライブ映像5時間一挙放送 『a-nation 2019』の未放送部分などテレビ初放送内容も, [木村草太の憲法の新手](140) 学術会議の会員任命拒否 侵害された「学問の自律」 首相答弁が重要性証明, [木村草太の憲法の新手](139)日本学術会議会員欠員 首相推薦要求 違法の恐れ 拒否撤回が是正への道, 毎日違う新鮮食材でヘルシーに 野菜ソムリエの資格持つ店主が提案する「おまかせランチ」, [ニュースナビ+プラス](128)首里城再建へ「SYURI NO UTA」 國吉博樹氏(沖縄セルラーアグリ&マルシェ社長), 水木しげるの本が導く? ネットオークションの出会い 遠い存在だった沖縄、思い出した級友の名前の由来, コロナ禍で求人数激減 パンフレットだけで決めた就職 高校生「社内の雰囲気分からず不安」, 儀間崇コラム ぎまぁタイムス(29)完全DIYのギマ倉庫 元はジャングル⇒着々と進化, ウーバーイーツ1週間で246㎞走破!いくら稼げた? 中年記者に降りかかった想定外の結末【(Uber Eats3)WEB限定】, 王府の役人でありながらも農民に寄り添った先祖誇りに 再建には「庶民の意見も尊重すべきだ」, 一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!, 沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。, 空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。, おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。, howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。, 世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。, 企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。, お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。, 高橋英樹、孫にデレデレ&妻とラブラブ「1番好き」 真麻はイベントで夫の文句言いガチ反省. ?ラジオ - メッセージ.jp - 情報プレゼンター とくダネ!

- アナ☆ログ - アナ★バン! 小林 亜紀子(こばやし あきこ、1948年 4月9日 - )は、日本の芸能プロモーター。 夫・俳優の高橋英樹と、長女・フリーアナウンサーの高橋真麻が所属していた芸能事務所「アイウエオ企画」の取締役である。 本名、高橋 美恵子(たかはし みえこ)、旧姓名、松本 美恵子(まつもと みえこ) 。 - フジテレビに出たい人TV - 人生の正解TV〜これがテッパン!〜 - メレンゲの気持ち - おとなの基礎英語 - 有吉VSミジメちゃん - 有吉弘行のダレトク!? フリーアナウンサーの高橋真麻(39)、真麻の父で俳優の高橋英樹(76)が10日、都内で行われた『深谷ねぎらいの日』記者発表会にゲストとして参加した。.

千原ジュニアのヘベレケ - スッキリ - ソレダメ!〜あなたの常識は非常識! ?』のコーナーで㊙ゲストして出演。, 2019年11月14日放送の『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』において、「グレープカンパニー芸人」のパネリスト側のゲストとして娘と共に出演。, 下戸のため酒は嗜まないが、日活の若手スターとして活躍していた頃から、月20日間は銀座のクラブや京都で遊び、石原裕次郎、小林旭といった先輩俳優にならって、後輩たちに奢りまくっていた。しかし、そうした「スター然」とした放蕩三昧の生活で、飲み代の支払いは全て「ツケ」で会社からの前借りを繰り返し、20代にして借金が当時の金額で3500万円ほどに膨れ上がっていた[注釈 4]。高橋自身、結婚後にこの事実を知るが、妻や妻の両親・家族は「借金も財産、信用のうち」とこれを寛大に受け入れる。その後、高橋は夜遊びをやめ、年間70本に及ぶテレビの仕事をこなし、2-6年ほどでこの借金を完済している[15][16]20代の頃、映画『伊豆の踊子』で共演した女優・浪花千栄子から言われた「あんた、変わりはったわね」の一言も、その後の猛省を促すきっかけになった。, 「趣味は家族」と公言するほど妻子を大切にし、唯一ともいえる趣味はゴルフ程度だったが、2003年(平成15年)7月〜9月に放送された『趣味悠々 鶴太郎流墨彩画塾』(NHK Eテレ)へ出演し、講師の片岡鶴太郎から手ほどきを受けた事をきっかけに日本画と書道を始め[17]、各所で個展を開催、自身の公式サイトでも書道作品の一部を公開している[18]。, 若い頃は見かけに寄らず虚弱で、風邪をひきやすかった。当初は乾布摩擦を励行していたが、ある日、本で読んだ「たわしで身体を擦る」という健康法に興味を持ち、これを取り入れている。身体前面は自らが、背中は付き人に擦らせている。それが済むと、今度は両手で顔を思い切り100回ほど叩いて刺激を与えている。以来「亀の子たわし」を愛用し、仕事に入る直前には「気合を入れる」「1回血液を全身に廻らせて新たな役作りに入る」という意味合いで、この健康法を30年以上続けており、すっかり風邪をひかなくなったと語っている[19]。, 一方で、テレビドラマでは『船長シリーズ』(土曜ワイド劇場)などで鉄道連絡船や長距離フェリーといった大型旅客船の船長役を演じているが、高橋自身は海上の乗り物に弱く、船酔いしやすい[20]。また、毎年春先になると、花粉症に悩まされるとのこと[21]。, 59歳の頃には原因不明の“めまい”の症状に襲われ、以来しばらくの間、病院からテレビ局に直行するという生活を余儀なくされている。そんな時に出会ったのが同年代の芸術家である、宮崎県在住のガラス作家、黒木国昭と洋画家でフレスコ画の国内第一人者である絹谷幸二で、二人の制作現場を見せてもらう機会があり、そこで間近に作品に取り組む強いエネルギーに接する中で、いつしか症状も和らいでいったという。以来「海外旅行先でも真っ先に訪れるのは美術館。エネルギーをもらいに。」と語るほど、絵画や美術作品を愛好している[22]。, 雑誌歴史人に、「高橋英樹の歴史通」を掲載しており、それらをまとめたものが、「高橋英樹のおもしろ日本史」として、出版される[23][24]。この本により、第2回野村胡堂文学賞特別賞を受賞する[25]。, 時代劇において殺陣の手を覚える速さとその手数の多さには人並外れた能力があり、殺陣の技術は時代劇スターの中でも群を抜く。時代劇特番やバラエティでその技を披露することもしばしば。, また、単に「斬る」だけでなく、納刀のフォルムや光らせ方など「刀の魅せ方」にも多くの技術を持つ。殺陣にはこだわりがあり、殺陣を披露する機会には殺陣のパートナーとして信頼を置く峰蘭太郎を指名する事が多い。, 浅丘ルリ子からはデビュー当時から公私にわたって指導を受けており、当初は千葉市より電車で調布市の日活撮影所まで通っていた。しかし、石原裕次郎の口利きで調布市の浅丘宅に下宿し、食事を浅丘の母親に作ってもらったりと物心両面で世話になった。このことから浅丘とは今でも実際の姉弟のような関係で、頭が上がらないとのこと。ちなみに『高原児』で浅丘と共演した時は、高橋は弟役にも関わらず、浅丘に「お兄さん役だと思った」と言われている[30], 石原裕次郎からは、高橋が若い頃「お前は脚が短いから着流し姿で任侠物はどうだ?」とアドバイスを受けたことがある。高橋は、裕次郎のこの助言により短所を逆手に取った思わぬ形で芽が出ることとなり、1963年以降『男の紋章』シリーズなどの任侠映画へ出演する。, 『男の紋章』への出演が決まった高橋は18歳の頃から一時、所属事務所の先輩女優である淡島千景と舞台作品で数多くの相手役を演じた二代目 尾上松緑の門弟となる。そこで1年のほぼ半分を松緑一座の舞台で「時代もの」を演じるための着付けや所作、基本動作、日本舞踊など基礎を徹底的に学んでいる[31]。, ちなみに二代目 尾上松緑は、第一回大河ドラマ『花の生涯』で主人公・井伊直弼を演じており、2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』では高橋が同じく井伊直弼を演じている。師匠と同じ役を演じる事について高橋は、「非常に感慨深い」と語っている[32]。. フリーアナウンサーの高橋真麻(39)、真麻の父で俳優の高橋英樹(76)が10日、都内で行われた『深谷ねぎらいの日』記者発表会にゲストとして参加した。 真麻は、4月に第1子女児を出産。出産後に2人がイベントで共演するのは初めて。

- 森田一義アワー 笑っていいとも! - OH!エルくらぶ - たけしの“これがホントのニッポン芸能史” - テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜 - ザ・発言X - ゆく時代くる時代〜平成最後の日スペシャル〜 - クイズハッカー - 水野真紀の魔法のレストラン - 真麻のドドンパッ!