(Anthology) - 3.BELOVED (Anthology) - 4.pure soul (Anthology) - 5.HEAVY GAUGE (Anthology) - 6.ONE LOVE - 7.UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY - 8.THE FRUSTRATED - 9.LOVE IS BEAUTIFUL - 10.GLAY (Anthology) - 11.JUSTICE - 12.GUILTY - 13.MUSIC LIFE - 14.SUMMERDELICS - 15.NO DEMOCRACY, 1.REVIEW-BEST OF GLAY - 2.DRIVE-GLAY complete BEST - 3.THE GREAT VACATION VOL.1 〜SUPER BEST OF GLAY〜 - 4.THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 - 5.REVIEW II -BEST OF GLAY-, 1.rare collectives vol.1 - 2.rare collectives vol.2 - 3.rare collectives vol.3 - 4.rare collectives vol.4, 1.RATW 横須賀 2010.07.06 - 2.HIGHCOMMUNICATIONS TOUR at 日本武道館 First Day 2012.4.19 - 3.BEAT out ! 90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。, デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”とは無縁なところも、もはや『GLAY』の個性と言えそうです。”平和なロックバンド”というある意味矛盾したフレーズですら納得して飲み込んでしまえる、そんな懐の深さを『GLAY』には感じますよね。, ※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY, 『GLAY』のシングルの中では最大のヒット作品です(累計売上枚数:約164万枚)。, オリジナルアルバム『HEAVY GAUGE』の9曲目にアルバムバージョンとして収録。, また、ミニアルバム『Hope and The Silver Sunrise』には再録版が収録されています。, この記事を書いていて気づいたのですが、ミニアルバム『Hope and The Silver Sunrise』を除くアルバムは全て15thシングル『BE WITH YOU』→16thシングル『Winter,again』の流れになっています。, ※『Winter,again』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。, もう10年以上も前のことですが、”胸懐”という本を読んだことがあります。TAKURO自らで書いた自身の人生に関するエッセイです。, この”胸懐”の中で、TAKUROは本作『Winter,again』が誕生した経緯について触れています。, 詳細な背景についてはここでは書きませんが、つまるところ、TAKUROが当時付き合っていた彼女に故郷函館の冬の姿を見せたかった、というのが『Winter,again』に込められたTAKUROの想いだそうです。, 改めて『Winter,again』の歌詞を見てみると、ストレートにそのままが描かれています。特に1番のサビの歌詞は何の比喩もなく綴られた感情でしょう。, 上記のようなTAKUROの個人的な出来事を背景しながらも、『Winter,again』を万人の心を動かすミリオンヒットソングに仕立て上げられるというのは、さすがだなと思う次第です。, もちろん、人の心を動かす作品というのは、作り手側の経験した大きな感情の揺らぎが源なのでしょう。ただ、それをほとんど脚色もしないまま言葉にして、それで楽曲が完成するというのは、なかなか真似のできることではありません。, 普通なら、”表現したい対象”から何らかのエッセンスを抽出し、多くの人が共感できるように一般化して作品に落とし込むはずだからです(J-POPの歌詞がどれも似たような言葉で構成されているように感じるのは、万人に理解してもらうための一般化作業を経由しているための弊害だと考えています)。, 本作『Winter,again』も商品である以上、部分的には多少の程度の一般化がされているかもしれません。, それでも、リスナーの共感を無視するほどにストレートな表現で『Winter,again』の言葉が綴られているからこそ、逆説的ですが、多くの人の胸を打つ作品として親しまれているのだと思います。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …, “楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …, 2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …, 女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …, ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …. 「 Winter,again 」 GLAY の ... 歌詞 には当時の ... 1.RATW 横須賀 2010.07.06 - 2.HIGHCOMMUNICATIONS TOUR at 日本武道館 First Day 2012.4.19 - 3.BEAT out ! Copyright© ɾ�が如く7 Ļ�間 Ɯ�強, Á� Â� Á� Ã� Á�, 【however】はglayを代表する曲として、リリースされてから現在までも、衰えることなく、ライブでも演奏されています。ドラマでもタイアップされていたようです。"切ない愛"を唄っている曲ですが、音を聴くだけでなく、歌詞を手元に聴くと、より臨場感が味わえ、今でもよく聴きます! サバイバル 23. - 14.I LOVE 入浴, GLAYの作品 - GLAY EXPO - THE PREDATORS - プラチナム・レコード - 東芝EMI - フォーライフミュージックエンタテイメント - ポニーキャニオン - GALAY - rally - ACE OF SPADES, CRUSH! GLAYの情報と歌詞ならUtaTen。全歌詞ふりがな付き!【歌詞コラム】1999年の発売以降、冬の代表曲として長年親しまれるGLAYの『Winter,again』。吹雪の中を歩く時、「逢いたいからぁ~あ~♪」と大袈裟な振り付きで歌いたくなってしまうのは、私だけではないはずだ。 とまどい 26. 「Winter,again」(ウィンター・アゲイン)は、GLAYの16枚目のシングルである。, 1999年度のオリコン年間シングルチャート2位[注釈 1]を記録したが、これはオリコンの当時の集計で8cm盤の売り上げと12cm盤の売り上げを別々で集計していたためである[注釈 2]。GLAYのシングルで最大のセールスを記録している。(165万枚)初動売上は当時「名もなき詩」(Mr.Children)に次いで歴代2位であった。, 本楽曲で第41回日本レコード大賞を受賞したが、レコ大受賞を巡ってGLAY解散の危機に陥ったというエピソードがある[4]。なお、本楽曲は第32回日本有線大賞も受賞しており、日本レコード大賞と日本有線大賞のダブル受賞は史上5組目の快挙であった。, PVが2種類存在する。最初のPVは真冬の北海道の美瑛町で撮影したが、殆どTERUの顔しか映っておらず、しかも本人達はそのような構成になっているとは全く知らされていなかったため、メンバー間でボーカルを代えようと喧嘩になったと『速報!歌の大辞テン』で語られていた。その後新しいPVが作られ現在に至っており、PVが2種類あるシングルは「Yes, Summerdays」と合せて2作品目となった[注釈 3]。, ポリドールから発売された最後の作品で、発売直後に当時の所属レーベルであったUNLIMITED RECORDSの販売権がポニーキャニオンに移行した。[注釈 4], 楽曲制作の際、音楽番組で映画『八甲田山』から楽曲のインスピレーションを得たと語っていた。, 4.Freeze My Love - 5.ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND - 6.Yes, Summerdays - 7.生きてく強さ, 18.HAPPINESS -WINTER MIX- - 19.MERMAID - 20.とまどい/SPECIAL THANKS - 21.Missing You, 22.GLOBAL COMMUNICATION - 23.STAY TUNED - 24.ひとひらの自由, 25.Way of Difference - 26.またここであいましょう - 27.逢いたい気持ち, 29.時の雫 - 30.天使のわけまえ/ピーク果てしなく ソウル限りなく - 31.Blue Jean - 32.ホワイトロード, 38.VERB - 39.紅と黒のMATADORA/I LOVE YOUをさがしてる, 43.G4・II -THE RED MOON- - 44.My Private "Jealousy", 45.Bible - 46.JUSTICE [from] GUILTY - 47.運命論, 48.DARK RIVER/Eternally/時計 - 49.DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE, 52.HEROES/微熱Ⓐgirlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜, 1.STARLESS NIGHT/-VENUS/SORRY LOVE (HIGHCOMMUNICATIONS 2007-2008 Live Ver.)