パイロットの年収【台湾の航空会社編】 スポンサーリンク コロナの影響で非常に苦しい戦いを強いられている航空業界。 しかし、台湾の大手航空会社は現在もパイロットの採用活動を行っています。 年収3割減となった場合、2020年度の平均年収を元にシミュレーションすると各職種の平均年収は、, 出典・参考厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」「2019年国民生活基礎調査」経済産業省「2019年企業活動基本調査速報-2018年度実績-」国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」マイナビ「2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング」, 転職系アフィリエイトサイト・転職エージェントサイトらによる剽窃・模倣を禁止します。 悪質なサイトの特徴はこちらでご確認ください。もし剽窃・模倣を発見された方は「お問い合わせ」よりお知らせください。, 【年収研究シリーズ】日本航空社員の平均年収は高いのか?実際はいくらもらっている人が多い?一般社員、パイロット、CAの給与は?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収に関する話題をデータや口コミから明らかにします。就職・転職の判断にご活用ください。, 全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の社員は自社の働きやすさについてどう感じているのでしょうか。ライバル関係にある企業との違いは? 口コミ投稿者の主観による点数付けと、投稿された口コミから読み取れる本質的な満足度の分析を通じて企業を評価します。, 日本の航空会社で最も長い国内線と国際線の歴史を持つJAL(日本航空)への転職。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、「人がら」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として評価されるので、事前にしっかり対策して臨みましょう。, 航空会社で国内最大規模を誇る全日本空輸(全日空・ANA)。中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。即戦力として、一緒に仕事をする仲間として多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。, 【平均年収736.5万円】ANA(全日本空輸)の給与・ボーナスが高いのはなぜなのか. 40~44歳:1,383万円

航空大学とは、独立行政法人航空大学校のことで、国が設立した唯一の公式パイロット養成学校です。

大学を2年以上修了し、所定の単位を修得していれば誰でも受験可能ですが、倍率は7.6倍と高く、防衛大のほか、東大・京大クラスの学生が勢ぞろいします。, パイロットの平均年収から考えると下記のような生活レベルが考えられます。 25歳(3尉)で570万円、35歳(3佐)で年収900万円、40歳(2佐)で年収1,060万円

厚労省が算出した統計調査では給与1位に君臨していたのがこのパイロットの職業です。, 上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい

【業種別年収】 それだけに、フライトが終わるたびに大きなやりがいや達成感を感じることができるのだといいます。 スカイマークのパイロットの年収が884万円でソラシドエア(スカイネットアジア)のパイロットの年収が1206万円で、スターフライヤーのパイロットの年収が1162万円なので、 パイロットに向いているのは、責任感が強く冷静な人です。確かな技術を身につける勤勉さも必要です。, 航空法で定められた民間の資格として、自家用操縦士・准定期運送用操縦士・事業用操縦士・定期運送用操縦士の4つがあります。自家用操縦士は個人で飛行機を操縦して楽しむもので資格の取得も比較的容易です。

副操縦士平均1200~1500万円となりそうです。

自衛隊のパイロットを目指すのであれば、防衛大学に入学し自衛隊でパイロットの訓練を受けてライセンスを取得する、という方法もあります。自衛隊のパイロットの場合は航空法が適用されませんが、自衛隊の規約で事業用操縦士の資格取得が条件になっています。そのため自衛隊は国土交通省から、パイロットの指定養成所として認可されています。 【年収研究シリーズ】ana社員の平均年収は高いのか?一般社員、パイロット、caの給与額は?ボーナスは年何回で合計いくらもらえるのか?年収額だけでは見えてこないデメリットはあるのか?など、年収・報酬・ボーナス・手当に関する話題や実態をデータや口コミから明らかにします。 この世代が機長としてもっとも長時間のフライトをしているのだと推測できます。 ANAホールディングスの平均年収は前年を下回り736.5万円でした。 過去5年間では最低の額になりました。 ・年収1000万円の手取り、税金(所得税・住民税)、貯金額・家賃・割合ローン・生活スタイル

またパイロットの役職別に見ると、

そして、民間会社のヘリパイロットになると年収は550万円ほどと言われています。

個人の電気屋でもそれより稼げてる。気楽にね。, 慎重な女 科学捜査研究所員(科捜研)の本音 ANA(全日本空輸)の年収給料や20~65歳の年齢別役職別・総合職・一般職・パイロット・CA・整備士等の年収推移|平均年収.jp ANA(全日本空輸)の総合職一般職の年収や部長課長、20歳30歳40歳50歳の節目年齢の年収 … 勇猛な男

たとえば、ANAと航空大学校が提携し2006年に開設した東海大学の航空宇宙学科航空操縦学専攻は在学中にライセンスが取得できます。2008年にはJALの協力で法政大学の理工学部機械工学科航空操縦学専修と桜美林大学でフライトオペレーションコースができ、熊本県でも本田航空の協力で崇城大学の工学部に宇宙システム工学科専修過程パイロットコースができました。  

3佐(飛行班長):900万円 航空会社・関係の職に就きたいと考える人も少なくありませんが、年収は非常に重要な検討材料となります。では、ANAの平均年収はどれくらいなのでしょうか。そこで今回は、パイロット・CA・総合職などで比較しながら、「ANAの平均年収」についてまとめています。, ANAとはANAホールディングス株式会社という正式名称となり、就職先として非常に人気があり日本だけでなく世界でも高く評価されている航空会社です。パイロットやCAを夢見ている人であれば就職先として注目されており、国内ではJALとの2強となっています。就職先を選ぶ際に、仕事内容等も気になりますが金銭面を把握することも大切です。, では、ANAの平均年収はパイロット・CA・総合職など全てを含めどれくらいになるのでしょうか。まず、ANAの平均年収は年度によって変わってきますが、平均で848万円となっています。この年収は非常に高い数字となっており、多くのサラリーマンの平均年収と比較するとおよそ倍近くの数字です。そして、ANAの平均年収は年齢で大きく変わります。, ANAに就職をすると、年齢によって年収は大きく変化します。総合職や技術職、一般職など仕事内容でも年収には違いが見られますが、20代の前半は特に多い年収と言えません。しかし、20代の後半から30代にかけて一気に年収は高くなるため勤続年数は関係してきます。額面だけでなく給料で意識をする点は手取りです。ANAの手取りはどれくらいでしょうか。, 額面での給料ももちろん大事になりますが、生活に直接関係してくるものが手取りです。一般的に手取りの計算方法は額面の80%ほどとなります。ANAはパイロットやCA、または総合職や技術職などによって給料は大きく変わるため、自分が就職をしたいと考えている職種の額面に対して80%をかけて計算をすることで、毎月の手取り金額を出すことができます。, 実際に手取りの給料の計算方法を一例で紹介すると、仮に額面が40万円だったとします。すると、80%が手取りとなってくるため32万円ほどが手取りです。どれくらいのお金が手元に残るのかを知ることは大事になってくるため、必ず事前に計算方法も理解して把握しておくことが大切になります。手取りにしてもANAは日本の平均と比較して高い金額です。, では、ANAの平均年収は年度によってどれほど変化をしているのでしょうか。まず平成24年度のANAの平均年収は800万円です。そして、25年度は大きく下がり685万円となります。26年度は790万円までアップし27年度は854万円となるため、25年度に比べると200万円近く増えている数字です。そして28年度の平均年収は818万円で推移しています。, ANAだけに限ることではありませんが、年収は年齢によっても大きく変化をしてきます。年収に伴ってボーナスも変わってくるため、目先の数字だけでなく数年後の年収等をイメージして就職をすることが大切です。パイロットやCA、または総合職や技術職、一般職などで年収・ボーナスの金額も変わってくるため、事前に確認をしておく必要があります。, ANAは就職先としても高い人気を誇っており、年収の多さも含め憧れの職業となっています。そして、様々な仕事の中でもANAで人気のあるものがパイロットとCAです。パイロットは男性に憧れている人が多い職業で、飛行機を操縦するという大切な任務があります。そしてCAは客室乗務員として多くのお客様の接客を行うことがメインの仕事です。, いずれの仕事も就職をするには難易度が高く、それなりの倍率を勝ち残らなければいけません。就職をすることは難しい仕事ですが、パイロットとCAは高い年収が期待できる職業でもあります。では、一体どれくらいの年収を手にすることができるのでしょうか。ここからはパイロットやCA、そして総合職や技術職などの平均年収について調査をしていきます。, まずはANAの中でも花形の仕事と言えるパイロットの年収をみていきます。パイロットの年収は、多い人でおよそ2,000万円近くになるため非常に高い数字です。パイロットといっても機長や副操縦士があり、担当する役職によって変わってきます。2,000万円ほどの年収を確保できるようになるのは機長になる必要がありますが副操縦士はどうでしょうか。, ANAの副操縦士になると、年収が多い人でおよそ1,500万円ほどです。副操縦士でも非常に高い数字となっており、日本の平均年収である430万円という金額は大幅に上回っています。就職をすることは非常に困難で、資格も必要となることから狭き門ですが、将来的には安定した生活ができるレベルです。将来の夢としても人気がある代表的な職業となります。, では、続いてCAの年収を調査していきます。CAとは客室乗務員のことで、いわゆるキャビンアテンダントです。CAは女性から非常に人気がある仕事で、高い語学力が求められるため就職をすることも困難を極めます。しかし、パイロットと並んで航空会社の中でも人気がある仕事であり、年収も悪くない数字です。CAの年収はおよそ420万円となります。, 推定年収となるためCAのキャリアによってはさらに高い金額を目指すこともできます。就職先として航空会社を選ぶ際ANAのCAを希望する人は多く、一流企業なだけに年収は女性の中でも平均値として高い数字です。ベテランのCAとなれば年収も多く確保できるため、家系として金銭面での余裕は出てきます。狭き門ですがCAを目指す人は毎年多いです。, パイロットやCAとしてANAに就職をすると、高い年収を確保することができます。就職活動において勝ち残ることは難しいですが、採用をされるとやりがいもあるため長く勤務する人が多いです。そして、ANAには総合職・技術職・一般職という仕事もあり、それぞれで年収やボーナスには違いがあります。パイロットやCAだけでなくこちらにも注目です。, それぞれ仕事内容も変わってくるため、当然年収にも変化がみられます。しかし、パイロットやCAの年収は確認する人がいても、総合職・技術職・一般職という仕事での年収について把握ができていない人は少なくありません。では、一体どれほどの年収やボーナスを確保できているのでしょうか。ここからは、総合職等の年収やボーナスについてみていきます。, まずは総合職の年収についてみていきます。総合職とはグローバルスタッフ職と言われており、企業のビジネス機能やオペレーションなど様々な業務をこなすため仕事内容は幅広いです。そのため、総合職はトータル的に高い能力を有する必要があるため就職をすることも困難を極めます。そして、ANAの総合職の平均年収はおよそ1,122万円と高い数字です。, ANAの総合職は高い年収を確保することができる仕事で、月額の給与についてもおよそ78万円となります。また、総合職のボーナスについてはおよそ324万円となっており、国内の平均年収に迫る勢いです。ANAのボーナスは年に2回支給されます。総合職としてANAに勤務をすると、パイロットの年収には届きませんが非常に生活にも余裕が生まれる金額です。, ANAの総合職として就職をすることができると高い年収を確保することができますが、総合職以外にも技術職があります。技術職の年収は756万円から856万円となり、総合職ほどの金額とはなりませんが非常に高い数字です。ANAの技術職でも日本の平均年収は大きく上回っており、月の給料としてもおよそ55万円となるため、生活には多少余裕が出ます。, 日本の平均年収はおよそ430万円となるため、一つの指標として知っておくと非常に就職時も評価がしやすいです。そして、技術職のボーナスは平均でおよそ227万円となります。ボーナスにおいても総合職と比べれば100万円近く変わってきますが、一般的には高い水準です。技術職に就職を希望する人は男性が多いですが、最近では女性の活躍も目立ちます。, そして最後は一般職の年収やボーナスについてみていきます。一般職の年収はおよそ773万円から873万円となっており、総合職に比べると大きく下回る数字です。しかし、日本の平均年収である430万円と比較した際およそ倍近くにもなるため決して社会的にみて少ない金額ではありません。また、技術職に比べると平均年収は少し高くなっています。, ANAの一般職の一ヶ月の給料はおよそ56万円で、手取りにしても高い金額を手にすることができます。役職に就くとさらに年収を増やすこともできるため将来的に捉えることが大切です。また、一般職のボーナスはおよそ231万円と高い水準を確保しており、総合職とは100万円近く差がつきますが技術職よりは少し多くなるため注目すべき職種となります。, ここまでANAの職種における年収やボーナス等をみてきましたが、就職をするにあたって学歴も大きく影響してきます。ANAだけでなく多くの企業で就職活動の中で学歴はチェックされ、初任給や今後の給料にも関係してくるため事前に自分の経歴と照らし合わせることが大切です。学歴は関係ないなどと言われることもありますが、金銭面には関わってきます。, 日本では高卒・短大卒・大卒・大学院卒があり、ANAにおいても就職活動時には厳しく確認されます。また、学歴によっては就職活動において応募するできない場合もあるためしっかりと把握しておくことが大切です。初任給については高卒の場合およそ17万円で大卒の場合は17万8,000円、そして大学院卒の場合は18万5,000円が平均の数字となります。, ここからは年収をみていきます。まずはANAに高卒で就職した場合です。高卒で就職をする人は近年では多くなっており、大卒等に比べると早くに現場で活躍することができます。ANAに高卒で就職をした人の平均年収はおよそ838万円であり、一般的な平均年収と比較すると非常に高い数字です。大手航空会社だけあり、安定した収入を得ることができます。, 続いては短大卒の年収です。上記の高卒にも言えることですが、ANAという会社は同じでも職種によって年収は多少前後をしてきます。平均となる年収はおよそ985万円となっており、高卒に比べると大きく変わってくる数字です。短大に通っている人は割合的に女性が多くいますが、世間一般的な年収に比べると高い金額となるため将来にも期待が持てます。, そして最後は大卒としてANAに就職をした場合です。ANAに大卒として就職をする人は最も多く、パイロットや総合職などが特に人気があります。最近では航空学校だけでなく採用されてから学べるようにもなっていることから間口は広がりつつあることも就職には大きく関係している要素です。平均年収は1,152万円となり国内でみても非常に高い数字です。, ここまででわかるように、学歴は年収に大きく関係してくるものです。初任給だけをみればさほど差は開いていませんが、年々給料やボーナスにも関わってくるため長い目で考えることが大切になります。大学に通うことは一旦それなりにお金はかかってしまいますが、将来性を考えるとやはり有利です。就職活動時には学歴による金銭面の確認も欠かせません。, ANAに就職をすることは高い年収やボーナスを確保できることに繋がります。航空会社として日本でトップクラスであり、世界からも高い評価を獲得しているだけに当然とも言えることです。そして、就職をする上で気になるのは年齢別にどれほど稼ぐことができるかという点もあります。ANAでは年齢によっても大きく年収には変化があるため把握が必要です。, 多くの人は年収を調査するときに、自分の年齢と近い部分のみに焦点をあててしまう傾向にあります。しかし、目先だけでなく生涯年収を意識することが大切です。生涯年収とは勤続している期間に手にした給料の全てを合算したものを言います。では、生涯年収を知るためにも必要な情報となる年齢別での年収を20代から50代に分けて調査していきます。, まずはANAに就職をしてから数年間となる20代の年収からみていきます。20代の前半では年収がおよそ309万円から339万円となり、社会的にみても決して高い数字ではありません。月の給料にしてもおよそ21万円、ボーナスは84万円という数字です。しかし、ANAに就職をしてから20代の半ばをすぎてくるあたりから年収にも変化がみられ始めます。, ANAでは25歳から29歳の平均年収はおよそ605万円から655万円となります。20代の前半に比べると非常に高い数字となっており、倍近く多くなるデータです。そして、月の給料はおよそ41万円でボーナスについては163万円となるため、社会的にみても非常に多い年収になります。20代ではから数年経過すると稼ぎも多くなるため少し我慢が必要です。, そして続いては30代の年収になります。ANAでは30歳から34歳の平均年収がおよそ651万円から751万円となります。一ヶ月の給料はおよそ47万円でボーナスについては187万円で日本国民の平均年収である430万円は大きく上回っている結果です。また、若くして多くのお金を稼ぐことができる仕事となり、30代の後半からはさらに年収は増えます。, ANAに勤務する35歳から39歳の人が稼ぐ年収は、平均で673万円から777万円です。30代の前半に比べるとさらに多くのお金を稼ぐことができる結果になっており、生活をする上でも非常に安定し余裕も生まれてくる金額となります。また、一ヶ月の給料についてはおよそ48万円となり、ボーナスは194万円です。社会的にみても非常に良い年収と言えます。, 続いてはANAに勤務する40代の年収等をみていきます。まず、41歳から44歳の年収は平均で752万円から873万円となります。40代になってくると副操縦士や機長に就任する人も出てくるため、平均値も大幅にアップしている結果です。また、一ヶ月の給料は54万円でボーナスについては218万円となるため、社会的にみても高い水準を確保しています。, そして45歳から49歳の平均年収はおよそ856万円から978万円となります。副操縦士から機長になる人がさらに多くなり、CAや総合職など様々な職種においてキャリアアップをしだす年齢となるため高い数字です。一ヶ月の給料はおよそ61万円で、ボーナスについては244万円になります。世間的にみても高い数字であり余裕のある暮らしができるレベルです。, 最後はANAに勤務する50代の年収等についてです。まず50歳から54歳の平均年収はおよそ938万円から1,048万円となります。平均年収でも1,000万円を超えてくる高い水準となり、社会的にみても素晴らしい数字です。そして一ヶ月の給料についてはおよそ65万円でボーナスは262万円です。十分すぎる暮らしができるため満足のできる金額と言えます。, さらに55歳から59歳であれば平均年収がおよそ929万円から1,039万円となり、50歳の前半に比べると少し下がりますが十分な稼ぎです。また、一ヶ月の給料は65万円でボーナスについては259万円となります。退職も迫ってくる年齢であり、今後の老後に色々とお金は必要となりますが、十分すぎる稼ぎがあるため安心して生活をしていくことが可能です。, ここまでは各職種における給料や年収等について調査をしてきましたが、ここからは仕事内容についてみていきます。まず、ANAで花形となり最も多くの年収を確保することができるパイロットからです。パイロットの仕事内容はメインとなるものが飛行機の操縦です。安心・安全に飛行することを心がけ、日々運航しています。また、体調の管理も重要です。, パイロットは国際線となれば世界各国を飛び回ります。そのため、時差ボケ等も生じてくるため自分で体調を管理することも仕事の一環です。また、パイロットは飛行機の操縦だけでなく管制官との連携や飛行機整備士とも機体のチェックを行うなど様々な業務があるため幅広い知識が必要で、海外では英語での会話も必要となるため語学力も求められます。, 続いてはパイロットと並んで人気があるCA、客室乗務員の仕事内容です。客室乗務員の主な仕事内容は機内のお客様に対して接客を行うことになります。業務内容はお客様に食事の準備をしたりおもてなしの心をもち幸せな空の旅をしてもらうことです。接客業務だけでなく飛行機内における安全の確保や、万が一の急病人への対応も大事な仕事となります。, 客室乗務員として働くには高い語学力は必須です。国際線では海外のお客様が非常に多いため、しっかりとコミュニケーションを図るためにも必要となります。また、国内線においても日本には数多くの外国人観光客が訪れるため英語を話せることが大切です。パイロットと同様に時差ボケ等もあるため、体調を崩さないようにしっかりと管理する必要もあります。, 続いては技術職の仕事内容をみていきます。技術職は航空整備士などをいい飛行機のメンテナンスや故障の修理等を行うことが重要な仕事内容です。技術職は機体の点検や整備等を行う非常に重要なポジションであるため、国家資格が必要となる仕事となります。技術職には男性が就いている場合が多いですが、最近では女性の活躍も目立っていることが特徴です。, 上記にあったように技術職は年収も高く、人気があります。パイロットとともに機体のチェック等を行う重要な仕事でもあるため、まさにANAを影から支えている縁の下の力持ちです。勤続年数が長くなると役職に就いて幹部として勤務することもでき、さらなる年収アップも可能となります。ANAのグループ企業の一員として勤務をすることが多いです。, そして最後は一般職になります。一般職はいわゆる事務などの仕事を行う人で、飛行機には関わる仕事ではありませんがANAという大手航空会社なだけにやりがいを求めて就職を希望する人が多いです。オフィス勤務となるためパイロット等と直接仕事をすることはなかなかありませんが会社を支えるためには欠かすことができない大事なポジションとなります。, 一般職にも人事や財務など多くの職種があります。毎年就職希望者は多く、ANAは極めて高い人気を誇る会社です。技術職と比較しても年収は同じくらいもしくは高いため、人気の職種となります。パイロットやCAは語学力等が求められ敷居としても少し高い印象がありますが、一般職であればやっていけるかもしれないと感じる人が多いことも人気の理由です。, ここまででわかるように、ANAは様々な職種の人が力を合わせて働いているため仕事の選びの範囲は広いです。また、ANAの仕事は面白いかというと充実した日々を送っている人が多くいます。航空機に関わる業務ということで、普通ではなかなか味わうことができない体験をすることも可能です。新卒だけでなく転職を希望する人も非常に数は多くいます。, また、パイロットや客室乗務員、さらには一般職や技術職など多くの仕事においてやりがいを感じることができる点もおすすめとされています。仕事はお金の面ももちろん大事ですが、長く勤務をするためにはやりがいを感じられるかどうかも重要です。プレッシャーも感じる場面が多く高い能力も求められますが、充実した日々を送ることができます。, 高いレベルでの接客や飛行機の操縦などが求められる仕事ですが、ANAに勤務をすることは非常に名誉あることで多くの人が就職を希望します。では、就職活動においてANAを目指す上で必要な学歴とは一体どういったものになるのでしょうか。就職を希望する上で必要な条件にもなるため、事前にきちんと学歴については把握をしておくことが大切です。, ANAに就職をする上で、まず基本的な条件として学歴は4年制の大学以上が必要となります。しかし、ANAの中でも職種によっては変わってくる部分があり、客室乗務員に関しては4年制の大学を卒業していなくても目指すことが可能です。客室乗務員については専門学校卒業以上であれば応募資格を満たしていることになるため、確認は必須と言えます。, そして、学歴だけでなくパイロットや客室乗務員として働くには身体条件を満たしておくことも大切です。パイロットに課せられている身体条件とは、両眼の視力が矯正ありで1.0以上あることが求められます。また、両眼の屈折度が−6.0から+2.0の間であることも必要です。そして、飛行機を操縦するため健康状態が正常であることも大事な条件となります。, そして、パイロットだけでなくCAにも身体条件があり、一つ目は両眼ともの視力が矯正ありで1.0以上あることです。これはパイロットと変わらない条件になります。そして、CAも仕事上飛行機内で接客業務を行うため呼吸器や循環器、さらには脊髄などに身体的異常はみられないかが問われます。身体だけでなく心も健康な状態であるかは大事な応募条件です。, そして、上記でも説明があったように客室乗務員として仕事をするには語学力が求められます。語学力はTOEICという英語力試験で判断され、就職をする上で600点以上が必要です。海外のお客様が多くいられることが想定されるため、接客としてコミュニケーションを図るには必須となります。TOEICが600点以下であればそもそも応募ができません。, 客室乗務員として仕事をしたいと考えている方は学生時代に試験を受けて合格をしておく必要があります。そして、注意点としてTOEICの合格資格は有効期限があり2年間と定められています。そのため以前に合格をして資格を取得している人も、有効期限内であるか確認することが大切です。英語力は必須となるため今後就活の際に重要となる資格と言えます。, ANAに入るためには語学力等を有していることが非常に大切です。では、新卒や中途採用としてANAに就職を希望する上で、どのようにして求人を探せば良いのでしょうか。毎年ANAへの就職希望者は非常に多くなっており、倍率も高いため狭き門です。就職の面接対策等も大事ですがそもそもの部分になる求人を探す方法を把握しておかなければいけません。, まず、ANAに就職をするで公式ホームページにある採用情報を確認することが大切になります。ANAではパイロットや客室乗務員、さらに技術職や一般職までを公式ホームページにて募集していることがあるため随時確認をすることが大切です。募集要項には応募条件等の詳細が記載されています。応募がいつあるかわからないため随時確認が必要です。, また、ANAへの就職にあたって公式ホームページだけでなくマイナビを活用する方法もオススメになります。公式ホームページでは募集要項や資格等は記載されていますが、マイナビではさらに細かく詳細を把握することができます。特に、公式ホームページには載っていない給料面や福利厚生などは公式ホームページではなくマイナビで確認する方が良いです。, そのため理想の流れとしてはマイナビでANAの求人情報について把握し、公式ホームページの採用情報にてエントリーを行うという流れが理想的です。マイナビはあくまでも情報収集用として利用する人が多く、公式ホームページのエントリーフォームを活用する人が多くいます。新卒だけでなく中途採用についても公式ホームページを確認することが大事です。, では、最後にANAのインターンシップの内容について説明をしていきます。ANAが行うインターンシップは主に仕事を体験することや事業所を見学することです。実際に行う仕事内容をしっかりと把握することができ、就職前から良い経験を積むことができます。実際に働いている感覚を味わえるインターンシップになるため将来的なイメージもしやすいです。, また、現場にて働いているかのようなインターンシップを受けることができ、航空ビジネスを学ぶことができる点は多くの人から人気を集めています。事業に対する戦略やサービス等を企画することも含まれており、極めて実践に近いインターンシップの実施内容です。そして、ANAの本社や空港にも実際に足を運べるため充実した時間を過ごすことができます。, 航空ビジネスをきちんと学ぶことができるインターンシップは多くの人から評価されており、旗艦にしておよそ1週間行われます。また、いくつかのコースが用意されているため、自分が就職を希望するパイロットコースや客室乗務員コースなどを選択することも可能です。インターンシップについては採用情報と同じく公式ホームページに掲載されています。, ANAは大手航空会社となるだけあり平均年収は極めて高い金額となります。また、一ヶ月の給料についても魅力的な金額であり、余裕のある暮らしができるレベルです。ボーナスなども含め金額についてはきちんと把握し、目先のお金だけでなく将来的にみることも大切になります。そのためには生涯年収について調べることも非常に重要です。.