健康管理 Copyright (C) 2020 IT Trend All Rights Reserved. 多様なワークスタイルに対応し、セキュリティ強度を高められる「vdi(仮想デスクトップ)」。しかし、vdi製品の種類は多いため、どれを選べば良いか分からずに困ったことはありませんか。本記事ではおすすめのvdi製品を11選比較 … クラウドVDI(vs Azure VDI)を選定するため、Amazon Workaspaces を試用していました。 Azure で実現するVDIに比べ、コストが安いので、シンプルにVDI環境が必要なニーズにはマッチすると思います。 一方で Amazon Workaspacesは、サーバーベースの VDI … 記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。. 他のソリューションに比べて、コストを抑えることできるので、 このレポートは、グローバルなクラウドベースのVDIステータス、将来の予測、成長機会、主要市場、主要プレーヤーに焦点を当てています。調査の目的は、北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド、中南米におけるクラウドベースのVDI開発を紹介することです。, https://www.marketinsightsreports.com/reports/04242003629/global-cloud-based-vdi-market-size-status-and-forecast-2020-2026/inquiry?Mode=52, クラウドベースのVDIは、クラウド内のデータとアプリケーションの集中監視とストレージを容易にするテクノロジーです。さらに、企業は必要なすべてのファイルとデータに仮想的にアクセスでき、遠隔地からビジネス開発を達成できます。テクノロジーの進歩と世界中のデジタル化の増加は、この市場を牽引している重要な要素です。さらに、クラウドベースのVDIは、オンプレミスの仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)と比較して、インフラストラクチャのコストを削減できます。高速で信頼性の高いコンピューティングソリューションと急速な技術開発の必要性により、さまざまな中小企業がアプリケーションとエンドユーザーデータを集中管理するようになりました。, Citrix Systems、Moka5、VMware、Dell、Ericom Software、HP、Netelligent、Red Hat、Secure Online Desktop、Virtual Bridge、WorldDesk, タイプ別の市場セグメント。製品は次のように分割できます。 vdiの選定にあたっては、実施方式やサーバーos、ライセンス契約などの違いを理解し、性能コスト比較をできるだけ正確に行うことが重要です。ここでは、これらを整理しつつvdiの導入に役立つ情報と …

AWSを現行で使っていれば、Workspaces を容易に導入できる。. 以上がさくらのクラウドでWindows Serverを作成し、VDI環境として利用するための簡単な手順となります。通常のオンプレミス環境にWindows Serverを構築する場合と比較してもかなり簡単に、より素 … 基本情報から選ぶ時のポイント、ITトレンドおすすめの製品情報をまとめてご紹介します。, グラフィック処理に特化した仮想デスクトップソリューションCAD/CAE on VDI, 高度なグラフィック処理に対応したVDIソリューション。いつでもどこでもどの端末からでも、設計アプリケーションやデータへのアクセスが可能になります。, 仮想デスクトップ構築支援はお任せ!Amazon WorkSpaces導入支援サービス, Amazon WorkSpaces導入支援サービスは、クラウド型の仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」の導入から構築後の運用までワンストップでサポートします。, データ分散型仮想デスクトップソリューションZenmu Virtual Desktop, Zenmu Virtual Desktopはデータ分散型の仮想デスクトップソリューションです。クラウドベースのサービスで、リモートワーク環境に必須の情報漏洩対策を手軽に実現します。, 仮想デスクトップ構築支援はお任せ! Amazon WorkSpaces導入支援サービスの価格・機能・レビュー・導入事例, グラフィック処理に特化した仮想デスクトップソリューション CAD/CAE on VDIの価格・機能・レビュー・導入事例, データ分散型仮想デスクトップソリューション Zenmu Virtual Desktopの価格・機能・レビュー・導入事例, Citrix Virtual Apps and Desktopsの製品詳細はこちら, Microsoft Virtual Desktop Infrastructure(VDI)の製品詳細はこちら. VDIの導入方法には大きく分けて … アプリケーション別の市場セグメント、分割 Azure で実現するVDIに比べ、コストが安いので、シンプルにVDI環境が必要なニーズにはマッチすると思います。 ハイブリッド 公衆 純粋なクライアントOS ではない点、考慮が必要になるかと思います。, 昨今のリモートワーク需要、ウェブ分離環境等に活用可能であり、他のクラウドVDIに比べて、コストが低い。, 採用、導入には至っていないが、製品選定の過程で、月額コストを算出しても、 製造 一方で Amazon Workaspacesは、サーバーベースの VDIソリューションとなるため、 クラウド型のシステムはコストを削減できる点や、保守運営の手間がかからない点で導入しやすいとされています。 VDIの導入方法「DaaS」と「オンプレミス」を比較. Copyright ©︎ 2020 All Rights Reserved by SMARTCAMP Co., Ltd. クラウドVDI(vs Azure VDI)を選定するため、Amazon Workaspaces を試用していました。 ICT その他, クラウドベースのVDIソリューションは、物理的なITインフラストラクチャから分離されているにもかかわらず、エンドユーザーのシステムが実質的にすべての重要なファイルとデータにアクセスできるコンピューティングモデルです。コンピューティングモデルは、クラウドベースのストレージスペースを使用します。そこでは、システムデータとアプリケーションがプライマリクラウドサービスプロバイダーのデータセンターに格納され、エンドユーザーはログイン資格情報を介してデータにアクセスできます。 VDIレイヤーは、バックエンドアプリケーションとエンドユーザーアプリケーションの間の仲介者として機能します。データの転送とアプリケーションの実行を制御します, -クラウドベースのVDI市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な調査。, -クラウドベースのVDI市場の特定の推進力、制約、および主要なマイクロ市場の詳細な理解。, https://www.marketinsightsreports.com/reports/04242003629/global-cloud-based-vdi-market-size-status-and-forecast-2020-2026?Mode=52, -主要な戦略的発展:研究には、R&D、新製品の発売、M&A、合意、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバル市場で活動する主要な競合他社の地域的成長を含む、市場の主要な戦略的進展も含まれます地域規模。, -主要な市場の特徴:このレポートでは、収益、価格、容量、稼働率、総量、生産量、生産量、消費量、輸入/輸出、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益など、主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査では、関連する市場セグメントとサブセグメントとともに、主要な市場ダイナミクスとその最新の傾向について包括的な調査を提供しています。, -分析ツール:グローバルクラウドベースのVDI市場レポートには、さまざまな分析ツールを使用して、市場における主要な業界プレーヤーとその範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターの5つの力の分析、SWOT分析、フィージビリティスタディ、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動する主要企業の成長を分析しました。, 調査には履歴データと予測が含まれており、レポートは業界の幹部、マーケティング、セールス、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された表とグラフを備えたすぐにアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探している他の人々にとって貴重なリソースになります。, MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、技術とメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケートマーケットリサーチを提供します。統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。, N-メチル-2-ピロリドン(NMP)市場臨床調査報告書2020 | BASFは、Mitsubishi Chemical、Londellbasell、Ashland、Eastman, ホットスワップコントローラー市場(COVID-19の影響)2020ビジネスチャンス-テキサスインスツルメンツ、アルテラ、マキシム、アナログデバイセズ、マイクロシップ, 一方向テープ(UDテープ)市場2020:2025年までのグローバルビジネスインサイトと開発分析, パワーステアリングホースの市場規模、需要、傾向、種類、製造および予測2020-2026, ラボオンチップおよびマイクロアレイ(BIOCHIP)市場のトップメーカー-Abbott Laboratories、Biomerieux、Agilent Technologies、Beckman Coulter. 民間 多様なワークスタイルに対応し、セキュリティ強度を高められる「VDI」。しかし、VDI製品の種類は多いため、どれを選べば良いか分からずに困ったことはありませんか。自社の目的に合わない製品であればパフォーマンスが低下することもあります。, そこで、本記事ではVDI製品を徹底比較し紹介していきます。選び方のポイントや注意点もあわせて解説するので参考にしてください。, 「Amazon WorkSpaces導入支援サービス」は、株式会社TOKAIコミュニケーションズが実施しているVDI導入サービスです。VDI環境を構築するためには専門的な知識や技術が必要になりますが、同サービスであれば、専門的なエンジニアがいない場合でも細かい設定まで依頼できるため安心です。, 株式会社ISID-AOが提供する「CAD/CAE on VDI」は、ハイレベルなグラフィック処理にも対応可能なVDIソリューションです。従来困難とされた3D CAD、CAE等のVDIを実現し、シンクライアント端末やタブレット端末からでもアクセスできます。, 株式会社日立システムズエンジニアリングサービス提供の「Zenmu Virtual Desktop」は、データ分散型の仮想デスクトップソリューションです。データを分散保存することで、第三者による情報漏えいリスクを低減させられます。, Oracle VM VirtualBoxは様々なOSに対応し、簡単にインストールできる多機能な仮想環境構築ソフトです。スナップショット機能があり、仮想環境の状態をそのまま保存することが可能。そのため、何かトラブルが発生しても仮想環境を以前の状態に戻せます。, VMware Horizonは簡単に仮想環境を構築し利用できるVDI製品です。デスクトップや各アプリケーションの管理は簡素化しているため、運用の負荷を軽減できます。時間や場所、デバイスを選ばずに仮想デスクトップ環境の構築が可能です。, Citrix Virtual Apps and Desktopsはセキュアな仮想デスクトップ環境を提供している製品です。働き方改革に柔軟に対応しながらIT運用のコストを削減できます。デスクトップ仮想化に必要な機能を総合的に搭載しているため、自社が望む環境を構築しやすいでしょう。, VMware Workstation Proは1台のPC上に複数のOSを構築して実行する仮想化ソリューションです。既存のPC環境はそのままに新しく仮想環境を構築できます。通常、同じ構成の仮想マシンを作成する際には時間や手間がかかりますが、短時間で構築可能。, Microsoft Virtual Desktop Infrastructure(VDI)はセキュリティレベルを維持しながら、効果的にVDI環境を構築できます。業務で利用したデータやアプリケーションなどは全てデータセンターで管理。紛失・盗難された場合でも、情報漏えいは限定的なものになります。, VMware Fusionは複数のOSを仮想マシンとして動作させられる仮想化ソフトウェアです。Mac上でWindowsを再起動無しで実行することができ、PCにOSを導入するよりもVMware Fusionを使った方が簡単に環境を構築できます。, StarCloud Softwareは高パフォーマンスで安全性を高めやすい仮想デスクトップ製品です。管理運用を手助けするためのセルフサポートツールにも注力しており、担当者の負担軽減やトラブル発生時の心的負担の軽減にもつながるでしょう。, TrueOfficeは時間や場所に関係なく安全にPCを利用できる環境を作るVDI製品です。端末の紛失や盗難の対策を行うだけでなく、業務で利用したデータをサーバで一元管理可能。安全性を高めつつ、管理者の運用負荷も軽減できます。, まずは、自社の業務や必要になるデータ量、アクセスが集中する時間帯などの情報を集めてください。その情報を整理しながら、導入する目的をより明確にしていきましょう。, VDIの製品の強みはそれぞれ異なるため、目的を果たせる製品を選ぶようにしましょう。, VDIを導入するときは、オンプレミス型かクラウド型なのか、提供形態を検討することが重要です。一般的にクラウド型のVDIをDaaS(Desktop as a Service)と呼びます。オンプレミス型とDaaSの違いは以下のとおりです。, VDI導入の失敗例でもっとも多いのが、レスポンス速度が遅く業務に支障が出ることです。自社の環境に適していなければ、処理速度が遅くなる可能性があります。全社員が一斉に業務を始める朝の時間帯はレスポンスが落ちることが多いです。, 製品カタログのデータだけを参考にして導入すると、このように業務に支障が出る可能性があるため注意が必要です。導入時は自社の状況をしっかりとベンダーに伝えて、適切なサイジングを行うことが大切です。, デフォルトの設定でスタートした場合、端末のパフォーマンスが著しく低下する恐れがあります。さまざまなポリシーを設定し、PCがフリーズしたときの対応や画面転送ができるようにチューニングしましょう。, もし最適な設定を行っていなければ、導入後の低パフォーマンスを招き、プロジェクトが大きく遅れてしまいます。業務に影響を与えるだけでなく、再設定を行うなど管理部門に大きな負担を強いることになるでしょう。, したがって、他社と差別化するために機能を増やすことが多いです。しかし、ベンダー同士の競争のために生まれた機能は、現場では使わないものも多くあります。基本的に機能数が増えるほど製品価格は高くなるでしょう。, そのため、自社に不要な機能を持つ高価な製品を導入してしまい、無駄なコストがかかることも少なくありません。製品を導入するときは、必要な機能と不要な機能を洗い出しておくと良いでしょう。, VDI製品の種類は多いため導入目的を明確にし、相性が良い提供形態を選びましょう。また、高性能な製品を導入すれば良いというわけではなく、自社に合わせてサイジングする必要があります。これを怠ると、レスポンス速度やパフォーマンスが低下する可能性があり、不要な機能が多いと無駄なコストが発生します。, IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。「VDI製品11種を比較!選定ポイントや注意点を解説」というテーマについて解説しています。デスクトップ仮想化の製品導入を検討をしている企業様は、ぜひ参考にしてください。.